ご厚意にあずかる。 「厚意」に関連した英語例文の一覧と使い方

ご厚意とは?ビジネスでの例文と「好意」との違い

ご厚意にあずかる

儀礼的な挨拶の場面で、または挨拶文でよく見聞きすることのある「ご厚情」という言葉ですが、実際に自分で使うという場合に、皆さんは正しく意味を理解した上で使いこなせていますでしょうか。 儀礼的に定型文のように使われている「ご厚情」を正しく使いこなせるよう、今回はこの「ご厚情」について意味や使い方など、ご紹介してまいりましょう。 「ご厚情」の読み方 まずは基本的なところですが、「ご厚情」の読み方から見ていくことにしましょう。 「ご厚情」は一般的には「ごこうじょう」と読みます。 しかし漢音では「厚情」という漢字を「こうぜい」または「こうせい」とも読むことができます。 中には小説や記事などによっては筆者独特の読み方として「厚情(あつ)く」や「厚情(てあつ)い」などと表記される場合もありますが、「ごこうじょう」と読ませることが大半です。 「ご厚情」の「厚」は音読みでは「こう」、訓読みでは「あつい」と読み、この一文字で「人や物事に対する心入れの程度が大きい」、または「程度がはなはだしい」ことを意味しています。 また「情」は音読みでは「じょう」「せい」、訓読みでは「なさけ」と読み、「思いやり」や「物事に感じて起こる心の動き」を表します。 「ご厚情」の意味 「ご厚情」とは名詞である「厚情」という言葉に接頭辞である「ご」を付けることで尊敬表現にした言葉です。 そもそもの「厚情」という言葉は「深い情けや思いやり。 厚い情け。 思いやりのある心。 親切な気持ち。 」を表しており、心からの深い思いやりの気持ちを表した言葉です。 よって「厚情」を尊敬表現にした「ご厚情」とは、目上の人などが深い情けや心からの思いやりの気持ちを持っていることを改まって表す際の言葉になります。 「ご厚情」には、相手のことを尊敬する気持ちと、深い感謝の気持ちが込められています。 「ご厚情」の使い方とは 「ご厚情」の意味や読み方を正しく理解できたところで、ここでは「ご厚情」の使い方についてご説明してまいりましょう。 「ご厚情」が使われるシチュエーションとは ビジネスシーンにおいて、ビジネスマンであればお得意様や取引先の相手の方との年賀状のやり取りなども行う機会が多いでしょう。 そういった際の年賀状の言い回しの一つに「ご厚情」はよく使われる言葉です。 「ご厚情」という言葉は格式ばった響きを含んでいることから、ビジネスシーンにおいては敬意を表さなければならない相手とのメールや手紙などの文書でのやり取りの際に、とてもよく使われる言葉です。 【例文】 ・平素より、格別のご厚情を賜り心より御礼申し上げます。 ・旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。 ・昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。 ・平素より公私にわたりご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。 ・本年中に賜りましたご厚情に感謝いたしますとともに、明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます。 喪中はがき 喪中はがきとは年賀状に対して、今年は年賀状が出せないこと、新年のご挨拶を控えますということを伝えるための挨拶状です。 喪中と呼ばれる喪に服している期間は、慶事を控えなければならないためです。 喪に服している期間は亡くなられた方がどのような続柄の方かにもよりますが、時期や場合によって喪中はがきを出す場合のほか、年始状や欠礼状を出されることもあります。 「ご厚情」という表現はあいさつ文では一般的に広く使われる言い回しであり、喪中はがきや年始状、欠礼状でもよく使われます。 【例文】 ・葬儀の際に賜りましたご厚情に深謝いたします。 ・生前はご厚情を寄せていただきありがとうございます。 ・生前にみなさまから賜りましたご厚情に故人に代わり御礼を申し上げます。 「ご厚情」を使う際の注意点とは 今度は「ご厚情」という言葉を使う上で気をつけなくてはいけない注意点についても、ご説明してまいります。 まず重ねてにはなりますが「ご厚情」は尊敬表現ですので、自分よりも目下の人などにお礼や感謝を伝える際には基本的に使うことはありません。 目下の人などに「ご厚情」と使うと改まりすぎてしまい、かえって相手に無礼になってしまうためです。 次に、「ご厚情に厚く」などと一文で二度同じ漢字を使うのはできれば避けたほうが良いとされています。 たとえば「ご厚情に厚く感謝いたします」は、「ご厚情に心より感謝いたします」または「ご厚情に深く感謝申し上げます(いたします)」、「ご厚情を賜り深く感謝いたします」と言い換えると良いでしょう。 また、「ご厚情」は深い思いやりの気持ちを表す言葉ですので、「ご厚情のお気持ち」や「深いご厚情」、「ご厚情なる思い」などの表現は二重の表現となりますので誤った使い方となります。 「ご厚情」の例文 「ご厚情」は基本的に、相手の方に対して「親切にしてもらった」「情けをかけてもらった」「大事にしてもらった」という恩義を感じている場合に使われることが多い言葉です。 そのため相手の方への尊敬の気持ちを表すために、「ご厚情」+「もらう」の謙譲語である「賜る」や「あずかる」「いただく」などと一緒に使われます。 基本的な「ご厚情」という言葉の使い方が理解できたところで、上記を念頭にここからはどのように「ご厚情」という言葉が使われるのかを見ていきましょう。 賜り 「ご厚情を賜り」のあとに感謝の表現を用いる表現は、よく使われる表現です。 「ご厚情を賜り」の「賜る」とは「もらう」の謙譲語で、「ご厚情を賜る」とは「相手の情けや思いやりを受ける」という意味合いになります。 一般的に「ご厚情を賜り」という表現は口語ではなく文章やスピーチなどで使われることが多く、どちらも改まった場で使われることが多いでしょう。 【例文】 ・昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。 ・貴社におかれましては日頃より格別のご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。 ・在職中は皆さまから公私にわたる温かいご指導とご厚情を賜り、職務を全うすることができましたこと、心から御礼申し上げます。 ひとかたならぬ ひとかたならぬとは、「普通ではない」「並ひととおりではない」ことを意味しており、「ひとかたならぬご厚情」というと「並ひととおりではないご厚情」という意味合いになります。 「ひとかたならぬご厚情」も口語ではあまり使われず、堅い表現で古めかしい言い回しであることから、どちらかといえば年賀状やお礼状などで使われることが多いでしょう。 また、退職の挨拶などでも使われることがあります。 今後ともご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。 ・日頃よりひとかたならぬご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。 あずかり ビジネス文書で見かける「ご厚情にあずかり」という表現もあります。 「ご厚情にあずかる」の「あずかる」とは「受ける」という意味であり、特に目上の方からの厚意を受ける時に使われる表現です。 同じような使い方で「お褒めにあずかる」「お招きにあずかる」などの表現があります。 【例文】 ・日頃より多大なご厚情にあずかり、心より御礼申し上げます。 ・平素より格別のご厚情にあずかり、誠にありがとうございます。 痛み入ります ありがたく、恐縮するさまを表す際には、「ご厚情痛み入ります」という表現が使われます。 「ご厚情痛み入ります」は、相手の親切や好意に恐縮する、または相手の図々しい様子にあきれる、という意味があります。 その上で自分にはその親切や好意がもったいないと感じて、胸が痛くなるほど申し訳なく感じている、という意味合いです。 一般的には「ご厚情痛み入ります」は目上の方などを相手に使われる言葉で、「謝罪」の気持ちではなくあくまでも「感謝」の気持ちを表しています。 あふれる また式典などでは、目上の方やゲストの方からの言葉、あいさつに対するお礼を文書でしたためる際に「ご厚情あふれる」という言葉を使うことができます。 「ご厚情あふれるお言葉」などと表現すると、相手の親切心がいっぱいに満ちた言葉というニュアンスが含まれ、相手からの言葉が励みになった時、また元気づけてくれた時に使うことができます。 【例文】 ・ご厚情あふれる励ましのお言葉、心より御礼申し上げます。 ・このたびは私どもの結婚に際しまして、お忙しい中ご出席をいただいた上にご厚情あふれるご祝辞を賜り、心より感謝申し上げます。 「ご厚情」と「ご高配」の違い 「ご高配」は「ごこうはい」と読みます。 「ご高配」とは、相手が自分のことをよく思ってくれていることに対して感謝する際や、相手を敬っての心配りのことを表す際に使われる言葉です。 つまりは、相手の情けや思いやりの心を敬う「ご厚情」に対して、「ご高配」は相手の心配りや配慮を敬う言葉になります。 ご高配の「配」は、配慮や心配りの意味合いを持っています。 従って、「ご高配」は敬っている相手、敬わなければいけない相手に使われることが多く、ビジネスシーンにおいてビジネス文書や手紙、メールなどで挨拶文として用いられることが多いでしょう。 また、「ご高配」は他人への心配りを表していることから、自分が相手に心配りをしていることを伝える際には使用できず、そのような場合には「最善を尽くす」または「鋭意努力する」などと言い換えることができます。 【ご高配の例文】 ・平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 「ご厚情」の類語 「ご厚志」という言葉も「ご厚情」に同じように、人に対する深い思いやり、という意味合いで使われますが、「ご厚志」はどちらかといえば慣用的に金品が伴う場合に使われることが多いのではないでしょうか。 これは、「ご厚志」の「志」という漢字に「お礼のお金」という意味があるためではないかとされています。 またビジネスシーンにおいて「ご厚志」とは、主賓や上司が感謝やねぎらいの気持ちを込めてお金を出してくれることを指しています。 「ご厚志」はありがたく受け取り、漢字が買いの挨拶で「ご厚志をいただいた」と参加している方々にご報告するのが礼儀となっています。 ・お集りの皆さん、課長よりご厚志をいただいております。 お引き立て 儀礼的な挨拶の場面や挨拶文でよく見聞きすることのある「ご厚情」という言葉を掘り下げてみることで、改めて日本語の奥深さについて触れることができたのではないでしょうか。 このように日本語には相手の気持ちや思いやりを敬う表現が多くあり、その場面場面や相手によって使い分けることで、自分の気持ちを多彩に表すことができます。 正しい日本語を知っておくと、より相手に自分の気持ちを伝える表現力は幅広くなり、相手との関係もより円滑になることでしょう。 ぜひとも正しい日本語をマスターし、今後の人間関係の構築に役立てていきましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「ご紹介」の意味と使い方・敬語・お礼|ご紹介にあずかりました

ご厚意にあずかる

「ご高配にあずかる」の意味は「お心配りを受ける」 「あずかる」は「受ける」の意味であり、とくに目上からの厚意を受けるときに使う尊敬表現です。 「お褒めにあずかる」「お招きにあずかる」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 「ご高配にあずかり、ありがとうございます」の意味は「お心配りをしてもらい、ありがとう」 上記ふたつを合体させて意味を考えると、 「ご高配にあずかり、ありがとうございます」の意味は… 「お心配りをしてもらい、ありがとう」 「お心遣いをしてもらい、ありがとう」 「受ける=もらう」ということですから、このように解釈できます。 「ご高配にあずかり誠にありがとうございます」の使い方 つづいて「ご高配にあずかり、ありがとうございます」の使い方について。 といってもほとんど決まりきった使い方しかしません。 たとえば、• 例文「平素は格別のご高配にあずかり、厚くお礼申し上げます」• 例文「平素は格別のご高配にあずかり、誠にありがとうございます」 のようにしてビジネス文書の挨拶に使われます。 ビジネスメールでは「お世話になっております」を使いますが、ビジネス文書など公式なシーンでは必ず上記のように「ご高配」をつかって挨拶文をつくりますね。 例文「このたびは私の就任に際し、ご高配にあずかり厚くお礼申し上げます」• 例文「先般はご高配にあずかり誠にありがとうございました」 などのように使ってもよいでしょう。 ただし、お礼のシーンでは「お心遣い」やその他のフレーズのほうが便利なので「ご高配」というフレーズをあまり見たことはありませんが… とにかく、かしこまったビジネスシーンでよく見かける敬語フレーズとなります。 これって何が違うのでしょうか? 「ご高配を賜る」「ご高配をいただく」の意味はどちらも、 「ご高配=お心配り」を受ける・もらうこと。 敬語としてみると「あずかる」は「(目上から)受ける・もらう」の意味の丁寧な表現。 「賜る(たまわる)」と「頂く(いただく)」はどちらも「もらう」の謙譲語。 ということでどれも大差ありません。 かしこまったフレーズは「賜る・あずかる」 上記は、いずれを用いても丁寧な敬語フレーズですが強いていうのであれば、どれくらい「かしこまったフレーズであるか」という点でビミョーに違います。 「いただく」よりも「賜る・あずかる」のほうが、よりかしこまった印象となりますね。 まぁどれを使っても丁寧ではありますが… ビジネス文書でよく目にするのは「賜る・あずかる」のほうです。 「ご高配にあずかり、ありがとうございます」類語と言い換え 「ご高配にあずかり、ありがとうございます」の類語と言い換えについて。 ビジネスシーンでも使える言い換え表現をざっくりまとめておきます。 すると以下のようなフレーズも同じように使えますね。 例文「平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます」• 例文「平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます」• 「ご厚情」の意味は「厚いなさけ。 心からの深い思いやりの気持ち」であり、「ご高配」と似たようなシーンで使われます。 すると以下のようなフレーズも同じように使えますね。 例文「平素は格別のご厚情にあずかり、厚くお礼申し上げます」• 例文「平素は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます」• すると以下のようなフレーズも同じように使えますね。 例文「平素は格別のお引き立てにあずかり、厚くお礼申し上げます」• 例文「平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます」• 例文「平素は格別のお引き立てを頂き、誠にありがとうございます」 その他 ビジネスシーンで使える「ご高配にあずかり、ありがとうございます」の言い換え・類語 あとは場合によっては使えるであろう言い換え・類語を紹介します。 ご配意いただき、ありがとうございます 意味は「配慮」であり、とくにお礼のビジネスシーンで「ご配慮を頂き誠にありがとうございました」のようにして使われます。 【注意点】ご高配はこう使う! つづいて「ご高配」を使うときの注意点を解説します。 敬語を正しく使うことはもちろん、ふさわしいビジネスシーンを考えて使いましょう。 ビジネス文書で使うときは時候の挨拶も入れる! 「ご高配」をつかうときの、一連の流れとして覚えていただきたいこと。 ビジネス文書で使うとき「平素は格別のご高配にあずかり、誠にありがとうございます」の前に時候の挨拶を入れましょう。 そして「拝啓~敬具」もあわせて使います。 すると以下のような感じ。 企業向け「拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配にあずかり厚くお礼申し上げます (本文) 敬具」• 平素は格別のご高配にあずかり厚くお礼申し上げます (本文) 敬具」• 個人向け「拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます (本文 敬具)」• 平素は格別のご高配にあずかり厚くお礼申し上げます (本文) 敬具」 かみくだくと「最近どうよ?世話になっててありがとう!」というような意味となります。 これは受け手の感情次第であり、そんなことは考えずに使っているヒトがほとんどだと思いますが… とくに目上のヒトに何かをお願いするときには「お取り計らい」をつかい、「お取り計らいのほど、何卒よろしくお願いいたします」などのようにするのが無難です。 「高配=配慮」として考えるのであれば「配慮してもらえるようお願い!」という意味になってOKですが… 「ご高配」はどちらかというと「お心配り」の意味であり、意識的じゃない相手の厚意という意味だと私は思います。 まぁ、そんなことは誰も気にしないとは思いますけどね… ただしメール結びや締めくくりとして「今後ともご高配を賜りますようお願い申し上げます」はよく使われます。 「ご愛顧のほどお願い申し上げます」とおなじようなニュアンスであり、まぁOKでしょう。 【参考】 【シーン別】違いと使い分け 「ご高配」のビジネスシーン(メール・手紙・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文をみてきましたが… こんなときにはどれを使う? というビジネスシーンごとの使い分けを整理しておきます。 ビジネス会話なら…• 例文「お心遣いありがとうございます」• 例文「ご配慮いただきありがとうございます」 会話で「ご高配」という表現はなかなか使いません。 「お心遣い」あるいは「ご配慮」で十分です。 ビジネスメールなら…• 例文「いつもお世話になっております」• 例文「いつもお世話になり、誠にありがとうございます」• 例文「お心遣いをいただき大変恐縮に存じます」 ビジネスメールの場合、シンプルなフレーズではなくよりかしこまった表現を使うと好感度UP。 ただしビジネスメールの挨拶文は「お世話」を使うのが一般的です。 たしかにたま~に「ご高配」をつかった挨拶を見かけますが、あまり一般的ではありません。 ビジネス文書や手紙なら…• 「拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 (本文) 敬具」• 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 (本文) 敬具」 ビジネス文書や手紙ではほんとうに「ご高配」をよく使います。 送り状・添え状から見積もり書にいたるまで、ほとんどすべてのビジネス文書(社外むけのみ)に使われます。 また「ご高配」の代わりに「お引き立て」をもちいてもよいでしょう。 平素は格別のご高配にあずかり、厚く御礼申し上げます。 さて、表題の件につき下記のとおり送付いたします。 ご査収のほど宜しくお願い申し上げます。

次の

「ご厚情」の意味と使い方・読み方・例文・「ご高配」の違い

ご厚意にあずかる

「ご厚意」の使い方と例文 感謝・お礼を述べる場合 「ご厚意」は相手の親切心や気遣いのことを表しているので、感謝やお礼をするときに使用することができます。 感謝やお礼を述べるときの言い回しは以下の通りになります。 ・ご厚意を賜り... ・ご厚意に報いる ・ご厚意に甘えて ・ご厚意により ・ご厚意に預かる ・ご厚意痛み入ります ・温かいご厚意を... ・社長のご厚意... 「ご厚意に甘えて」といった場合は、相手の行ったことに対して遠慮をせずそのまま受け入れること、相手の行為に対して素直に従うことを表しています。 「それではご厚意に甘えて」「ご厚意に甘えて頂戴します」といったように使います。 「ご厚意に報いる」の「報いる」は、「受けた行為に対して、それに見合う行為を相手に行う」ことを意味しています。 「ご厚意」は「思いやり・親切心」だけではなく、 「お金」を意味して使うこともできます。 例えば、寄付金を募って建物を建てたときなど「皆様のご厚意によって、新しく会館を建てることができました。 誠にありがとうございます」といったように使うことができます。 目上の人にお金をいただいたときは、「お金をいただき誠にありがとうございます」と直接的に言うのではなく、「ご厚意をいただきお礼申し上げます」などと言い換えられます。 例文 ・日頃のご厚意にはとても感謝しております。 ・入院中は格別のご厚意とご指導を賜り、深く感謝申し上げます。 ・社員の皆様のご厚意によって、新しいプロジェクトが完成しました。 ・ここは遠慮することなくご厚意に甘えさていただきます。 ・それではご厚意に甘えて本日はご馳走になります。 心より嬉しく思います。 断る場合 ビジネスシーンにおいて相手の気遣いを断らなくてはいけない場面には多く遭遇します。 そういった場合は相手に失礼のないように丁寧に断る必要があります。 断る場合の「ご厚意」は、 「せっかくのご厚意〜」といった形で使います。 「せっかく」という言葉は、相手の厚意や行動を起こそうとしてくれたことを認めながらも何かを断る場合に使用します。 「せっかくのご厚意ですが」と使うことによって、残念に思っている気持ちや遺憾の気持ち伝えることができるので、相手に不快な思いにさせることなく、やんわりと断ることができます。 例文 ・せっかくのご厚意ですが、諸事情によりお断りしたく存じます。 ・せっかくのご厚意にも関わらず、お応えすることができず大変申し訳ございません。 ・せっかくのご厚意ですが、私にはもったいないのでお断りいたします。 お気持ちだけでもありがたく頂戴したいと存じます。 謝罪・お詫びをする場合 謝罪・お詫びをするときの言い回しとしては、以下の通りになります。 ・ご厚意を無駄にする ・ご厚意を無にする ・ご厚意を無下にする 「無下にする」は、「台無しにする・捨てて顧みないでいる」ことを意味しています。 「ご厚意を無駄にする」「ご厚意を無にする」「ご厚意を無下にする」といった場合は、 「相手の親切心や思いやりを台無しにする・無駄にしてしまう」といったニュアンスになります。 お詫びをするときは「ご厚意を無駄にしてしまい、申し訳ありませんでした」などと言うことによって、「親切にしてもらったにも関わらずに台無しにしてしまったことをお詫びします」といった意味合いで使うことができます。 例文 ・せっかくのご厚意に対して、自らの失態を恥じるばかりです。 ・せっかくのご厚意を無駄にしてしまい、お詫びの言葉もございません。 ・せっかくお誘いいただいたにもかかわらず、ご厚意に応えることができず大変申し訳ありません。 ・この度はご厚意を無下にしてしまい、お詫び申し上げます。 冒頭または結びの挨拶文 「ご厚意」は、メールや手紙を書く際の冒頭の挨拶文か結びの挨拶文でも使用することができます。 「ご厚意」を挨拶文として使うと、フォーマルな印象になります。 例えば、「貴社におかれましては益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。 また、平素は格別のご厚意を賜り、厚く御礼申し上げます」と使うことができます。 例文 ・時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 また、平素は格別のご厚意を賜り誠に感謝申し上げます。 ・末筆ながら、日頃のご厚意にお礼申し上げますとともに、貴社のご隆盛と皆様のご健勝を心より祈念申し上げます。 ・末筆ながら、これまで頂戴した身に余るほどのご厚意に心よりお礼申し上げます。 ・貴社におかれましては、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。 また、平素よりいろいろとご厚意を賜り厚くお礼申し上げます。 「ご厚意」と「好意」の違い 「ご厚意」と間違えやすい言葉に「好意」があります。 「厚意」と「好意」は読み方は同じですが意味に違いはあるのでしょうか。 「好意」の意味 「好意」の意味は、 ・その人に抱く親しみや好ましく思う気持ち。 愛情の婉曲的な表現としても用いられる。 ・その人のためになりたいと思う気持ち。 親切な気持ち となります。 「好意」は、 相手に対して愛情があるときに使う言葉で、主に異性に対して好きということを表すときに多く用いる表現です。 「密かに好意を抱く」「好意を寄せる」「好意的」といったように使うことができます。 また「好意」には、「人のためになりたい」という意味も含まれます。 例えば「相手の好意に甘える」「好意を無にする」といった場合は、「人のためになろうとする心を無視する」といった意味になります。 「好意」は好きという感情を示す言葉なので「好意をもつ」と使うことができます。 一方で「厚意」は感情を表す意味は含まれないので「厚意をもつ」とは使うことができません。 「厚意」は感情に関係なく、相手の思いやる行動に対して使います。 「好意」は相手にも自分に対しても使うことができますが、「私の厚意で〜」といったように「厚意」は自分に対しては使えず、相手にしか使うことができないので注意しましょう。 また「好意」は「ご厚意」と違い、「ご好意」という形で使うことはあまりないので注意しましょう。 「ご厚意」の類語・言い換え ご厚情 「厚情」は、「厚いなさけ」「心からの深い思いやりの気持ち」を意味しています。 敬語表現にするには、「厚情」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご厚情」とします。 つまり「ご厚情」は、 「目上の人が深い思いやりや厚いなさけ」を意味する言葉になります。 「ご厚情」は、「大事にしてもらう」「親切にしてもらう」「なさけをかけてもらう」というニュアンスが含まれていて、相手を尊敬する気持ちと深く感謝する気持ちを合わさった表現です。 主に「賜る」「預かる」「いただく」などと一緒に使用します。 「ご厚情」は、式典や歓送迎会など改まった場面で使うことが多い言葉で、他にも年賀状や暑中お見舞いなど書き言葉としても使います。 ご温情 「温情」は、「あたたかみのある優しい心」「思いやりのある寛大な心」を意味しています。 敬語表現にするには、「温情」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご温情」とします。 「ご温情」は 「目上の人から受けた親切や思いやり、気遣い」を意味しています。 「ご温情」は感情についての意味合いが強いので、ビジネスシーンではあまり使用することのない表現ですが、手紙やお礼状などで多く使用されます。 ただ「ご温情」は目下の人に使う言葉で、目下の人や同等には使用しません。 ご恩情 「温情」は、「情け深い心」「慈しみの心」を意味しています。 敬語表現にするには、「恩情」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご恩情」とします。 「ご恩情」は、 「目上の人の親切心や慈しむ心」を意味しています。 ちなみに「慈しむ」とは「母が子を大事に育てること。 また、その愛情の深いさま」を表しています。 「恩情」が目上から目下、親子関係・師匠関係・主従関係の御恩を彷彿させることから、「ご恩情」もそのような人間関係に当てはまる相手に対して使用するべきだと考えられています。 「ご恩情」は主に手紙やお礼状などで、目下の人が目上の人に対して使用するのが一般的になります。 ご配慮 「配慮」は「他人に対して心をくばること」という意味です。 敬語表現にするには、「配慮」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご配慮」とします。 「ご配慮」は 「相手の心遣いに対して感謝の気持ち」を表しています。 「配慮」という言葉を分解してみると 「配」は「くばる」「割り当てる」で、 「慮」は「あれこれと思いめぐらせる」「思い」といった意味になります。 「ご配慮」は相手の心遣いの感謝だけではなく、自分が気を配る場合にも使うことができます。 特に自分に対して使うとき、「気をつけます」ではなんとなく軽い感じがしてしまうので「配慮します」と言い換えると良いでしょう。 相手に「気をつけてください」「上手に対応してください」と言うことを伝えたいときは、 ・ご配慮願います ・ご配慮いただけますようお願い申し上げます などと使います。 ご高配 「高配」は「他人への心配りや配慮」という意味です。 敬語表現にするには、「高配」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご高配」とします。 「ご高配」は 「目上の人の心配りや配慮のこと」を意味しています。 「ご高配」は主にビジネス文書や手紙などの挨拶文として用いることが多く、「ご高配賜りありがとうございます」といった形でよく使われます。 「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」は挨拶の定型文として覚えておくと良いでしょう。 「ご高配」は「他人への心配り」を表しているので、自分のことに対しては使うことができません。 自分が相手へ心配りをしていることを伝えたい場合は、「最善を尽くす」や「鋭意努力する」と言い換えることができます。 ・私どもの結婚に際しまして、ご厚情溢れる激励のお言葉と結構なお祝いの品を頂戴し、心よりお礼申し上げます。 ・先日は、思いもかけぬ皆様のご温情に触れ、涙が出るほど感激いたしました。 皆様のお言葉を胸に刻み、これからも精進していく所存です。 ・最後になりますが、これまで頂戴したご温情には心より感謝申し上げます。 また皆様のご健康とごご多幸をお祈り申し上げます。 ・先生には言葉で言い表せないほどのご恩情を頂戴し、心から御礼申し上げます。 また、今後とも変わらぬお引き立てを賜りますようお願いいたします。 ・平素は格別のご高配をいただき、誠にありがとうございます。 資料をFAXにてお送りしますので、ご確認ください。 ・ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆様のご支援ご高配に心より感謝申し上げます。 ・先日は突然お伺いしたにも関わらず、いろいろご配慮をいただきありがとうございました。 ・大変勝手を申しまして恐縮ですが、ご配慮願えませんでしょうか。

次の