足 の 裏 かわ むける。 足の裏の皮がむける5つの原因とは?病気や予防方法について

足の裏の皮がむける5つの原因とは?病気や予防方法について

足 の 裏 かわ むける

ここ数日朝の寒さがやわらぎ、娘たちの保育園への送り迎えの自転車が 苦痛でなくなりつつあります。 さて、タイトルの通りなのですが、上の娘の指の皮がめくれ脱皮中でございます。 私も子供の頃に指の皮がめくれる事があったと記憶しているので 子供って代謝も良いし、そんなものなのかなぁと気にもしていなかったのですが ちょっと酷くなってきて、赤みも帯びて少し痛みがあるようなので 皮膚科へ連れていくことにしました。 そこで言われたのが 「汗疱状湿疹」 汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)とは、手掌・足底に痒みを伴う小水疱が出現する湿疹性の皮膚疾患。 異汗性湿疹(いかんせいしっしん)指湿疹(ゆびしっしん)とも言われる。 また、汗疱(かんぽう)と略すことがある。 今回、アレルギーテストは特にしていませんが、 子供の場合、原因は大抵汗によるものらしいです。 そういえば、うちの子は汗っかきで保育園の幼児クラスの頃 お昼寝時に汗をたくさんかくので、お昼寝用のタオルを別途用意するように 先生にお願いされた事を思い出しました。 対処法としては、高温多湿を出来るだけ避けることみたいで 靴を毎日同じものを履かないとか、5本指の靴下を履くとか、汗をこまめに流す・・・ などのようですが、子供ですからね・・・ 親の私がしっかり対処してあげないといけませんね。 体も小柄で、苦手な事も多く、未だに事あるごとに涙しているようなので 心配も多いですが、子供の可能性を信じて新しいスタートをきれたらなぁと 思っています。 卒園式の事を思うだけで、すでに涙腺が崩壊しそうですが、 当日はバスタオルくらい準備して臨もうと思っている 開発部門、吉岡でした。 This entry was posted in on. Post navigation.

次の

足の裏の皮がむける4つの原因!かゆくない場合は?

足 の 裏 かわ むける

水虫 足の皮がむけていたら、まず思い浮かぶのは水虫ですね。 水虫は白癬菌というカビの一種が原因となっています。 水虫の症状は1つではありません。 自分の症状を確認してみましょう。 指と指の間がかゆくて、皮がむけたりただれたりしている場合は 趾間型(しかんがた)の水虫と考えられます。 足の裏に小さな水泡や膿疱ができて強い痒みをともなう場合、 小水疱型の水虫と考えられます。 水疱や膿疱がつぶれてしまうと、皮がめくれ強い痒みを生じます。 わかりにくいのは 角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)です。 足の裏が乾燥していて皮がむけてきますが、痒みを伴わない場合が多いです。 そのため水虫なのかただ乾燥しているだけなのか判断がつきません。 片足だけに症状が出ている場合は水虫の可能性が高いでしょう。 両足の皮がむける場合は判断できかねますので皮膚科で相談してみましょう。 水虫の原因菌である白癬菌は高温多湿を好みます。 長時間にわたって革靴やブーツを履いて過ごす方やスポーツなどで大量の汗をかいたままになる方などは要注意です。 白癬菌が爪にまで住みつくと、爪白癬(つめはくせん)という爪の水虫になってしまい、非常に治りにくくなりますので、早めに皮膚科で治療を開始しましょう。 参考: 乾燥 両足の裏の皮がめくれるけれど、痒みがない場合は乾燥が原因かもしれません。 皮膚を保護している角質は常に新陳代謝を繰り返しています。 足の裏は、体重を支えるために部分によって負荷のかかり方に差があります。 そのため一部だけ早く新陳代謝が進んだりもします。 乾燥すると角質は硬く厚いものとなり、ひび割れしやすくもなります。 まずは足を清潔に保つことを心がけ保湿を行いましょう。 足の裏のケアを行っても改善されない場合は水虫が原因かもしれませんので皮膚科で相談しましょう。 汗疱(かんぽう) 夏場などの汗をよくかく時に現れる症状で、透明の小さな水疱が多数現れます。 足の裏だけでなく手のひらや指にも現れることがあます。 痒みがない場合もありますが、気になって触ったり皮をめくったりすると強い痒みや痛みを伴います。 特に治療をしなくても、2~3週間で自然に治癒しますが、痒みが強い場合や痛みがある時などは皮膚科で相談しましょう。 ステロイド剤の塗布が効果的です。 汗疱は汗を出す機能の障害によって生じるもので、細菌などが原因ではなく、人に感染することはありません。 悪化しないように、掻いたり皮をはがしたりしないように気をつけましょう。 参考: 多汗症 足の裏、手のひら、脇の下などは精神的な緊張により大量の汗が出やすい部分です。 緊張すると靴下が汗でびっしょりになるという方もいます。 足の裏は、大量の汗をかいてもすぐに靴下を交換したり靴を脱いだりはしにくいですよね。 そのためあせもができやすく、皮がめくれる方もいます。 多汗症は精神的に緊張した時に大量の汗が出てしまう生理機能の異常であり、精神疾患ではありません。 治療は様々で、どれも特に効果的というものがありません。 多汗症は、子供など若い世代で発症しやすい病気です。 周囲の反応が気になりやすい歳頃だけに、自律神経のバランスが乱れやすくもなります。 相談しやすい医師をさがし、症状に合わせた治療法を早めに見つけていきましょう。 まとめ 足の裏の皮がむけていたら、まずは水虫ではないかと心配になりますね。 足の裏の皮がむける原因は水虫だけではありません。 自身の症状をよく見極め、治療が必要な可能性がある場合は早めに皮膚科で相談しましょう。

次の

乾癬はうつるの?体の皮がむける病気。原因や初期症状は?|医師監修

足 の 裏 かわ むける

水虫 足の皮がむけていたら、まず思い浮かぶのは水虫ですね。 水虫は白癬菌というカビの一種が原因となっています。 水虫の症状は1つではありません。 自分の症状を確認してみましょう。 指と指の間がかゆくて、皮がむけたりただれたりしている場合は 趾間型(しかんがた)の水虫と考えられます。 足の裏に小さな水泡や膿疱ができて強い痒みをともなう場合、 小水疱型の水虫と考えられます。 水疱や膿疱がつぶれてしまうと、皮がめくれ強い痒みを生じます。 わかりにくいのは 角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)です。 足の裏が乾燥していて皮がむけてきますが、痒みを伴わない場合が多いです。 そのため水虫なのかただ乾燥しているだけなのか判断がつきません。 片足だけに症状が出ている場合は水虫の可能性が高いでしょう。 両足の皮がむける場合は判断できかねますので皮膚科で相談してみましょう。 水虫の原因菌である白癬菌は高温多湿を好みます。 長時間にわたって革靴やブーツを履いて過ごす方やスポーツなどで大量の汗をかいたままになる方などは要注意です。 白癬菌が爪にまで住みつくと、爪白癬(つめはくせん)という爪の水虫になってしまい、非常に治りにくくなりますので、早めに皮膚科で治療を開始しましょう。 参考: 乾燥 両足の裏の皮がめくれるけれど、痒みがない場合は乾燥が原因かもしれません。 皮膚を保護している角質は常に新陳代謝を繰り返しています。 足の裏は、体重を支えるために部分によって負荷のかかり方に差があります。 そのため一部だけ早く新陳代謝が進んだりもします。 乾燥すると角質は硬く厚いものとなり、ひび割れしやすくもなります。 まずは足を清潔に保つことを心がけ保湿を行いましょう。 足の裏のケアを行っても改善されない場合は水虫が原因かもしれませんので皮膚科で相談しましょう。 汗疱(かんぽう) 夏場などの汗をよくかく時に現れる症状で、透明の小さな水疱が多数現れます。 足の裏だけでなく手のひらや指にも現れることがあます。 痒みがない場合もありますが、気になって触ったり皮をめくったりすると強い痒みや痛みを伴います。 特に治療をしなくても、2~3週間で自然に治癒しますが、痒みが強い場合や痛みがある時などは皮膚科で相談しましょう。 ステロイド剤の塗布が効果的です。 汗疱は汗を出す機能の障害によって生じるもので、細菌などが原因ではなく、人に感染することはありません。 悪化しないように、掻いたり皮をはがしたりしないように気をつけましょう。 参考: 多汗症 足の裏、手のひら、脇の下などは精神的な緊張により大量の汗が出やすい部分です。 緊張すると靴下が汗でびっしょりになるという方もいます。 足の裏は、大量の汗をかいてもすぐに靴下を交換したり靴を脱いだりはしにくいですよね。 そのためあせもができやすく、皮がめくれる方もいます。 多汗症は精神的に緊張した時に大量の汗が出てしまう生理機能の異常であり、精神疾患ではありません。 治療は様々で、どれも特に効果的というものがありません。 多汗症は、子供など若い世代で発症しやすい病気です。 周囲の反応が気になりやすい歳頃だけに、自律神経のバランスが乱れやすくもなります。 相談しやすい医師をさがし、症状に合わせた治療法を早めに見つけていきましょう。 まとめ 足の裏の皮がむけていたら、まずは水虫ではないかと心配になりますね。 足の裏の皮がむける原因は水虫だけではありません。 自身の症状をよく見極め、治療が必要な可能性がある場合は早めに皮膚科で相談しましょう。

次の