デイズ ルークス ハイウェイ スター ターボ。 デイズルークス ハイウェイスター Gターボ(日産)の中古車

デイズルークスの試乗レポート!ターボとNAを比較

デイズ ルークス ハイウェイ スター ターボ

デイズルークス・ハイウェイスターXターボの走行性能 まず運転席に座って最初に感じるのは視界が良いことです。 天井が高く窓が大きいのでとにかく視界が良く、フロントサイドのガラスも相まって見切りも悪くありません。 女性にも安心して運転して貰えそうです。 アクセルをしっかり踏まないと加速しない さっそくディーラーを出る時に感じるのですが、出足はエコよりなのか中々思うように加速してくれません。 しっかり踏み込まないと周囲の車の流れに乗れず後続車に迷惑をかけてしまうほどのもたつきです。 一度スピードが乗ってしまえばターボ搭載で馬力も64psあるので加速が良くなります。 低速から加速する時も、トルクが10. 0kgf・mあるのでアクセルも重めで踏んだ分だけしっかり加速してくれます。 しかし アクセルを戻すとみるみる減速してしまい、そこから追加でアクセルを踏み足すと反応が鈍くトルクがあまりないように感じてしまうのです。 この点はちょっとマイナスです。 急な上り坂でもストレスなし 急な登り坂は回転数3000rpm位まで上げれば十分登って行ってくれるのでストレスは感じません。 ただターボ車と言う割にはいつタービンが回っているのかがメーター等でも表示されないので非常に分かりにくいです。 良く言えばタービンが回っていても走行音が静かと言うことになるのでしょうが、私はあまりタービンの効果が無いのかなとも感じてしまいます。 左折する時は乗り慣れない車だと死角が把握できず運転が慎重になりがちです。 しかしデイズルークスは先にも紹介したサイドのガラスのおかげで視界が良好で安心して曲がることができます。 ハンドルの切り味は非常に軽いですが、軽いだけで左に寄せたいと思ってハンドルを切っても思った様に寄っていない「ちょっと運転が下手になったか?」と思うほどです。 これはハンドルが軽いせいなのかなと信じたい。 最初は女性向けの車なのかなと思いながら試乗していましたが、視界が良いことやハンドルが軽いことは女性にも向いていますが、 ターボ車で出足がもたつく様ではNA(ターボなし)だとどんな走り出しをするのか正直不安も感じます。 今回ターボ付きのデイズルークスに試乗しましたが、この車にはターボがないとかなり非力になってしまうのではないかと思います。 なのでターボは必需品です。 デイズルークスの安全性能 安全性能も充実しています。 まずアラウンドビューモニターです、CMでもお馴染みになってきていますが、空から車を見下ろした様な視点で自分の車と周囲を確認できるのでスムーズに駐車することができます。 実際に使ってみると便利で、シフトレバーを「R」に入れるだけでルームミラーにモニター映像が表示され自分の乗っている車の前後左右の状況が手に取ったように分かります。 例えて言うならばゲーム感覚で車庫入れしている感覚で一度使ったら手放せなくなるかも。 いまの機能性では正直お守り程度としか言えません。 「踏み間違い防止」はおすすめ 「踏み間違い衝突防止アシスト」や「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」は良い機能だと思います。 お年寄りやタクシートライバーでも焦って踏み間違えて事故になるニュースを最近よく聞きます、そんな事故を減らすためにも「踏み間違い衝突防止アシスト」は全車種に標準装備することを義務付けても良いのではと思います。 VDCは私の乗っている車にも付いていますが、急なコーナーリングで凍結していたり、雪道を走るときなどに良く警告が表示されてVDCが 横滑りを防止してくれています。 この機能が無いと冬の寒冷地のドライブは怖いです。 デイズルークスの燃費・実燃費 試乗した日の天気は晴れ、気温は8度くらいでした。 時刻は少し西日が差す16時ごろでした。 車にとってはちょっとだけ寒いですが、条件としてはそこまで悪いわけでもありません。 走行距離は市街地幹線道路を約6km程度走りました。 実際に走行した時の 実燃費は13. ターボですがモーターアシスト等が全くないので燃費が伸びる要素がない為、燃費が悪いのも理解できます。 デイズルークスもターボ車でなければバッテリーアシストが付いているので若干燃費に影響があるかもしれません。 しかしこのアシストは主に電装系へのアシストなので直接的にエンジンをアシストするのではないので影響があったとしても若干です。 では他のグレードのカタログ燃費と実燃費も見てみましょう。 0 22. 2 実燃費 15. 2 14. 3 4WD JC08モード 21. 8 20. 6 20. 4 実燃費 11. 5 11. 2 私が試乗した時の実燃費はそれほどかけ離れてはいなそうです。 4WDはターボがあろうが無かろうが実燃費は殆ど変りません。 この実燃費はWEBサイトのe燃費や営業マンの話を基にしているので正確なわけではありませんが、試乗の時の実燃費と比べてもそこそこ信憑性はあると思います。 デイズルークス・ハイウェイスターXターボの試乗記まとめ 今回試乗したデイズルークスは特にインテリアとアラウンドビューモニターの使い勝手、ボディーのカラーリングの豊富さでは非常に魅力的な車と感じました。 軽自動車なのにインテリア機能性はピカイチです。 特に後席のシーリングファンやロールサンシェイド、後席のシート可動幅にゆったりした車高長は「小さい、狭い軽」という印象を覆し、 「広々した快適な軽」という印象を強く受ける1台でした。 最近のコンパクトカーのカラーリングも豊富になってきていますが、デイズルークスのカラーリングの色のセンスが良く、目を惹くような色が多いのが評価UPです。 「アラウンドビューモニター」も一度体験すると手放せなくなるような優れもので、今後どんどん普及させることで 死角を見落として接触事故を起こしたりすることが格段に減ると思います。 ただデイズルークスは燃費が思うように伸びない、他のメーカーの軽自動車はハイブリッドなどのモーターアシストで燃費を抑えていますが、デイズルークスは駆動に直接アシストするモーターがありません。 また走行性能も今回試乗したターボ搭載車でも若干非力さを感じるくらいでしたので、ターボなしではどの程度のパワーで走れるのか不安を感じます。 近所で買い物や送り迎え程度で使用することが多い方ならばデイズルークスもおススメできますが、遠出や長い距離の通勤などで使用頻度の多い方にはあまりおススメできないと思いました。

次の

日産:デイズ ルークス [ DAYZ ROOX ] 軽自動車 | グレード | グレード別 主な装備

デイズ ルークス ハイウェイ スター ターボ

660 S• 660 S 4WD• 660 S アシストグリップ付車 乗降グリップ• 660 S アンシャンテ 助手席スライドアップシート 4WD• 660 X• 660 X 4WD• 660 X Vセレクション• 660 X Vセレクション 4WD• 660 X Vセレクション アンシャンテ 助手席スライドアップシート• 660 X Vセレクション アンシャンテ 助手席スライドアップシート 4WD• 660 X Vセレクション アンシャンテ 助手席回転シート• 660 X Vセレクション アンシャンテ 助手席回転シート 4WD• 660 X Vセレクション 助手席スライドアップシート• 660 X Vセレクション 助手席スライドアップシート 4WD• 660 X Vセレクション 助手席回転シート• 660 X Vセレクション 助手席回転シート 4WD• 660 X アンシャンテ 助手席スライドアップシート• 660 X アンシャンテ 助手席スライドアップシート 4WD• 660 X アンシャンテ 助手席回転シート• 660 X アンシャンテ 助手席回転シート 4WD• 660 X 助手席スライドアップシート• 660 X 助手席スライドアップシート 4WD• 660 X 助手席回転シート• 660 X 助手席回転シート 4WD• 660 X 運転席マイティグリップ• 660 ハイウェイスター Gターボ• 660 ハイウェイスター Gターボ 4WD• 660 ハイウェイスター Xターボ• 660 ハイウェイスター Xターボ 4WD• 660 ハイウェイスター Xターボ 助手席スライドアップシート• 660 ハイウェイスター Xターボ 助手席回転シート• 660 ハイウェイスター Xターボ 助手席回転シート 4WD• 660 ハイウェイスター ターボ• 660 ハイウェイスター ターボ 4WD• 660 ハイウェイスター ターボ アンシャンテ 助手席スライドアップシート• 660 ハイウェイスター ターボ アンシャンテ 助手席回転シート• 660 ハイウェイスターS• 660 ハイウェイスターS 4WD• 660 ハイウェイスターS アンシャンテ 助手席スライドアップシート 4WD• 660 ハイウェイスターX• 660 ハイウェイスターX 4WD• 660 ハイウェイスターX Gパッケージ• 660 ハイウェイスターX Gパッケージ 4WD• 660 ハイウェイスターX Gパッケージ アシストグリップ付車 乗降グリップ• 660 ハイウェイスターX Gパッケージ アンシャンテ 助手席スライドアップシート• 660 ハイウェイスターX Gパッケージ アンシャンテ 助手席回転シート• 660 ハイウェイスターX Gパッケージ アンシャンテ 助手席回転シート 4WD• 660 ハイウェイスターX Gパッケージ 助手席スライドアップシート• 660 ハイウェイスターX Gパッケージ 助手席回転シート• 660 ハイウェイスターX Gパッケージ 助手席回転シート 4WD• 660 ハイウェイスターX Vセレクション• 660 ハイウェイスターX Vセレクション 4WD• 660 ハイウェイスターX アンシャンテ 助手席スライドアップシート• 660 ハイウェイスターX アンシャンテ 助手席回転シート• 660 ハイウェイスターX アンシャンテ 助手席回転シート 4WD• 660 ハイウェイスターX 助手席スライドアップシート• 660 ハイウェイスターX 助手席回転シート• 660 ハイウェイスターX 助手席回転シート 4WD• 660 ボレロ Xベース• 660 ボレロ Xベース 4WD• 660 ライダー ハイウェイスター Gターボベース• 660 ライダー ハイウェイスター Gターボベース 4WD• 660 ライダー ハイウェイスター Xターボベース• 660 ライダー ハイウェイスター Xターボベース 4WD• 660 ライダー ハイウェイスター ターボベース• 660 ライダー ハイウェイスター ターボベース 4WD• 660 ライダー ハイウェイスターX Gパッケージベース• 660 ライダー ハイウェイスターX Gパッケージベース 4WD• 660 ライダー ハイウェイスターXベース• 660 ライダー ブラックライン ハイウェイスター ターボベース• 660 ライダー ブラックライン ハイウェイスター ターボベース 4WD• 660 ライダー ブラックライン ハイウェイスターX Gパッケージベース• 660 ライダー ブラックライン ハイウェイスターX Gパッケージベース 4WD• 660 ライダー ブラックライン ハイウェイスターXベース.

次の

デイズルークス/ハイウェイスターのグレード別価格と装備の違いを比較

デイズ ルークス ハイウェイ スター ターボ

日産の軽自動車のデイズに続き、ハイトール系ワゴンのデイズ ルークスにも試乗してきました。 2014年2月に発売され、好調な売れ行きを見せている 日産の人気の軽自動車になります。 やはりデイズ同様に三菱自動車との共同開発になるので、それぞれの強みを生かしている部分もデイズルークスの大きな魅力とされています。 NAエンジンとターボエンジンの展開があるので、それぞれ試乗してきました。 思ったことや感じたことなどの意見を加えながら書いていこうと思います。 デイズルークスのスペック まずはスペックです。 価格 133万~197万円 燃費 22. 6~26. 4~4. ハイウェイスターはスポーティーモデルで、いわゆるカスタムモデルって位置づけですね。 ベーシックタイプの展示車がなかったのでカタログの写真で比較してみました べーシックモデルはラジエーターグリルの部分にメッキバーが装備されて高級さがあります。 またメッキバーがヘッドランプに繋がることで全体の顔つきにもワイドさがあります。 この辺は先代車種にあたる、ルークス・ハイウェイスターの名残もあるような気がします。 デイズルークス・ハイウェイスターはベーシックモデルとは違い、より精悍さを重視したような外観です。 メッキフロントグリルは大型化されており、クロームメッキも取り入れられていました。 他のメッキバーよりも2本目のバーが少し太めになっていて、ヘッドランプと繋がるような形状でワイド感が出ています。 バイキセノンヘッドランプ、メッキバーに沿ってLEDポジショニングランプも装備! サイズは小さいものの、日産の高級車・エルグランドにも劣らないような顔立ちになっているなと思いました。 後ろからのスタイル クリアレンズを採用したリアコンビネーションランプで、ハイウェイスターはLED式です。 デイズ都の違いは高さが155mm高いことと、スライドドアを採用している点でしょう。 やと同じタイプのスーパーハイトワゴンです。 先代にあたる車種のルークスよりも全高が30~40mm高くなり、ホイールベースも30mmの拡大。 27インチの自転車も積むことが出来り1,400の室内高の実現が出来ています。 アルミホイールはターボ車とNAエンジンモデルの最上位グレードで15インチ、NAエンジン車で14インチです。 デイズにも採用されているアラウンドビューモニター、フロントにはスーパーUVカット断熱グリーンガラスが装備されています。 また、スライドドアにはインテリジェントキーを身に着けていればドアに付いているボタンを押すことで開閉が出来るリモコンオートスライドドアも装備されています。 うちの愛車にもついていますが、あまり使わないかなw 子供が一人で開けられない時に、リモコンで操作できるのは楽ですけどね。 2015年4月には一部改良が入り、「アゼリアピンクメタリック」おt「ピンクゴルドメタリック」の新色が2色増えての全部で9色になりました。 また同時に2トーンカラーが4種類設定されたことで、明るめものからダークな色までと幅が広くなっています。 人気色はやはり白か黒で、リセールバリューも高いので、将来売ることを考えているなら白か黒を選ぶとお得かもしれません。 内装はどんな感じ? 内装の基本的な部分はベーシックモデルとハイウェイスターには違いがありません。 室内色に関してはブラック系のエボニーとアイボリーの2種類があります。 ボディカラーによってはあらかじめ決まっている場合もありますし、選ぶカラーによっては2つのうちの好きなカラーから選ぶことも可能です。 その他の内装部分に関しても中に乗ってしまえば高さは違うくらいでデイズと同じに見えました。 ルーフが高いので乗っていて楽ですね。 ピアノブラック調パネルのフルオートエアコンも装備されていましたし、本革ステアリングも装備されています。 ただし、この辺はグレード次第です。 展示車や試乗車はグレードが高くなっていることが多く、装備も充実しています。 ベーシックモデルの一部は マニュアルエアコンやウレタンステアリングの設定のものもあります。 メーターはこんな感じです。 シルバーサテンのフレームに囲われているデザインになっています。 外観も特徴的で格好良いハイウェイスターですが、 装備の質感や満足感もハイウェイスターの方がかっこ良くて気に入りました。 もし購入するのであれば、迷わずハイウェイスターにしてしまうと思います。 (価格がネックですが) ハイトール系ワゴンの特徴と言えば、やはり室内の広さですよね! デイズルークスも居住空間がとても広く快適な作りになっています。 ここはデイズとは大きな違いになってきますね。 足元に余裕が残りますし、天井が高いことで座っていても大きな余裕を持って過ごすことが出来るのです。 グリップもあるので乗り降りのサポートつきでラクラクです。 低床フロアでフラットな部分も高評価です。 助手席の後ろにはシートバックテーブルがあるので、更にリラックス出来るなと思いました。 使わない時は折りたたんでおくことが出来るので、この辺はデイズにはない充実さではないかと思います。 ファミリー層をターゲットにしているので、こういった装備はママさんには嬉しいですよね。 レジ袋がかかるフックもあるので、おやつを買い込んでも問題なさそう(笑) もちろん、スライドドアにはドリンクホルダーもあるので後席テレビなんか付けたらかなり居心地が良くなりそう・・・。 ただし、フロントからのエアコンの風が届くかどうか?の心配があるかも知れません。 そんな心配を解消するのはリヤシーリングファン! 風を後席に送ることで空気を効率的に循環、室内空間の温度がキープされるという優れものなのです。 これは、ライバル車にはない装備で差別化を図っています。 風量も3段階あるので、様子を見ながら有効に使っていける装備ですよね。 収納 収納に関してはデイズとほぼ同じ内容ですが、デイズにはない収納が1つありました。 それはインストアッパーボックスです。 底は浅いけど、大きめなのでCDやDVD、書類関係など入れることができそうです。 インストポケットとグローブボックス 運転席側のインストポケットにフロントドアのポケット 助手席の下にはシートアンダーボックス オーバーヘッドコンソールはリヤシーリングファンの後ろにあたる位置に装備 フロントにはカップホルダーが2個装備されています。 収納は結構ありますね。 小さい子供がいると何かと荷物が増えるので、重宝しそうです。 ラゲッジルーム ラゲッジルームに関してもデイズ ルークスの魅力を感じます。 ちょっと乗せるのが大変そうですが、ギリギリ行けそうですね・ ただ、自転車のタイプによっては乗らないものもあるので注意が必要です。 27インチの自転車を乗せる予定なら、自転車の寸法(特に高さ)をはかっておくと良いですよ。 5:5分割格納式シートになり、レバー1つで操作が出来るので積載に応じてアレンジが可能です。 シートを倒せば、かなり広く使えますが、シートを倒さないとラゲッジルームはかなり狭いです。 この辺りは軽自動車なので仕方ないかな。 でも、の床下収納は便利そうでしたよ。 フルフラットになる? デイズルークスで車中泊を考えている人もいるでしょう。 シートを全部倒したらフルフラットになるのかというと、ちょっと厳しそうです。 運転席と助手席を前に出して倒せば後部席とはつなげることができます。 室内長は2,235mmあるので、足を伸ばして寝ることができるでしょう。 でも、凸凹がきになると思うので、マットなどで工夫する必要がありそうですね! 試乗編 乗り心地や燃費はどう? 試乗では、ターボ車とNA車を乗り比べてみました。 どれだけパワーは違うのか?乗り心地はどうなのか?そして実燃費は? 徹底調査してきたので参考にしてくださいね! NA車 ハイウェイスターXの試乗 試乗はまずデイズ ルークス・ハイウェイスターXからです。 先日しました。 なのでデイズルークスのNAもそんなに期待は高くなりません。 というか、どうせ・・・という感じです。 エンジンをスタートしてみると、ここはデイズよりも幾分穏やかでしょうか。 エンジン音も振動も少なめですが、 やはり加速がとても悪い・・・もしかしたらデイズ以上の悪さです。 車重が100kgくらい重いので仕方ないけど、これはちょっと酷いかも。 ストップから50kmくらいまでの加速の悪さが酷くてストレスがたまりそうなくらい。 特に右折なんかはアクセルをガンと踏んでもついていかないので 怖いくらいでした。 アクセルを踏み込んでもエンジンが唸るだけで加速にはつながりません。 この加速の悪さって車両重量だけでしょうか? これだけの加速の悪さであれば4速ATもしくはMT仕様があっても良いのにと思いました。 加速は気にせずに、後ろから煽られてもへっちゃら!「ゆっくりのんびり」走るのならば良いのかも知れません。 また、ある程度の速度に乗ってしまえば、緩めの坂道であればその勢いで上がりきれます。 長めの坂道は・・・?想像しただけで怖いです(汗) 乗り心地はそこまで悪く無いですが、ここまで加速が悪いとストレスですね・・・。 私が普段、ターボエンジンの車に乗っていることにも原因があるのかも知れません。 どうしても比較対象が毎日乗っているターボエンジンになってしまうからということも理由かも知れません。 NAエンジンにあまり良い評価をしていなくても、ユーザーによっては加速が良い!という方も当然います。 感じ方はそれぞれ・・・なので、やっぱり自分で試乗するしかないですよね。 続いてはデイズ ルークス、ハイウェイスター・ターボです。 ターボ車 今回のターボエンジン車も試乗車がなかったので、スタッフ(今回は受付の女性の方のものでした)さんのものを借ります。 エンジンをスタートしてみると、あまりターボ車らしくないというか・・・NAエンジン?と思ってしまうくらいです。 音や振動に関しても軽自動車にしては静か、もう少し上のクラスの車との比較になれば少しうるさめでしょう。 でも私が乗っている1400ccのターボ車に比べたら幾分落ち着いているかも。 ゆっくり・・・とはいかず、ガツンとアクセル踏んでみます。 少しタイムラグはあるのですが、その後にドーンと着いていくような・・・ かなり好感触。 長い直線ですと自分が何キロ出しているか分からなくなっていて、スピ-ドメーター見てアクセル緩めました。 走る楽しさであれば断然ターボエンジン!少しでも車好きであれば間違いなくターボエンジン! 車高が高いのでロールしやすそうですが、これも意外に安定していて怖さとかなかったです。 跳ねも少ないので良く仕上げてあるな・・・そんな感じですね。 乗り心地も硬めでもなく柔らかめでもなく、中間を行く感じでこれもなかなか良い感じです。 運転していて疲れのない車であるとも思いました。 ターボとNAだとかなり乗り心地が違う印象を受けました。 私は断然ターボが好きですが、価格と運転の仕方によって好みは別れると思います。 NAの方はかなり酷評しちゃいましたが、実際に試乗して自分で確認してくださいね! 実燃費はどのくらい? デイズルークスのカタログ燃費はターボエンジン車が24.0km/l(2WD)、22.6km/l(4WD)です。 NAエンジン車は26.2km/lと24.6km/となります。 試乗でのハイウェイスターX(NAエンジン車)の 平均燃費は14.0km/l 同じタイミングで試乗したデイズのNAエンジン車よりも良い数字という結果(汗) 確かJC08モードはデイズの方が上だったはずなのに・・・。 デイズはアクセルをガンガン踏まないと加速しなかったので、思ったほどに燃費が出なかったのかも知れません。 「デイズルークスの燃費がくっそ悪い!」という口コミも見かけました。 カタログ燃費の60%なので、悪いといえば悪いですね。 通常はカタログ値の70%くらいは行くものなので・・・。 ただし運転状況や使用状況でも変わるので、一定でないのが実燃費の痛いところです。 燃費が良いスーパーハイトワゴンを探しているならスズキのスペーシアが優秀ですよ。 カタログ燃費が32. 総額はいくら?見積もりもらいました デイズルークスの車両本体価格は下が133万円代~上は193万円代までと実に60万円ほどの開きがあります。 オーテックジャパンのカスタムカーであるライダーは197万円なので一番下と64万円ほどの差! 本当に軽自動車ですか?と思える価格設定には驚かされますね。 見積書はターボエンジン車とNAエンジン車の2パターンとりました。 デイズ ルークス ハイウェイスター・ターボ(2WD): 2,228,990円 デイズ ルークス X(2WD): 1,720,000円 こちらは別のディーラーで作成したからか値引きが入っていました。 車両本体価格とオプションであわせて 79,000円程度の値引きとなっています。 でもデイズ ルークスの購入者レビューでは 15万~25万円とかが比較的多く出ているように思います。 値引きは営業の出方を見ながら、 20万円くらいは目標にするのも良いかも知れませんね。 総合評価 トータル的に見て悪くはないですが完璧か?となるとまた違います。 ただし、値引きなしで約223万円という数字になると正直言って即決めは出来ないです。 今回の商談で日産のディーラーに伺いましたが、基本的に車をじっくり見せたくないのか?装備を確認していても横から「中にどうぞ、中にどうぞ」で急がされているようにしか思えませんでした。 「車もじっくり見ないで買うなんて出来ないですよ」と伝えましたが、それでも意味通じず・・・。 営業スタッフが天然なだけだったのか?でも、一か所だけではなかったので、それが日産のスタイルなのかと思ったくらいです。 200万円近い車を買うのに営業スタッフのトークと見積書だけでは当然決められません。 他社は自由にどうぞ!写真も好きなだけどうぞ!でこちらのペースに合わせてくれることが多いのですが・・・(汗) それとも私が買う気ないように見えたのか? いずれにせよ、購入すればお付き合いが始まるので 営業スタッフとの相性も重視して良いかと思いました。 デイズとは違って圧倒的にファミリーユーザーが多いこともデイズ ルークスの特徴です。 三菱のekスペース(OEM)との差もほとんどないので、それぞれ見て比べても良いと思います。 ekスペース以外にもライバル車であるタント、N-BOX、スペーシア、ウェイクなどと比較して見ると良いでしょう。 外観の格好良さや使い勝手の良さなど評価出来る点もありますが、今は軽自動車戦国時代に突入中です。 他社にも同じくらいの値段で沢山の軽自動車があるので、各メーカー渡り歩くのも良いでしょうね。 タイプ別に軽自動車を比較ランキングしたので参考にして下さい。

次の