御社 貴社 違い。 メールで「御社」と「貴社」を使うときのルールとマナー

「御社」「貴社」の違いは? 面接で「弊社」と言う? 使い分けの基本

御社 貴社 違い

貴社と御社と弊社と当社の違い 貴社と御社と弊社と当社の違いを分かりやすく言うと、 貴社は「あなたの会社」を意味する書き言葉で、御社は「あなたの会社」を意味する話し言葉で、弊社は社外の人に対して使う「自分の会社」で、当社は「自分の会社」を意味しているという違いです。 一つ目の「貴社」は書き言葉です。 貴という字を使うことから分かるように、相手を敬う気持ちが込められています。 「きしゃ」と読む言葉は他にも多くあり、話し言葉では混乱を生ずる可能性があることから、主に書面で使われるのが「貴社」という言葉です。 例えば、履歴書などの志望動機欄に「貴社に貢献できると考えております」と記載したり、また取引先に送付する書面などで使われる言葉です。 二つ目の「御社」は話し言葉です。 御という字は、単語を敬語にする働きを持っている接頭辞です。 意味は貴社と変わりません。 敬う気持ちで使われる言葉ですが、主に話し言葉で使われる傾向があります。 例えば就職面接で志望動機を聞かれた際に「御社を志望いたしましたのは・・・」と答えるのは定型文のようでもありますし、また取引先との商談で使われるのは貴社ではなく御社です。 三つ目の「弊社」は社外の人に対して自分の会社を言う時に使う言葉です。 弊という字は総じて悪い意味を持つ言葉ですが、その悪い意味が転じてへりくだる意を表すために用いられています。 悪い意味の字がへりくだる気持ちを表すために使われている別の言葉には「拙者」(読み方:せっしゃ)などがあります。 拙の字は「つたない、未熟な」という意味ですが、本当にそう思っているというよりも、自分を卑下して相対的に相手を高めようとしています。 四つ目の「当社」は自分の会社です。 丁寧な言葉ではありますが、当の字は「この」や「その」を意味する接頭辞なので、相手に対する謙遜の意味を含ませた言葉ではありません。 「弊社は社外の人に対して使い、当社は社内で使う」という説明をしばしば目にしますが、必ずしもそうではありません。 弊社はへりくだった意味を持つので社外の人に対して使う言葉ですが、当社も社外の人に対して使うことが出来ます。 そのため二つの言葉には厳密な使い分けはありません。 例えば「故障の際は弊社カスタマーセンターまでご連絡下さい」も「当社カスタマーセンターまでご連絡下さい」も、どちらの表記もよく見かけるものです。 また、弊という文字が日常ではあまり使われないことから「弊社は上から目線の気取った言い方だ」と誤解する人もごく僅かですが存在します。 貴社の意味 貴社とは、 「あなたの会社」を意味する書き言葉を意味しています。 御社と意味は変わりませんが、使う場面が違います。 貴社という言葉を使う場面としては、例えば履歴書に受けようとする会社のことを書く時や、取引先の企業に文書を送付する時などが挙げられます。 貴社は相手の会社を敬う念を持って使われる言葉です。 このことは、同じ貴の字を使った別の単語に、身分の高いことを意味する「高貴」、特権階級を意味する「貴族」、産出量が少ないため貴重な金属を意味する「貴金属」などがあることからも分かります。 貴社は同音異義語が多い言葉です。 例えば「記者」「汽車」「帰社」などがあります。 そのため、話し言葉では万が一の混乱を避けるために使用を控えるべきだと考えられていて、書き言葉で用いられる言葉になっています。 ただし話し言葉で使っても間違いだという訳ではありません。 貴社と御社を混在させなければ間違いではありません。 例えば「貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」と書き出した文章で「御社」という言葉を使うと、統一がなくなり悪印象です。 とはいえ、貴社は書き言葉だと信じて疑わない人もいるので、そうした人達に誤解されないためにも貴社という言葉は書き言葉の中だけで使うのがベストです。 御社の意味 御社とは、 「あなたの会社」を意味する話し言葉を意味しています。 貴社と意味は同じですが、貴社は書き言葉で御社は話し言葉で用いられるという、使い方の違いは存在します。 御社の御の字は、単語を敬語にする機能を持つ接頭辞です。 この字は「お」「おん」「ご」と読まれます。 豪華な食事を意味する「御馳走」(読み方:ごちそう)や天皇の居住地を意味する「御所」(読み方:ごしょ)などに使われています。 また「お父さん」「お母さん」の「お」も、この御という字から来ています。 「御社は話し言葉で使い、貴社は書き言葉で用いる」という使い分けが一般的ではありますが、御社を書き言葉で使っても間違いではありません。 大切なのは、一貫性を持つことです。 「御社」を使って話していたのに、途中で「貴社」を使うことなどは避けましょう。 弊社の意味 弊社とは、 社外の人に向けて言う時の「自分の会社」を意味しています。 この言葉は話し言葉でも書き言葉でも使われます。 弊社の弊の字は、総じて悪い意味を持つ言葉です。 弊の字を使った言葉としては、例えば疲れて弱ることを意味する「疲弊」(読み方:ひへい)や他の物に悪影響を及ぼす物を意味する「弊害」(読み方:へいがい)などがあることを考えてみて下さい。 ただし弊社の場合、弊の字は悪い意味では用いられていません。 悪い意味が転じて、謙遜の念を表現するために用いられています。 弊は謙譲の表現を作る接頭辞です。 悪い意味の言葉を使ってへりくだる気持ちを込められている別の言葉には、自分の書いた文章を意味する「拙文」(読み方:せつぶん)や、自分の息子を意味する「愚息」(読み方:ぐそく)などがあります。 弊、拙、愚は、謙譲を示す様々な言葉に用いられています。 謙譲の意を持つ言葉なので、弊社は使い方が限定されています。 弊社は、必ず社外の人に対して使う言葉です。 例えば商談の際に自分の会社のことを表現するために使われたり、取引先の企業に送付する文面の中で用いられたりします。 当社の意味 当社とは、 「自分の会社」を意味しています。 当社は丁寧語と考えることは出来ますが、へりくだった気持ちは込められていません。 当の字は「この」や「その」を意味するだけです。 この言葉は話し言葉でも書き言葉でも使われます。 当社は身内、つまり自分の会社の従業員に対して使う言葉だと説明されることが多いです。 例えば、社長が新入社員に対して「創業以来、当社は一貫して・・・」とスピーチをするような場面や、社内に向けた通達の書面などで使われます。 しかし、社外の人に向けて当社という言葉を使うことも間違いではありません。 相手にへりくだる言葉ではありませんが、失礼な言葉ではないからです。 謙遜することがかえっておかしいと感じられる場合には、当社という言葉が使われることがあります。 当社が相手に向けて使うことが出来るということは、当社の類義語の「自社」を考えてみると分かりやすくなります。 当社と自社は指すものは変わりませんが、自社は自分の目から見た自分の会社、当社は相手の目から見た自分の会社というニュアンスを持ちます。 貴社の例文 3.末筆ではございますが、貴社の益々の発展をお祈り申し上げます。 この言葉がよく使われる場面としては、書き言葉で相手の会社を敬ってを表現したい時などが挙げられます。 貴社は書き言葉だと考えられています。 同じ「きしゃ」と読む言葉がいくつもあり、音声だけだと誤解される可能性があるからです。 そのため、例文1は面接ではなく履歴書に書かれた文面だと考えることが出来ます。 また例文3のように、手紙文で用いられるのも御社ではなく貴社であることが多いです。 ただし、貴社と御社は意味上の違いはありませんので、話し言葉で貴社と言っても間違いにはなりません。 とはいえ、貴社は書き言葉だと信じて疑わない人もいますので、貴社は書き言葉と覚えておくのがベストです。 御社の例文 3.弊社といたしましても、貴社とは今後とも共同で開発を行ってゆきたいと考えております。 この言葉がよく使われる場面としては、社外の人に向けて自分の会社を表現したい時などが挙げられます。 弊社は話し言葉でも書き言葉でも使われる言葉です。 弊社の弊の字には謙遜の念を込めるという使い方があるので、必ず社外に向けて使われる言葉です。 従業員向けの通達などで弊社という言葉は使われず、当社は自社といった言葉を使います。 逆に、ホームページなどで告知をする際には弊社を用いるのが通常ですが、当社や自社が使われることもあります。 また弊の字は日常あまり見ることのない言葉なので、弊社という言葉を見て「気取っていて上から目線」と誤解する人もごく僅かながら存在します。 そのような誤解を避けるために当社や自社などが場合によっては使われます。 当社の例文 3.自社ホームページの当社紹介ページを最新化する。 この言葉がよく使われる場面としては、自分の会社を表現したい時などが挙げられます。 当社という言葉は丁寧語ではありますが、弊社とは違って謙譲の意味を持ってはいません。 そのため自社内で使われる言葉だと説明されることもしばしばあります。 しかし実は、社外の人に対しても使うことは出来ます。 例えば、「弊社カスタマーセンター」も「当社カスタマーセンター」も同じくらいの頻度で見かける言葉です。 当社という言葉を社外の人に対して使うのは、過度の謙遜を避けるためです。 丁寧なのは良いことですが、度を過ぎると都合が悪くもなります。 弊社という言葉はある意味で自分の会社を貶める言葉なので、当社の方が良いと考えることも出来ます。

次の

【御社と貴社の違いとは】就活生が知っておくべき使い分け方を紹介

御社 貴社 違い

打ち合わせやメールの「御社」と「貴社」の意味とは? 御社:取引先の事の丁寧な表現 「御社」とは、簡単に言えば「あなたの会社」という意味です。 もちろん、「御社」という言葉はビジネス敬語ですので、ニュアンスが違います。 わかりやすく言うと、「あなたの会社」という言葉を丁寧に表現したものであると認識すると良いでしょう。 もっと掘り下げて説明しましょう。 「御社」の「御」の字は、実は「お水」や「おみそしる」につけられる「お」という言葉と同じです。 ただ「水」というよりも、「お水」の方が丁寧な印象を受けますよね。 「御社」もまた、丁寧な印象を相手に与えるためにマナーとして使われています。 貴社:取引先のことに尊敬を込めた表現 「貴社」の意味も、実は「あなたの会社」です。 「貴社」もまた、ビジネス敬語ですので「あなたの会社」とは違ったニュアンスを持ちます。 「あなたの会社」に対して敬いを込めて表現したのが、「貴社」であると覚えておくと良いでしょう。 「貴社」の「貴」の字は、「とうとい」と読みます。 貴い(とうとい)とは、相手の身分が高いという意味です。 つまり、相手の会社を敬った表現が「貴社」となります。 「貴殿」や「貴方」などと同じく、相手の身分を尊重していることを表現するために使います。 「御社」も「貴社」も意味の本質は同じ 「御社」も「貴社」も、相手の会社を丁寧に言ったり、尊敬を込めたりして言うと言う点に関しては全く同じ意味であると言えます。 ビジネス中に、「貴社」か「御社」かわからなくなってしまうのは、実は意味が同じだからでもあるのです。 そのため、ビジネスシーンや就活中では、どちらを使っても意味は通じます。 ちなみに、次の記事でも「御社」と「貴社」の違いを説明しています。 とくに、「御社」「貴社」に敬称略が付くかどうかは、非常にためになりますよ。 就活中の方、敬語やビジネスマナーを学びたい人は、ぜひ次の記事も併せて読んでみて下さいね。 ビジネスシーンで言えば、会議や打ち合わせ、あいさつ回りなどで使われます。 さらに、実際に対面はしていなくとも、電話をする際にも使われますね。 会話をする時は「御社」であると違いを覚えておきましょう。 ビジネスシーンでは、メールや手紙、書類などの文面で使用します。 ビジネスシーンでは、メールや手紙で使用します。 「貴社におかれましては…」など、定型文の1文にもよく登場します。 そのため、「御社」との違いが覚えられない人は定型文として登録しておくのも良いですね。 このシーンで使い分けられる言葉は「御社」となります。 1つ例文を紹介しましょう。 「あなたの会社の製品は本当に素晴らしいです」と、会話の中であなたが相手に話を投げかけるとします。 これだけでは、なんとなくフランクな印象になってしまいますね。 この発言においての正しいビジネス敬語は、「御社の製品は本当に素晴らしいです」となります。 レスポンスの早い会話のシーンでは、あなたの会社というべきところはすべて「御社」と変換しましょう。 例えば、取引先に営業時間の変更をお知らせするメールを作っているとします。 この時、あいさつ文を入れますよね。 このあいさつ文の中に、「貴社の益々のご発展を御祈り申し上げます」という文を見たことがありませんか? この「貴社の益々のご発展を御祈り申し上げます」とは、「あなたの会社がさらに発展しますように」という意味を持つ言葉です。 この意味を丁寧に言いかえたのが、先ほどの文章というわけです。 ビジネスシーンでは良く使われる定型文です。 ぜひ覚えましょう。 この時に使われるのは「御社」です。 例えば、「後であなたの会社のカタログをください」と相手に伝えたいとします。 この「あなたの会社」を「御社」に言い換えることで、「後日御社のカタログを頂戴したいです」というビジネス文へと変換することができるのです。 確かに「御社」を使った表現は、若干回りくどいようにも感じます。 しかし、「後であなたの会社のカタログをください」ではあまりにフランクすぎますよね。 「御社」を使うだけで、相手に不快な印象を与えないだけでなく、相手に礼儀をわきまえた表現をすることができます。 しかしこの場合で使われるのは、「御社」が正解となります。 「御社」を使うのは、あくまでも言葉を発するシーンです。 そのため、留守番電話もまた使われるのは「御社」なのです。 例えば、「あなたの会社から購入した商品の件で聞きたいことがあります」と伝えたいとします。 この時、ビジネスマナーに沿った敬語の正解は、「先日購入した御社の商品の件でお伺いしたいことがあります」となります。 「御社」という言葉を使うことで、例えあなた側が立場が上であっても円滑な関係を築くことができますね。 例えば、履歴書に文面として起こすときには、「貴社」を使います。 「貴社の事業に魅力を感じ…」といった内容の使い分け方が正解となります。 しかし一方で、実際に会って話す面接時に使うのは、「御社」となります。 「御社を志望した理由は…」のように、面接官に向かって話す時には「御社」を使わなければなりません。 特に新卒の就活に挑む人は、書くシーンと話すシーンが混同しやすく間違えやすい敬語です。 「御社」と「貴社」の使い方は、1つ1つ丁寧に覚えていきましょう。 面接官のような人を見る役職の人場合は、気づいているケースも多いです。 しかし、一般の営業マンとのやりとりの中などでは、意外と気づかれていないケースも多いです。 あまり気にしないようにしましょう。 そのため、人によっては違いを指摘されるケースもあるでしょう。 しかし、本質的には同じ意味を持つ言葉ですのであまり気に病む必要はありません。 次回から適切に使えるように頑張りましょう。 特に間違えやすいのが、「貴社」という言葉です。 「記者」や「帰社」、「汽車」という漢字に変換ミスすることが多いです。 これでは意味が違いすぎるため、相手に失礼な印象を与えることがあります。 「御社」と言った次に「貴社」と話しているようでは、話の内容にまとまりが出ません。 もちろん、それは文面であっても同じです。 就活中などに、わからなくなってしまったら、最低限どちらか1つに絞って使いましょう。 相手から商品を受領する側は、立場が上になり勝ちで相手を目下に見てしまう人もいます。 しかしこれは、マナー違反です。 例え相手が下請けや年下であっても、相手への尊敬を込めて「御社」「貴社」を使うようマナーを徹底しましょう。 例えば、銀行や病院です。 銀行の場合は、「御行」「貴行」が正解です。 また、病院の場合は「御院」「貴院」となります。 色々なところと取引する会社では、この違いを適切に使い分けなくてはなりません。 下の表にもまとめて置くので、ぜひチェックしてみて下さいね。

次の

「貴社」と「御社」の違いと正しい使い方とは?【メール例文つき】

御社 貴社 違い

「当社・弊社、貴社・御社」という言葉をビジネスシーンで見かける機会は多いもの。 エントリーシートの記入や面接の場面でも頻繁に用いる言葉です。 それぞれの意味や使い分けについて知り、正しく使えるようになりましょう。 「当社」は丁寧語「弊社」は謙譲語 当社・弊社の違いは相手との関係性の違いです。 「当社」は自分の会社を丁寧に言い表す際に使う言葉で、「丁寧語」に分類されます。 相手と同じ立場、もしくは自分の方が上の立場である場合に多く使われます。 「弊社」は、自分の会社という意味は「当社」と同じですが、分類は「謙譲語」です。 「当社」と比べるとよりへりくだった表現で、相手よりも自分側を格下にみているというニュアンスになります。 「貴社」は書き言葉「御社」は話し言葉 貴社・御社はどちらも、相手の会社を敬意をもって言い表す表現で、「あなたの会社」「そちらの会社」という意味です。 両者の違いは用途で、「貴社」は主に文書などの中で用いられる「書き言葉」、「御社」は口頭で伝える際に用いる「話し言葉」です。 「当社」は社内向け「弊社」は社外向け 「当社」は、多くの場合社内に向けて用いられる言葉です。 自社の社員に向けて発信される文書やスピーチなどで使われます。 そのほか、報道やクレームへの回答や、 自社の実績や方針を述べる際にも用いられる言葉です。 「弊社」は、相手を立てる必要がある場面で用いられます。 交渉や商品をおすすめするシーンなど、取引先企業や顧客などに向けて言葉を発する場合は「弊社」を使うのが一般的です。 「貴社」は手紙やメール「御社」は会話の中でと使い分ける 「貴社」は書き言葉なので、主にメールや手紙などの文書で用いられます。 挨拶文の常套句として「貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」「貴社のますますのご繁栄をお祈り申しあげます」 と用いるなど、使用する機会は多いでしょう。 話し言葉である「御社」は、主に会話のなかで用いられます。 面接の場などで話す際は「貴社」ではなく「御社」と言うのが正しい言葉遣いです。 まとめ 意味はほとんど同じに思える当社と弊社、貴社と御社ですが、厳密には使用するべきシーンが異なります。 正しい使い方をしっかりと覚えておきましょう。 もまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。 そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。 TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスシーンでよく使われる「先方」という言葉。 よく聞く言葉として何気なく使用されていますが、実は使う場所や相手を考えて使わなければ失礼になってしまうこともある言葉なのです。 正しい意味と使い方を理解し、ビジネスパーソンとして恥ずかしくないようにしましょう。 「先方」の意味 「先方(せんぽう)」には、「相手の人や相手方」という意味と「先の方、むこう」という意味があります。 ビジネスシーンで使用されるのは「相手方」という意味で、「先方に連絡=相手(取引先)に連絡」というようになります。 また、「先方(さきがた)」という読み方になると時間をあらわして「さっき、先ほど」というような意味になります。 会話などの口語では間違えませんが、メールなどではややこしい表現となりますので、ビジネスメールでは使用しないようにしましょう。 どのような場面で使うか 「先方」を使用する際は、使う場所と相手に注意を払わなければなりません。 「先方」とは、その場にいない第三者(取引先等)を指して使う言葉であり、身内同士の会話上などで使用する言葉です。 例えば、社内で上司や同僚とある取引の話をするときに、取引相手のことを「先方」という呼び方をします。 その場にいる取引相手に使用したり、取引相手とは別の会社の人間との会話などで「先方」という使い方をしてはいけません。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング「先方」を用いた例文 「先方」の使用方法ですが、以下に例文を挙げます。 取引内容について、先方と打ち合わせをしてきました。 確認のために、先方にメールやFaxを送っておきました。 打ち合わせの日程変更について、先方に許可をいただいています。 先方からいただいたスケジュールでは厳しいです。 先方がどのようにプロジェクトを進めて行きたいか、すりあわせを行おう。 先方に謝罪しに行く。 このように、報告や連絡で使うケースが多い言葉です。 使い方のNG例 「先方」の使い方のNG例としては、「先方」に「様」をつけるというものがあります。 「先方様」という表現はよく間違えて使用されることがありますが、「先方」という言葉自体が第三者を指して使用されますので敬語表現自体がありません。 また、もとより取引相手に直接使う言葉ではありませんが、会話や文章などで「先方様」と無理やり丁寧に使うことは逆に悪い印象を与えます。 必ず「御社」や「貴社」というような表現を使用しましょう。 まとめ 「先方」という言葉は、使う場所と相手をわきまえて使用しなければビジネスマナー違反になります。 ビジネスパーソンとして意味や使い方を把握し、社内や身内で使う言葉としてビジネスシーンで正しく使用しましょう。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 一見同じように見える言葉でも、用法を誤れば失礼にあたることもあるため、注意が必要です。 ここでは、敬称の中からよく使われる「様」と「殿」を取り上げて、使い方を説明します。 「~様」を使う場面と相手 「様」は、目上、目下の区別なく使える敬称です。 使用される場面も幅広く、ビジネスシーンに限らず、日常的に使用される言葉です。 「個人名+様」が基本用法 「~様」とすることが多いのは「個人名」です。 文書の宛名などにおいて会社名につけられる敬称は「御中」がマナーとされています。 企業の慣習などに合わせて臨機応変に使い分けましょう。 また、「様」は、書き言葉として文書に用いられるほか、話し言葉としての使用も可能です。 ビジネス文書はもちろん、顧客や取引先との会話の中でも基本的な敬称として広く用いられます。 「役職名+様」や「連名の際にまとめる」はNG 「様」は、個人名やときには企業名の後ろにも用いますが、役職名の後ろにつけるのは誤りです。 役職名には敬意も含まれているとされており、敬称をつける必要はありません。 また、連名の場合にまとめて1つの「様」をつけるのもNGです。 連名の場合は名前それぞれに「山田太郎様 花子様」と敬称をつけます。 【NG例】 営業部長様 山田太郎 花子様 「~殿」を使う場面と相手 「殿」は主に社内文書や公用文などに用いられます。 一般的に目上から目下に向けて使う言葉だとされ、取引先の人などに向けて使うのは失礼にあたるとして、避けることが多いようです。 「役職名+殿」が基本用法 「殿」は、役職名の後ろにつけるのが一般的です。 文書の宛名において用いられ、文中では使用しません。 【使用例】 営業部長殿 公用文においては慣習として「個人名+殿」が広く用いられていましたが、徐々に「様」が使われるようになってきています。 現代においては、「殿」を話し言葉として用いるのは一般的ではありません。 「敬称・宛名の重複」はNG 宛名が役職名であっても、前に会社名がつく場合は注意が必要です。 御中のあとに「宛名+敬称」を続けると、意味が重なるためNGです。 また、上にも触れましたが、宛先が目上である場合「殿」を使うのは好ましくないとされています。 誤りとは言い切れませんが、社外に向けた文書には用いないのが無難でしょう。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリングまとめ 宛名などに使われることが多い「様」と「殿」ですが、使えるシーンが異なります。 「様」が比較的広く使える言葉なのに対し、「殿」は目上の人に対して使えば失礼になることも。 また、どちらのケースでも、敬称の重複などの誤った用法には注意が必要です。 「様」と「殿」の使い方には、厳密に区別されていない部分もあります。 もしも社内での慣例があるようなら、従うといいでしょう。 使い分けに迷ったときは、ここでの説明を参考にしてください。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー 「了解・承知・了承」。 これらは同じ意味を持つ言葉ですが、皆さんはどのように使い分けていますか? 今回はメール作成時における「了解・承知・了承」の意味と用途を紹介します。 正しい用途をしっかりと理解し転職活動を一歩リードしましょう。 了解とは 日常生活において、もっとも使いやすいのが「了解」です。 しかし、上司や目上の人に対しては相応しくない言葉と言われています。 「了解しました」など「しました」を付けることにより丁寧な響きになりますが、あくまでも丁寧語であって謙譲語ではありません。 同僚や目下の人に使うのは問題ありませんが、ビジネスシーンでは十分に注意するようにしましょう。 転職活動でも同様です。 企業の面接担当者に対し「了解しました」と使うのは相応しくありません。 承知とは 「承知」はビジネスシーンで推奨されている言葉です。 上司や目上の人に対して自然に「承知しました」「承知いたしました」などの言葉が出てくるようにしましょう。 企業によっては入社時研修などで、これら謙譲語の利用を学ぶこともできるでしょう。 転職活動中も同様に「承知」は積極的に使うべき言葉です。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング了承とは 「了承」は何かを承諾するときに用いられる言葉です。 丁寧な言葉ですが、上司や目上の人に使うには相応しくありません。 「了承」は上司が部下に対して使うべき言葉と言われています。 ビジネスシーンでは「承知しました」「承りました」などで代用するようにしましょう。 転職活動でも企業の面接官に対し使うのは相応しくありません。 それぞれの利用シーンとは 「了解」 〇 部下から「出張のため次回の会議に参加できなくなりました」などのメールがあった場合、上司から「了解です」と返信をする。 「承知」 〇 上司から「次回の会議に参加してほしい」などのメールがあった場合、部下から「承知しました」と返信をする。 〇 お客様から「次回の納品を来月の15日にして欲しい」とメールがあった場合「承知いたしました」と返信をする。 「了承」 〇 上司やお客様に対して「〇〇の件、ご了承いただけますか」などと問いかける。 これまで紹介してきた注意点を踏まえて、正しく使えるよう心がければ、ビジネスシーンでの振る舞いも一つ安定したものとなるでしょう。 例文を参考にしつつ、習慣としていけることが重要です。 まとめ 今回は「了解・承知・了承」の意味と用途を紹介しました。 それぞれの意味と用途をしっかり理解し、就職活動や、転職活動。 そして社会人になってからも、正しい文書でメールを送るよう心がけましょう。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 キャリア・転職 ビジネスメールを送るときに「件名」は重要なポイントです。 件名を見ただけでも、内容を理解してもらえるように心がけましょう。 今回は、ビジネスメールを送るときの件名の付け方をまとめてみました。 ぜひ、転職活動や転職先での業務に役立ててくださいね。 件名の書き方の基本 メールの件名は、送信先の相手にどのようなメールなのかを伝える大切な役割を果たします。 多くの場合は1日に数十件以上のメールを処理しなければならないため、メールの件名があいまいなままだと読んでももらえない可能性も。 そのため、できるだけ簡潔にメールの内容を伝えられる件名をつけて送信することが基本です。 また、緊急の場合や急ぎの場合には冒頭に「【緊急】」や「【要確認】」などと添えて、少しでも早く見てもらえるような工夫をするといいでしょう。 返信の場合 同じ相手とメールでのやり取りを重ねていくと、件名に「Re:」がいくつも連なってしまうことがあります。 確かに返信だということは分かりますがいくつも重なるとだんだん読みにくくなり、件名を書く手間を省いていると思われるかもしれません。 そのため、件名への「Re:」の表示は3回程度で留めておき、それ以上連絡が続く場合には件名を書き直すようにするといいでしょう。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリングお願い・依頼メールの場合 メールの送信相手にお願いや依頼をする内容を送る場合には、件名にも工夫が必要です。 次のような事柄を織り交ぜるようにしましょう。 何の依頼なのか分かるようにする 「〇月〇日の打ち合わせについて」「〇月〇日の会議資料の制作依頼」など、件名を見ただけでどのような依頼なのか分かるようにしておくと親切です。 件名を見ただけでも、要件が伝わりやすくなります。 【依頼】【要確認】などの見出しも適宜使用して 日にちが迫っている場合や早く返信が欲しい場合には、【依頼】や【要確認】、【要返信】という見出しを使うことで目に留まりやすくなります。 必要に応じて使うようにするといいでしょう。 どのような内容か分からないため、目に留まりにくくなります。 具体性のない件名 「打ち合わせについて」や「明日の件」、「昨日の報告」など具体性のない件名は、相手にどのようなメールなのか伝えることができません。 また、同じような内容のメールは他にもあると考えられるため、日付やプロジェクト名などを入れて件名を見ただけでも伝わるように心がけましょう。 まとめ 今回は、ビジネスメールを送信するときに欠かせない「件名」の付け方について紹介しました。 件名を適当につけていると雑な印象を与えることになりかねません。 また、多くのメールに埋もれてしまい開いてもらえない可能性も出てきます。 件名を見ただけでも内容が分かるように、要件や日付を入れることがポイントです。 さらに、少しでも早く返信が欲しい場合には【重要】や【要返信】などと書き込み、目に留めてもらえる工夫をするといいでしょう。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。 そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。 TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 キャリア・転職 ビジネスマンの必読書のひとつが日経新聞です。 経済専門紙として最新の時事や特集などを、幅広い業界で抑えています。 朝読むことでその日の営業トークやプレゼンの資料作成などに役立ちます。 しかしその情報量の多さから、どこをどうやって読めば自分の身になるのかわからない、という声も多く聞きます。 そこで本記事では、日経新聞を読むポイントを解説していきます。 日経新聞とは 日経新聞とは、日本経済新聞社が発行している経済誌、「日本経済新聞」の略称です。 経済や産業関係の記事が多く、株価欄など多くのビジネスマンが情報源として活用しています。 日経新聞を読む理由 インターネットが普及したこの頃、経済や社会のニュースが無料で手に入るようになりました。 ネットでのニュースは基本的に浅く広くのことが多く、ニュースのかたよりが起こることもあります。 日経新聞はその日その日で重要なことが見出しや記事の大きさでぱっとわかりやすくできています。 経済、政治、社会、スポーツから地域まで毎日掲載。 普段は気にならないニュースも見出しなどが目に入ってきて気づきを得られることがあります。 その他にも新聞はとっておくことで過去のニュースもチェックできることも特徴です。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング日経新聞の効果的な読み方 日経新聞を読み慣れていないという方は、いきなり隅から隅まで読もうと意気込まずにまずは自分の気になる業界や会社の記事だけを読んでいきましょう。 グラフやイラストが使われている記事を読むのもわかりやすいのでおすすめです。 まずは少しづつでいいので読む習慣をつけていきましょう。 電子版を購読するのもおすすめで、移動中やスキマ時間など、短い時間も有効に使うことができます。 自分の気になる業界や会社の記事をフォローすることができるので、一覧からフォローした記事をまとめて読むことが可能。 自分の会社や得意先、気になっている業界など手軽に情報収集ができるようになります。 読み方としては記事の見出しや最初の1段落目を読むのもポイントで、なぜなら日経新聞の記事は結論から書かれているのです。 最初の1段落を読んでみて、ニュースを知りより深く知りたくなったらどんどん次の段落を読み進めていくと読みやすいでしょう。 まとめ 目まぐるしく変わっていくビジネスの現場、新しいキーワードもどんどん生まれていきます。 日頃から日経新聞を読んでいくことで経済の流れや新しいキーワードなどが自然と学べて、自分のビジネス知識の向上に役立ちます。 ポイントはまずは自分の気になる、好きな業界や会社の記事から読んでいきましょう。 1つの業界や会社の知識が深まっていくと他の業界が気になった時にも学びやすくなっていきます。 ビジネスの知識を得て、自分の仕事に活かすようにしてください。 また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。 プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。 現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。 ビジネスマナー ビジネスシーンにおいて、手紙やメール、スピーチなどで見聞きすることが多い「ご鞭撻」という言葉。 どういった意味があるのか、どういったシーンで使うのが正しいのか、ここでは「ご鞭撻」について詳しく説明していきます。 「ご鞭撻」の意味 「鞭撻」とは、怠らないように強く励ますことや、鞭打って強く励ますことを意味する言葉です。 [鞭撻」には「鞭(むち)」という漢字が入っていることから、「厳しく教える」という意味があります。 単独で「ご鞭撻」として使用されることもありますが、「ご指導ご鞭撻」として用いられることが多くなっています。 「ご指導ご鞭撻」は、「厳しくてもかまわないので、色々と指導してください」といった意味として使用される言葉です。 どのような場面で使うか ビジネスシーンでは、目上の方やクライアントに対する手紙やメールや、普段からお世話になっている方々に向けてのスピーチなどの締めによく使われる言葉です。 これからも変わらないお付き合いを望むときの決まり文句として「ご鞭撻の程、お願い致します」や「ご指導ご鞭撻のほどお願いします」のように用いられます。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング例文 「ご指導ご鞭撻」の具体的な例は次の通りです。 引き続きよろしくお願いしますという意味での使用例 「何卒、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます」 「引き続きご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます」 「今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます」 「皆様方のご指導とご鞭撻をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます」 感謝の意を示す場合の使用例 「この度、研修において全員合格することができました。 心より御礼申し上げます」 使い方のNG例 「ご指導ご鞭撻」はかしこまった席で使うのにふさわしい硬い表現です。 そのため、友人同士など親しい間柄の集まりや、歓迎会などの飲み会の席などでは少々堅苦しく聞こえてしまう可能性があります。 表現としては間違いではありませんが、場面に合った言葉を選ぶことも大切なので、柔らかい表現を用いると良いでしょう。 また、「ご指導ご鞭撻」には「引き続きよろしくお願いします」という意味があります。 そのため、「これまで、ご指導ご鞭撻のほどありがとうございました」のように、別れの挨拶としてはおかしな表現になるので使用しないようにしましょう。 まとめ 「ご鞭撻」には厳しく教えるといった意味があります。 一般的には「ご指導」という言葉と合わせて、「厳しくてもかまわないので、色々と指導してください」といった意味になります。 上司や取引先の挨拶や手紙などの締め言葉として使われることが多い言葉ですが、その意味からもお別れのシーンのような場面には相応しくない言葉です。 言葉の意味を理解して、例文やNG例を参考に、正しいシーンで使えるように覚えておくと良いでしょう。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー.

次の