ミリセント ブルスト ロード。 #21 【子世代スリザリン】you Slytherin(終) 【ノミリ】

ポリジュース薬

ミリセント ブルスト ロード

スポンサーリンク ミリセント・ブルストロードのプロフィール ミリセント・ブルストロードはハリーと同級生でスリザリン寮の魔法使い。 「間違いなく純血の血筋」とされる「聖28一族」のブルストロード家に生まれる。 ただし、ミリセント・ブルストロード本人は半純血。 2001年BBCテレビ特番「Harry Potter and Me」で著者JKローリングが公表 2年生の決闘クラブでハーマイオニーと対戦して、最後は取っ組み合いに発展。 その際に、ハーマイオニーはミリセントのローブに付いていた毛を手に入れて、ミリセントに変身するため、ポリジュース薬にその毛を入れて飲む。 しかし、それはミリセントのペットの猫の毛で、ハーマイオニーは中途半端な猫に変身してしまい、医務室に直行してのお世話になった。 2巻 5年生で、アンブリッジがを事実上追い出して校長を自称すると、監督生よりも権力を持つ「尋問官親衛隊」を作り、ミリセントはそのメンバーとなり強権を他寮の生徒や先輩にも駆使して嫌がられる。 アンブリッジがホグワーツで失脚すると「尋問官親衛隊」は解散となる。 5巻 その後の消息は不明。 2年生時点でハリーよりも大きかった。 学歴 出身校 ホグワーツ魔法魔術学校(1991年入学) 出身寮 スリザリン.

次の

ダフネ・グリーングラス(アステリア姉)|ハリーポッター(ハリポタ) | ポッターポータル PotterPortal

ミリセント ブルスト ロード

問題 1. ホグワーツの門の脇にある像は 創立者4人の像 石のガーゴイルの像 羽をはやしたイノシシの像 ブロンズの鷲の像 問題 2. 次のうちゴーストでないのは誰 嘆きのマートル ビンズ先生 血みどろ男爵 ピーブズ 問題 3. ハーマイオニーがスネイプの研究室から盗んだものは ニワヤナギ 二角獣の角 鰓昆布 満月草 問題 4. ロンのひいきのクィディッチチームは ウィムボーン・ワスプス パドルミア・ユナイテッド ウェストハム チャドリー・キャノンズ 問題 5. 次のうちダイアゴン横町にある店は 漏れ鍋 ホッグズヘッド ボージン&バークス ギャンボル&ジェイプス 問題 6. 校長室の合言葉でないものは ドルーブル風船ガム ペロペロ酸飴 ゴキブリゴソゴソ豆板 レモンキャンディ 問題 8. ハリー・ポッターのOWL変身術の成績は O E A P D T 問題 9. ロンの杖の芯は ドラゴンの心臓の琴線 ユニコーンの尻尾の毛 不死鳥の尾羽 ケンタウルスの胸毛 問題 10. ハーマイオニーの誕生日は 3月1日 4月21日 6月6日 9月19日 問題 11. パーシーはバーティー・クラウチに何と呼ばれていた パース ウェーザビー ウィンキー ヘッドボーイ 問題 12. ハリーが吸魂鬼に襲われたのをフィッグばあさんに知らせたのは ティブルス スノーイー ミスター・ポーズ タフティー 問題 13. パーシーの恋人の名前は オリーブ・ホーンビー ペネロピー・クリアウォーター バーサ・ジョーキンズ ミリセント・ブルストロード 問題 14. 魔法省のホールの立像にないのは 子鬼 ケンタウルス 吸魂鬼 しもべ妖精 問題 15. 賢者の石の魔法チェスでハリーが乗った駒は キング クィーン ルーク ビショップ ナイト ポーン 問題 16. 賢者の石のある部屋の前でハリーに立ちはだかった炎の色は 赤 オレンジ 黄色 青 紫 黒 問題 17. ダドリーの1の子分は ピアーズ デニス マルコム ゴードン マーク・エバンズ 問題 18. ダドリーが入学した学校は ストーンウォール スメルティングズ セント・ブルータス セント・マンゴ 問題 19. 魔法省受付の電話番号は 25891 48236 62442 87351 問題 20. ハリーが2年生の時の魔法生物飼育学の先生は シニストラ ケトルバーン ルビウス・ハグリット グラブリー・プランク お疲れ様でした。 「採点」ボタンを押して採点してください。

次の

「ハリー・ポッター」シリーズに登場する猫のなかで一番を決めるなら?|魔法ワールド|ワーナー・ブラザース

ミリセント ブルスト ロード

部屋に戻ったは、クリスマスプレゼントを一つずつ開封した。 ハリーからは、魔法薬学のときに使うことができるおしゃれな砂時計だった。 ロンからはクディッチのミニチュア模型、ハーマイオニーからはマグル製品のいい匂いがする色付きリップだった。 ネビルからは、薬草学で使うドラゴングローブ、ハグリッドからはアッシュワインダーの凍結卵、双子からは悪戯道具の専門店で買ったと思われる噛みつきフリスビー、ジニーからは天気で色が変化するペンダント、パーシーからは最新型の高機能羽ペンだった。 もちろん今年もモリーから新しい萌黄色のセーターと大きなプラムケーキが送られてきた。 スネイプからは『魔法薬学と大いなる研究』が送られ、マクゴナガルからは猫のかたちをした薬草入れ、ダンブルドアからは恐らく自らが魔法をかけたと思われる美しいトルコ石色の拡張鞄だった。 には、今年も差出人が書かれていないプレゼントがきていた。 「去年はうかつに手に取っちゃったけど、呪いがかけられていないか気を付けないと…」 今年はずいぶん大きなプレゼントだ。 は去年のことを思い出しながら、恐る恐る、慎重に包み紙を外した。 しかし、中身を見たは仰天した。 「箒だ!!!!」 包み紙の中から出てきたのはピカピカの『ニンバス2001』だった。 はあまりにも驚いて手から箱ごと箒を落としてしまった。 しかし、は落とした箒を拾わなかった。 あまりにも不自然だ。 あの指輪だって普通の指輪ではなかった。 結果的に自分の命が救われ指輪は砕け散ったが、あれだって恐ろしく高価なものだろう。 は考えれば、考えるほど送り主が恐ろしくなった。 心を落ち着かせて、ひとまず、箒は包み紙の中に戻しておいた。 ホグワーツのクリスマス・ディナーは、この世で一番素晴らしいものだった。 大広間は豪華絢爛で、霜に輝くクリスマス・ツリーが何本も立ち並び、ヒイラギとヤドリギの小枝が、天井を縫うように飾られ、魔法で、天井から暖かく乾いた雪が降りしきっていた。 ダンブルドアは、お気に入りのクリスマス・キャロルを二、三曲指揮し、ハグリッドは、エッグノッグをゴブレットでがぶ飲みするたびに、もともと大きい声がますます大きくなった。 は今年もグリフィンドール生の中に交じり、楽しく食事をした。 パーシーの『監督生』のバッジに、フレッドがいたずらして字を変え、『劣等生』にしてしまった。 そのことに気がつかないパーシーは、みんながくすくす笑うたびに、どうして笑うのか聞いていた。 ジョージはロンのゴブレットにのクリスマスプレゼントである『戯言薬』をこっそり流しいれ、ロンは訳の分からないことを話す羽目になった。 ロンも負けじと、ジョージのスープに『戯言薬』を仕込んで、ジョージも訳の分からないことを言い出し、ロンと言い合いになった。 グリフィンドール生はそのやりとりに大爆笑だったし、最終的にロンもジョージも笑い転げていた。 ドラコはスリザリンのテーブルから、聞こえよがしにたちの新しいセーターの悪口を言っていたが、は自分たちが楽しいということでいっぱいで、気にも止めなかった。 そんな中、ハーマイオニーがとハリーとロンを追い立てて大広間から連れ出し、今夜の計画の詰めに入った。 「これから変身する相手の一部分が必要なの」 ハーマイオニーは、事もなげに言った。 「当然、クラッブとゴイルから取るのが一番だわ。 マルフォイの腰巾着だから、あの二人にだったらなんでも話すでしょうし。 それと、マルフォイの取り調べをしてる最中に、本物のクラッブとゴイルが乱入するなんてことが絶対ないようにしておかなきゃ。 私、みんな考えてあるの」 たちが度肝を抜かれた顔をしているのを無視して、ハーマイオニーはすらすらと言った。 そしてふっくらしたチョコレートケーキを二個差し出した。 「簡単な眠り薬を仕込んでおいたわ。 あなたたちはクラッブとゴイルがこれを見つけるようにしておけば、それだけでいいの。 あの二人がどんなに意地汚いか、ご存知のとおりだから、絶対食べるに決まってる。 眠ったら、髪の毛を二、三本引っこ抜いて、それから二人を箒用の物置に隠すのよ」 ハリーたちは大丈夫かなと顔を見合わせた。 しかし、ハーマイオニーの目には、厳格そのもののきらめきがあった。 時々マクゴナガルが見せるあれだ。 「煎じ薬は、クラッブとゴイルの毛がないと役に立ちません」 有無を言わさぬ声色だ。 「あなたたち、マルフォイを尋問したいの?したくないの?」 「あぁ、わかったよ。 わかったよ」 ハリーが諦めた様子で言った。 「でも、君のは?誰の髪の毛を引っこ抜くの?」 「私のはもうあるの!」 ハーマイオニーは高らかにそう言うと、ポケットから小瓶を取り出し、中に入っている一本の髪の毛を見せた。 「覚えてる?決闘クラブで私と取っ組み合ったミリセント・ブルストロード。 私の首を絞めようとした時、私のローブにこれが残ってたの!それに、彼女、クリスマスで帰っちゃっていないし。 「さあ、、準備にかかるわよ」 はクリスマス・ディナーの最後を飾るクリスマスケーキを食べぬまま、ハーマイオニーに手を引かれ、『嘆きのマートル』のトイレへと連行された。 中に入れば、大鍋が置かれている小部屋から、もくもくと濃い黒い煙が立ち昇っていた。 が大鍋の中の様子を確認すると、早朝同様、どろりと水飴状になった煎じ薬がグツグツ、ゴボゴボ泡立っている。 「完璧だ」 「こっちも完璧よ」 がタンブラー・グラスを用意する横で、ハーマイオニーが得意げに何かを取り出した。 見ると、スリザリンのローブが三着握られている。 「洗濯物置き場から失敬してきたの、三人とも私たちの体格とは比べ物にならないし」 「流石、ハーマイオニー」 やっていることはともかく、はハーマイオニーの行動力に感心せざるを得なかった。 すると、ハリーとロンが息をきらしてトイレに駆け込んできた。 ハーマイオニーがハリーたちに成果を尋ねると、ハリーとロンはクラップとゴイルのものと思われる髪の毛を取り出した。 はそれを見て、真剣な顔で、三人を眺めた。 「さあ、みんな用意して。 これを飲むと、また自分の姿に戻るまできっかり一時間だぞ」 「次は何だい?」 ロンがに囁いた。 「薬を三杯に分けて、髪の毛をそれぞれ薬に加えて」 が柄杓でそれぞれのグラスに、どろりとした薬をたっぷり入れた。 そして、グラスを三人の前に並べた。 ハーマイオニーは震える手で、小瓶に入ったミリセント・ブルストロードの髪を、自分のグラスに振り入れた。 すると、煎じ薬は、ヤカンの湯が沸騰するようなシューシューという音をたて、激しく泡立った。 次の瞬間、薬はむかむかするような黄色に変わった。 「きっと、いやーな味がするよ」 「その言い方やめてくれ」 「さあ、あなたたちも加えて」 が顔をしかめる隣で、ハーマイオニーが促した。 ハリーはゴイルの髪を真ん中のグラスに落とし入れ、ロンも三つ目のグラスにクラッブのを入れた。 二つともシューシューと泡立ち、ゴイルのは鼻クソのようなカーキ色、クラッブのは濁った暗褐色になった。 「それぞれピッタリの配色だな」 「ちょっと待って」 が満足げにロンとハーマイオニーへグラスを手渡した時、ハリーが止めた。 「三人一緒にここで飲むのはやめたほうがいい。 クラッブやゴイルに変身したら、この小部屋に収まりきらないよ。 それに、ミリセント・ブルストロードだって、とても小柄とは言えないんだから」 「よく気づいたな」 ロンは戸を開けながら言った。 「三人別々の小部屋にしよう」 ハリーはそう言いながら、真ん中の小部屋に入り込んだ。 ロンが一番手前、ハーマイオニーが三番目のトイレに入った。 は手洗い場で、待機した。 「いいかい?」 ハリーが他の二人に呼びかけた。 「いいよ」 ロンとハーマイオニーの声が続く。 「いち……にの……さん……」 ビーカーが割れる音がした。 誰かが飲んだ後落としたのだろう。 「三人とも大丈夫?」 が呼びかけると、聞き慣れない声で返事が返ってきた。 すると、開け放たれたトイレの扉からクラップとゴイルが現れた。 ゴイルが窪んだどんより眼でを見つめていた。 二人は互いにじろじろ見ていたが、ショックを受けた様子を別にすれば、特に問題は見当たらなかった。 「おっどろいたなあ」 鏡に近寄り、クラッブのぺちゃんこの鼻を突っつきながらロンが繰り返し言った。 「おっどろいたなあ」 「急いだほうがいい」 は感心して鏡を見つめるハリーとロンに声をかけた。 「スリザリン寮は地下だ。 ここから二十分はかかる…急がないと…」 それを聞いたロンは、慌ててハーマイオニーの戸をドンドン叩いた。 「出てこいよ。 行かなくちゃ……」 すると、甲高い声が返ってきた。 三人だけで行って」 「ハーマイオニー、ミリセント・ブルストロードがブスなのはわかってるよ。 三人とも急いで。 時間をむだにしないで」 ハリーは当惑してとロンを見た。 「その目つきのほうがゴイルらしいや」 その顔を見て、ロンが言った。 「先生がやつに質問すると、必ずそんな目をする」 「ハーマイオニー、本当に大丈夫なのか?」 がドア越しに声をかけた。 貴重な六十分のうち、五分も経ってしまっている。 「二人を案内したら、すぐ戻るよ」 が安心させるようにハーマイオニーに言った。 とハリーとロンは、トイレの入口の戸をそろそろと開け、周りに誰もいないことを確かめてから出発した。 を先頭に、三人は大理石の階段を下り、さらに地下牢へと続く石段を下りていった。 下は暗く、クラッブとゴイルのデカ足が床を踏むので、足音がひときわ大きくこだました。 迷路のような廊下には人影もなかった。 奥へ奥へと学校の地下深く入っていった。 「二人とも、もうすぐだ」 が意気揚々としている隣で、ロンが『アッ!』と声を上げた。 視線の先にはパーシーがいる。 「こんなところで何の用だい?」 ロンが驚いてパーシーに聞いた。 パーシーはむっとした様子で、素気ない返事をした。 「そんなこと、君の知ったことじゃない。 しどろもどろに答えた。 「それじゃ、君たち自分の寮に戻りたまえ」 パーシーが厳しく言った。 「このごろは暗い廊下をうろうろしていると危ない。 も、早く帰りなさい」 パーシーはロンに言うよりもずっと優しくに言い聞かせた。 「自分はどうなんだ」 ロンが突ついた。 「僕は」 パーシーは胸を張った。 「監督生だ。 僕を襲うものは何もない」 突然、たちの背後から声が響いた。 ドラコがこっちへやってくる。 「おまえたち、こんなところにいたのか」 ドラコがハリーとロンを見て、いつもの気取った言い方をした。 「二人とも、いままで大広間でバカ食いしていたのか?ずっと探していたんだ。 すごくおもしろい物を見せてやろうと思って」 ドラコは、とパーシーを威圧するように睨みつけた。 「ところで、とウィーズリー、こいつらに何の用だ?」 ドラコがせせら笑った。 は挑発には乗らなかったが、パーシーはカンカンになった。 「監督生に少しは敬意を示したらどうだ!君の態度は気にくわん!」 ドラコはフンと鼻であしらい、ハリーとロンについてこいと合図した。 二人はを不安そうにチラリと見たが、は小さく横に首を振った。 ここで自分がドラコについて行くのは不自然すぎる。 は二人がドラコのあとに続いて急いだのを見届けたあと、すぐに方向転換して、『嘆きのマートル』のトイレへ急いで戻った。 「ハーマイオニー!!!大丈夫か!!!」 は声を上げながら、トイレのドアをドンドン叩いた。 そうするなり、マートルが隣の個室から飛び出てきた。 腹を抱えながら笑って、空中を飛び回っている。 こんなにうれしそうなマートルを、は初めて見た。 「ひどいわよオオオォォ!」 閂が横に滑る音がして、ハーマイオニーが出てきた。 しゃくり上げ、頭のてっぺんまでローブを引っ張り上げている。 「どうしたの?」 が恐る恐るハーマイオニーに尋ねた。 「…私失敗しちゃったわ……」 ハーマイオニーがそう言いながら、自分のローブを下げた。 は仰天して、思わず後ずさりしてしまった。 ハーマイオニーの顔は黒い毛で覆われ、目は黄色に変わっていたし、髪の毛の中から、長い三角耳が突き出していた。 「あれ、ね、猫の毛だったの!」 ハーマイオニーが泣き喚いた。 「ミ、ミリセント・ブルストロードは猫を飼ってたに、ち、違いないわ!」 「あらまあ……」 『ポリジュース薬』は動物変身に使ってはいけないのだ。 「医務室に行こう。 マダム・ポンフリーはうるさく追及しない人だし……」 そうこうしていると、ハリーとロンが戻ってきた。 「あー、。 僕たち…君に聞きたいことが…」 の顔を見るなり、ロンが歯切れ悪そうにに話しかけてきた。 しかし、はトイレの中に閉じこもっているハーマイオニーのことで手いっぱいだった。 「それどころじゃないんだ。 ハーマイオニー、さあ医務室に行こう」 「医務室だって?」 その後、は仰天するハリーとロンにハーマイオニーの状態を一からする羽目になったり、ハーマイオニーの悲惨な姿を見た二人が以上にパニックになったり、マートルがゲラゲラ大笑いして四人を煽り立てたりして、トイレの中は大騒ぎになった。 三人がハーマイオニーにトイレから出るよう説得するのに、ずいぶん時間がかかった。 ハーマイオニーが医務室へ行くと決心したのは、もう日付が変わる頃で、たちはマートルに追われるように、トイレを飛び出して医務室へと足を速めた。 AFTERWORD 20180811 The Girl in the Mask and the Chamber of Secrets 19• icon by• template by.

次の