犬 腎臓 病 おやつ。 犬が腎臓病でもあげられる おやつで市販されているものは?

老犬がおやつしか食べない!腎臓が危険老犬の安全なおやつの見極め方と与え方

犬 腎臓 病 おやつ

犬が腎臓病のときにおやつを与えても良いのか 結果から言えば、腎臓病を患った犬におやつは絶対に与えてはダメ!という訳ではありません。 腎臓病は1回患ってしまうと、完全に治るのは難しい病気です。 なので、犬がこの病気になってしまったら、病気が悪化しないように気をつけながら、少しでも楽しく飼い主さんと過ごせる日々を長くするのが目標になります。 ただでさえ、腎臓病の尿毒素の蓄積のせいで、食欲が落ちてしまっている愛犬に飼い主さんも、犬の食べる楽しみをできるだけ与えてあげたいと思っておられることでしょう。 大好きなおやつを少しでも、美味しく味わえれば、病気を持っていても、ワンちゃん達の心が満たされるかもしれないですね。 犬が腎臓病と診断されると、獣医師さんから「腎臓病用療養食」を処方されることが多いそうです。 簡単に言うと、リン、タンパク質、ナトリウム(塩分)を減らした食事のことです。 この食事療法は、慢性腎不全の犬の数値の改善に、効果を上げています。 ですから、犬が腎臓病のときにおやつを与える場合、このリン、タンパク質、ナトリウム(塩分)の3つに気をつけてあげれば、おやつを与えても良いと言えます。 犬が腎臓病のときにおやつを与える際の注意点 犬が腎臓病でも、おやつを与えても大丈夫ですが、与えるおやつ、食べ物はよく選んであげてください。 腎臓病の犬に特に、要注意なのは「リン、タンパク質、ナトリウム」の中でも、トップは「リン」です。 腎臓病になると、腎臓から出ていくはずの老廃物が、うまく排出できなくなり、老廃物が体内に残ってしまいます。 そして、この老廃物が体内の様々な臓器にダメージを与えます。 その老廃物の1つが「リン」です。 「リン」は骨や歯、細胞を作り出すための、犬にとって、とても大切な栄養素ですが、腎臓病になった犬にとっては、病気を悪化させる原因になります。 実際、腎臓病になった犬に「リン」を制限した食事を与えた所、「リン」の制限なしの食事を与えた場合より、約3倍も長生きすることができたデータがあります。 ですから、腎臓病の犬にとって「リン」の摂取量を調節してあげることが、とても大切だということが分かります。 「リン」が多く含まれている食材は、チーズ、魚、かつおぶし、のり、干しえびなどがあります。 そして、市販のジャーキーの中でも、鶏のササミには「リン」が多く含まれています。 「リン」の含有量は、肉の部位によってかなり違っていますので、もしもジャーキーを選ぶなら、胸肉のものを選ぶと良いかも知れません。 さらに、チーズや魚はリンだけでなく、タンパク質も豊富に含まれているので、注意が必要です。 タンパク質は、体内で分解するときに、尿毒素(犬の場合尿素を肝臓で合成します)を発生させます。 腎臓が健康な場合、腎臓がこの尿毒素を排出しますが、腎臓病の場合、それを排出することができないので、タンパク質を多く含むおやつは、やはり避けて選ぶことが大切です。 そして、ナトリウム(塩分)を含むおやつを避けるべきなのは、言うまでもありません。 人間が食べる煎餅や、パンなどは高塩分ですので、腎臓病でなくても犬には食べさせてはいけません。

次の

犬の腎臓病 症状にもとづく「治療」「7ポイントの食事療法」

犬 腎臓 病 おやつ

ペットに手作りでごはんを作ろうと思っても手間がかかります。 しかし、犬の体調に合わせた食材を使えるのが良いのです。 我が家では、1日のうち1回の手作り食です。 出来上がって冷まし、食べられるようになるまで1時間以上です。 面倒でも犬の体調が良いし、朝のペットフードより、すごく喜ぶので満足しています。 市販されているフードではなく、ネットで購入し、グレインフードなどをあげています。 それでも、手作り食のほうが、良いみたいなのです。 食材は吟味しないと軟便になる 夜、犬に手作り食をあげて、朝の排便はすごく良くなりました。 ところが、最近になって、朝、軟便で、何回も排便します。 いつも首を傾げていました。 「 なぜ、急に朝、軟便になったんだろう。 サツマイモが悪いのか、いやいや、前からあげているし、内臓系をあげたほうがいいのかなぁ」って。 ところが、わかったのです。 最近、犬にあげる鶏肉や豚肉をスーパーで買っていたことに! いつもは、生協で購入した鶏肉や豚肉でした。 しかし、スーパーだと、g当りが生協より安いため、スーパーで買っていたのです。 生協で購入した鶏肉に戻してみると、みごと、以前のように軟便にもならず、排便の回数も減りました。 スーパーの鶏は、成長促進剤とか薬物を与えているのかなどはわかりません。 ただ、食材の調達にも気をつけなければいけないと思った出来事でした。 ペット手作りごはんレシピメニュー.

次の

【犬の慢性腎臓病】あげていいおやつ、ダメなおやつを教えます!

犬 腎臓 病 おやつ

犬が腎臓病でもあげれるおやつは? 犬が腎臓病にかかってしまったら、療法食などを用いて食事療法に取り組むのが通常です。 リンとタンパク質の摂取量に気を付けながら治療をしていくますが、腎臓病でも与えてもいいおやつはあるのでしょうか? まず、おやつを与えてもいいかどうかというところで、できるだけ与えたくありませんが、絶対に与えてはいけない!!というものでもありません。 おやつを与えて可愛がったり気分転換におやつを食べたり、時としておやつが必要となるときがあるかもしれませんからね。 次に、 与えてはいけないとされているおやつは、チーズやお魚です。 これらには、 腎臓病の大敵と言われているリンが多く含まれているためです。 加えて、チーズやお魚には、タンパク質も豊富に含まれており、おやつではなく通常与えるご飯に含まれているタンパク質以上の量は摂りたくないところ。 したがって、おやつとして与えるものには、リンやタンパク質の含まれていないものが良いと言えるでしょう。 では、何を与えたらいいのでしょうか? 一般的に良いとされている おやつは、イモ類や野菜、果物になります。 しかし、ここでも全般的に野菜なら何でもいいというわけではありません。 リンとタンパク質、また、腎臓病を悪化させるとされている塩分について、摂取しすぎないように気を付けましょう。 犬が腎臓病でさつまいもは栄養的にどうなの? ヨーグルトの他に、さつまいももおやつに良いと言われています。 さつまいもには食物繊維が含まれており、便秘解消を促してくれ、体内の老廃物を排泄する役割として効果が期待されています。 また、カリウムも豊富に含まれており、筋肉をスムーズに動かしてくれる働きと、血圧を下げる働きも期待されていて、血栓などの予防にも良いとされています。 加えて、 カリウムには利尿作用があるので、腎不全で体内に溜まった老廃物も排泄しようとする働きかけができます。 しかし、さつまいもは与えすぎてはいけません。 食物繊維が豊富だからと言って 与えすぎると、下痢を引き起こしてしまいます。 下痢ではなく、腸がつまって便秘が続いてしまう可能性も考えられます。 カリウムもたくさん摂取すると、利尿作用のせいでお漏らしする回数が増えたり、高カリウム血症という病気を併発してしまうリスクもあります。 さらに言うと、さつまいもには炭水化物もたくさん含まれていてカロリーが高い食材になります。 毎日たくさん食べてしまうと、肥満の原因にもなり、人間でもそうですが、生活習慣病は他の病気に対しても悪影響を及ぼすとされています。 なので、与える量について、注意が必要となります。 だいたい1日に10~20グラムの量を目安に、 加熱して柔らかくした上で、小さくカットしてから与えてあげましょう。

次の