ご 迷惑 を おかけ し て おり ます。 ご迷惑をおかけして申し訳ございませんは正しい敬語?類語と英語も

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんは正しい敬語?類語と英語も

ご 迷惑 を おかけ し て おり ます

「この度」の意味は「現時点のもの事」ですがわかりにくい場合には、「今回」とか「今度」という言葉に置き換えるとわかりやすいと思います。 過去に起こったことについての謝罪文のビジネスメールに使われます。 「多大な」の意味は「数や量が非常に大きいさま」なので、この文例は、他の謝罪文よりもよりいっそう深く謝罪する場合に用います。 前述のように「この度」の意味は「現時点のもの事」ですがわかりにくい場合には、「今回」とか「今度」という言葉に置き換えるとわかりやすいと思います。 「大変な」と「深く」という言葉を入れることで、よりいっそう強く謝罪する姿勢を示すフレーズです。 この言い回しは、起こったトラブルについて、相手側がこうむった心労や心配に言及して、謝罪するフレーズです。 「お手数」とは、「他人や相手にかけさせた面倒や手続きの数」のことで、「この度はお手数を煩わせまして申し訳ありませんでした」とは、相手に賭けた面倒なことの多さについての謝罪なのです。 「ご面倒」とは、「お手数」と同じで相手に対して賭けたトラブルについて言及する言葉です。 このフレーズはクレーム処理に使われることが多く、「この度はわたくしどもの手違いから、不都合が生じましたことを深くお詫び申し上げます」という使い方をすることが多いです。 このフレーズは「ご不便をおかけします」という言葉が、「ご理解ください」「ご了承ください」といった言葉とセットで使われることが多い言い回しで、工事現場などでよく見かける表現です。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」に似た間違いフレーズは? 間違いフレーズ「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」 「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」というフレーズは、よく使っているのを目にしますが、実は間違いです。 「迷惑」は相手に不利益を生じさせてしまった時などに使うのが最適なので、まだ何も起こっていない段階で使うのは間違いなのです。 「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」の正しい言い回し まだ不利益が生じていないので、「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」という言い方は間違いです。 「ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、よろしくお願い致します」とか、「不利益を生じさせてしまうかもしれませんが、よろしくお願い致します」という言い方であれば適切なフレーズになります。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」のご迷惑の意味と類語は? 「ご迷惑」は「迷惑」を丁寧に表現した言い回し 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の「ご迷惑」とは、「迷惑」という名詞に「ご」をつけて、丁寧に言い回しにしたものです。 漢字では、「御迷惑」と書きます。 単語の頭につくことで丁寧な言い回しに変える「御」という漢字は、「オン」と読むことも多いのですが、「迷惑」という言葉につく時には「ゴ」と読みます。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の「迷惑」という言葉の意味 「迷惑」の意味は、「人のしたことに困ったり、不快になったりすることや、そんな有様のこと」「困ること」「どうしていいか迷うこと」です。 「迷惑」という漢字をそのまま分析すると、「迷ったり戸惑ったりすること」となります。 簡単に言うと「トラブル」こそ「迷惑」の意味そのままです。 「困難」という言葉の意味は、「不幸なもしくは苦痛な状態」や「よい結果を出すのにトラブルとなる要因、あるいは悪い結果になってしまう要因」などを指します。 「困難な状況」イコール「相手に迷惑をかけた状況」として、謝罪文を書くことがあります。 「手数」という言葉は「てすう」とも「てかず」とも読みます。 「面倒な手続きや努力などの数のこと」を「手数」といい、相手に面倒をかけることを「お手数をおかけしますが」と表現します。 ご面倒をおかけいたしますという言い方によく使われるこの単語は、「煩わしさ」や「大変さ」など、「対処することが難しい」ことを指します。 「厄介」という言葉の意味は「煩わしいこと」または「難しい懸念」です。 「ご厄介になります」という言い回しは、人に面倒を見てもらったり、あるいは新しいグループに入るときに誓ったりするフレーズです。 「不快で不便でなこと」や「悪い方へ変化する出来事や事態」「面倒な努力」の意味を持つのが「不都合」という言葉です。 「不都合なことがありましたら、お知らせください」という言い回しがよく使われます。 」 謝罪の英語表現の1つ目は「I'm sorry for troubling you. 」です。 「I'm sorry for troubling you. 」の意味は「ご迷惑をおかけします」とか、「お手数を煩わせてすみません」です。 英語の関連記事がほかにもありますので、合わせてお読みください。 「I sincerely apologize for the inconvenience I have caused. 」といえば、「私が起こしましたことで、ご迷惑をおかけして、大変申し訳ありません」という意味です。 「I deeply apologize for having troubled you」という文の意味は、「大変なご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます」です。 「apologize」は、英語で謝罪の敬語にあたります。 たとえば「Please accept our apologies for the trouble this matter」の文章は、「この件で、大変ご迷惑をおかけしたお詫びを、どうか受け入れてください」という意味になります。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」以外の謝罪文例は? 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」は謝罪の言葉 前述のように、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」は謝罪をする場合の典型的なフレーズで、日常的にもビジネスメールでも頻繁に使われる言葉です。 日本語の文章では謝罪に使われる言い回しはとても多いですが、簡単な謝罪と難しい表現の謝罪があります。 堅苦しい言い方である「陳謝」ですが、「陳謝」とは「欠点、短所または失敗を認めること」や「誰かに困難を引き起こしたことに対する後悔の表現」という意味があります。 「お詫び」とは「困難を引き起こしたことに対する後悔の表現」のことです。 たとえば「詫び状」とは昔から、謝罪のために書く手紙のことを言います。 「お詫びいたします」という謝罪の表現もあります。 「弁解」とは「謝罪することによって防御や説明をしたりする行為のこと」です。 また「謝罪や言い訳をすることによって事態を修復して片づけること」という意味もあります。 「ご容赦ください」というフレーズは、「どうか勘弁してください」という意味があります。 「ご了承ください」とは全く違う言葉なので混同しないように注意したい表現です。 政治家の言い訳としてよく聞くこのフレーズは、「私の人格に徳がなかったせいで事態が起こりました」というニュアンスがあります。 ほかにも謙譲語の記事がありますので、合わせてお読みください。 「ご迷惑」の使い方はぜひ身に付けたい!謝罪が上手な日本人 日本のビジネスメールには、例えば英語のビジネスメールに比べると、格段に謝罪を意味するフレーズの言葉が多いです。 また普段から、たいしたことではなくても「すみません」とか「ごめん下さい」といった、「謝罪の意味」のある言葉をお互いにかけ、敬語にも気を遣う姿勢は日本人の日常生活に浸透しています。 このように、日本人は比較的謝ることが好きな民族といえます。 言い換えれば、謝罪や感謝の言葉を頻繁に使うことによって、人の集団の人間関係が円滑に回るようなシステムを、日本語は持っているのです。 いわば相手に対する配慮の言葉として、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」というフレーズは使われているのです。 なので、ビジネスメールに精通したいと願っておられる方は、いろいろな謝罪の言葉をたくさん知っておくといいと思います。 普段から謝罪の言葉になれていると、ビジネスメールを書く時だけではなく、ビジネスのいろいろなシーンでも、必ず役に立つはずです。 言葉というものは、仕事を順調に進めるのに不可欠なものなのです。

次の

間違いも多い「ご迷惑を〜」に続く敬語の使い方・メール例文

ご 迷惑 を おかけ し て おり ます

「ご迷惑おかけしますが」の使い方とビジネスメール例文5選! 「ご迷惑おかけしますが」は相手を不快な思いをさせた時に使う ビジネスメールなどで使われる表現である「ご迷惑おかけしますが」という表現。 何気なくメールややり取りで使うことが多いでしょう。 これは相手に対してお願い事をするときや、なにか「ご面倒」や「お手数」といった不快な思いを感じさせるようなことなどを頼む時に使う表現です。 相手がいつも忙しい相手であったり、時間を割いてもらうような案件が発生したときなどにもこうした表現を使うことが非常に多いです。 場合によって「ご面倒」「お手数」と感じられる事柄が人によって異なるという場合もあり、大した用事でもないのに、こうした表現を使うと場違いな印象を与えるということもあります。 ビジネスメールで使われることの多い「ご迷惑をおかけしますが」 「ご迷惑おかけしますが」という表現は主にビジネスメールで使われやすいです。 また、口頭の打ち合わせなどの場合にもこうした言葉を使うこともあります。 相手の会社の都合や、個人の都合などを加味したうえで、相手に「ご面倒や、お手数をおかけする」と感じた時に使われる表現です。 最近では英語のやり取りをするということもあるでしょう。 ビジネスメールにて英語を使うという人たちにとっては日本語の敬語表現と海外との表現の違いに驚いたという人もいるでしょう。 今回は以下の項目で英語の「ご迷惑おかけしますが」という表現も紹介するので是非今後のビジネスメールで活用してみてください。 以下の項目では、そうしたビジネスの場で使われるビジネスメールでの「ご面倒おかけしますが」の表現について紹介します。 是非参考にして、どのように使われることが多いのかを把握して、ご自身のビジネスメールに活用してみてください。 また、以下のリンクでも敬語の使い方や、メールに役立つような項目があります。 以下のように使うと「ご迷惑をおかけしますが」という表現にしても使えます。 お世話になっております。 先日は資料をお送りいただきありがとうございました。 昨日もこちらからご案内しておりましたが、申込みの締切は明日までとなっております。 お忙しいところ大変ご迷惑おかけしますが、ご対応いただきますよう何卒宜しくお願いいたします。 「ご面倒をおかけしますが」「ご迷惑おかけしますが」という表現にしてしまうと、相手に「それなら依頼するな」という気持ちにさせてしまったりすることも稀にあります。 相手に依頼して、必ず書いてもらう必要のある書類をお願いするという場合には、「お忙しいところ」とクッションを用いて表現を使うのが良いでしょう。 「ご迷惑おかけしますが」という表現を使うときには相手のことを敬うという気持ちが文章の中に現れてきます。 相手にお願いごとをするときには以下のように表現すると伝わりやすいでしょう。 お世話になっております。 先日はお忙しい中おいでいただき、誠にありがとうございました。 7月8日の件について前もって3部ほど資料をこちらに送付していただきますようお願いいたします。 大変ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。 上記の表現を「大変お手数かと思いますが」という表現にすることもできます。 しかし、こちらが一方的にお願いして何かをお願いするというときにはお手数をおかけするという表現よりもご面倒、ご迷惑という表現を使うということが非常に多いです。 相手の置かれている状況を理解した上で言葉を選びましょう。 そうした場合には、こうした「ご迷惑おかけしますが」という表現や類語である「お手数」「ご面倒」という表現を使うということが多いです。 以下のようなメールだと対応しやすいでしょう。 お世話になっております。 先日お客様から来年の春の引っ越しに関して変更の連絡がありました。 手続きの関係上、大変ご迷惑おかけしますが、早急に対処いただきますようよろしくお願いいたします。 上記のような内容の場合、お客様の都合によるキャンセルやトラブルなどの内容だとわかるので、「お手数」「ご面倒」という表現でも相手に不快な思いをさせることなく、内容を伝えることができます。 場合によっては、自分の責任であるにもかかわらず、責任転嫁しているような文章とも取れることがあるので気をつけましょう。 一方的に自分の責任だと感じている場合には「ご迷惑おかけしますが」という表現を使うということが多いです。 以下のような例文を参考にしてビジネスメールに活かしましょう。 お世話になっております。 先日お客様からご連絡を頂いてた阿部と申します。 この度は弊社の起こしたシステム障害によるトラブルということで大変ご迷惑おかけしております。 申し訳ございません。 早急に対応してまいりますので、今しばらく、復旧までお待ち頂ますようよろしくお願いいたします。 誠に申し訳ございません。 相手に謝罪の気持ちを伝えるという場合には「大変」という表現を使うことが多いです。 ご迷惑、ご面倒をおかけするという表現を使うことで相手の気持ちを推し量った表現になるので、相手の怒りなどを更に助長することも少なく、謝罪のメールにはよく使われる表現だと言えるでしょう。 英語の表現も以下で紹介します。 自分の一方的な都合によって相手に迷惑を掛ける、または「ご面倒」「お手数」をかけるという場合にはこうした表現がよく使われます。 是非、ビジネスメールなどで参考にしてみてください。 お疲れ様です。 下北です。 3月中にプレゼンのデータを皆様にお送りする予定でしたが大幅に予定が遅れております。 つきましては、今日中にデータをお送りいたします。 大変ご迷惑おかけしますが、何卒宜しくお願いします。 一方的な謝罪を感じさせるので読み手にも、その人の反省の度合いを感じさせることができます。 また、同時に読んでいる人に対しての配慮という意味でも、内容が伝わりやすくなるので、是非自分がなにかミスをおかしたり、謝罪しなればならないような案件が出てきたという場合には上記のような表現を使うようにしましょう。 「ご迷惑おかけしますが」の類語と使い方例文は? 「大変」「ご迷惑おかけしますが」の類語は「ご面倒」「お手数」 「ご面倒おかけしますが」「お手数おかけしますが」という類語が多く使われます。 「ご不便おかけしますが」という表現もあります。 それぞれ、使う場面によってどのように使うかが異なりますが、殆どが「ご迷惑おかけしますが」という意味合いで使われる類語表現です。 これらに「大変」という言葉をつけることもあります。 「お手を煩わせる」という表現もありますが、これは相手になにか「ご面倒」「お手数」をかけてしまったという時に使う表現で、「ご迷惑おかけしますが」という表現とは少し違います。 似ているニュアンスですが、使う場面によって使い分ける必要のある類語です。 以下の項目でぜひ確認してみましょう。 「ご面倒」「お手数」の使い方と例文 類語の使い方として、「ご面倒」という表現を使う場合には、アンケートやなにか時間のかかることをお願いするという時に使うことが多いです。 また、「お手数」という場合も同様に、なにか手間のかかるようなことをお願いするという場合にはこうした表現を使うということが非常に多いです。 類語の使い方の例文• ・以下のメールに空メールをお送りください。 ご面倒をおかけいたしますが、何卒宜しくお願いします。 ・お手数おかけしますがこちらの電話番号までお問い合わせください。 ・この度の件についてお手を煩わせてしまい、誠に申し訳ございません。 「お手を煩わせる」という表現は、会社側の話が二転三転したり、面倒なことが重なってしまい、想定よりも手間をかけさせてしまったという場合に、謝罪の文章の中で使うことが多い表現です。 謝罪の内容がない状態で「お手を煩わせてしまいますが、よろしくお願いいたします。 」というようには使わないので気をつけましょう。 「ご迷惑おかけしますが」の英語と使い方例文は? 英語の表現は「apologizefor」「appreciate」 英語で「ご迷惑おかけしますが」という表現をしたい場合には「apologize for」「appreciate」 という表現を使うということが多いです。 以下のようにWeを使うこともポイントで自分の謝罪を広い意味で深く伝えたいという場合にはWeと使うことがあるようです。 また、yourという表現も大切です。 これは、「ご~」という表現を英語でする時に使う表現です。 Thank you for your kindness. という表現がありますが、これも同様に「ご親切」という表現をしたい時に使われる言い方です。 口頭でもビジネスメールでも使われる表現です。 英語の表現の例文 以下が英語表現の例文になります。 ビジネスシーンで英語で表現したいということもあるでしょう。 是非、以下の表現を参考にしてください。 表現の仕方にも様々な方法がありますので、自分なりにアレンジしてみると良いでしょう。 英語表現の例• ・Thank you for your cooperation. We apologize for the inconvenience. ・We apologize for the inconvenience. Thank you for your understanding. ・I apologize for any inconvenience this may cause you. 「ご迷惑おかけしますが」の間違った使い方や使う時の注意点は? 「ご迷惑おかけしますが」の間違いやすい表現 「ご迷惑おかけしますが」で間違いやすい表現が「お手を煩わせてしまい」という表現です。 これは先程も類語で説明した通りです。 また、「ご迷惑おかけしますが」という表現の誤りとして今も継続中で不快な思いをさせているという場合には「ご迷惑おかけしておりますが」という表現にしましょう。 クレーム対応ではできる限り「ご迷惑おかけしますが」を使う 類語である「ご面倒」「お手数」に関しても、こちらが一方的に不快な思いをさせているのにもかかわらず、クレーム対応などで「ご面倒をおかけしておりますが」という表現を使ってしまうと、相手の怒りを更に買うことも稀にあります。 クレーム対応などではできる限り、「ご迷惑をおかけしますが」が良いでしょう。 「ご迷惑おかけしますが」を適切に使おう 状況や、相手との関係性、自分がどれだけ相手に不快な思いをさせているかということを踏まえた上で言葉を選びましょう。 お客様との契約など、相手が望んでしている契約などの場合には「ご迷惑」という言葉よりも、「お手数」「ご面倒」という表現を使うことのことのほうが多いです。 是非使い分けられるようにしましょう。

次の

迷惑をかけるって英語でなんて言うの?

ご 迷惑 を おかけ し て おり ます

「この度」の意味は「現時点のもの事」ですがわかりにくい場合には、「今回」とか「今度」という言葉に置き換えるとわかりやすいと思います。 過去に起こったことについての謝罪文のビジネスメールに使われます。 「多大な」の意味は「数や量が非常に大きいさま」なので、この文例は、他の謝罪文よりもよりいっそう深く謝罪する場合に用います。 前述のように「この度」の意味は「現時点のもの事」ですがわかりにくい場合には、「今回」とか「今度」という言葉に置き換えるとわかりやすいと思います。 「大変な」と「深く」という言葉を入れることで、よりいっそう強く謝罪する姿勢を示すフレーズです。 この言い回しは、起こったトラブルについて、相手側がこうむった心労や心配に言及して、謝罪するフレーズです。 「お手数」とは、「他人や相手にかけさせた面倒や手続きの数」のことで、「この度はお手数を煩わせまして申し訳ありませんでした」とは、相手に賭けた面倒なことの多さについての謝罪なのです。 「ご面倒」とは、「お手数」と同じで相手に対して賭けたトラブルについて言及する言葉です。 このフレーズはクレーム処理に使われることが多く、「この度はわたくしどもの手違いから、不都合が生じましたことを深くお詫び申し上げます」という使い方をすることが多いです。 このフレーズは「ご不便をおかけします」という言葉が、「ご理解ください」「ご了承ください」といった言葉とセットで使われることが多い言い回しで、工事現場などでよく見かける表現です。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」に似た間違いフレーズは? 間違いフレーズ「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」 「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」というフレーズは、よく使っているのを目にしますが、実は間違いです。 「迷惑」は相手に不利益を生じさせてしまった時などに使うのが最適なので、まだ何も起こっていない段階で使うのは間違いなのです。 「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」の正しい言い回し まだ不利益が生じていないので、「ご迷惑をおかけしますがよろしくおねがいいたします」という言い方は間違いです。 「ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、よろしくお願い致します」とか、「不利益を生じさせてしまうかもしれませんが、よろしくお願い致します」という言い方であれば適切なフレーズになります。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」のご迷惑の意味と類語は? 「ご迷惑」は「迷惑」を丁寧に表現した言い回し 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の「ご迷惑」とは、「迷惑」という名詞に「ご」をつけて、丁寧に言い回しにしたものです。 漢字では、「御迷惑」と書きます。 単語の頭につくことで丁寧な言い回しに変える「御」という漢字は、「オン」と読むことも多いのですが、「迷惑」という言葉につく時には「ゴ」と読みます。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の「迷惑」という言葉の意味 「迷惑」の意味は、「人のしたことに困ったり、不快になったりすることや、そんな有様のこと」「困ること」「どうしていいか迷うこと」です。 「迷惑」という漢字をそのまま分析すると、「迷ったり戸惑ったりすること」となります。 簡単に言うと「トラブル」こそ「迷惑」の意味そのままです。 「困難」という言葉の意味は、「不幸なもしくは苦痛な状態」や「よい結果を出すのにトラブルとなる要因、あるいは悪い結果になってしまう要因」などを指します。 「困難な状況」イコール「相手に迷惑をかけた状況」として、謝罪文を書くことがあります。 「手数」という言葉は「てすう」とも「てかず」とも読みます。 「面倒な手続きや努力などの数のこと」を「手数」といい、相手に面倒をかけることを「お手数をおかけしますが」と表現します。 ご面倒をおかけいたしますという言い方によく使われるこの単語は、「煩わしさ」や「大変さ」など、「対処することが難しい」ことを指します。 「厄介」という言葉の意味は「煩わしいこと」または「難しい懸念」です。 「ご厄介になります」という言い回しは、人に面倒を見てもらったり、あるいは新しいグループに入るときに誓ったりするフレーズです。 「不快で不便でなこと」や「悪い方へ変化する出来事や事態」「面倒な努力」の意味を持つのが「不都合」という言葉です。 「不都合なことがありましたら、お知らせください」という言い回しがよく使われます。 」 謝罪の英語表現の1つ目は「I'm sorry for troubling you. 」です。 「I'm sorry for troubling you. 」の意味は「ご迷惑をおかけします」とか、「お手数を煩わせてすみません」です。 英語の関連記事がほかにもありますので、合わせてお読みください。 「I sincerely apologize for the inconvenience I have caused. 」といえば、「私が起こしましたことで、ご迷惑をおかけして、大変申し訳ありません」という意味です。 「I deeply apologize for having troubled you」という文の意味は、「大変なご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます」です。 「apologize」は、英語で謝罪の敬語にあたります。 たとえば「Please accept our apologies for the trouble this matter」の文章は、「この件で、大変ご迷惑をおかけしたお詫びを、どうか受け入れてください」という意味になります。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」以外の謝罪文例は? 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」は謝罪の言葉 前述のように、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」は謝罪をする場合の典型的なフレーズで、日常的にもビジネスメールでも頻繁に使われる言葉です。 日本語の文章では謝罪に使われる言い回しはとても多いですが、簡単な謝罪と難しい表現の謝罪があります。 堅苦しい言い方である「陳謝」ですが、「陳謝」とは「欠点、短所または失敗を認めること」や「誰かに困難を引き起こしたことに対する後悔の表現」という意味があります。 「お詫び」とは「困難を引き起こしたことに対する後悔の表現」のことです。 たとえば「詫び状」とは昔から、謝罪のために書く手紙のことを言います。 「お詫びいたします」という謝罪の表現もあります。 「弁解」とは「謝罪することによって防御や説明をしたりする行為のこと」です。 また「謝罪や言い訳をすることによって事態を修復して片づけること」という意味もあります。 「ご容赦ください」というフレーズは、「どうか勘弁してください」という意味があります。 「ご了承ください」とは全く違う言葉なので混同しないように注意したい表現です。 政治家の言い訳としてよく聞くこのフレーズは、「私の人格に徳がなかったせいで事態が起こりました」というニュアンスがあります。 ほかにも謙譲語の記事がありますので、合わせてお読みください。 「ご迷惑」の使い方はぜひ身に付けたい!謝罪が上手な日本人 日本のビジネスメールには、例えば英語のビジネスメールに比べると、格段に謝罪を意味するフレーズの言葉が多いです。 また普段から、たいしたことではなくても「すみません」とか「ごめん下さい」といった、「謝罪の意味」のある言葉をお互いにかけ、敬語にも気を遣う姿勢は日本人の日常生活に浸透しています。 このように、日本人は比較的謝ることが好きな民族といえます。 言い換えれば、謝罪や感謝の言葉を頻繁に使うことによって、人の集団の人間関係が円滑に回るようなシステムを、日本語は持っているのです。 いわば相手に対する配慮の言葉として、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」というフレーズは使われているのです。 なので、ビジネスメールに精通したいと願っておられる方は、いろいろな謝罪の言葉をたくさん知っておくといいと思います。 普段から謝罪の言葉になれていると、ビジネスメールを書く時だけではなく、ビジネスのいろいろなシーンでも、必ず役に立つはずです。 言葉というものは、仕事を順調に進めるのに不可欠なものなのです。

次の