韓国 ドラマ ピノキオ キャスト。 ピノキオ【キャスト相関図あらすじ視聴率OST】

ピノキオ韓国ドラマのキャストとキスシーンの舞台裏について

韓国 ドラマ ピノキオ キャスト

登場人物&キャスト詳細は書きのほうに掲載するつもりなので、ネタバレなど気になる方はここでパスを・・・ あらすじは、放送局社会部記者らの話を扱ったドラマで、偽の名前で住んでいる男と、嘘をつけない女の青春成長メロドラマだ。 視聴率は前作だった「僕にはとても愛らしい彼女」の成績が低調で、もっと期待を寄せて力を入れた作品であるため、高い数字を予想する人が多い。 筆者もピノキオの視聴率やostへの高い期待を寄せている一人である。 パク・シネ&イ・ジョンソクの爽やかなイメージと、チョ・スウォン(演出)&パク・ヘリョン(脚本)コンビーの活躍に応援と期待を! 韓国 ピノキオは全20話、パク・シネ、イ・ジョンソク主演で2014年11月12日にピノキオ 1話が放送される予定だ。 チョ・スウォン(演出)&パク・ヘリョン(脚本)コンビーが作った韓国ドラマ「君の声が聞こえる(2013年)」は、イ・ジョンソクという俳優を韓流スターにさせた。 イジョンソクは「シークレットガーデン」でサンと言うミュージシャン役で、冷たく言葉の少ないゲイで劇中韓流スターユン・サンヒョンンへの恋を潜めた配役を演じた。 パク・ヘリョン(脚本)「ドリームハイ(2011年)」は、キム・スヒョンと言うスターを輩出した作品でもある。 ペ・ヨンジュンの特別出演が話題を集めたドラマで、ペ・スジ、オク・テヨン、アイユ(IU)、チャン・ウヨンなどを歌手から俳優へと印象を残した。 キム・スヒョンは「ドリームハイ(2011年)」を通じて、トップスターになった。 彼の次作に関心が集まっているのもそのためだ。 パク・ヘリョン作家が生み出したスターは、キム・スヒョン、イ・ジョンソクとも言えよう。 チョ・スウォン(演出)&パク・ヘリョン(脚本)コンビーが生み出す次の韓流スターはだれ? 韓国 ピノキオ キャスト&登場人物&相関図 韓国 ピノキオ キャスト&登場人物 [ハンガンライン 研修生たち] チェ・ダルポ cast イ・ジョンソク(子役:ナム・ダルム) 背が高くて正常な外貌を持っているが、それもみすぼらしい身なりとぼうぼう頭に包まれて彼がハンサムであることを認める人がほとんどいない。 超イケメンではないが、着飾るともう直ぐイケメンになりそうなもう直ぐイケメン。 本名はキ・ハミョンである。 14歳の時、水に溺れたハミョンをゴンピルが救助して養子縁組しながらハミョンという名前の代わりにダルポという名前を得た。 自分を過去の海に落ちて死んだ息子ダルポと信じるゴンピルのために、ハミョンはハミョンという名前とすべての過去を消してゴンピルの息子ダルポとして生きている。 勉強ができずにもの足りなかったダルポのように生きるため、図書館を丸ごと覚えるほど優れた頭を隠してわざと常に0点を取りオルパン(オール0点)というニックネームまで得た。 貧しい家の都合のため、大学に興味を持っていないふりをして、甥であるインハに大学入学を譲ってタクシーの運転をする。 しかし、明晰な頭脳と優れた暗記力、タクシーの運転をして得られた常識と経験が加わり、他の記者たちよりも、特別な才能を持った記者になる。 チェ・インハ cast パク・シネ(子役:ノ・ジョンウィ) ピノキオ症候群のため、嘘をついた場合、しゃっくりをして真実を言えばしゃっくりが止まる。 ほとんどのピノキオ症候群を持っている人々は嘘を言うと直ぐに現れるため、言葉を減らし人を避けて生きるのに対し、インハは本音をそのまま言うことを選んで生きてきた。 同い年のダルポと叔父として絡み合いながら事あるごとに衝突する。 初めて出会った時は、かなり親しい少年だったが、ある瞬間から、いつもインハを敵意を持って接する。 全校最下位で、常にアウトサイダーのように外に回るダルポを嫌っている。 しかし、ある瞬間からダルポの馬鹿な裏面に明晰さが、冷たい行動の裏に暖かさがあることを気づいてからダルポを理解して家族で包む。 ピノキオ症候群であれば選択できる職業はほとんどない。 弁護士、国会議員、作家、俳優、どんな職種にも嘘が苦手な人ができることはなかった。 だから、インハが選択したのはまさに記者! 一寸の偽りがないべきニュースを作る記者だけが、自分ができる最高の仕事だと思う。 だけなのか? 別れた母親の前に再び立つことができる機会でもある。 しかし、ピノキオ症候群は、インハには大きな障害だ。 好きな男ができてもミルタン(駆け引き)ができないし、二股は考えられない。 仕事でも同様。 特別に正義たるものではないが、真実を無視するたびにしゃっくりがはじまるため、しゃっくりを止めるためにも、常に真実を話すべきである。 そのため、インハは他の記者たちよりも、真実を向けた動力が大きくならざるをえない。 ソ・ボムジョ cast キム・ヨングァン 一生食べていける財産をすでにすべてを持って生まれた財閥2世。 子供の頃から不足なく生ききたため、のびのびとして天性が明るい。 人々がちらっとたてるほどモデルのようになめらかなルックスとスタイルを持って、ファッション感覚も優れている。 毎月じっと座って稼ぐ建物の家賃が、優れている会社員の給与の数十倍にもなるため、特別に仕事を持たなければならない理由を感じなかったし、生きる動力もなかった。 ただ、いけてるように見えて選んだファッション雑誌記者もあまり面白くはない。 彼の人生は風ひとつなく、穏やかな湖の上に浮かんでいるヨットのように平和でたけど面白くなかった。 そんな彼の帆船を動かす風が吹き始めている。 その風の始まりは、顔を一度も見たことのないチェ・インハ。 ボムジョがインハの母であるチャオクの以前の携帯電話の番号を使うようになり、10年以上もインハが送った母へのメッセージを読んできた。 そのメッセージを覗き始めてから他人お人生に初めて好奇心が芽生え、ぜひ会ってみたいという切実さが生じた。 それによって、ボムジョの人生が変わり始めた。 そして、彼に吹き始めた風は、社会部の記者という熾烈な人生へ導く。 ユン・ユレ cast イ・ユビ 過去アイドルグループのサセンファン(熱烈なファン)だった。 サセンファン出身の記者だと、後ろ指差されるが、サセンファンの歴がむしろ競争力になる。 聴診器まで動員して待合室の音をのぞき聞いた根性のおかげで、どんなアイテムもあきらめずに記事を作成してくる。 意欲があり過ぎてミスをしたりして、おせっかいな性格のため、他人を同情して本人のものを手に入れない状況がしばしば発生する。 言葉も多く、好奇心も多い好事家。 チラシやSNSを通じた情報取得が速い。 [YGN 報道局] ファン・キョドン cast イ・ピルモ YGN報道局 社会部 市警キャップ。 入社以来、笑顔を見た人がいないほどいつも表情が固まっている。 他人に感情を表現するのが少なく下手だ。 上司にも直言をためらわずに言って、部下にも厳しくしているため、上司や部下にそれほど人気がいない。 しかし、「世界を変えることは真実である」というモットーに住んでいる天性が記者だ。 ので、もう直ぐ四十歳である、彼はまだ母胎ソロ(生まれてから一度も恋愛経験がない人)だ。 チャン・ギョンギュ cast ? YGN報道局社会部一陣記者。 苦労一番で厳しい先輩として有名なため、皆が避ける一陣記者だ。 性質が急多血質だが、相手が強く出ると小心者になる面もある。 権威的な原則主義を固守するキョドンがあまり好きじゃない。 しかし、ニュースは何かという本質においてはキョドンと意見を共有する。 イ・ヨンタク cast ? YGN報道局報道局長、アンカー。 穏やかな性格で、決して怒ったり大声を出さない。 いつも笑顔を浮かべているが、危機的な状況では、断固とした決断力を示す。 記者に取って、言葉が権力であることを誰よりもよく知っているし、その権力をむやみに振るといけないというモットーで記者の道を歩んできた。 アンカーだから外貌に気を使う。 いつもミストとオイル紙、リップクリームなどを持ち歩いて管理をする。 チュ・ウォング cast ? YGN報道局社会部長。 スポーツとガールグループが好きで、大衆的な見る目を持っている。 ニュースは公正すべきであるが、影響力も必要になると思うので、視聴率にいつも気を使う。 視聴率ではなく、公正に傍点をとる報道局長と市警キャップの間で一人YGNの未来を心配する。 イム・チェファン cast ? YGN報道局カメラ記者。 珍しい女子カメラ記者として優れた感覚はもちろん、取材戦争で男性の記者たちとの体争いに絶対負けない体力と度胸を持った。 そのおかげで、どのような状況でも責任を持って、必要な画像をよく撮ってくる有能さを認められている。 気さくなルックスとホットな性格で男性の後輩たちが兄貴と呼ぶ。 無視ではなく、好意の意味であっても「女性が・・・」という言葉を聞くとすぐに興奮する。 [MSC報道局] ソンチャオク cast チン・ギョン インハの母、MSC報道局記者。 40代後半の年齢にふさわしくない、若くてエレガントな外貌の所有者であり、記者としてはレジェンド級キャリアの持ち主だ。 女性としては初の地上波ニュース市警キャップを得て、一度も容易ではない海外特派員を二回も行ってきた。 そうなるまで、マラソンのフルコース完走はやすやすとこなすひどい自己管理はもちろん、取材でもお酒でも誰にも負けない勝負欲で休まず走ってきた。 だから、ワシントン特派員でカムバックと同時に、社会部長兼地上波初のメインニュース単独女性アンカー就任という彼女の激安人事はあまり驚くべきニュースではない。 特別なニュースの画面のために操作と誇張、感情的な演出を躊躇しないため、彼女を取り巻く妬みや非難も少なくない。 幼い頃にした結婚が記者になるために邪魔になると、既婚であることを隠して、娘インハをはじめとする結婚生活が昼夜のない記者生活の妨げになると、迷い無く離婚を選んだ。 10年ぶりに再会したインハも、彼女には娘である前にピノキオ症候群と言う病を持った新入記者であるだけだ。 キム・コンジュ cast キム・グァンギュ MSC報道局社会部市警キャップ。 カリスマがあって、困難に根強く耐える力がある記者でありけど、現実は応じてくれない。 気の強い社会部長のチャオクと一陣イルジュの間で、孤軍奮闘している。 後輩たちには上司に言いたい事は言える定義な先輩のイメージを作りたいが、いざボスの前では限りなく小さくなる。 反抗をしても気づかれないほど小心なものである。 前で足を斜めにするとか、足を編むとかの方法だ。 イ・イルジュ cast キム・ヨンフン MSC報道局社会部記者。 社会部長のチャオクを盲目的に信じて従いロールモデルとする。 面前では表さないが、市警キャップであるコンジュを無視して情けなく思う。 修習生たちには丁寧に敬語を使って、尊重してくれるように見えるが、一日だけ一緒に過ごせばわかる。 彼の敬語が悪口より恐ろしいことを。 笑顔が怒鳴りより殺伐であることを。 ヨン・デゥヨン cast ? MSC報道局報道局長。 豪放して常に自信満々だ。 チャオクの先輩として教え、導いて現在のチャオクを作った人である。 チャオクを無限信頼して支持し、彼女のニュース観と共にする。 イ・ジュホ cast ? MSC報道局カメラ記者。 ベテランであるだけに、複数の取材陣が殺到すると一番良い場所を把握する目が速い。 数々の歴史的な取材現場にいたので、新入社員たちにその冒険談を話すのが好きだ。 新入記者たちと一緒に取材現場に出て行けば、どのように取材すべきか、そのガイドラインをテキバキと提示する局長のようなカメラ記者だ。 しかし、晩年の年で結婚した新郎だから妻には見られないほど愛妻家である。 [家族たち] チェ・コンピル cast ビョン・ヒボン ダルポを養子縁組した父であり、インハの祖父。 30年以上前に長男ダルポを海で失っていつも恋しがっていた。 そんなある日、海で幼いハミョンを下命を救助して、ハミョンをダルポと思って甘やかして育てる。 本当のダルポは死んだと言うと、切り替えの障害による発作を起こして倒れる。 帰ってきた息子のため、懸命に運動をして、健康に長く生きるために努力する。 それほど、ダルポをもの凄く大切に思い愛している。 チェ・ダルピョン cast シン・ジョングン インハの父親。 典型的な韓国の保守的な父。 そのため、記者として成功したい野心が大きい妻、チャオクといつも衝突し、挙句に離婚した。 離婚して連れてきた一人娘インハに、お母さんチャオクを忘れろと言いながら、家のTVもなくすなど労力したが、記者になるというインハの夢は折れなかった。 常に率直で自己主張が強いインハと毎日のようにもめるが、それは彼も手強く素直で頑固な娘バカだからである。 パク・ロサ cast キム・ヘスク ボムジョの母、ボムジョデパート会長。 知的で洗練された。 頭からつま先までブランド品を巻いて歩く。 一人息子であるボムジョをもの凄く愛して、ボムジョのためなら惜しみなく支援する別名ヘリコプターマムである。 しかし、ボムジョに何も強要しない。 ボムジョが望むものを選べるようにして、その選択を最善を尽くして支持してくれる。 厳しい記者生活を始めたボムジョの選択も何も言わず、見守って支持する。 キ・ジェミョン cast ユン・ギュンサン ダルポの実兄。 1トンのトラックを運転してミネラルウォーター配達を主業として寂しく放浪生活を送っている。 しかし、ダルポのように鋭敏な頭脳の所有者で、過去の悲劇的な事件以前には、将来が有望な優等生だった。 14年前、消防士だった父が鎮火作業中、部下の隊員9名を死地に追い込んで逃げたと言う汚名をかぶったまま消えた。 そのため、父の生存を恥辱的に報道した記者たちへの恨みが大きい。 [その他の周辺人物] アン・チャンス cast イ・ジュスン ダルポとインハの高校の同級生。 全校1位をずっと続けた学校の最高の優等生で、全校2等のインハに好感を持って優しく接したが結果は良くなかった。 真っ直ぐで模範的な学生だったが、知ってみると、その年齢にありがちな歪みもありカッとする性質もあってダルポと対立したりもした。 結局、記者になったダルポ、インハと刑事の関係で再会することになる。 チョン・キボン cast ? 漢江(ハンガン)警察署刑事チーム長、チャンスの上官。 捜査に記者の協力が必要なとき、あるいは自分が捕まった犯人を必ず有罪にする必要があるとき、記者を利用して言論プレー(メディアプレー)ができる狐のようなベテランである。 キ・ホサン cast チョン・インギ 消防士。 キ・ハミョン(チェ・ダルポ)の父親。 14年前、鎮火作業中、部下の隊員9名を死地に追い込んで逃げたと言う汚名をかぶったまま消える。 [特別出演] イム・ソンフン:クイズ番組司会者役 韓国 ピノキオ 相関図.

次の

韓国ドラマ

韓国 ドラマ ピノキオ キャスト

登場人物&キャスト詳細は書きのほうに掲載するつもりなので、ネタバレなど気になる方はここでパスを・・・ あらすじは、放送局社会部記者らの話を扱ったドラマで、偽の名前で住んでいる男と、嘘をつけない女の青春成長メロドラマだ。 視聴率は前作だった「僕にはとても愛らしい彼女」の成績が低調で、もっと期待を寄せて力を入れた作品であるため、高い数字を予想する人が多い。 筆者もピノキオの視聴率やostへの高い期待を寄せている一人である。 パク・シネ&イ・ジョンソクの爽やかなイメージと、チョ・スウォン(演出)&パク・ヘリョン(脚本)コンビーの活躍に応援と期待を! 韓国 ピノキオは全20話、パク・シネ、イ・ジョンソク主演で2014年11月12日にピノキオ 1話が放送される予定だ。 チョ・スウォン(演出)&パク・ヘリョン(脚本)コンビーが作った韓国ドラマ「君の声が聞こえる(2013年)」は、イ・ジョンソクという俳優を韓流スターにさせた。 イジョンソクは「シークレットガーデン」でサンと言うミュージシャン役で、冷たく言葉の少ないゲイで劇中韓流スターユン・サンヒョンンへの恋を潜めた配役を演じた。 パク・ヘリョン(脚本)「ドリームハイ(2011年)」は、キム・スヒョンと言うスターを輩出した作品でもある。 ペ・ヨンジュンの特別出演が話題を集めたドラマで、ペ・スジ、オク・テヨン、アイユ(IU)、チャン・ウヨンなどを歌手から俳優へと印象を残した。 キム・スヒョンは「ドリームハイ(2011年)」を通じて、トップスターになった。 彼の次作に関心が集まっているのもそのためだ。 パク・ヘリョン作家が生み出したスターは、キム・スヒョン、イ・ジョンソクとも言えよう。 チョ・スウォン(演出)&パク・ヘリョン(脚本)コンビーが生み出す次の韓流スターはだれ? 韓国 ピノキオ キャスト&登場人物&相関図 韓国 ピノキオ キャスト&登場人物 [ハンガンライン 研修生たち] チェ・ダルポ cast イ・ジョンソク(子役:ナム・ダルム) 背が高くて正常な外貌を持っているが、それもみすぼらしい身なりとぼうぼう頭に包まれて彼がハンサムであることを認める人がほとんどいない。 超イケメンではないが、着飾るともう直ぐイケメンになりそうなもう直ぐイケメン。 本名はキ・ハミョンである。 14歳の時、水に溺れたハミョンをゴンピルが救助して養子縁組しながらハミョンという名前の代わりにダルポという名前を得た。 自分を過去の海に落ちて死んだ息子ダルポと信じるゴンピルのために、ハミョンはハミョンという名前とすべての過去を消してゴンピルの息子ダルポとして生きている。 勉強ができずにもの足りなかったダルポのように生きるため、図書館を丸ごと覚えるほど優れた頭を隠してわざと常に0点を取りオルパン(オール0点)というニックネームまで得た。 貧しい家の都合のため、大学に興味を持っていないふりをして、甥であるインハに大学入学を譲ってタクシーの運転をする。 しかし、明晰な頭脳と優れた暗記力、タクシーの運転をして得られた常識と経験が加わり、他の記者たちよりも、特別な才能を持った記者になる。 チェ・インハ cast パク・シネ(子役:ノ・ジョンウィ) ピノキオ症候群のため、嘘をついた場合、しゃっくりをして真実を言えばしゃっくりが止まる。 ほとんどのピノキオ症候群を持っている人々は嘘を言うと直ぐに現れるため、言葉を減らし人を避けて生きるのに対し、インハは本音をそのまま言うことを選んで生きてきた。 同い年のダルポと叔父として絡み合いながら事あるごとに衝突する。 初めて出会った時は、かなり親しい少年だったが、ある瞬間から、いつもインハを敵意を持って接する。 全校最下位で、常にアウトサイダーのように外に回るダルポを嫌っている。 しかし、ある瞬間からダルポの馬鹿な裏面に明晰さが、冷たい行動の裏に暖かさがあることを気づいてからダルポを理解して家族で包む。 ピノキオ症候群であれば選択できる職業はほとんどない。 弁護士、国会議員、作家、俳優、どんな職種にも嘘が苦手な人ができることはなかった。 だから、インハが選択したのはまさに記者! 一寸の偽りがないべきニュースを作る記者だけが、自分ができる最高の仕事だと思う。 だけなのか? 別れた母親の前に再び立つことができる機会でもある。 しかし、ピノキオ症候群は、インハには大きな障害だ。 好きな男ができてもミルタン(駆け引き)ができないし、二股は考えられない。 仕事でも同様。 特別に正義たるものではないが、真実を無視するたびにしゃっくりがはじまるため、しゃっくりを止めるためにも、常に真実を話すべきである。 そのため、インハは他の記者たちよりも、真実を向けた動力が大きくならざるをえない。 ソ・ボムジョ cast キム・ヨングァン 一生食べていける財産をすでにすべてを持って生まれた財閥2世。 子供の頃から不足なく生ききたため、のびのびとして天性が明るい。 人々がちらっとたてるほどモデルのようになめらかなルックスとスタイルを持って、ファッション感覚も優れている。 毎月じっと座って稼ぐ建物の家賃が、優れている会社員の給与の数十倍にもなるため、特別に仕事を持たなければならない理由を感じなかったし、生きる動力もなかった。 ただ、いけてるように見えて選んだファッション雑誌記者もあまり面白くはない。 彼の人生は風ひとつなく、穏やかな湖の上に浮かんでいるヨットのように平和でたけど面白くなかった。 そんな彼の帆船を動かす風が吹き始めている。 その風の始まりは、顔を一度も見たことのないチェ・インハ。 ボムジョがインハの母であるチャオクの以前の携帯電話の番号を使うようになり、10年以上もインハが送った母へのメッセージを読んできた。 そのメッセージを覗き始めてから他人お人生に初めて好奇心が芽生え、ぜひ会ってみたいという切実さが生じた。 それによって、ボムジョの人生が変わり始めた。 そして、彼に吹き始めた風は、社会部の記者という熾烈な人生へ導く。 ユン・ユレ cast イ・ユビ 過去アイドルグループのサセンファン(熱烈なファン)だった。 サセンファン出身の記者だと、後ろ指差されるが、サセンファンの歴がむしろ競争力になる。 聴診器まで動員して待合室の音をのぞき聞いた根性のおかげで、どんなアイテムもあきらめずに記事を作成してくる。 意欲があり過ぎてミスをしたりして、おせっかいな性格のため、他人を同情して本人のものを手に入れない状況がしばしば発生する。 言葉も多く、好奇心も多い好事家。 チラシやSNSを通じた情報取得が速い。 [YGN 報道局] ファン・キョドン cast イ・ピルモ YGN報道局 社会部 市警キャップ。 入社以来、笑顔を見た人がいないほどいつも表情が固まっている。 他人に感情を表現するのが少なく下手だ。 上司にも直言をためらわずに言って、部下にも厳しくしているため、上司や部下にそれほど人気がいない。 しかし、「世界を変えることは真実である」というモットーに住んでいる天性が記者だ。 ので、もう直ぐ四十歳である、彼はまだ母胎ソロ(生まれてから一度も恋愛経験がない人)だ。 チャン・ギョンギュ cast ? YGN報道局社会部一陣記者。 苦労一番で厳しい先輩として有名なため、皆が避ける一陣記者だ。 性質が急多血質だが、相手が強く出ると小心者になる面もある。 権威的な原則主義を固守するキョドンがあまり好きじゃない。 しかし、ニュースは何かという本質においてはキョドンと意見を共有する。 イ・ヨンタク cast ? YGN報道局報道局長、アンカー。 穏やかな性格で、決して怒ったり大声を出さない。 いつも笑顔を浮かべているが、危機的な状況では、断固とした決断力を示す。 記者に取って、言葉が権力であることを誰よりもよく知っているし、その権力をむやみに振るといけないというモットーで記者の道を歩んできた。 アンカーだから外貌に気を使う。 いつもミストとオイル紙、リップクリームなどを持ち歩いて管理をする。 チュ・ウォング cast ? YGN報道局社会部長。 スポーツとガールグループが好きで、大衆的な見る目を持っている。 ニュースは公正すべきであるが、影響力も必要になると思うので、視聴率にいつも気を使う。 視聴率ではなく、公正に傍点をとる報道局長と市警キャップの間で一人YGNの未来を心配する。 イム・チェファン cast ? YGN報道局カメラ記者。 珍しい女子カメラ記者として優れた感覚はもちろん、取材戦争で男性の記者たちとの体争いに絶対負けない体力と度胸を持った。 そのおかげで、どのような状況でも責任を持って、必要な画像をよく撮ってくる有能さを認められている。 気さくなルックスとホットな性格で男性の後輩たちが兄貴と呼ぶ。 無視ではなく、好意の意味であっても「女性が・・・」という言葉を聞くとすぐに興奮する。 [MSC報道局] ソンチャオク cast チン・ギョン インハの母、MSC報道局記者。 40代後半の年齢にふさわしくない、若くてエレガントな外貌の所有者であり、記者としてはレジェンド級キャリアの持ち主だ。 女性としては初の地上波ニュース市警キャップを得て、一度も容易ではない海外特派員を二回も行ってきた。 そうなるまで、マラソンのフルコース完走はやすやすとこなすひどい自己管理はもちろん、取材でもお酒でも誰にも負けない勝負欲で休まず走ってきた。 だから、ワシントン特派員でカムバックと同時に、社会部長兼地上波初のメインニュース単独女性アンカー就任という彼女の激安人事はあまり驚くべきニュースではない。 特別なニュースの画面のために操作と誇張、感情的な演出を躊躇しないため、彼女を取り巻く妬みや非難も少なくない。 幼い頃にした結婚が記者になるために邪魔になると、既婚であることを隠して、娘インハをはじめとする結婚生活が昼夜のない記者生活の妨げになると、迷い無く離婚を選んだ。 10年ぶりに再会したインハも、彼女には娘である前にピノキオ症候群と言う病を持った新入記者であるだけだ。 キム・コンジュ cast キム・グァンギュ MSC報道局社会部市警キャップ。 カリスマがあって、困難に根強く耐える力がある記者でありけど、現実は応じてくれない。 気の強い社会部長のチャオクと一陣イルジュの間で、孤軍奮闘している。 後輩たちには上司に言いたい事は言える定義な先輩のイメージを作りたいが、いざボスの前では限りなく小さくなる。 反抗をしても気づかれないほど小心なものである。 前で足を斜めにするとか、足を編むとかの方法だ。 イ・イルジュ cast キム・ヨンフン MSC報道局社会部記者。 社会部長のチャオクを盲目的に信じて従いロールモデルとする。 面前では表さないが、市警キャップであるコンジュを無視して情けなく思う。 修習生たちには丁寧に敬語を使って、尊重してくれるように見えるが、一日だけ一緒に過ごせばわかる。 彼の敬語が悪口より恐ろしいことを。 笑顔が怒鳴りより殺伐であることを。 ヨン・デゥヨン cast ? MSC報道局報道局長。 豪放して常に自信満々だ。 チャオクの先輩として教え、導いて現在のチャオクを作った人である。 チャオクを無限信頼して支持し、彼女のニュース観と共にする。 イ・ジュホ cast ? MSC報道局カメラ記者。 ベテランであるだけに、複数の取材陣が殺到すると一番良い場所を把握する目が速い。 数々の歴史的な取材現場にいたので、新入社員たちにその冒険談を話すのが好きだ。 新入記者たちと一緒に取材現場に出て行けば、どのように取材すべきか、そのガイドラインをテキバキと提示する局長のようなカメラ記者だ。 しかし、晩年の年で結婚した新郎だから妻には見られないほど愛妻家である。 [家族たち] チェ・コンピル cast ビョン・ヒボン ダルポを養子縁組した父であり、インハの祖父。 30年以上前に長男ダルポを海で失っていつも恋しがっていた。 そんなある日、海で幼いハミョンを下命を救助して、ハミョンをダルポと思って甘やかして育てる。 本当のダルポは死んだと言うと、切り替えの障害による発作を起こして倒れる。 帰ってきた息子のため、懸命に運動をして、健康に長く生きるために努力する。 それほど、ダルポをもの凄く大切に思い愛している。 チェ・ダルピョン cast シン・ジョングン インハの父親。 典型的な韓国の保守的な父。 そのため、記者として成功したい野心が大きい妻、チャオクといつも衝突し、挙句に離婚した。 離婚して連れてきた一人娘インハに、お母さんチャオクを忘れろと言いながら、家のTVもなくすなど労力したが、記者になるというインハの夢は折れなかった。 常に率直で自己主張が強いインハと毎日のようにもめるが、それは彼も手強く素直で頑固な娘バカだからである。 パク・ロサ cast キム・ヘスク ボムジョの母、ボムジョデパート会長。 知的で洗練された。 頭からつま先までブランド品を巻いて歩く。 一人息子であるボムジョをもの凄く愛して、ボムジョのためなら惜しみなく支援する別名ヘリコプターマムである。 しかし、ボムジョに何も強要しない。 ボムジョが望むものを選べるようにして、その選択を最善を尽くして支持してくれる。 厳しい記者生活を始めたボムジョの選択も何も言わず、見守って支持する。 キ・ジェミョン cast ユン・ギュンサン ダルポの実兄。 1トンのトラックを運転してミネラルウォーター配達を主業として寂しく放浪生活を送っている。 しかし、ダルポのように鋭敏な頭脳の所有者で、過去の悲劇的な事件以前には、将来が有望な優等生だった。 14年前、消防士だった父が鎮火作業中、部下の隊員9名を死地に追い込んで逃げたと言う汚名をかぶったまま消えた。 そのため、父の生存を恥辱的に報道した記者たちへの恨みが大きい。 [その他の周辺人物] アン・チャンス cast イ・ジュスン ダルポとインハの高校の同級生。 全校1位をずっと続けた学校の最高の優等生で、全校2等のインハに好感を持って優しく接したが結果は良くなかった。 真っ直ぐで模範的な学生だったが、知ってみると、その年齢にありがちな歪みもありカッとする性質もあってダルポと対立したりもした。 結局、記者になったダルポ、インハと刑事の関係で再会することになる。 チョン・キボン cast ? 漢江(ハンガン)警察署刑事チーム長、チャンスの上官。 捜査に記者の協力が必要なとき、あるいは自分が捕まった犯人を必ず有罪にする必要があるとき、記者を利用して言論プレー(メディアプレー)ができる狐のようなベテランである。 キ・ホサン cast チョン・インギ 消防士。 キ・ハミョン(チェ・ダルポ)の父親。 14年前、鎮火作業中、部下の隊員9名を死地に追い込んで逃げたと言う汚名をかぶったまま消える。 [特別出演] イム・ソンフン:クイズ番組司会者役 韓国 ピノキオ 相関図.

次の

韓国ドラマ『ピノキオ』のあらすじ、名場面、キャスト、視聴率、レビューを紹介!|KMAS [ケイマス]

韓国 ドラマ ピノキオ キャスト

あらすじ 父親が濡れ衣をきせられたことで、人生が一変してしまったハミョン。 母親と崖から飛び降りたが、ある老人に助けられ、チェ・ダルポとして生きていくことになる。 ダルポと同じ年で姪のチェ・イナは、記者になることが夢だった。 イナはピノキオ症候群という、嘘をつくとしゃっくりがとまらなくなるという不思議な力を持っている。 しかし、その力が災いして普通に生きていくだけでも大変。 ハミョンの父親の事件がどんどん解明されていく中、2人の運命が狂いだす。 8% 2話11月13日 9. 8% 3話11月19日 9. 4% 4話11月20日 10. 4% 5話11月26日 10. 2% 6話11月27日 10. 4% 7話12月3日 8. 7% 8話12月4日 10. 2% 9話12月10日 10. 1% 10話12月11日 10. 7% 11話12月17日 10. 4% 12話12月18日 9. 7% 13話12月24日 9. 8% 14話12月25日 10. 8% 15話1月1日 12. 9% 16話1月7日 11. 8% 17話1月8日 12. 9% 18話1月14日 11. 9% 19話1月14日 11. 3% 20話1月15日 13. 3% 「ピノキオ」ドラマの感想・評価 星: よくできた脚本だと思います。 なんか似ているな…と思ったら、私の大好きな「君の声が聞こえる」の脚本家さんパク・ヘリョンさんと同じ脚本家さんでした 事件要素もガッツリで、あきることはありません。 でもなんだろう…物足りない。 「君の声が聞こえる」を越えることはありませんでしたね。 ジョンソク君は年上の女優さんのほうが彼の良さがもっと引き立つ気がする。 シネちゃんもこのドラマのためにがんばってダイエットしてきれいになったものの、ジョンソク君がきれいすぎてなんか負けてしまってる感が否めない… 本当に仲良しなジョンソク君とシネちゃん ピノキオで共演する前から仲が良かったこのお2人。 ジョンソク君はドラマで共演する前はシネちゃんをあまりきれいだと思ったことはなかったそうなんですが 笑 シネちゃんこのドラマのためにかなりダイエットしたんですよね! その成果もあってか、本当に大人っぽくきれいになったシネちゃん。 ジョンソク君も共演してからはシネちゃんを「きれいだ」とべた褒め状態でした 笑 ドラマの撮影が終わってからも仲良くて、写真撮られたりしてたけど、本当にいい友人関係なんだろうなと思います。 シネちゃんの演技の上手さは天下一! 子役から積み重ねてきたシネちゃんの演技は韓国内でも評価が高いですが、ピノキオを見て改めて演技のうまさに感心。 まず、しゃっくりの演技がうまい! 韓国のドラマってしゃっくりするシーン結構多いんですよ。 でも正直みんなあまり上手じゃない。 シネちゃんは自然でイラっとさせないしゃっくりでしたし、しゃっくりの演技のしすぎでのどが痛かったとシネちゃんも言っていました 笑 イナの感情的なシーンはピカイチですね。 シネちゃんは元気な女の子のイメージがあるので、相続者たちのウンサンのような切ない役より、イナみたいな元気で素直な役が似合うなと思いました。 ジョンソク君のきれいな涙にこちらもポロポロ 最初のダルポ役から見ても、ひたすらジョンソク君がきれいすぎるドラマなのは間違いありません。 「君の声が聞こえる」のときは少年ぽさがまだまだ残っていたけど、ピノキオでは少年ぽさも若干残しつつ、大人の男性になった姿にこっちもドキドキ。 もうとにかく色が白くて本当に美人さんなんです! ジョンソク君がキラキラ輝きすぎて、美しさがシネちゃんを越えてしまっている…。 ヒロインより輝いてしまったジョンソクくんの美しさは罪深いです キスシーンがすごくきれい! ジョンソク君とシネちゃんがこだわった雪の中でのキスシーン。 きれいに撮ることにかなりこだわったようですが、本当にきれいです。 全然いやらしくない。 私的には、ダルポとイナの別れのキスシーン。 切ない別れのキスは涙をさそいます ヨングァン君とユビちゃんのキャラも格別! ヨングァン君はピノキオで初めて見た役者さんだったんですが、ジョンソク君に負けず劣らず背が高い! ダルポとボムジョは恋のライバルでしたが、ダルポとイナの中には全然ボムジョは入っていけず、玉砕でした イナの心が揺れもしないのはちょっとかわいそうでしたが、イナがピノキオ症候群という特殊な設定であり、駆け引きができないところを考えると、仕方ないですね なかなかマザコン臭漂うボムジョでしたが、後半は自分の母親としっかり向き合い、男らしくなっていく姿は見応えありました。 そしてユビちゃん!彼女はソ・ジュンギ主演の「やさしい男」を見て知っていたんですが、ピノキオではもっとはじけてます!笑 動きがなんともかわいらしくて、ドラマの展開を和ませてくれる場面がたくさんあります。 ダルポが自分のことを好きだと勘違いしているあたりも、痛さ満開で演じきっていました w 演技の幅も広がって、これからが楽しみな女優さんですね。 OSTが最高! OSTすごくいいです!聴いていると、ダルポとイナの切ないシーンが蘇ってきます。 ピノキオの曲といえばこれ!オープニングの曲は外せない!.

次の