ピーマン の 生産 量。 バナナピーマンの特徴・旬の時期まとめ|淡い黄緑色をしたほんのり甘いホルン型ピーマン

バナナピーマンの特徴・旬の時期まとめ|淡い黄緑色をしたほんのり甘いホルン型ピーマン

ピーマン の 生産 量

00 - 0 1 北海道 5,200 3. 59 07位 0 2 青森県 3,220 2. 22 09位 0 3 岩手県 7,960 5. 50 05位 5 4 宮城県 1,640 1. 13 16位 0 5 秋田県 532 0. 37 29位 0 6 山形県 991 0. 68 20位 0 7 福島県 2,900 2. 00 10位 0 8 茨城県 33,900 23. 41 01位 1 9 栃木県 348 0. 24 35位 0 10 群馬県 396 0. 27 33位 0 11 埼玉県 319 0. 22 38位 0 12 千葉県 2,590 1. 79 11位 0 13 東京都 212 0. 15 42位 0 14 神奈川県 322 0. 22 37位 0 15 新潟県 849 0. 59 21位 0 16 富山県 71 0. 05 46位 0 17 石川県 129 0. 09 44位 0 18 福井県 137 0. 09 43位 0 19 山梨県 280 0. 19 41位 0 20 長野県 2,210 1. 53 14位 0 21 岐阜県 534 0. 37 28位 0 22 静岡県 317 0. 22 39位 0 23 愛知県 690 0. 48 24位 0 24 三重県 587 0. 41 26位 0 25 滋賀県 298 0. 21 40位 0 26 京都府 2,100 1. 45 15位 0 27 大阪府 56 0. 04 47位 0 28 兵庫県 2,240 1. 55 13位 0 29 奈良県 415 0. 29 32位 0 30 和歌山県 1,480 1. 02 18位 0 31 鳥取県 817 0. 56 23位 0 32 島根県 826 0. 57 22位 0 33 岡山県 576 0. 40 27位 0 34 広島県 1,080 0. 75 19位 0 35 山口県 373 0. 26 34位 0 36 徳島県 634 0. 44 25位 0 37 香川県 124 0. 09 45位 0 38 愛媛県 1,580 1. 09 17位 0 39 高知県 13,000 8. 98 03位 3 40 福岡県 433 0. 30 31位 0 41 佐賀県 465 0. 32 30位 0 42 長崎県 347 0. 24 36位 0 43 熊本県 3,370 2. 33 08位 0 44 大分県 5,770 3. 98 06位 0 45 宮崎県 27,000 18. 65 02位 2 46 鹿児島県 13,000 8. 98 04位 4 47 沖縄県 2,520 1. 凡例の割合(占有率)は、パーセント表示における小数第1位を四捨五入し表示しています。 表の番号 表の左列の番号は、都道府県コード順に当サイトで任意につけた番号です。 生産量(収穫量)が0の場合 生産量(収穫量)が0の都道府県は、生産されていない場合のほかに、単位に満たない場合、不詳の場合、公表されていない場合などが含まれます。 表の占有率 表の占有率は、パーセント表示における小数第3位を四捨五入し、小数点以下第2位まで表示しています。 表の順位 表の順位は生産量が多い順です。 生産量が同じ場合は、左列の番号順に順位をつけています。 都道府県の合計と全国値 生産量(収穫量)や占有率の47都道府県を合計した値は、四捨五入などの理由で全国の値と一致しない場合があります。

次の

作況調査(野菜):農林水産省

ピーマン の 生産 量

促成栽培とは、本来の季節よりも早く農産物を生産し、出荷することです。 具体的には、 冬でも温暖な気候を利用して、春野菜や夏野菜を生産することが挙げられます。 では、この 促成栽培がさかんな都道府県がどこか、農産物の収穫量ランキングで見てみます。 キュウリ、ナス、ピーマンの収穫量ランキング(2018年) 促成栽培の代表的な農産物であるキュウリ、ナス、ピーマンの都道府県別収穫量は次の通りです。 6 高知県 13. 6 茨城県 24. 9 2位 群馬県 10. 2 熊本県 11. 0 宮崎県 19. 7 3位 埼玉県 8. 5 群馬県 8. 9 高知県 10. 1 4位 福島県 7. 2 福岡県 7. 2 鹿児島県 9. 4 5位 千葉県 6. 6 茨城県 5. 7 岩手県 5. 6 (データ出所:農林水産省「グラフと統計でみる農林水産業」) 促成栽培による野菜の生産は宮崎県と高知県でさかん 中学受験(地理で覚えておきたいキーワードが 促成栽培です。 促成栽培とは、夏にできる野菜(キュウリ、ナス、ピーマンなど)を春や冬に作って出荷する栽培です。 こうしたことが出来るのは冬でも温暖な気候のところ。 代表的な場所が、 宮崎平野や 高知平野です。 どちらも冬でも温暖で有名なところですね。 キュウリ1位は宮崎県、ナスの1位は高知県 都道府県別の生産量ランキングでも、宮崎平野のある 宮崎県が キュウリ1位、ピーマン2位。 高知平野のある 高知県が ナス1位、ピーマン3位となっています。 促成栽培はビニルハウスなどを用いるので施設園芸(栽培)とも呼ばれます。 本来の季節とは違う時期に出荷することで高く売ることが出来ますが、暖房費がかかってしまいます。 促成栽培とセットで覚えておきたいのは 抑制栽培。 こちらは春や秋に出来る野菜を 涼しいところで夏につくるものです。

次の

【特集】ピーマン

ピーマン の 生産 量

ピーマンの生産日本一の産地は? ピーマンの収穫量日本一は茨城県です。 茨城県は農業人口全国1位、耕地面積全国2位の農業大国です。 ピーマン以外にも、収穫量が全国上位の野菜がたくさんあります。 2位は宮崎県、3位は高知県と続きます。 茨城県は全体の4分の1、宮崎県、高知県と合わせると、約半分の収穫量になります。 生産量は、ここ50年くらいでほぼ横ばいとなっており、時代が変わっても不動な人気野菜です。 それぞれの県の特徴を見てみると、 宮崎県と高知県はハウス栽培が盛んで、冬から春にかけて全国に出荷しています。 これは、促成栽培と言って、夏野菜を春や冬に作って出荷する栽培のことで、冬でも温暖な気候であるところで行われているのです。 一方 茨城県では、夏・秋のハウス栽培が盛んです。 スポンサードリンク ピーマンの輸入先は? ピーマンの輸入は、ほぼ全体の4分の3を韓国が占めています。 2位はオランダ、3位はニュージーランドです。 もともと、オランダからほとんどを輸入していましたが、オランダよりも韓国の方が日本に近いことから、経費が安く済むために韓国からの輸入をしているそうです。 日本はピーマンの大量消費国で、韓国ではほとんどが日本への輸出用に生産されています。 韓国では、農業技術の高いオランダより技術を学び、オランダと同じ製法で作られています。 輸入量は年々増加傾向にあります。 そのため、日本の農家は打撃を受けています。 まとめ 日本では、冬でも温暖な広い平野部で春冬ピーマンを、夏は適温の広平野でつくられていることがわかりました。 また、輸入では意外にも韓国から多く輸入されていたのですね。 オランダの農業技術が高いことも知りませんでした。 こうしてピーマン一つの生産地を調べるだけでもいろいろな背景が見えてきて面白いですね。

次の