勝又 健志。 勝又健志、覚えているか⁉︎あのころ君は…100%麻雀小僧だった【熱論!Mリーグ】

二階堂亜樹の不倫報道 離婚に麻雀ファン怒り 勝又健志、井出康平ツイッターで反応

勝又 健志

ナンバー1美人雀士・二階堂亜樹(37)チームメイトと不倫、前夫ポイ捨て と題して、二階堂亜樹さんがEX風林火山という同じチームのチームメイト・勝又健志さんと浮気して、元夫であった井出康平さんをポイ捨てしたことが報じられています。 勝又さんかぁ…不倫とかとは無縁の誠実な人ってイメージだった といわれているように、これにはファンからも驚きの声があがっています。 名前:勝又 健志(かつまた けんじ)• 出身地:東京都墨田区• 生年月日:1981年3月15日(年齢38歳)• プロ入会:1999年• 所属団体:日本プロ麻雀連盟• Mリーグ所属チーム:EX風林火山 勝又 健志さんは、早稲田大学出身で在学中の2000年に日本プロ麻雀連盟17期生としてプロデビュー。 その翌年には2第2回麻雀グランプリMAXにて優勝すると、2014年度より同団体のA1リーグに昇級しています。 また2015年の第32期鳳凰位決定戦にて、前田直哉、瀬戸熊直樹、古川孝次ら歴代鳳凰位三名を相手にして優勝を果たし、第32期鳳凰位を獲得するほどの腕前で、巧みなゲームメイクと麻雀知能が非常に高いことから「麻雀IQ220」という異名を持ちます。 2018年8月7日に行われたMリーグドラフト会議にて、EX風林火山から3位指名を受けたことで二階堂亜樹さんと同じ所属チームになります。 EX風林火山(株式会社テレビ朝日) 二階堂亜樹 滝沢和典 勝又健志 真ん中が勝又健志さん、右が二階堂亜樹さんです。 ツイッターなどをみてみても、メンバー同士でキズナが深いことが伺えます。 今回の不倫報道をしって一番気まずいのは滝沢和典さんかもしれませんね。 ・・・もしかしたら二人の仲を知っていた可能性もありますが。 二階堂亜樹、元夫・井出康平とは浮気の末の離婚だった 二階堂亜樹さんは2013年に同じプロ雀士である井出 康平(いで こうへい)さんと結婚し、現在1人の子供(娘)がいます。 離婚する前にはツーショット写真なども披露されており、かなり仲睦まじい様子だったことが伺えます。 初めて見る、井出康平・二階堂亜樹、夫婦のツーショット写真です! — 謙タッキー KenKkc フライデーの報道で離婚していたことが判明したわけですが、不倫の末の離婚だったことが判明したという事でかなりの泥沼状態。 そうなると夫だった井出康平さんが不憫でなりませね・・・ 井出康平のプロフィール 「あ、今日誕生日だっけ?忘れてたわ」とほざいた隣のモジャモジャはほっといて、七五三も無事に終わり帰宅。 名前:井出 康平(いで こうへい)• 生年月日:1983年5月17日• 職業:競技麻雀のプロ雀士• 出身地:千葉県鎌ケ谷市 井出 康平さんは二階堂亜樹さんと同じくプロ雀士として活動しており、同じ日本プロ麻雀連盟所属(第21期生)です。 2013年に第12回野口恭一郎賞・男性棋士部門を受賞しており、MONDO TVの麻雀プロリーグで第14回モンド杯から第18回モンド杯にかけて5年連続出場すると、 第16回モンド杯では、決勝第2戦オーラスで二軒リーチをかいくぐって初優勝を遂げています。 子供は夫・井出康平さん側が引き取った? なお、井出康平さんのツイッターをみてみると、子供とたまむれている画像が見つかりました。 そうなると、二階堂亜樹さんとの間の子供(娘)は井出康平さん側が引き取ったみたいですね。 井出康平のツイッターではかなり娘を溺愛している様子が伺えますが・・・ こんな幸せないやろ。 井出康平さん、意味深ツイート ツイートをみると結構意味深な発言を繰り返していますが、これらは果たして離婚と関係があるのでしょうか・・・ この幸せを壊そうとしたやつは許さない。 それも自分可愛さでなんて本当に許さない。 雑すぎるんだよ。 マジうける。 信用されてないやつらが傷を舐めあってかわいそう。 人と接する温度差もヘタだから敵ばっか作るんだな。 勉強になります。 二階堂亜樹のプロフィール シナガワンと一緒に写真撮ってもろた! 可愛い😍 — 二階堂亜樹 16003200• 名前:二階堂亜樹(にかいどうあき)• 出身地 神奈川県鎌倉市• 生年月日 1981年11月15日(年齢37歳)• プロ入会:1999年• 所属団体:日本プロ麻雀連盟• Mリーグ所属チーム:EX風林火山 二階堂 亜樹(にかいどう あき)さんは、神奈川県鎌倉市出身の競技麻雀のプロ雀士。 日本プロ麻雀連盟所属(第15期生)で現在は同団体内の七段。 「卓上の舞姫」という愛称で親しまれ、姉で同じくプロ雀士の二階堂瑠美さんとともに美人姉妹として有名でした。 2013年に同じ日本プロ麻雀連盟所属の井出康平と結婚し、一人の子供をもうけていますが、今回のフライデーで離婚が判明。 Mリーグが始めるところですが、果たして大丈夫なのか・・・ おそらくフライデーがタイミングをあわせたということもあるのでしょうね。 追記:二階堂亜樹さんが不倫報道を完全否定するも泥沼騒動化していると話題になっています。

次の

二階堂亜樹の不倫報道 離婚に麻雀ファン怒り 勝又健志、井出康平ツイッターで反応

勝又 健志

場の状況に応じてメンゼンと鳴きを使い分けるバランス型。 攻守のバランスも良く、攻めのチャンスは逃さず、守りはしっかり固める。 トッププロの中でも、際立って隙がないように見えます。 放銃のときでもしっかり理由があり、その打牌選択は信頼感がとても高いです。 麻雀の思考の速さと的確さはトップクラス。 「麻雀IQ220」のキャッチフレーズで呼ばれてます。 頭の回転が早く、解説でも先回りして話をすることも。 対局中はどこまで先を見ているのか、計り知れません。 そして攻めの鋭さだけでなく、守りも鉄壁。 当たり牌や、相手が鳴きたい牌をピタリと押さえることもしばしば。 失点を防いだ結果、勝ち抜けをきめている、ということもよくあります。 勝又プロのさまざまな思考はその著書で詳しく解説されてます。 著書の内容は中級者から上級者向け。 しかしながら、勝又プロの思考を一言に凝縮した「麻雀脳」の部分は必見。 この「麻雀脳」が86個あり、これを見るだけでも雀力アップが見込めます。 トッププロの勝又プロの思考を知ることができる、おすすめの一冊です。 【参考】 魅力 勝又プロの魅力は隙がない冷静沈着な雰囲気。 目の前の対局で勝利するための打牌選択の正確さはもちろんのこと。 冷静に状況を見て戦うことから、チーム戦のMリーグでは勝負どころで勝又プロの出場が多い印象です。 こちらはMリーグの試合で倍満ツモをきめる勝又プロの映像。 また卓越した麻雀理論の展開も魅力のひとつ。 対局中の打牌選択も理論の裏付けを知るきっかけに。 また解説ではわかりやすい説明で、麻雀の知識を増やせます。 対局時の味方や、解説・実況の運営側で勝又プロがいると後顧の憂いがありません。 まさに縁の下の力持ち。 安定感が感じられるところも勝又プロの魅力のひとつです。 解説者 勝又プロの解説は理論的でとてもわかりやすい解説。 「麻雀解説がうまい人は?」というと、そのひとりに必ず勝又プロが入ります。 教科書のような解説、といっても過言ではありません。 勝又プロの場合「麻雀IQ220」=「解説IQ220」と感じられるような解説ぶりです。 順番を追って対局者の思考、打牌選択を説明していく解説はわかりやすさが抜群。 その解説を聞けば雀力向上にプラスになること間違いなしです。 勝又プロは解説だけでなく、実況経験も豊富。 視聴者に状況をわかりやすくするため、解説しながら実況の流れをリード する 場面も。 万能すぎて恐れ入ります。 「わかりやすくためになる」勝又プロの解説を、ぜひ聞いてみてください。 勝又健志プロの実績は 獲得タイトル• 第32期鳳凰位• 第2回麻雀グランプリMAX 30代半ばの若さで自団体のリーグ戦である鳳凰位のタイトルを獲得。 その実力の高さを証明しました。 その他にもタイトル戦で決勝進出するも、なかなか優勝にはとどかず。 決勝の舞台は強者ぞろいで、勝ち切る難しさを示してます。 しかし勝又プロの試合巧者ぶりから、さらなるタイトル獲得に期待がふくらみます。 Mリーグ 勝又プロはEX風林火山から第3巡指名を受けて、Mリーガーとして活躍中。 Mリーグ2018ではチームはファイナル進出。 惜しくも準優勝に終わりましたが、充実のシーズンとなりました。 時に前面で戦い、時に控えで支える、 勝又プロの安定感でチームを支えました。 Mリーグ2019では後半戦でチームが不調の波に飲み込まれることに。 チーム不調の中で意地の闘牌をみせ、最後の試合で個人成績をプラス圏内まで戻しました。 2019シーズンの苦戦を糧にして、次シーズンでの飛躍が期待されます。 Mリーグ2019シーズンはレギュラーシーズンで敗退となりました。 とても多くの方々に応援していただき、本当に嬉しく思います。 ありがとうございました! 明日からもっともっと深く読めるように研究を積み重ねていきます!— 勝又健志 katumatakenji シーズン 所属チーム チーム成績 個人成績 2018 EX風林火山 準優勝 +15. セミファイナルは序盤での出遅れが響いて6位にとどまりました。 しかしこの結果によりRTDトーナメント出場権を獲得してます。 RTDトーナメントでは予選グループBに出場。 予選は2位通過、クォーターセミファイナルAは1位通過と順調にコマをすすめます。 2位までがファイナル進出のセミファイナルでは気合の1位通過と盤石の勝ち上がり。 ファイナルでは佐々木寿人プロが圧巻の麻雀をみせ、他の追随を許さず優勝。 勝又プロはファイナル3位の結果でした。 予選からファイナルまで、 勝又プロの勝ち上がり条件を冷静に見据えた戦いぶりが印象的。 勝又プロの試合巧者な面が随所に見られたRTDトーナメントでした。 さいごに 勝又健志プロの印象や実績の紹介でした。 隙のない強さ。 麻雀IQ220の麻雀軍師。 味方で安心、敵なら脅威。 プレイヤーでも運営側でも、その万能さは頼もしいです。 味方として隣にいるだけで安心感があります。 理論的でわかりやすい解説は麻雀を楽しむにも、強くなるにもおすすめ。 勝又プロの対局と解説をぜひ視聴してみてください。 今後の活躍に注目の麻雀プロです。 麻雀のことをさらに知っていただくことができれば幸いです。 ここまで見ていただき、ありがとうございました。 勝又健志プロをもっと知るには• Twitter :• YouTube :• 著書 :.

次の

勝又健志とは

勝又 健志

二階堂亜樹のwikiプロフィール! 氏名:二階堂亜樹 出身地:神奈川県鎌倉市 生年月日:1981年11月15日 血液型:O型 身長:153㎝ 趣味:読書 学歴:中卒(鎌倉中学校) Twitter: ブログ: 二階堂亜樹はどんな人 二階堂亜樹さんの性格について見ていきましょう。 決断したら突き進むタイプです。 でなければ、中学校を卒業し麻雀プロを夢見て東京行く事はなかなか出来ませんよね。 十代はアダルト的な勧誘もよくあったみたいですよ。。。 また 頼りがいのある姉御肌です。 元旦那の井出康平さんが麻雀で上手くいかない時によく愚痴を聞いてあげてたそうです。 よく相談されるそうで麻雀プロをやってなかったらカウンセラーになっていたとのこと。 二階堂亜樹さんといえば 以前歯が黄ばんでいるということが話題になりました。 その理由はタバコかどうか調査すると 女流麻雀プロといえば、京都の雀荘に営業に来ていた二階堂亜樹を見たことがある。 — chamekan chame どうやらタバコが原因で歯が黄ばんでいた可能性はありそうです。 現在は白い歯で気持ちいいですが!! また二階堂亜樹さんですが右耳が中耳炎になりそのまま難聴になってしまったという噂があります。 ただ動画を見る限り耳が聞こえにくそうな感じないので 二階堂亜紀さんの声がこもっているような特徴から難聴という噂が出たのかもしれません。 二階堂亜紀さんの恋愛観はこちら 経歴や麻雀の実力は? 二階堂亜樹さんの神奈川県鎌倉市にある実家の家業がなんと雀荘! 両親が営む雀荘でしたが 接客や雀荘の準備など母の負担が重かったのか 母親が幼少期に蒸発してし 両親は離婚しています。 姉妹共に父方の親戚に預けられました。 麻雀の勉強は ファミコンの初代「麻雀」とのこと! また、 中学校では麻雀ノートを作って勉強するほど麻雀に対する熱意はあったようです! すごい努力家ですね!!! 中学卒業後は、高校に進学する事なく東京の雀荘で麻雀を打ちまくっていました。 二階堂亜樹さん曰く 「気持ちで負けていると牌勢にも影響するんじゃないかと思う。 最初からダメだと思うと勝てない」 とのこと。 麻雀を打っている時は気持ちを切り替えて本来の実力を魅せて欲しいですね! 結婚した相手について 当時は二階堂亜樹さんの旦那が井出康平さんとは公表されていませんでした。 しかし2016年2月に井出康平さんがインタビューにて嫁が二階堂亜樹さんである事を言いました。 旦那はどんな人だった? 二階堂亜樹さんと結婚された旦那さんは同じ団体の麻雀プロの 井出康平 いでこうへい さんです。 井出康平さんは1983年5月17日生まれなので、二階堂亜樹さんよりも2歳年下です。 名前:井出 康平 (いで こうへい) 生年月日:1983年5月17日(36歳) 職業:競技麻雀プロ雀士 出身:千葉県鎌ケ谷市 血液型:O型 趣味:パチンコ パチスロ ゴルフ 競馬 野球 日本プロ麻雀連盟所属 (第21期生)で、現在同団体内での段位は四段。 二階堂亜紀さんは同団体で七段です。 ニックネームは「康平ちゃん」「麻雀傾奇者」です。 名前は「やすひら」とか「やすべえ」と間違って呼ばれた事があったそうですよ。 プロ雀士ですが、Mリーグでは活動されていません。 二階堂亜樹の不倫について 二階堂亜樹さんの不倫相手と噂されるのは同じ麻雀プロの勝又健志さんです。 この噂について調査しました! なぜ勝又健志が不倫相手と噂なの? 「 実は亜樹とは2019年4月末に離婚しています。 そのきっかけとなったのは亜樹と勝又選手の不倫です」 と発言しています。 二階堂亜紀さん以前から勝又さんと不倫疑惑があり 2019年の3月に勝又プロとの仕事以外の関係を断つと約束しましたが 再び密会が発覚。 井出さんも限界がきたようです。 これに対して二階堂亜樹さんはTwitterで批判しました。 この度のフライデーの報道について、皆様にご心配をおかけして申し訳ございません。 — 二階堂亜樹 16003200 しかしフライデーに、二人で歩いてる姿を激写されているので二階堂亜樹さんの否定発言は信じ難いですね・・・。 出典元 勝又プロも一般女性の方と結婚されている身なのでダブル不倫という事になります。 二階堂亜樹さんには一人娘がいますが、親権は父親である井出康平さんに渡ったという時点で、やはり不倫が原因で離婚となった事は事実なのではないでしょうか。 ちなみに勝又プロは不倫発覚後、離婚はしていないようですね。 2018年からはMリーグEX風林火山で活動している事になるのですが、「麻雀IQ220」の異名を持ち、チーム内では軍師と呼ばれています。 話し方も落ち着いた感じで、真面目な印象です。 不倫なんてするような人には見えませんねえ・・・。 やはり見た目だけでは人の本質は見えませんね。 勝又健志のプロフィールと経歴 氏名:勝俣 健志 かつまた けんじ 生年月日:1981年3月15日 出身地:東京都墨田区 血液型:B型 最終学歴:早稲田大学 所属:EX風林火山 2000年早稲田大学在学中にプロデビュー。 2014年にA1リーグに昇格し、翌年の鳳凰位決定戦では第32期鳳凰位を獲得。 雀風はメンゼンを中心に劣勢時も簡単にはベタオリせず、高度な読みを駆使して危険牌を通します。 巧みなゲームメイクと麻雀知能が非常に高いことから「 麻雀IQ220」という異名がついてます! 離婚理由について 二階堂亜樹さんと井出康平さんは、2019年4月に離婚を発表しました。 原因は二階堂亜樹さんと勝又健志さんの不倫です。 井出康平さんのツイートでは 突然の離婚は自身が一番驚いていますが、記事内容にある不倫につきましては、現在法的手続きを進めています。 しかし、記事にもありました通り、亜樹さん本人に感情的な怒りはありません。 寂しいですが、される方にも問題があるという持論もありますので。

次の