プル ド ポーク レシピ。 プルドポークの簡単レシピ!オーブンで作るホロホロ豚肉料理│hitotema|ひとてま

あさイチのプルドポークのレシピ。活用アレンジレシピも紹介。

プル ド ポーク レシピ

皆さんは「 プルドポーク」という料理をご存知だろうか? おそらくほとんどの方は耳にしたことがないであろうが、 アメリカではソウルフードと言われるほど馴染みの深い豚肉料理なのだ。 そんな「プルドポーク」がいま日本でも、ニュース番組で特集が組まれるほどに注目されている。 そもそも「プルドポーク」とはどのような料理なのか? 今回はその道の達人に、プルドポークの魅力と調理法を教わってきた。 達人が作る、しっとり柔らかプルドポーク 県長久手市。 2005年の「愛・地球博」の会場となり、近年はのベッドタウンとしても人気の街だ。 ここに、武馬剛さんがオーナーを務める「 SKILLET DINER(スキレットダイナー)」がある。 「スキレット」とは、鋳鉄製の重厚なフライパン。 テフロン加工のフライパンが普及するまでは、アメリカの台所ならどこにでもあった、家庭料理の象徴でもある調理器具だ。 その名の通り、SKILLET DINERではファストフードでもジャンクフードでもない、アメリカの温かな家庭料理を楽しむことができる。 まずはさっそく、プルドポークを頂こう。 口の中に入れた瞬間、豚肉の旨みと燻製の香りがいっぱいに広がる。 パサパサ感はまったくなく、肉の繊維の一本一本がしっとり柔らかくて、食感がとても優しい。 プルドポークは150gとかなりの量を挟んでいるが、コールスローがさっぱりしているため、最後まで胃もたれすることなく存分に楽しむことができた。 武馬さん:プルドポークは、もともとアメリカ・カロライナ地方発祥のバーベキュー料理でしたが、現在ではアメリカ全土でポピュラーな料理です。 一方、 アメリカの「バーベキュー料理」は肉を低温でじっくりと焼きます。 この調理法を「 ロー・アンド・スロー」と呼び、 こちらが本場のバーベキューのスタイルだとされています。 ただし、 日本ではボストンバットは流通していませんので、ほど近い「肩ロース」が一般的に使われていますね。 (写真提供:武馬さん) 武馬さん:まずは肩ロースの表面にイエローマスタードを塗り、シーズニングスパイスをしっかりまぶして、ひと晩寝かせます。 武馬さん:これは、つい先日アメリカから輸入した「オフセットスモーカー」です。 武馬さん:二段構造のうち小さい方のボックスグリルで炭を燃やし、メインのボックスグリルに食材を入れます。 武馬さん:小型のボックスからの流熱で、メインのボックスを熱してスモークします。 熱量は小型のボックス側で調整できるので、メインの蓋を開けることなくしっかりスモークできるという優れものなんです。 ボックス内の温度の上がり方や煙の上がり方で、スモークの時間は変わります。 今日は朝10時半から始めたので……ここまで7時間ぐらいかかりましたね。 塊肉をアルミホイルでしっかりと包み、今度はオーブンで再び火を通します。 武馬さん:アルミホイルで包むことで、肉の水分を逃さず、中までしっとりジューシーに火が通るのです。 この技を「 テキサスクラッチ」と呼びます。 武馬さん:プロレスの技みたいなネーミングで好きなんですよ(笑)。 ちなみにこの調理法、テキサス以外の地域の人からは「邪道だ」なんて言われてるそうですよ。 武馬さん:実は、本場ではここで再びスモーカーに入れるのですが、私はオーブンを使います。 アルミホイルで包んであるので、これ以上はスモーカーでもオーブンでもできあがりはほぼ変わりませんから、時間短縮のためにオーブンで加熱していきます。 そしてオーブンで焼くこと、2時間。 オーブンから肉を取り出し、いよいよ裂いていく……のかと思いきや。 武馬さん:最後に肉を休ませてあげます。 ……それから待つことさらに1時間。 朝から始まったプルドポーク作りも、すでに外は日が暮れ、時計は夜8時を回った。 そして、今か今かと待ちわびていたこの時がついにやってきた。 武馬さん:さあ、今から肉を裂いていきますよ! アルミホイルの中から現れた肉は、 真っ黒なバークが脂でキラキラと輝き、熱々の湯気とともにスモークの香りがふわーっと広がる。 トングを使って大胆に肉を裂き始めた武馬さん。 これが驚くほど簡単に裂けていく。 武馬さん:せっかくなのでやってみませんか? お言葉に甘えて、特別に肉を裂かせてもらった。 表面はまるでコラーゲンのようにぷるんぷるん、トングを突き刺すと簡単に繊維が離れていく。 突き刺して広げて…突き刺しては広げて……おもしろいぐらいに肉が裂けてしまうのだ。 武馬さん:実は、このように肉を裂くのはテキサス地方だけなんです。 発祥のカロライナ地方では、包丁で叩くようにチョップしていくそうですよ。 最後に、シーズニングスパイスとBBQソースを和えて、プルドポークの完成だ。 貴重なできたてのプルドポークをひと口頂いた。 それに比べて黒いバークの部分は、まるでスパイスの味が凝縮されたような濃い味です。 武馬さん:バークは決して焦げている訳ではなく、肉にまぶしたスパイスと煙の粒子が凝集したものです。 つまり、 美味しいプルドポークにはバークこそが重要なんです。 武馬さん:そのまま食べてももちろん美味しいですが、うちではコールスローと挟んだシンプルな「 プルドポークサンドイッチ」と、パティ・レタス・トマトとともに挟んだ「 プルドポークバーガー」の2種類をメニューに用意しています。 あと最近では「 クロックポット(スロークッカー)」と呼ばれるタイマー付きの調理器具で、簡単にプルドポークを作ることができるそうです。 ポットに材料とソースを入れて蓋をし、温度とタイマーをセットすれば、あとは温度を一定に保って調理してくれるんですよ。 武馬さん:そうですね。 ただしこれらの調理方法だと、スモークの香りもバークも付かないので味が変わってしまいます。 そこで「 スモークリキッド」と呼ばれる料理用の液体を入れることで、スモークの香りを食材に付けることができるんです。 当時はほとんどのお客様が知りませんでしたが、最近では定着してきて少しずつオーダーも入るようになりましたよ。 アメリカ人のお客さんの中には、毎回プルドポークをオーダーされる方もいます。 やはり、このあたりのエリアではまだほとんど食べられないからじゃないでしょうか。 中でも、アメリカ南部出身の方は特に喜ばれます。 逆にニューヨークやシアトルなど北部の方は反応が薄くて、アメリカ人の中でも温度差がありますね。 その理由は何だと思われますか? 武馬さん:最近アウトドアがブームじゃないですか。 それでバーベキューが取り上げられて、その流れでプルドポークが注目されているのかもしれません。 あと、日本人は豚の角煮とかチャーシューとか、柔らかい食べ物が好きですよね。 だからプルドポークのホロっとしたやわらかさが合うのだと思います。 プルドポークの完成まで1日半、正直ここまで時間と手間をかけて作られているとは思わなかった。 最後に武馬さんから、プルドポークを作る上で重要なポイントを教えて頂いた。 それは「 とにかく慌てるな」。 慌てずゆっくりじっくりと作れば、必ず美味しいプルドポークはできあがる。 スキレットダイナーに足を運びやすい圏にお住まいの方はもちろんのこと、その他エリアでもアメリカンダイナーやハンバーガー専門店で「プルドポーク」の名前を見かけたら、ぜひその調理工程にも思いを寄せつつ味わってもらいたい。 お店情報 スキレットダイナー 住所:県長久手市先達1303 電話:0561-76-3347 営業時間:11:00〜15:00、18:00〜22:00 定休日:毎週火曜日、毎月第二水曜日(祝日は営業).

次の

塊肉が手に入ったら絶対作りたい! アメリカ料理の定番「プルドポーク」の自家製レシピ

プル ド ポーク レシピ

今回、プルドポークを作り、「 ハイライフプルドポーク」をつけて投稿いただいた方の中から抽選で10名様に、トートバッグやステンレスボトル、ほかHyLife Pork オリジナルノベルティグッズセットをプレゼント。 ぜひ、ジューシーでほろほろな食感が楽しめるプルドポークを投稿してください! やわらかくてほろほろ。 プルドポークを作ってみよう! プルドポークの作り方を動画でご紹介! 難しそうと思われた方も、まずは作り方をチェックしてみましょう。 肉の下準備 分量の塩、コショウを入れたビニール袋に豚肩ロース肉を入れ、塩、コショウがまんべんなく行き渡るよう、揉む。 1時間火を入れる。 水分量を確認する 1時間経ったらオーブンから鍋を出して野菜がひたる位の水分が出ているかを確認する。 なければカップ1杯の水を足す。 ほろほろになるまで火を入れる 肉がほろほろと崩れるようになるまで火を入れる。 目安は2時間~3時間。 最後にフォークでほぐし、盛り付けて完成。 なんとびっくり。 香味野菜と一緒に塩コショウをした豚肉を鍋に入れ、オーブンに入れておけばできてしまうから、簡単! これならすぐにチャレンジできそうです。 HyLife Porkの3つのこだわり 「HyLife Pork(ハイライフポーク)」には、おいしい豚肉を作るために、3つのこだわりがありました。 (1)「おいしさのこだわり」 品種は、日本で人気の高い選び抜かれた三元豚。 ハーブや麦を中心とした独自配合の飼料を開発し、口当たりのよい肉質、ジューシーで柔らかな赤身とさっぱりとした脂身のバランスのよい豚肉を作り上げました。 (2)「安心安全のこだわり」 2つの養豚農家から始まったHyLife。 今も生産者としてのこだわりを持ち、完全一貫生産によるトレーサビリティの実現や何段階もの安全管理システムを導入し、食の安全を確保しています。 (3)「環境のこだわり」 加工場のあるニーパワは、湖と緑の美しい町。 そんな大自然で、HyLifeの豚たちはのびのびと健やかに育ちます。 また、その自然を守るため、廃棄物等の低減に努めるなどの環境活動にも力を入れています。 大切に育てられ、商品として私たちの手元に届けられるところまで考えられた「HyLife Pork」の豚肉。 そのおいしさをプルドポークでぜひ味わってみてください。 あなたもプルドポーク料理を作ってみませんか? HyLife Porkを100名様にプレゼント! 今回、HyLife Porkを使ったプルドポークのオリジナルレシピをインスタグラムに投稿していただける方を100名募集します。 この機会にぜひ、おいしいプルドポーク料理を楽しんでみませんか? キャンペーン概要 【全員参加 ハイライフプルドポーク投稿キャンペーン】 応募期間(投稿期間) 2017年10月10日(火)~11月24日(金)23:59まで 【賞品内容】 HyLife Pork オリジナルノベルティグッズ 当選人数 10名 応募方法 インスタグラムアカウントをお持ちの方であればどなたでもご応募いただけます。 ご自身で用意した豚肉、または【100名様商品サンプリングキャンペーン】の賞品を使って料理し、「 ハイライフプルドポーク」のハッシュタグを付けて、プルドポークオリジナルレシピを投稿してください。 抽選・当選発表 当選者へは、おうちごはん公式インスタグラムのDMから、2017年11月27日(月)以降にご連絡差し上げます。 【100名様商品サンプリングキャンペーン】 応募期間 2017年10月10日(火)~10月24日(火)23:59まで 賞品内容 HyLife Pork 豚肩ロース 500g 当選人数 100名 応募条件 ・インスタグラムアカウントをお持ちの方 ・賞品のHyLife Pork 豚肩ロースを使って料理し、「 ハイライフプルドポーク」のハッシュタグを付けてインスタグラム投稿できる方 応募方法 キャンペーン概要をご確認の上、応募条件を満たす方であればどなたでもご応募いただけます。 本ページの「キャンペーンに応募する」ボタンをクリックしてフォームに必要情報を入力して応募してください。 なお、商品サンプリングが外れてしまった方でも、全員が参加できるプレゼントチャンスへのご応募が可能です。 「 ハイライフプルドポーク」のハッシュタグを付けて、プルドポークオリジナルレシピを投稿してください。 抽選・当選発表 おうちごはん編集部内で厳正な抽選を行い、賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。 賞品の発送は2017年11月2日(木)以降となります。 投稿期間 2017年11月6日(月)~11月24日(金)23:59まで 賞品について 配送業者の保管(保存)期間を過ぎてしまった賞品の再配送は致しかねます。 賞品はクール便(冷蔵)にて配送します。 【キャンペーン共通注意事項】 <投稿時の注意> ・豚肉(肩ロースやモモ肉がおすすめです)を使ったオリジナルレシピの写真をインスタグラム投稿してください。 なお、【100名様商品サンプリングキャンペーン】に当選した方は、ぜひ賞品を使って料理してください。 ・投稿時にはキャプションに共通ハッシュタグ「 ハイライフプルドポーク」をつけてください。 ・他社商品が写り込まないようご注意ください。 また、他と比較するような表現はご遠慮ください。 ・投稿されたお写真、コメントはおうちごはんのキャンペーンまとめ記事、HyLife Porkオフィシャルサイト、店頭販促ツール、その他の関連資料で使用する可能性がございます。 あらかじめご了承ください。 ・未成年の方は保護者の同意を得た上で本キャンペーンにご参加ください。 未成年の方がご応募や写真の投稿をされた場合には、保護者の同意を得ているものとみなします。 ・本ページの利用、本キャンペーンへの参加により生じたいかなるトラブル・損害についても、トレンダーズ株式会社(以下、トレンダーズ)又はHyLife Porkが責を負うべき事由のある場合を除き、一切の責任を負いません。 ・写真の投稿は、インスタグラム社の定める利用規約を遵守のうえ、自己の責任において行ってください。 ・本キャンペーンはインスタグラム社と一切関係ありません。 <投稿作品について> ・投稿にあたっては、著作権、商標権などの知的財産権や肖像権など、他者の権利を侵害しないよう十分にご注意ください。 ・投稿作品は、投稿者本人が撮影したオリジナルで未公表の写真に限ります。 ・投稿作品の著作権は投稿者に帰属し、HyLife Pork、トレンダーズへは移転しません。 ・投稿作品は、サイズや色調を修正の上、利用させていただく場合があります。 ・投稿作品は、第三者によって、掲載されたWebページなどよりダウンロードや二次利用が行われる場合があります。 ・投稿作品は、HyLife Pork TABLEのSNSでリポストさせていただく場合があります。 あらかじめご了承ください。 <当選について> ・賞品のお届け先は、日本国内に限らせていただきます。 ・応募時の住所入力の誤り、転居先不明・長期不在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。 ・当選で獲得された権利は、他人に譲渡することはできません。 ・抽選結果のお問い合わせにはお答えできません。 【キャンペーンに関するお問い合わせ】 おうちごはん編集部 support ouchi-gohan.

次の

『プルド・ポーク・サンドイッチ』煮込んで作るBBQプルドポークレシピ

プル ド ポーク レシピ

こんにちは。 料理研究家の河瀬璃菜です。 突然ですが、みなさま、LINEスタンプでこういったスタンプを見たことありませんか?? え・・・?なにこれ。 なんかはみ出てるし、怖い。 なんだろうと調べてみたところ、 プルドポークバーガーと出てきました。 プルドポークとはアメリカのバーベキュー料理の定番でめちゃくちゃ美味しいのだとか。 後日、とあるお店でプルドポークを発見したので食べてみましたが、これがまた本当に激ウマだったのです! この美味しさをみなさまにも伝えたい!ということでレシピを作ってみました。 炊飯器で作れます! 基本のプルドポーク 材料(作りやすい量)• 豚肩ブロック肉・・・・500g• 塩・・・小さじ1• チリパウダー・・・適量• 水・・・250cc• バター・・・1かけ• A にんにく 薄切り ・・・・1かけ• A 粒マスタード・・・大さじ1• A 砂糖・・・大さじ1• A ケチャップ・・・大さじ3• A ウスターソース・・・大さじ1• A 醤油・・・小さじ1 作り方 1. 豚肩ブロックは3cm角に切り、塩、チリパウダーで下味をつける。 中火で熱したフライにバターを溶かし、1. を焼き色がつくまで焼く。 炊飯器に2. とA、水を加えて通常モードで炊飯し、1時間保温する。 肉を炊飯器から取り出しほぐしたら、3. の汁を大さじ2~3絡ませる。 なんぞこれ・・・めちゃくちゃ美味しいやないかい・・!ご飯にかけてかきこみたい!豚の濃厚な旨味とソースが絡み合い、悶絶級の美味しさに仕上がりました。 もっとたくさん作ればよかったと後悔すること間違いなしです。 お肉の美味しさをご飯に染み渡らせろ!プルドポークチャーハン 材料(1人分)• プルドポーク・・・100g• ごはん・・・1膳• 卵・・・1個• 万能ネギ・・・適量• にんにく・・・1かけ• ごま油・・・適量• 塩コショウ・・・少々 作り方• 玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。 万能ネギは小口切りにする。 卵は解きほぐして、ごはんとあえ、塩コショウで味を調える。 中火で熱したフライにごま油をひき、にんにくを香りが立つまで炒めたら、玉ねぎを入れ、透明になるまで炒める。 を入れ、パラパラになるまで炒めたら、プルドポークを加え混ぜ合わせ、プルドポークの汁を回しかけ、塩コショウで味を調える。 4を皿に盛り万能ネギを散らす。 間違いなく、美味しいですよね。 これは。 がっつり肉チャーハン。 夢でした・・ 男性が喜ぶこと間違いない一品です! 野菜もたっぷり食べられるプルドポークチーズサンド 材料(1人分)• 食(6枚切り)• プルドポーク・・・80g• サニーレタス・・・3枚• スライスチーズ・・・1枚• バター・・・1かけ• 粒マスタード・・・適量• レモン・・・あれば 作り方• トマトは1cm幅の薄切りにする。 食に、バターと粒マスタードを塗る。 食にチーズ、レタス、プルドポーク、トマトの順番にのせ、もう一枚の食で挟んだら、全体をラップで包み、10分ほどなじませる。 をカットし、レモンをギュッと絞って食べる。 ご飯にもにも合う万能選手!がっつりな肉サンドではありますが、お野菜もたっぷり挟んでいるので、バランスはバッチリですよ。 アメリカのバーベキュー料理「プルドポーク」。 おそるべし!たくさん作って、いろいろなアレンジをするのもオススメです! 今回紹介したアレンジのほか、たっぷりチーズと一緒にピザにしたり、ソースと一緒にパスタに絡ませても美味しくいただけると思います! とっても簡単に作ることができるので是非お試しくださいね! 河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター) 1988年5月8日生まれ。 県出身。 レシピ開発、商品開発、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、など食に纏わる様々なお仕事をしています。 時短、ズボラ、ねと飯系が得意。 料理ができない人でも作ってみたくなるレシピを提案します。 著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎり」 など Blog: Twitter:.

次の