公務員 ボーナス。 公務員のボーナスの計算方法とは?手当の意味と割合を徹底解説!

ボーナス(賞与)の支給日はいつ?公務員と一般企業それぞれの時期【夏・冬】

公務員 ボーナス

男性 女性 金融業・保険業 185. 2万円 85. 0万円 電気・ガス・熱供給・水道業 145. 7万円 104. 7万円 情報通信業 126. 3万円 69. 8万円 学術研究・技術サービス業 教育・学習支援業 122. 4万円 71. 9万円 製造業 118. 9万円 49. 2万円 複合サービス事業 102. 8万円 55. 6万円 卸売・小売業 79. 0万円 24. 6万円 建設業 75. 7万円 38. 3万円 医療・福祉 64. 9万円 52. 5万円 不動産業・物品賃貸業 63. 0万円 25. 6万円 運輸業・郵便業 58. 1万円 37. 9万円 サービス業 53. 1万円 21. 9万円 農林水産・鉱業 48. 3万円 32. 3万円 宿泊業・飲食サービス業 27. 6万円 7. 9万円 男性で最も平均ボーナスが多いのは 金融業・保険業、女性では 電気・ガス・熱供給・水道業になります。 また、最も賞与額が低いのは、男女共通して 宿泊業・飲食サービス業になります。 このように、業種は平均の賞与額に大きく影響することがわかります。 それでは、企業規模ではどうでしょうか。 事業所規模 男性 女性 100人以上 90. 0万円 48. 4万円 500人以上 113. 4万円 52. 3万円 1,000人以上 137. 7万円 51. 9万円 5,000人以上 156. 2万円 44. 0万円 によると、2017年度で最もボーナスが多かったのは、五大総合商社の一つである住友商事の 468. 8万円でした。 そのほかの有名企業では、日本の情報・通信を支えるソフトバンクで259. 0万円、大手化学メーカーの花王で246. 1万円と、やはり 大手有名企業ではボーナス額も高い傾向があります。 このように、平均賞与額よりも大幅にボーナス額が高い大手企業ですが、月給になおすと何ヶ月分になるのでしょうか。 大手企業では平均月給も高いため、平均賞与額は 月給の2ヶ月分~2. 5ヶ月分の計算であることが多いようです。 事業所規模 男性 女性 10人以上 51. 0万円 28. 9万円 30人以上 67. 4万円 40. 3万円 中小企業の賞与額が月給の何ヶ月分にあたるかで計算すると、 約1か月分程度になります。 企業規模が100人以上の企業では男性のボーナスの平均額が90万円、月給の2~2. 5ヶ月分だったことを考えると、 大手企業と中小企業ではボーナスに大きな違いがあると言えます。 さらに、厚生労働省の「」によると、企業規模が100人以上の94. つまり、中小企業では平均1ヶ月分のボーナスが支給されている一方で、 ボーナスが支給されない可能性もあるようです。 ボーナスは一般的に、 夏と冬の年2回支給されます。 新社会人の人やこれから働く就活生の人は、早ければ夏にボーナスをもらえる可能性があるということになります。 しかし、働き始めたばかりでは「ボーナスが何ヶ月分もらえるのか」というのは聞きにくいものです。 そこで、社会人1年目の場合のボーナスについて紹介していきます。 まず、ボーナスの支給には 査定期間という条件があります。 上半期と下半期の 査定期間内の評価によってボーナス支給額が決まります。 一般的に、夏の賞与が6月、冬の賞与が12月に支給され、それぞれ査定期間は4月~9月、10月~3月となっています。 社会人1年目の夏のボーナス 結論から言うと、 社会人1年目の夏の賞与はもらえないことが多いです。 なぜなら、上半期の査定期間が足りていないからです。 運よく支給されたとしても、 寸志程度であることが多いので、社会人1年目のボーナスはあまり期待しない方がよいでしょう。 夏季賞与の支給について最も多いのは「 一定額(寸志など)」となっており、平均支給額は大卒で 8. 8万円、高卒で 6. 9万円となっています。 社会人1年目の冬のボーナス 一方、冬のボーナスに関しては 満額支給されるようになります。 企業規模や業績にもよりますが、平均的な冬の賞与額は 月収の約2ヶ月分だと言われているので、40万円前後が平均額となります。 なかには、「 賞与を年2回支給し、決算状況に応じて決算賞与を年1回支給する」、と定めている企業もあります。 では、 決算賞与とは何を意味するのでしょうか。 決算賞与とは、 企業の業績に応じて支払われる賞与のことです。 企業は黒字になると一定額を法人税という税金として国に納めなければなりません。 この時、課税対象となる黒字から「 賞与」という形で社員に還元することで、企業側としても節税対策を行っています。 会社としては節税効果があり、社員としては自分たちの頑張りが目に見える報酬で返ってくるので双方にメリットがあると言えます。 しかし、一部の中小企業では 「決算賞与」という名目で年1回のボーナス支給を行っている場合もあります。 このような賞与に関する情報は 求人票に記載されているので、よく確認するようにしましょう。 それでは、地方公務員ではどうでしょうか。 地方公務員の場合は 条例によってボーナス支給日とその計算方法が決められていますが、多くの自治体で、国家公務員に準じた日付・数値となっています。 そのため、実際に月給何ヶ月分の賞与支給になるかは、 国家公務員のボーナス支給月数によって変わることが多いようです。 ただし、東京都や特別区については、 人事院勧告よりも支給月数が0. 1ヶ月分多くなることが多く、財政が厳しい自治体では人事院勧告よりも低くなる場合があるなど、自治体によって多少の違いあるようです。 公務員の月給やボーナスは高いイメージがありますが、これは企業規模が50人以上の企業の平均値を参考にしているからです。 社名 賞与支給額 1位 住友商事 468. 8万円 2位 東京エレクトロン 408. 1万円 3位 ムゲンエステート 383. 1万円 4位 ディスコ 379. 6万円 5位 ケネディクス 347. 0万円 6位 鹿島 346. 2万円 7位 大本組 330. 6万円 8位 大林組 316. 5万円 9位 ルネサス エレクトロニクス 316. 3万円 10位 ジャストシステム 316. 0万円 第1位は、五大商社・ 住友商事でした。 住友商事の平均年収が1,255万円なので、ボーナスを引いた平均月給は約65. 5万円になります。 これをもとに何ヶ月分の賞与が支払われているかを計算してみると、なんと約7ヶ月分に相当することになります。 その他の上位には、不動産や建設関連企業が連なっています。 これらの業種は平均年収も高いため、ボーナスも高くなっていると言えます。 また、はじめにも見たように、国税庁「」によると、金融業・保険業や電気ガスといったインフラ関連企業、教育関連企業でボーナスの平均支給額が高くなっていることがわかります。

次の

【2020年】公務員の夏と冬のボーナスは何ヶ月分、日にち、支給額はこれだ!【令和2年】|赤ずきんくんのみんなで公務員になろう

公務員 ボーナス

Contents• 公務員は利益を出さないので、ボーナスは不要? ボーナスは賞与であり、基本的には会社の利益が上がれば多くもらえ、下がれば少なくなります。 倒産寸前の経営状況であれば、ボーナスはもちろんもらえません。 営業職は、特にその傾向が強く、社内における個人の営業成績で百万円単位でボーナスが違ったりします。 しかし、ほとんどの地方公共団体は毎年、赤字です。 資金が潤沢なのは東京都ぐらいです。 にもかかわらず、公務員は、いつの時代も安定してボーナスが支給されています。 ここで、おかしいと思う気持ちは分かります。 しかし、赤字であればボーナスを出さない企業が多いかというと、実態はそうではありません。 そもそも、ボーナスの定義は各会社によって異なります。 ボーナスは賞与であり、利益に基づいて支払うもの• 年間の所得の一部を定時期に払うもの 10年ほど前まではボーナスに対して厚生年金保険料は1%負担でしたが、現在は月給与と同割合徴収されます。 この事実からして、民間企業は、給与の一部をボーナスで支払っています。 住宅ローンもボーナス返済を認めている、よもや推奨しています。 それって、年間の所得の一部を定時期に払っていることになっている裏付けでもあります。 そうでなければ、でるかどうかもわからないボーナスを含めて銀行は融資しません。 銀行にとって、返済されないことが一番のリスクですから。 つまり、 日本の会社の場合は2がほとんどなのに、公務員にだけ1を求めるような意見は筋が通りません。 公務員のボーナス支給をどちらで定義するかにもよりますが、 1で考えればおかしいですし、2で考えればおかしくありません。 この考え方の違いが議論を混乱させてしまっている原因です。 現時点で公務員のボーナスを廃止するという議論をしても、月の給料にその分を上乗せするということで対応されることになるでしょう。 形が変わるだけです。 仮に、日本のほとんどの企業が、成果を出した従業員にのみボーナスを支給するという社会になれば、その流れは公務員にもくると思います。 しかし、それも難しい理由は、公務員は評価ができない仕事ばかりだからです。 そもそも公務員という仕事は利益を出してはいけない 公務員もボーナスを業績で評価すればいい、そんな意見もあるでしょう。 例えば、保険の営業であれば、1件契約するごとにマージンが入ります。 しかし、公務員は一切入りません。 どれほど契約しようがしまいが、給料は同じです。 (一部の自治体では、既に評価制は導入されており、同期でもボーナスがもらえる額はちがっています) 業績はどう評価するのでしょうか。 生活保護費を支給しないことが成果でしょうか• 要望をすべて断ることが成果でしょうか どちらも税金を使っていませんよ・・・違いますよね? 生活保護が必要な人には適切に支給しなければ人命にかかわりますし、歩行者を車から守るような必要な要望もあるはずです。 そのため、公務員は、表に出る数字で評価できない仕事なんです。 また、自治体が赤字だから、利益を出すために• 道路を歩く際には1,000円徴収します• 生活保護の支給を廃止します• 保険料は5割負担です• 水道料金を10倍にします• 路線バスは全線廃止します このようなことを行えば、一年で黒字にできます。 しかし、これが許されるでしょうか。 あり得ないですよね? では、なぜあり得ないのでしょうか。 あなたが税金を納めている納税者だからでしょうか。 (悲しいことに、税金のほとんどを年収1,000万円以上の高所得者が納めています・・・) 道路を歩けるということは、役所の土地を歩いていることになります。 水道が使えるということは、役所が整備した設備を使っているということになります。 それって、当たり前のことでしょうか。 無意識に、「 役所だからあたりまえ」という思考が働いていませんか。 携帯会社に携帯料金を払わずに携帯電話を使用できますか?• 不動産会社(貸主)に家賃を払わずに家を借りられますか? 当然、対価としてお金を払いますよね。 税金を納めていないのであれば、道路を歩く際に10,000円徴収します。 水道料金は今の100倍にします。 こう言われて腹が立つのであればやめればいいんです。 携帯も使わず、賃貸にも住まず、道路も歩かず、水道も使わず、バスも使わず。 (引っ越せばいい?隣の自治体も同じことになっていますよ。 ) これができるのが民間企業です。 これをしているのが民間企業です。 これが言えるのが民間企業です。 路線バスなんてどこも赤字です。 でも、廃止すれば住民の生活が成り立ちません。 民間企業であれば、撤退、倒産すればいいですが、役所は赤字でも続けなくてはいけないんです。 もちろん、これは極端な例であり、このようなことはありえません。 しかし、 公務員が利益を追求すればこうなる未来もあり得るということです。 利益がない=国民の負担が軽い、裏をかえせば、利益がでないがなくてはならない仕事をやっていることになります。 公務員の仕事は平等ではなくてはいけません。 あっちをたてればこっちがたたない。 その調整をするのが公務員です。 利益を上げればいいとなれば、犯罪を取り締まるかどうかも、被害者がお金を出せるかどうかで決まるんですよ? 役所に文句を言いにいっても、納税額が低いと話も聞いてくれないし、役所にすら入れてもらえないかもしれません。 怖くないですか?そんな世界・・・公務員に成果主義を導入すれば、成果がでない仕事は誰もやらなくなってしまいます。 公務員のボーナス支給額は多いの?少ないの? 公務員のボーナスが多いか少ないか、どうやって決まるのか、なぜ民間企業の平均なのか。 この記事にまとめています。 公務員の給料とボーナスは、バブル期と今でほとんど変わらない 公務員は、景気、不景気に関係なく安定して給料が支給されます。 バブル期では、民間企業に勤めるサラリーマンからすれば、公務員になる人はよっぽどの人でした。 愛国心があるか、バカか。 そんな言われ様でした。 それも当たり前です。 何もしていない学生が就職活動を始めれば、面接もせぬまま何社からも内定がでて、内定辞退させないために(ほかの会社へいかせないために)海外旅行に無料で長期間つれていってくれます。 交通費も1日1万円もらえたり、ボーナスは札束が立つ(ほど多額)んですよ。 一方、公務員は、今の給料とボーナス額とほとんど変わっていません。 試験もありますので勉強必須です。 私がその時代に生きていても、絶対に公務員という仕事は選択しないでしょうね。 役所の大先輩に話を聞くと、民間と公務員では、初任給ですら倍以上違ったようですし。 好景気の時は哀れみの目で卑下され、バブルが崩壊しリーマンショックなど不景気になれば叩かれます。 給料を多くもらっていた時には、公務員はそのまま底辺にいろ• 給料が下がれば、公務員はもらいすぎだから底辺に合わせろ それが公務員の仕事なんです。

次の

公務員1年目(初年度)のボーナス金額はいくら?夏と冬をチェック!

公務員 ボーナス

公務員のボーナスとは ボーナスは賞与ともいい、毎月の給料の他に支給される特別手当のことです。 一般的には夏季と冬季の年2回支給されます これとは他に、期末賞与、決算賞与などの名前で決算期にもボーナスが支給される企業もあります。 公務員にもボーナスがあり、「期末手当」「勤勉手当」という名前で年に2回支給されます。 国家公務員の給与は法律に基づいて定められています。 給与は「棒給」と呼ばれる民間企業でいう基本給にあたる部分と、扶養手当、住居手当、寒冷地手当などの諸手当が月ごとに支給され、民間企業のボーナスにあたる「期末手当」「勤勉手当」が年2回支給されます。 期末・勤勉手当は、人事院が調査した民間企業のボーナス支給状況を基礎として、支給月数が決められています。 内閣人事局から発表されている資料「国家公務員の給与 令和元年版 」によると、一般職員の期末・勤勉手当は、6月期が2. 225月分、12月期が2. 225月分で、年間では4. 45月分となります。 内訳は、期末手当が2. 6月分、勤勉手当が1. 85月分で、勤勉手当は人事評価の結果に基づき支給されます。 地方公務員の給与は各自治体の条例で定められています。 内訳は国家公務員と同様で、基本給にあたる棒給、各種手当が毎月支給され、期末手当、勤勉手当が年に2回支給されます。 地方公務員のボーナスは各自治体の条例に基づくものなので、自治体ごとに支給額が異なります。 民間企業のボーナスは、企業の業績や個人の貢献度によって決定するのが一般的です。 経営状況によってボーナスの額が大きく増減したり、場合によっては支給が見送られることも考えられます。 一方で公務員の期末・勤勉手当は民間企業全体のボーナス支給状況を基礎として決定されています。 人事院は毎年50人以上の民間企業を対象に給与とボーナスの調査を実施していますので、国家公務員のボーナスも、50人以上の民間企業の平均ボーナス額を基準に決定されていることになります。 よっぽどのことがない限り、支給が見送られたり例年と比べて極端に支給額が増減することは考えにくいでしょう。 公務員のボーナス支給日はいつ? 公務員のボーナスである期末・勤勉手当は、夏季と冬季の年2回支給されます。 国家公務員の支給日は、法律で決められていて、夏季が6月30日、冬季が12月10日です。 夏季は6月1日、冬季は12月1日に在職する職員に対して支給されます。 支給日が休日 土日 にあたる場合は、前営業日に支給されます。 地方公務員の期末・勤勉手当の支給日は条例で定められていますが、おおよその自治体で国家公務員の支給日に準じているようです。 公務員と民間企業の支給時期の違い 公務員のボーナス支給日は、法律または条例に定められています。 では民間企業のボーナス支給日はどのように決められているのでしょうか。 民間企業については、労働基準法などでボーナスの支給日が定められているわけではありません。 支給日だけではなく、ボーナスを支給するかどうかも企業が自由に決定できます。 ですので、すべての企業において必ずしもボーナスが支給されるということではないのです。 厚生労働省が示す「モデル就業規則」の中には、次の記載があります。 賞与は、労基法その他の法律によって設けることが義務付けられているものではありません。 しかし、賞与を支給する場合、就業規則に支給対象時期、賞与の算定基準、査定期間、支払方法等を明確にしておくことが必要です。 ボーナスの支給は義務ではないけれども、ボーナスを支給する場合は、就業規則に支給時期や算定基準を記しておくことが必要だということになります。 日本では年2回のボーナス支給が慣例化されている節があり、住宅ローンなどはボーナス時期は返済が多く設定されているのが一般的です。 転職の際などには、就業規則でボーナスの規定を確認しておくと安心でしょう。 ボーナスを支給する場合、支給日は企業が自由に決めることができますが、どの企業もだいたい同じくらいの時期に支給されています。 夏季は7月10日に支給するケースが多く、10日ではなくても7月中のどこかの日程で支給される企業がほとんどです。 国家公務員の夏季のボーナス支給日は6月30日ですから、一般的な民間企業と比較すると少し早めの支給となっています。 冬季は12月10日に支給される企業が多く見受けられます。 おおよその企業で12月中に冬季ボーナスが支給されているようです。 国家公務員の冬季のボーナス支給日は12月10日ですから、冬季は公務員と民間の支給日にほぼ違いはないことになります。 民間企業でもボーナスの支給条件がある場合は就業規則に明示されています。 「〇月〇日に在籍の者」「支給日の1か月前に在籍の者」などの条件がある場合がありますので、退職を予定している人や転職したばかりの人は、自分が適用範囲に含まれるかどうか確認が必要でしょう。 民間企業では、夏季・冬季のボーナスに加えて、決算賞与が支給されるケースもあります。 決算賞与は企業の業績が芳しい場合に個人の評価とさらし合わせて支給されるのが基本で、企業の決算時期 3月末など に支給されます。 夏季・冬季のボーナスを支給している企業のすべてが決算賞与を支給しているわけではなく、決算賞与の仕組みがある企業でも業績によっては支給されない年もあることは覚えておきましょう。 公務員のボーナスの平均額はどれくらい? 2019年の国家公務員の平均支給額 内閣人事局発表の資料によると、2019年の一般職国家公務員 管理職を除く行政職職員 の平均支給額は以下の通りでした。 夏季 6月28日支給 :679,100円 冬季 12月10日支給 :687,700円 2018年度夏季の期末・勤勉手当の平均支給額は652,600円で、2019年度は26,500円増加しています。 これは2019年度から期末手当の夏季と冬季の支給月数を均等化したことと、勤勉手当の支給月数の引き上げが行われたことが影響しています。 2018年度冬季の期末・勤勉手当の平均支給額は710,000円で、2019年度は22,300円減少しています。 これは夏季と冬季の支給月数を均等化してことにより冬季の支給月数が0. 05月分減少したことと、職員の平均年齢が35. 5歳から35. 0歳に低下したことによるものです。 地方公務員の平均支給額 総務省発表の平成30年地方公務員給与実態調査結果のデータから見ると、地方公務員の期末・勤勉手当の平均支給額は、1,625,338円でした。 民間企業のボーナス平均額は? 一般財団法人の労務行政研究所の調査では、東証1部上場企業のボーナス額を次のように発表しています。 2019年夏季:745,670円 2019年冬季:747,808円 冬季ボーナスを業種別に見ると、自動車業が一番高く941,071円、サービス業が一番低く538,149円という結果となっています。 非上場企業を含めると、みずほ総研の2019年冬季ボーナス予測では、民間企業の支給額は381,904円としています。 東証1部上場企業の平均支給額は公務員を上回りますが、非上場を含めると公務員が大きく上回る結果となっています。 公務員のボーナス金額は自治体によっても変わる 地方公務員の期末・勤勉手当は各自治体の条例で定められています。 そのため、自治体によって支給額に違いがあります。 平成30年地方公務員給与実態調査結果によると、都道県別で年間の期末・勤勉手当の平均が一番高いのは大阪府の1,801,800円で、一番低いのは鳥取県の1,389,500円となっています。

次の