常盤 貴子 愛し て いる と 言っ て くれ。 豊川悦司と常盤貴子が主演した「愛していると言ってくれ」OPに反響 常盤の胸元に注目|ニフティニュース

常盤貴子、「愛していると言ってくれ」再放送で見せた「ほぼ見え胸」に大絶賛

常盤 貴子 愛し て いる と 言っ て くれ

美しく切ない名作が25年ぶりに帰ってくる。 1995年7月期に金曜ドラマ枠で放送された『愛していると言ってくれ』(TBS系)が、2020年特別版として5月31日(日)から、一部地域を除き、4週連続で全4回にわたり放送される。 聴覚障害のある画家・榊晃次(豊川悦司)と女優の卵・水野紘子(常盤貴子)の切ない恋を描く本作は当時大ヒット。 平均視聴率21. 3%、最終話で最高視聴率28. このドラマがきっかけで、手話に興味を持ったという人も多いだろう。 そして主題歌は、DREAMS COME TRUEの『LOVE LOVE LOVE』。 言わずと知れたドリカムの名曲は、ドラマとともに時代を彩った。 ラブストーリーの名手・北川悦吏子が脚本を手掛けた本作は、とにかく美しく切ない。 「トヨエツ演じる榊 晃次がもう頭抱えるくらいかっこいい」「麗しさがえげつない」などと、色気を纏った豊川悦司の美しさに、まずは吸い込まれる。 ゆるっとした白シャツでタバコをふかす大人の魅力。 影のある切ない目と、ふと浮かべる優しい笑顔。 モノローグはあるにせよ、会話として声を発することはほぼないが、痛いほどに感情が伝わってくる。 「ばっかり考えちゃうの」。 常盤貴子が演じた紘子は、恋心を友達(鈴木蘭々)にそう打ち明けるのだが、その言葉がとても似合う。 純粋でまっすぐ。 運命的に出会った耳の聞こえない晃次に恋をし、手話を覚え、必死に思いを伝えようとする。 くるくる変わる表情の中に時折見せる切ない表情がまた美しいもの。 裸体の二人が水辺にいるオープニング映像は衝撃的だが、絵画のような美しさだ。 そんな絵になる二人が紡ぐ印象的で美しい言葉の数々。 何度聞いてもドキドキするセリフや、「このセリフあったなぁ」と心に刻まれているセリフがいくつもあることだろう。 セリフだけではない。 リンゴの木の下での出会いのシーン、駅のホームでのシーン、海辺でのキスシーンなど、印象的なシーンは数えきれない。 また、足元や手元など象徴的なカットが挟まれ、手や足の指先からもその繊細な心情が伝えられる。 雑踏の音や生活音なども繊細に作りこまれている。 スマホやメールなど出てこない。 聴覚障害のある晃次と紘子の、離れているときのコミュニケーションはFAX。 ワープロだって登場するところに時代を感じるが、だからこそ余計に伝わる思いや伝わらないもどかしさがある。 ことばが伝わらず、誤解が生まれ、そして会えなくなる。 2人にはつらい障壁が。 敵意や嘘に振り回されることも。 岡田浩暉、余 貴美子、鈴木蘭々、矢田亜希子、麻生祐未ら、2人を取り巻く人物たちの存在感も非常に大きい。 当時の視聴者にとっても25年という月日が経っている。 ドラマを改めて観ると、決して色褪せないドラマの魅力を感じると同時に、当時気付かなかった新たな発見があるかもしれない。 また豊川のコメントを借りれば、「2020年の若者にも何かを感じていただける」ドラマとなるだろう。 特別版では、豊川&常盤によるリモート対談で25年前を振り返る。 思いを伝えることがことが困難な「今」について、2人は何を語るのか。 第一回目の放送は、本日午後2時から3時間にわたって放送される。

次の

愛していると言ってくれ

常盤 貴子 愛し て いる と 言っ て くれ

概要 [ ] のとの卵が、障害を乗り越えながら愛を深めるというストーリー。 主演はと。 第33回テレビ部門大賞を受賞し、常盤は1995年度の新人大賞を受賞した。 当時16歳だったのデビュー作である。 ドラマ上で画家役の豊川悦司が描いた植物や人物の作品は、洋画家の作品である。 平均視聴率は21. の「」()は売上が約250万枚の大ヒットとなりこの年の年間第1位となる。 よりまでの毎週日曜日14:00 - 17:00に、「2020特別版」として再放送された。 特別版では、主演の豊川と常盤のリモート対談も放送され 、撮影当時の心情や役作りの意気込み、裏話などを語った。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 榊 晃次(さかき こうじ) 演 - 新進青年。 7歳の時に病気によりを失う。 そのためやを用いて会話をする。 水野 紘子(みずの ひろこ) 演 - 女優の卵。 アルバイトをしながらで演技の勉強をしている。 晃次とあるきっかけで出会い、恋に落ちる。 矢部 健一(やべ けんいち) 演 - (当時) 紘子の劇団の照明スタッフで幼馴染。 紘子に想いを寄せる。 晃次の所属する画廊 [ ] 神崎 薫(かんざき かおる) 演 - (第1話 - 第4話、第6話 - 第9話) 晃次が所属する画廊のマネージャー。 晃次とはビジネスだけではない関係も結んでいるが特定の恋人関係ではない。 藪下 清(やぶした きよし) 演 - (第2話 - 第4話、第6話、第9話) 晃次と同じ画廊に所属する画家でライバル。 晃次の才能に激しく嫉妬しておりネチネチと嫌味や小言を言ってくる。 晃次の家族 [ ] 榊 栞(さかき しおり) 演 - (第1話 - 第7話、最終話) 晃次の義妹。 高校生。 晃次を慕っている。 手話に長けており、晃次が手話の出来ない者と会話をする際にをすることがある。 榊 伸吉(さかき のぶよし) 演 - (第2話、第7話) 晃次の父。 栞の継父。 手話が苦手であり、晃次との会話は栞に通訳を頼むか筆談で行っている。 榊 敏子(さかき としこ) 演 - (第5話) 伸吉の後妻。 栞の実母であり、晃次の継母。 吉沢 道子(よしざわ みちこ) 演 - (第2話、第6話、第7話) 伸吉の元妻。 晃次の実母。 聴覚を失った幼い息子を育てる自信を失い、捨てるかのように家を出てしまった。 その他 [ ] 吉田 マキ(よしだ まき) 演 - (第1話 - 第4話、第11話) 紘子のアルバイト先(公園の売店)の同僚で友人。 妊娠が判明して売店を辞めることになる。 野田 耕平(のだ こうへい) 演 - (第1話、第3話、第6話) 紘子が所属する劇団の劇作家。 日野 克彦(ひの かつひこ) 演 - (第4話、第6話、第8話) 晃次が学生時代から通っていたカフェのマスター。 小柴 力(こしば りき) 演 - (第5話、第6話) 紘子のアルバイト先(宅配便)の先輩。 古谷 昭夫 演 - (当時To Be Continued)(第8話、第9話) 晃次の学生時代の同級生。 松原 浩(まつばら ひろし) 演 - (第8話、第9話) 晃次の学生時代の同級生。 ギャラリーマネージャー。 島田 光(しまだ ひかる) 演 - (第8話 - 第10話) 晃次の元恋人。 別の男性と見合いして結婚し一児を儲けたが、離婚して東京へ戻ってきた。 女手一つで育てるため、夜の仕事をしている。 島田 学(しまだ まなぶ) 演 - (第8話 - 第10話) 光の息子。 スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 - ()• 演出 - 、、• 制作補 -• 主題歌 - 「」()• 挿入歌 - DREAMS COME TRUE「」(エピックレコードジャパン)• プロデューサー - 受賞歴 [ ]• 第6回• 最優秀作品賞• 主演男優賞(豊川悦司)• 主演女優賞(常盤貴子)• 主題歌賞(DREAMS COME TRUE)• 新人俳優賞(矢田亜希子)• ベストドレッサー賞(豊川悦司)• 脚本賞(北川悦吏子)• タイトルバック賞(生野慈朗) 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 Vol. 1 1995年7月 07日 出逢い 生野慈朗 17. 2 1995年7月14日 約束 16. 3 1995年7月21日 涙 土井裕泰 17. 4 1995年7月28日 キッス 21. 5 1995年8月 04日 会えない 生野慈朗 20. 6 1995年8月11日 過去 土井裕泰 20. 7 1995年8月18日 再会 生野慈朗 20. 8 1995年8月25日 秘密 24. 9 1995年9月 01日 疑惑 福澤克雄 21. 10 1995年9月 08日 悲劇 土井裕泰 23. 11 1995年9月15日 別離 24. 12 1995年9月22日 僕の声 生野慈朗 28. 北川悦吏子『愛していると言ってくれ』(1997年、角川文庫)• 「愛していると言ってくれ BOXセット」ASIN: B00005HNEL 脚注 [ ] []• 株式会社. 2020年5月23日. 2020年5月24日閲覧。 豊川は聴覚を失った主人公を演じるにあたり、耳栓をして撮影に臨んでいたことなど。 クランクイン! 2020年6月21日. 2020年6月21日閲覧。 関連項目 [ ]• - 本作と同じく聴覚障害者を取り上げている。 1995年に1クール先行でで放送された。 最終回のロケ地になった。 同地区を走るバス会社・で 「三本岬」という架空の停留所として登場。 放送翌日には、同社の全営業所の電話回線がパンクするほどの問い合わせが殺到したという。 外部リンク [ ]• - (2010年4月6日アーカイブ分)• - 系 前番組 番組名 次番組.

次の

豊川悦司&常盤貴子『愛していると言ってくれ』再放送に歓喜の声! 「恋愛ドラマ不毛の時代」が変わるきっかけに?(2020/05/26 16:53)|サイゾーウーマン

常盤 貴子 愛し て いる と 言っ て くれ

晃次の優しさ、健ちゃんの温かさ、素晴らしいドラマだと思いますが、今見返してみると、紘子のワガママと不安定さにいまいち共感が出来ませんでした(20年前は多分そうは思わなかったのでしょうが)。 晃次と元カノの関係にいちいち大騒ぎ、事実関係を確かめることもせずに泣きわめく、彼の説明にも耳を貸さず、「手話を見るのが疲れた」「声に出して愛してるって言って」など酷い言葉を投げつける。 そして自分のことを好きな幼なじみを頼る・・・彼が元カノと話しているのを見掛けるだけで「許せない」というのに、自分はいつも男を頼る・・・。 見ていて晃次が気の毒でした。 紘子は喜怒哀楽と思い込みが激し過ぎ。 ドラマクイーン振りに疲れました。 それがなければ「ドラマ」にならないのでしょうが・・・。 生瀬勝久や麻生祐未、吉行和子の若い頃を観るのは楽しかったです。 余貴美子も綺麗です。 当時はとにかく豊川悦司の美しさ、たたずまいのカッコよさにばかり気がとられており、ストーリーや人間関係それぞれの役の性格や物語の背景には気が回っていなかった、井の頭公園や吉祥寺の懐かしい風景、お店などそれだけで郷愁を感じるし、スマホの便利さとはかけ離れたFAXや手紙、そして公衆電話、自動販売機など、もどかしさの中に人々の感情の機微が詰まっている丁寧に作られたドラマだと思う、確かに常盤貴子演じる紘子の無邪気な残酷さや天衣無縫で無鉄砲な振る舞いは失笑する感じでもあるが、それがこのドラマの良さでスパイスだったのかも。 若さはそれが許されるのだと歳を重ねて、微笑ましくそして羨ましくも思える。 豊川悦司演じる晃次は、今をときめく佐藤健のカッコよさを凌駕する哲学的な美しさで、30代であの深さと憂いを表現できる役者は今となっては他にいないと思う。 全体的に文学的な匂いのするドラマで何度見ても飽きない。 脇を固める役者も名優ぞろいで贅沢なTBSらしい素晴らしい作品だと思う。

次の