ここ から イーアス つくば。 アクセスマップ

牛久駅からイーアス筑波までの1番安い行き方を探しています!!

ここ から イーアス つくば

また、列車や時間帯などにより多少異なります。 最寄りの稲岡中央をご利用ください。 交通状況により遅れる場合もございます。 最寄りの稲岡中央をご利用ください。 交通状況により遅れる場合もございます。 2019年9月17日現在 バスの時刻・料金に関しては変更の可能性もございますので、最新の情報は下記URLにてご確認をお願い致します。 また、列車や時間帯などにより多少異なります。 最寄りの稲岡中央をご利用ください。 交通状況により遅れる場合もございます。 最寄りの稲岡中央をご利用ください。 交通状況により遅れる場合もございます。 2019年9月17日現在 バスの時刻・料金に関しては変更の可能性もございますので、最新の情報は下記URLにてご確認をお願い致します。 関東鉄道HP:.

次の

イーアスつくば /茨城県つくば市

ここ から イーアス つくば

つくば市民です。 バスだと高いですね。 幾つか行き方をピックアップしました。 この中から参考にしていただければ幸いです。 えー裏技的で、本数が限られますし、実現性があるかはより詳しく調べないとわかりませんが市営バスを乗り継ぐという手があります。 牛久市だと「かっぱ号」が駅から 、つくば市茎崎内にある宝陽台まで出ています。 つくば市だと「つくバス」が 宝陽台からTXの「みどりの」駅まで出ています。 ので、その2つを乗り継いでからTXで「みどりの」から「研究学園」まで行くという方法です。 これだと、かっぱ号とつくバスの、それぞれ1日乗車券を買えば、TX 240円往復 480円、かっぱ号 200円、つくバス400円の1080円で往復できます。 時間はとってもかかるし、その1本を逃すと帰ってこれなかったりするかもしれませんが、机上の空論としては、ありです。

次の

牛久駅からイーアス筑波までの1番安い行き方を探しています!!

ここ から イーアス つくば

【鈴木宏子】国の緊急事態宣言解除と県の休業要請緩和を受けて、つくば市研究学園駅前の大型商業施設「イーアスつくば」が21日、1カ月半ぶりに再開した。 食料品を販売するカスミを除いて、4月9日から臨時休業していた。 新型コロナウイルスの感染防止対策をとりながらとなるが、1カ月半、立ち入りができなかった館内にようやくにぎわいが戻り、つくばの日常が少しずつ戻ってきた。 当分の間、営業時間を短縮しての再開となる。 開店前、入り口には全員マスクをした来店客が列をつくり静かに再開を待った。 午前10時に開店すると来店客は、入り口に置かれた消毒液を手にとり手指消毒をして入店し、お目当ての専門店などに向かう様子が見られた。 入り口の一部には体温を測定するサーモグラフィーが置かれた。 1カ月半ぶりに再開すると知り、7歳と0歳の子供を連れて来店した市内に住む産休中の30代会社員女性は「駐車場にもう車がいっぱいなのでびっくりした」と話した。 3歳の子供と来店した市内の30代会社員女性は「子供専用の美容室がここにしかない。 予約をとるため電話を掛けたがなかなかつながらないので、直接、予約を取りにきた。 再開してよかった。 うれしい」と語った。 大学生の息子とつくば市を訪れ、食事をしに寄ったという守谷市のパート50代女性は「再開してありがたい。 ワクワクします」と話していた。 感染防止対策として店内には、客同士の間隔を空けたり、少人数による短時間の買い物を呼び掛けるポスターがあちこちに掲示された。 レジに透明なビニールカーテンが張られ、床に客同士、間隔を空けるよう促すシールが貼られた専門店もあった。 飲食できるフードコートは、テーブルやいすの数が少なくなり、客同士が対面して座らないよう呼び掛けるシールがテーブルに貼られた。 ベビカーの貸し出しも当面の間、休止される。 【鈴木宏子】つくば駅前「つくばセンタービルリニューアルの方向性案」を、市がホームぺージ(HP)で公表し、30日まで市民の意見を募集している。 具体案が市民に公開されたのは初めて。 センタービル1階アイアイモールの一部に市として2カ所目のイノベーション拠点(多様な働き方を支援する場)をつくること、ノバホール西隣のつくばイノベーションプラザなどに吾妻交流センター、市民活動センターと、国際交流、男女共同、消費生活などの機能を集めた市民活動拠点をつくることなどが柱だ。 センタービルのイノベーション拠点を運営し、さらに同駅周辺のまちづくりを担う、エリアマネジメント団体を新設することも検討されている。 出資金すでに予算化 一方、今年3月議会でエリアマネジメント団体を設立するための出資金6000万円と、センタービルリニューアルの基本計画策定費990万円などがすでに予算化され(3月9日付)、6月初めには同基本計画策定業務の委託業者が選定された。 工事が実施されればセンタービル建設以来のリニューアルとなるが、担当の市学園地区市街地振興室によると現時点で市民説明会を開く予定はなく、開くかどうかも決まっていない。 市はセンタービルや中心市街地で何をしようとしているのか。 意思形成過程や策定過程、考え方が分かるすべての公文書を情報開示請求した。 日本財団(東京都港区、笹川陽平会長)がつくば市南原のつくば研究所跡地に計画している新型コロナウイルス感染者の軽症者滞在施設について、同財団の尾武寿理事長が4月30日につくば市役所に来庁し、五十嵐立青市長と直接やりとりしたが、つくば市には同施設に関わる資料が一切ないことが分かった。 NEWSつくばが情報開示請求して分かった。 市担当職員の説明によれば「日本財団と市長の間で直接やりとりが行われた」が「日本財団からは資料の提供が全くなかった」。 「それ以降もない」という。 五十嵐市長と日本財団尾形理事長とのやりとりの議事録や音声データなどの関連する資料も存在しないため開示できないという。 日本財団は4月3日、同研究所跡地に9000人規模の新型コロナウイルス感染症の軽症者滞在施設を作る計画を発表した。 当初は7月末をめどに施設を設けるとしていた。 これに対しつくば市の五十嵐市長は同日夜、「寝耳に水」「住民の合意を得るのは難しい」とコメントを発表した。 4月6日の市長定例会見では「日本財団の構想について現在、日本財団に資料請求をしている」と表明していた。 その後、4月30日に日本財団の尾形理事長が来庁し計画を説明した。 5月1日に五十嵐市長は「県外からも多くの患者を受け入れる現在の計画は受け入れることはできない旨を伝えた」とするコメントを発表した。 一方、日本財団の笹川会長は5月1日の記者会見で「昨日、尾形理事長がつくば市長と会談し詳細を話し、原則了解をたまわったと認識している」と発言した。 これについて五十嵐市長は5月8日の定例記者会見で「現在の計画は受け入れることができないと(尾形理事長に)話した。 日本財団からは勝手に進むことはないという話だった」と笹川会長の発言を否定した。 その後日本財団は5月18日からつくば研究所の解体工事を開始した。 8月上旬までにさら地にする計画だ。 今後について同財団は、第2波、第3波の感染状況を見て開設時期や運営主体などを決めていくが、準備は進めるとしている(5月22日付)。 心肺蘇生の方法を伝えるイベントが27日、つくば市天久保のスーパー、カスミ筑波大学店フリースペースで開催される。 カラオケボックスではやりの曲に合わせて心肺蘇生をするイベントを開催している筑波大医学部5年の森陽愛子さん(2月7日付)が主催する。 イベントはカスミの公式フェイスブックや同筑波大学店ツイッターなどでもライブ配信され「リアルとオンラインの融合企画」を目指す。 主催の森さんは以前から「大学生や社会人に楽しみながら心肺蘇生を学んで欲しい」とカラオケボックスで体験イベントを開催している。 しかし、新型コロナウイルスの影響でボックスが使えなくなった。 「医学生としての病院実習も緊急事態宣言の影響で自宅待機となっていて、何かできることはないか考えていた」と語る。 今回はリアルで企画を行いつつオンラインで配信することで人が密集しないよう工夫をした。 企画は同店のフリースペースで開催されるが、ガラス張りなので外からも見学することができる。 当日は心肺蘇生に関するクイズを出したり、ペットボトルを使った心肺蘇生の体験などを行う。 ペットボトルを使う体験は、家で配信を見ている人や店舗で見学をしている人にも参加してもらう仕掛けだ。 実物大の模型を使った実演も行われる。 今回、カスミはただスペースを貸すだけでなく企画から配信の準備まで森さんをサポートするが、それにはきっかけがある。 森さんは今年4月にカスミ広報誌「Cha-ble」で同社の小濵裕正会長と対談した。 内容は森さんがコンテストで賞をもらった小論文「SDGsと企業」に関してだった。 その中で小濵会長から「今度はカスミと一緒に何かやりましょう!」という声掛けがあったことが、今回のイベントに繋がった。 「コロナ禍にあって、カスミとお客様との関係性をもう一度見直す必要がある」と語るのはカスミの担当者だ。 カスミではフリースペースなどを活用した地域の人々の交流イベントが次々に中止になっている。 しかし、海外ではシェフが料理をライブ配信で紹介したり、経営者がライブ配信を行ったりするなどの取り組みが行われており、それが参考にされた。 今回のイベントをオンラインで配信する目的の一つには、人々が容易に集まれない中で、地域が繋がっていくためのビジョンがあるという。 【伊藤悦子】土浦市観光協会(土浦市中央)は27日、「天童のサクランボ応援セール」として、山形県天童市で生産のサクランボ「佐藤錦」を販売する。 「サクランボの王様」と呼ばれる人気品種で、甘味と酸味の絶妙なバランスが特徴。 土浦、天童両市は観光物産等相互交流協定を締結している。 例年の「天童フェア」では、天童市と同市観光物産協会の職員が土浦を訪れ、土浦市と同市観光協会の職員で協力して実施していた。 しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響のため、今回は土浦市と同市観光協会の職員のみで対応する。 市観光協会の浅川善信主任によると、「天童市からの移動も大変ではないか。 代わりに販売することを伝えた」という。 天童市観光物産協会の堀武美主任は、電話の取材に「新型コロナウイルス感染拡大の影響で、サクランボ狩りを自粛、中止にした農家も多く、観光客も減って打撃を受けた」と答える。 「今年の佐藤錦は豊作で味もかなりおいしい。 特に土浦で販売する27日ごろは最盛期。 ぜひ天童のサクランボを味わって」とアピールしている。 今回は贈答用1キロ詰めが50箱、200グラム入りは320パックを販売する予定。 天童特産の漬物なども販売する。 天童市と土浦市は江戸時代末期、天童市内の8村が、土浦藩領だったことが縁で、2000年に相互交流協定を締結。 互いに観光交流、特産品の販売を行っている。 今年は20周年にあたる。 問い合わせは土浦市観光協会(電話029-824-2810).

次の