くせ毛 を 治す 方法。 くせ毛のパサパサを今すぐ治す!自宅で簡単ケアしよう | ヘアケア上手になろう!ビューティーヘアラボラトリ

くせ毛を指通りのいい髪にする方法!梅雨にも負けない髪型に♡

くせ毛 を 治す 方法

くせ毛の原因は? くせ毛には3つのパターンがあります。 外国人のように生まれつきくせがついている先天的なもの。 髪のダメージや生活習慣などでくせ毛になってしまう後天的なもの。 そして、先天的なくせ毛にダメージが加わっているもの。 くせ毛の改善法はパターンによって違うので、まずはそれぞれの原因をチェックしていきましょう。 先天的なくせ毛の原因 先天的なくせ毛というのは、 生まれつき毛根が歪んでいること、そして 髪の毛の核となるコルテックスのバランスの乱れが原因です。 髪の毛は毛根にある毛母細胞が分裂することで成長します。 そのため、毛根がねじれているとらせん状に髪が伸びてしまい、うねってしまうのです。 また、髪は3つの層で構成されていて、その中心部にあるコルテックスが髪の状態を決定しています。 コルテックスはP-コルテックスとO-コルテックスから成り立っていて、このバランスが整っていると髪はまっすぐになります。 しかし、どちらか一方の比重が多くなると、バランスが崩れてしまいくせ毛になってしまいます。 遺伝の可能性もある 父親や母親がくせ毛の場合は、遺伝が原因だと考えられます。 くせ毛は、発現しやすい優性遺伝になるため、つむじが右巻きになったり波状毛などの症状が起こります。 優性遺伝だからといって、絶対にくせ毛になるわけではありません。 ですが遺伝子を持っているということはくせ毛になる可能性が高いということです。 今はくせがひどくないとしても、ヘアケアやスタイリングのやり方によってはくせが強くなるかもしれません。 後天的なくせ毛の原因 日本人はもともと直毛が多いので、くせ毛の方のほとんどは後天的なくせ毛です。 後天的なくせ毛は、 髪のダメージや 年齢、 生活習慣などあらゆる原因があります。 ヘアケア不足によるダメージ 髪の毛は、シャンプーやドライヤーによって毎日ダメージを受けています。 さらにカラーリングやパーマをしていると、髪が弱ってしまうのでより大きなダメージを受けます。 ダメージケアをしていないと、髪は細くなり、まっすぐな状態を保てなくなります。 伸びてしまったゴムがよじれるのと同じで、ハリのなくなった髪はうねりが出てしまうのです。 栄養バランスの乱れ 外食やコンビニ食が多かったり、好き嫌いが多いという方は栄養バランスが崩れています。 また、過度の食事制限をするダイエットも栄養不足になるため、くせ毛になりやすいです。 髪の毛は、栄養を十分に受け取ることで健康な状態を保ちます。 体の栄養が不足すると、痩せ細ったり病気になったりするように、髪も栄養不足になると痩せてしまいます。 痩せるということは、ハリや弾力を維持する組織が衰えてしまっている状態です。 ハリや弾力が維持できなければ髪はまっすぐにならないのでくせ毛になってしまうのです。 女性ホルモンの減少 女性ホルモンの分泌量は、年齢を重ねるごとに減っていきます。 女性ホルモンには、髪の水分を保持したり、健康な髪を成長させるという働きがあります。 このホルモンの分泌量が減少すると、髪への働きも低下してしまいます。 髪の水分量が減れば乾燥によってうねりやすくなりますし、成長機能が衰えれば髪が痩せてくせが出てしまいます。 女性ホルモンは睡眠不足やストレスでも分泌バランスが崩れるので、生活習慣の乱れにも注意が必要です。 また妊娠や出産、成長期や更年期でも女性ホルモンの分泌量が変わるため、こういったタイミングでくせ毛になることもあります。 毛髪密度の低下 髪の毛の内部には間充物質という物質があります。 間充物質で十分に満たされていると、毛髪密度が高くなり、コシのある健康な髪の毛を保つことができます。 ただ、間充物質は徐々に流失したり、ダメージによって減少します。 すると毛根に栄養や酸素を運ぶ機能が衰え、毛髪密度が低下して髪が細くなってしまいます。 毛髪密度の低下は、抜け毛の増加や白髪にもつながるため、エイジングが原因とも言われています。 頭皮環境の悪化 毛穴の詰まりや頭皮の乾燥など頭皮環境が悪化すると、くせ毛が発現しやすくなります。 髪の毛は頭皮の毛穴から伸びています。 毛穴が皮脂汚れなどで詰まっていると、髪は隙間から成長することになるので、まっすぐに成長できなくなり変形します。 頭皮が乾燥すると、血行が悪くなってしまい栄養が行き渡りません。 栄養不足は髪の健康な成長を阻害するため、結果的にうねりやすい細い毛が生えてきます。 頭皮環境は、くせ毛だけでなく髪のトラブルの原因にもなるので気をつけましょう。 両方のパターンが合わさっているくせ毛の原因 先天的なくせ毛だと、くせを解消するために縮毛矯正やストレートパーマを繰り返しかけているという方も多いのではないでしょうか。 これが先天的なくせ毛にダメージが加わって、さらにくせが強くなる原因です。 また、縮毛矯正をしていないとしても、ヘアアイロンなどで長時間スタイリングをするとダメージが蓄積します。 ダメージを与えることでくせがひどくなり、そのくせを治そうとしてヘアアイロンなどを使うという負の連鎖がこのタイプのくせ毛を作り出してしまうのです。 くせ毛には種類がある 実は、くせ毛には種類があります。 自分のくせ毛の種類が分かると原因を特定しやすくなるので、より的確な対策法が見つかります。 波状毛 くせ毛の中でも最も多いのが波状毛というくせ毛です。 波状毛は後天的な原因で起こることが多いと言われています。 名前の通り、髪の毛にウェーブがかかっている状態で、くせが弱いと毛先だけうねるぐらいなので特に問題ないでしょう。 強いくせがあると根元からきついウェーブがかかってしまうため、対策が必要になります。 このタイプのくせ毛は髪の毛の量に関わらず膨らみやすいため、湿度が高いとかなり膨張します。 そのためスタイリングをしても崩れやすいのが特徴です。 捻転毛 波状毛のくせがきつく、髪が捻れたようになってしまうのが捻転毛です。 このタイプは、先天的な原因で起こることが多いようです。 特に髪が柔らかい人に出やすく、乾燥もしているので普通のヘアケアではまとまりにくいのが特徴です。 自分でスタイルを整えるのはかなり大変なので、縮毛矯正をする方も多いようです。 前髪にも強いくせが出るため、スタイリングにはかなり時間がかかります。 縮毛 黒人の方に多いくせ毛で、髪が細かく縮れているのが縮毛タイプです。 日本人にはあまり見られないくせ毛ですが、コルテックスのダメージや髪の乾燥などで年齢とともに髪が縮れてしまう方もいます。 ずっとパーマをかけている方や毛髪密度が低くなる年代の方は縮れやすいので気をつけましょう。 髪の内部のダメージが原因なので、かなり念入りかつ長期的なケアが必要です。 縮毛矯正などをしてしまうと、さらに傷みがひどくなり、より強いくせが出るので要注意が必要です。 くせ毛を治す5つの改善法 くせ毛の状態を改善するには、ヘアケアによる改善法とスタイリングによる改善法の2種類があります。 ただし、どれか一つを実践すればくせ毛が治るということではありません。 いくらスタイリングでストレートにできても、ヘアケアをしていなければダメージが蓄積します。 逆に、ヘアケアを頑張ってもすぐにストレートにはなりません。 大変とは思いますが、いろいろな改善法を同時進行することがくせ毛を治す近道になります。 ヘアケアによる改善法 ヘアケアでの改善の基本は保湿と頭皮環境の正常化です。 髪の水分量が少ないと、重みがないせいでうねりやすくなります。 また、髪にしっかり栄養を行き渡らせるには頭皮環境が整っていなくてはいけません。 毛穴の詰まりによるくせ毛改善のためにも、保湿ケアと頭皮ケアを実践しましょう。 髪の保湿のためにはキューティクルを整えることが重要なので、シャンプーは アミノ酸系もしくはくせ 毛専用のものを使いましょう。 こういったシャンプーは、髪に優しいのでキューティクルを整え保水性を高めてくれます。 頭皮の皮脂膜形成に必要な皮脂も残して洗えるので、頭皮環境の改善効果も期待できます。 シャンプーはヘアケアの基本であり、髪や頭皮の保湿力に影響を与えるので、コストがかかってもハイクオリティーのものに変えてください。 汚れが溜まると雑菌が繁殖しやすくなりますし、ターンオーバーも滞ってしまい環境が悪化します。 そこで実践したいのが頭皮クレンジングです。 頭皮の汚れは油分なので、 オリーブオイルや ホホバオイルなどオイルを使ってクレンジングしましょう。 やり方は簡単で、オイルを頭皮全体に揉み込むようにマッサージをして、5分ほど放置したらシャンプーで洗い流すだけです。 オイルを使った頭皮クレンジングは保湿効果もあるので、1週間に1回を目安に定期的に行いましょう。 スタイリングによる改善法 くせ毛を伸ばす場合、ヘアアイロンやカールドライヤーを長時間当てるという方も多いでしょう。 ですが、髪のくせというのは根元から始まっています。 そのため、どんなに時間をかけてセットをしてもくせが出てしまうのです。 くせ毛を治すには、スタイリングのやり方にポイントがあります。 髪の内側は根元からかけづらいので、ブロッキングをしておきましょう。 また、髪に対して横から当てるのではなく、上から熱風を当てるようにすることも重要です。 根元に上からドライヤーをかけて、髪は下に引っ張るようにブラッシングをすればくせが軽減されます。 根元をしっかり乾かしたら、ヘアアイロンやカールドライヤーで髪を伸ばしましょう。 スタイリング後は、冷風で髪の熱を取るとストレートが長持ちします。 ただし、使い方を間違えると効果がなくなってしまうので注意してください。 最近は高熱が発生するヘアアイロンもありますが、 温度は130度から150度ぐらいにして髪への負担を減らしましょう。 アイロンスルーは基本的に1回で終わるように、少量の毛束を取り、ゆっくりすべらすようにします。 ヘアアイロンの使用時間は少しでも短いのがベストなので、丁寧かつ素早く伸ばしてください。 生活習慣からもアプローチ ヘアケアやスタイリングは、直接的なくせ毛の改善法です。 しかし、くせ毛の原因から分かるように、後天的なくせ毛は生活習慣も大きく関わっています。 栄養バランスの悪い食事や睡眠不足、ストレスなどは頭皮環境の悪化を引き起こします。 規則正しい生活習慣は、くせ毛だけではなく美容全般に効果があります。 栄養のある食事と良質な睡眠、適度な運動によるストレス解消を心がければ、間接的ですがくせ毛の改善につながります。 いきなりすべてを変えるのは大変かもしれませんが、意識をして少しずつでも生活習慣を整えていきましょう。 健康でうるおいを保てる髪を作る女性ホルモンは、くせ毛の改善に必要なホルモンです。 生理や妊娠など女性ホルモンの分泌量が変化するタイミングはいろいろあります。 ですが、規則正しい生活を送っていれば、体や髪に与える影響を軽減させることができます。 女性ホルモンは肌の状態にも関係していますから、頭皮環境を正常化するためにも乱れた生活習慣は改善してください。 くせ毛を治す方法まとめ 縮毛矯正やストレートパーマをかければ、くせ毛は簡単に改善できます。 ですが、これらの改善法は根本的な解決にはなりませんし、ダメージによってくせ毛の状態を悪化させます。 ヘアケアによる改善法は時間がかかりますが、髪を健康にすることはくせ毛の一番の改善法です。 即効性のあるスタイリングで髪を整えながら、ヘアケアでダメージを回復させれば、くせ毛もストレートになっていきます。 諦めずに続けること、これがくせ毛を治す唯一の方法ですから、焦らず気長に向き合っていきましょう。

次の

くせ毛を直したい方必見!くせ毛の原因と改善方法について解説|カミわざ

くせ毛 を 治す 方法

生まれつき天然パーマでなくても、 思春期になって天然パーマになることはあります。 ただ、思春期以降、大人になってから突然天然パーマになることはほぼありません。 毛穴の詰まり 天然パーマの原因の5つ目は、毛穴の詰まりです。 何らかの原因で毛穴が詰まってしまうと、 毛根の一部が圧迫されて、髪の毛にうねりが生じるようになるのです。 毛穴が詰まる原因には、皮脂の過剰分泌による詰まり、頭皮の乾燥による角質が剥がれることによる詰まり、シャンプーの洗い残しやスタイリング剤などがあります。 最近、髪の毛がうねってきたという人は、毛穴が詰まっているのかもしれません。 栄養の偏り 天然パーマの原因の最後は、栄養の偏りです。 これは、栄養が偏ることで天然パーマになるというよりも、くせ毛のような髪の毛になるといったほうが正しいかもしれません。 栄養が偏ると、健康な髪の毛をはやすのに必要な栄養が毛根に届かなくなります。 そうすると、 連球毛と呼ばれるゴワゴワした髪の毛になってしまうのです。 出典: 関連記事 ・ ・ 女性の天然パーマを治す5つの方法 女性の天然パーマは、天然パーマを活かした髪型にすると、かわいらしいのですが、それでも天然パーマの女性は何とか天然パーマを治して、まっすぐきれいなストレートにしたいと悩んでいますよね。 残念ながら、遺伝や毛根の歪みが原因の天然パーマを完全に治す方法はありません。 遺伝子を変えることはできませんし、毛穴の歪みを矯正してまっすぐにすることもできませんから。 でも、天然パーマの髪の毛をまっすぐにしたり、うねりを少なくすることは可能です。 女性の天然パーマを治す方法をご紹介します。 縮毛矯正をする 天然パーマを治す方法の1つ目は、縮毛矯正をすることです。 縮毛矯正をすると、天然パーマでも憧れのまっすぐサラサラストレートにすることができます。 縮毛矯正は強いパーマ液にストレートアイロンの熱を加えることで、天然パーマをまっすぐサラサラストレートにしますので、クルクルの髪の毛に悩んでいた人でも、天然パーマを治すことができるのです。 ただ、縮毛矯正はパーマ液+熱で髪の毛をまっすぐにしますので、髪の毛が傷んでしまうというデメリットはあります。 それでも、半年程度は縮毛矯正の効果が持続しますので、天然パーマを何とかしたいと悩んでいる人には一番おすすめの方法です。 関連記事 ・ ・ 縮毛やくせ毛用のシャンプーを使う 天然パーマを治す方法の2つ目は、縮毛やくせ毛用のシャンプーを使うことです。 あなたは、いつもどんなシャンプーを使っていますか? 特に、こだわりはなく、ドラッグストアで安売りしていたものを使っているのではないでしょうか? 天然パーマを治したいと思っているなら、縮毛やくせ毛を治してくれるシャンプーを使いましょう。 天然パーマの原因の1つに髪の毛のコルテックスのバランスが乱れていることがありましたよね。 本来なら、水分を含むコルテックスと含みにくいコルテックスが1:1であるべきところが、この比率が乱れることが天然パーマの原因の1つなのです。 縮毛やくせ毛用のシャンプーはこのコルテックスのバランスを整えてくれる働きがありますので、長期間使っていると、徐々に髪のうねりが改善されて、ストレートヘアに近づくことができるのです。 縮毛やくせ毛用のシャンプーは、一般的なシャンプーに比べると、値段が高く高級品になりますが、それでもそれだけの効果を得られますので、天然パーマを治したい女性は、シャンプーにこだわってみると良いでしょう。 関連記事 ・ タオルドライやドライヤーにも気を遣う 天然パーマを治したい人は、タオルドライやドライヤーの使い方にも気を付けましょう。 シャンプーの後に、タオルドライをする時には、どのように拭いていますか? ゴシゴシと拭いていないでしょうか?ゴシゴシ拭いてしまうと、キューティクルが剥がれて、髪の毛が傷みやすくなります。 髪の毛が傷むと髪が乾燥して、髪の癖が強くなってしまいますので、トントンと押さえるようにして髪の毛を拭いてください。 そして、次にドライヤーです。 ドライヤーを使う時には、ざっと全体を乾かしますよね。 そして、ある程度乾いたら、ちょっと面倒でもブラシを持って、ブローしながらしっかり乾かしましょう。 ブローをする時も、 ブラシで髪の毛をしっかり伸ばすようにしながら、ブローをすると良いでしょう。 毎日面倒かもしれませんが、このようなちょっとした工夫が天然パーマを治すためには必要なことなんです。 栄養のバランスを考えた食事を摂る 天然パーマを治すためには、栄養のバランスを考えた食事を摂るようにしましょう。 これは、特にダイエットなどをしている女性には、ぜひ実行してほしい方法ですね。 ダイエット等で栄養のバランスが偏っていると、連結毛になってゴワゴワの天然パーマになってしまいます。 そのため、 栄養のバランスを考えた食事を摂って、健康な髪の毛を生やす環境を整えてあげるようにしましょう。 基本的には炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素をバランスよくとるのが良いのですが、特に髪の毛の原料となるタンパク質はしっかり摂っておきましょう! 規則正しい生活を送る 天然パーマの治し方、最後は規則正しい生活を送ることです。 あなたは、不規則な生活を送っていませんか?ストレスをため込んでいませんか? 不規則な生活やストレスは、交感神経を優位にして、頭皮の毛細血管を収縮さえ、血行を悪くしてしまいます。 そうすると、健康な髪の毛のための栄養や酸素が毛根に届かなくなります。 そうすると、連球毛になってしまったり、頭皮が乾燥して、角質が毛穴に詰まったり、逆に皮脂の分泌が過剰になって、皮脂が毛穴に詰まったりしますので、天然パーマがひどくなってしまいます。 そうならないためにも、規則正しい生活を送りましょう。 ・天然パーマの原因 「遺伝性が多い」「毛穴の歪み」「コルテックスのバランスが乱れている」「髪質が変化している」「毛穴が詰まっている」「栄養が偏っている」 ・女性の天然パーマを治す方法 「縮毛矯正をする」「縮毛やくせ毛用のシャンプーを使う」「タオルドライやドライヤーに気を使う」「栄養のバランスを考えた食事をする」「規則正しい生活をおくる」 天然パーマの原因や遺伝との関係、女性におすすめの天然パーマを治す方法をまとめました。 天然パーマは遺伝や毛穴の歪みが原因の場合は、完全に治すことはできませんが、縮毛矯正をすることで、天然パーマでもサラサラストレートにすることは可能です。 また、毎日のちょっとした心がけで、天然パーマを治していくことはできますので、天然パーマに悩んでいる女性は諦めないようにしましょう!.

次の

男性のくせ毛を直す方法ー髪のお悩みやケア方法の解決ならコラム|EPARKビューティー(イーパークビューティー)

くせ毛 を 治す 方法

生まれた時からくせ毛という方は、「先天的くせ毛」である場合が高いです。 これは、毛根の形や髪内部のタンパク質のバランスなどが遺伝するからだと言われ、両親が共にくせ毛という方、親のどちらかがくせ毛である場合、遺伝することがあると言われています。 毛根のゆがんでいる くせ毛は、髪の毛に問題があるように思えますが、ほとんどは 毛根に問題があることが多いです。 図のように、直毛の方は毛根がゆがんでいないため、髪がまっすぐ生えています。 しかし、くせ毛の方は、毛根がゆがんでいるため、髪がうねって生えてきてしまうのです。 コルテックスの乱れている また、 髪内部に問題がある場合もあります。 髪は、 キューティクル・コルテックス・メデュラの3つの層で構成されています。 このうち、くせ毛に関係していると考えられているのが、 真ん中にある層「コルテックス」です。 コルテックスは、水分を含みやすい「P-コルテックス」と、水分を含みにくい「O-コルテックス」の2種類から成り立っています。 髪質は、この2種類の比率によって決まると言われています。 このバランスが均一だと直毛になり、バランスが偏ってしまうとくせ毛となってしまいます。 後天的くせ毛の場合 後天的なくせ毛の主な原因は、大きく分けると3つ 「ホルモンバランスの影響」「栄養不足」「毛穴詰まり」 ホルモンバランスの影響によるもの ホルモンバランスの乱れは、肌だけではなく髪にも大きな影響を及ぼします。 ホルモンバランスの分泌が減少したり、バランスが悪くなることで、くせ毛になるケース、または、直接くせ毛の原因にならなくても、髪の毛が細くなってしまうことにより、クセが出やすくなってしまうこともあります。 成長期や出産後、また更年期などのホルモンバランスの乱れやすい・変化があるタイミングに、髪質に変化がおきる方がいるのはこのためです。 また、ストレスや生活習慣などによりホルモンバランスが乱れることで、くせ毛になる場合もあります。 栄養バランスの乱れによるもの 髪の毛を綺麗に保ったり、成長させるには、栄養が不可欠です。 ですが、過度なダイエットや食生活などによって栄養バランスが乱れると、まず、生命維持に関係する臓器や組織への栄養補給が優先せれ、髪や肌への栄養補給は後回しになってしまいます。 その結果、髪は細く痩せ弱々しくなってしまい、これが原因でくせ毛になってしまうことがあります。 毛穴詰まりによるもの シャンプー剤の洗い残し・皮脂・ホコリなどの汚れが毛穴に詰まってしまうと、まっすぐ生えるはずだった髪の毛が、これらの汚れにより圧迫・邪魔されてしまうため、くせ毛になってしまうことがあります。 くせ毛を治すために心掛けるべきこと 日本人は、直毛が多い民族だと言われ、 日本人のもつ遺伝子の9割が直毛だと言われています。 しかし!現実は、 7割程度の人がくせ毛だと言われています。 つまり…くせ毛の方の多くは、 後天的なくせ毛というわけです。 後天的なくせ毛の主な原因には 「ホルモンバランス」「栄養バランス」「毛穴詰まり」があります。 あなたがもし、 後天的なくせ毛である場合、これらの原因を解消・改善すれば、まっすぐな髪へと近づけられるというわけなんです! ホルモンバランスを整える ホルモンバランスを整えるためには 、心と身体をゆっくりと休めてあげることが大切です。 ストレスを溜め込まない、睡眠をしっかり摂る、マッサージやストレッチ、ウォーキングなどの軽い運動をするなど、身近で取り組みやすいものからでもいいので、自身の心と身体を労わってあげることから始めてみましょう。 また、 女性は身体を冷やさないことも、心がけて欲しいポイントです。 下半身の冷えはホルモンバランスを崩す原因のひとつです。 冬場はもちろんですが、夏場も身体を冷やしすぎないようにしましょう。 栄養バランスを整える 過度なダイエットや偏った食事を続けると、栄養バランスやホルモンバランスも乱れ、健康だけではなく、 髪にも悪循環を及ぼします。 まずは、 バランスの良い食事を摂ることから心がけてみましょう。 髪の主成分である、タンパク質を多く含む食材を摂るようにしましょう。 大豆製品には、良質なタンパク質が含まれているためおすすめな食材です。 また、タンパク質だけではなく、髪の健康的に保つために必要な栄養素である、ミネラルやビタミンA、B群、C、E、ピチオンなども一緒にバランスよく摂取しましょう。 毛穴詰まりを改善する 毛穴が詰まる原因は、皮脂や、シャンプーの洗い残しやほこりなどの汚れです。 そのため、しっかりと 毛穴の汚れを落としてあげることが大切です。 日頃、頭皮がベタベタつきやすい方は、頭皮の乾燥による皮脂の過剰分泌、食生活、ストレス、アルコール、生活習慣の乱れがあげられます。 本来、根本から改善することが一番ですが、頭皮のクレンジングなどで、余分な皮脂や汚れを落としてあげるのも効果的です。 くせ毛の治し方 髪の乾かし方・ドライヤーの使い方 くせ毛を治すには、お風呂上がりのドライにポイントがあります。 ドライヤーの熱は、髪の水分を奪ってしまうため、くせを強めてしまう原因となります。 なので、髪に熱を与える時間を短縮するためにも、しっかりタオルドライを行ってから乾かしましょう。 くせ毛が気になる方のドライヤーの乾かし方 1.はじめに、クセが気になる部分の根元から乾かしていきます。 私の場合は、前髪が特にクセが強いので、前髪から乾かしています。 2.全体を8割程度まで乾かします。 髪の根元から毛先にむかって、乾かしましょう。 また、ドライヤーの風は、下から当てず、後頭部から前に向かって当てましょう。 ここで、ブラシを使いながらブローしても良いのですが、ブラッシングしすぎると摩擦によってキューティクルが剥がれ、髪を傷める原因となりますので、ほどほどに。 3.冷風を当てながら、残りの2割を乾かします。 冷風をあて乾かすことで、必要な水分を保護してくれる働きや開いたキューティクルを閉めることで、髪全体にツヤが出ます。 このように、ドライヤー使い方をを意識して、くせを抑えてあげましょう。 また、最近では、低音ドライヤーや傷まないドライヤーなど、髪を労わる高性能なドライヤーも出てきています。 ちなみに私は、リュミエリーナのヘアビューザーを使っています。 には、バイオプログラミングという特殊セラミックスが内蔵されていて、この特殊セラミックスにより、髪内部(タンパク質の水和水構造)の状態を良くし、ダメージによるクセやうねりを根本から改善してくれます。 以前は、 硬くてギシギシした髪質のくせ毛だったのですが…ヘアビューザーを使い始めてから、 潤いとツヤのある髪に髪質が変化 し、 気になっていたクセが治まったので、クセが気になる方にオススメしたいドライヤーです。 ヘアビューザーを詳しく知りたい方は、 くせ毛用のシャンプーを使う くせ毛の方は、特に 「髪の乾燥」に気をつけて頂きたいです! なぜなら、髪は乾燥すると硬くなり、扱いづらくなってしまうためです。 これは、髪の形状を決める、タンパク質の結合 「水素結合」によるものです。 なので、シャンプーを選ぶ際は、 「しっかり髪に潤いを与えてくれるもの」がポイントとなります。 そこで、 オススメなのは、 のシャンプーです! このシャンプーは、 必要な皮脂と潤いを守りながら洗浄でき、さらに髪にたっぷりと水分を与えてくれるので、 乾燥が原因で、扱いずらかった固い髪を、柔らかい髪質へと整え 「扱いやすい髪」へと導いてくれる、とてもナチュラルなくせ毛シャンプーです。 皮脂刺激指数0という極めて、低刺激な薬用シャンプーなので、 敏感肌の方や赤ちゃんも安心してお使い頂けます。 縮毛矯正したりストレートアイロンを使う方法もありますが、あくまで一時的なものですし、髪へのダメージが大きいため、さらにうねりやクセが出てきてしまうことも少なくありません。 普段の生活習慣の改善、熱や乾燥などによるダメージを防ぐ、自分の髪質にあったシャンプーを使うなど… 「本気でくせ毛を治していきたい」とお考えの方は、しっかりと自分の髪と向き合い根本から治していく方法をオススメします。

次の