ば くさい。 「爆サイ,名誉毀損」に関するQ&A

爆サイ.com求人情報掲載サービス

ば くさい

そもそも、誹謗中傷被害が発生する爆サイとは、どういったサイトなのでしょうか。 ここでは、サイトの概要や被害の特徴について確認します。 (1)爆サイとは? 爆サイとは、特定の地域に特化したローカルコミュニティーのことです。 なお、こういったローカルコミュニティーサイトで、ある特定の話題に対する一連の書き込みのことをスレッド(電子掲示板)といいます。 爆サイでは、日本全国に各地域のスレッドが開設されており、投稿者が自由に書き込めるようになっています。 そのため、爆サイの甲信越版検索機能を利用すると、新潟県の情報が簡単に調べられます。 (2)爆サイで発生する誹謗中傷被害の特徴 爆サイには、ナイトワークの女性に関する多くの情報が投稿されています。 同僚やお店の客から顔写真や個人名、居住場所など悪質な書き込みをされることで、プライバシーの侵害や名誉毀損、誹謗中傷などの被害が発生しやすいです。 特定の地域に特化したローカルコミュニティーとなっているため、イニシャルによる書き込みでも、その業界の人なら誰のことを指しているのか、すぐにわかります。 その結果、日常生活に支障が出るなどの問題に発展しています。 2、爆サイで禁止されている投稿について 爆サイは、投稿者が自由に情報を書き込めますが、もちろん投稿が禁止されていることもあります。 ここでは、爆サイで禁止されている投稿について確認していきます。 (1)爆サイの利用規約 第3条【禁止事項】をチェック 爆サイの運営者は、利用規約である第3条【禁止事項】の中に、掲示板でのルールを記述しています。 たとえば、 各掲示板に対して、指定されたテーマや情報から逸脱した内容を投稿することを禁止しています。 他にも、他人の名誉や社会的信用、プライバシーを侵害し、本名や住所、メールアドレス、電話番号を投稿することを禁止しています。 」といった書き込みは、他人の名誉や社会的信用、プライバシーを侵害している可能性が高いです。 (2)個人名の書き込み発見時の対処の仕方 爆サイの掲示板で本名を検索した際、自分自身に関する誹謗中傷の書き込みを見つけたとします。 この場合、どのような対処が可能なのでしょうか。 再度、爆サイの利用規約である第3条【禁止事項】を確認します。 万が一、第3条【禁止事項】に違反する行為が認められた場合、該当する投稿の削除や編集、投稿者に対してアクセス拒否などの対策を講じると記述しています。 このように、投稿記事の削除や編集、投稿者に対するアクセス拒否などの対処を講じると説明しています。 そのため、 誹謗中傷に関する投稿を発見した際は、直ちに運営者に削除依頼を出して対処してもらいましょう。 3、爆サイに削除依頼する方法や注意点 爆サイで誹謗中傷に関する投稿を発見した際、どのように削除依頼を出せば良いのか、その方法や注意点を確認していきます。 (1)爆サイに削除依頼する方法 まずは、爆サイの画面の最下部にある削除依頼ボタンから、下記項目を入力して削除申請を出しましょう。 レス番号 誹謗中傷が投稿されたレスの番号を入力します。 通報区分 基本的には、個人情報の記載orその他を選択します。 その他は、個人情報の記載とは関係性がない誹謗中傷や風評被害など、すべてが対象となります。 お名前 会社名や役職、フルネームで記入すると、削除の確率がアップします。 返信用メールアドレス 会社用メールアドレスやフリーメールアドレスを入力します。 削除依頼理由 利用規約のどのようなことに違反しているのかを記入しましょう。 また、どんな被害に発展する可能性があるのか、詳しく書くことで削除の確率がアップします。 上記の内容を設置されているメールフォームから送信すると、順次対応してもらえます。 (2)爆サイに削除依頼する際の注意点 爆サイの削除申請を出す際、いくつか注意点があります。 その注意点とは、下記の通りです。 削除したい投稿が複数あったとしても、1回ずつ申請すること。 利用規約にもとづいた情報を入力すること。 削除依頼の内容は、まとめてしまってはいけません。 たとえば、爆サイの掲示板に、5件の誹謗中傷が書き込まれてしまった場合、5回分の削除申請を出しましょう。 面倒ではありますが、連続して申請すると業務妨害とみなされてしまうケースがあるため、1回目の反応があってから2回目の申請を出すことを心がけてください。 他にも、「このページの悪口を早く消して!」などの、 利用規約にもとづかない言葉で削除依頼をしても対処してもらえないので注意してください。 4、爆サイの投稿が削除されるまでの時間は? 自分自身では、利用規約を守り正当な削除依頼を出せたと思っていても、いつまで待機しても削除されないことがあります。 その場合、弁護士に相談して爆サイに投稿した人物を特定し、被害の拡大を最小限におさえましょう。 ここでは、爆サイの投稿が削除されない状況での具体的な対処法を確認していきます。 (1)爆サイ利用者の特定方法 よくインターネットの掲示板では、「IPアドレスからは住所を特定できない」といった意見が主張されることがあります。 そのため、多くの方が誹謗中傷の書き込みの投稿者を特定できないと思っています。 本当は、IPさえあれば、爆サイに投稿した人物を特定できます。 そのため、IPの開示を要求する発信者情報開示請求をおこないます。 投稿した人物を特定すれば、誹謗中傷などの度合いに応じて、慰謝料請求や損害賠償請求、告訴をすることも可能です。 (2)発信者情報開示請求とは、どんな手続き? 投稿の発信者情報の開示を要求する一連の手続きを発信者情報開示請求といいます。 なお、発信者情報とは、下記のことを意味します。 投稿日時• メールアドレス• IPアドレス 発信者情報開示請求をすれば、上記の情報を開示してもらえるため、個人を特定できます。 しかし、 個人が請求しても請求行為に強制力がなく、プロバイダーが誤って情報を開示してしまった場合、通信の秘密侵害罪による責任追及を受ける可能性があるため、発信者情報開示請求に応じてもらえないケースが多いです。 (3)削除依頼の相談は、弁護士がおすすめ 爆サイの書き込みにより誹謗中傷被害に遭ってしまったら、弁護士への相談をおすすめします。 誹謗中傷の解決実績豊富な弁護士に相談することで、発信者情報開示請求が1~2週間程度で完了します。 発信者情報開示請求後には、任意交渉によって削除依頼を出します。 このとき、任意交渉による要求が無視されたときは、裁判所での仮処分手続きなどの方法で削除依頼を出します。 このような手続きは、法的な専門知識がなければ、書き込みをおこなった個人を特定して削除依頼を出すことは困難です。 爆サイで誹謗中傷に関する書き込みを発見した場合は、被害が大きくなる前に弁護士に相談してください。 6、まとめ 今回は、爆サイに削除依頼する際にやってはいけないことや削除依頼の方法について解説しました。 爆サイに、自分の本名や住所、電話番号などの個人情報が書き込まれた場合、すぐに運営者に対して削除依頼を出しましょう。 しかし、必ずしも爆サイの運営者が迅速に対処してくれるとは限りません。 その場合は、弁護士へ相談してください。 誹謗中傷に関する解決実績豊富な弁護士に相談すれば、発信者情報開示請求をおこない、法的な手続きを代行できます。 被害が大きくなる前に対処していきましょう。 インターネット掲示板での誹謗中傷投稿についてお困りの際は、ベリーベスト法律事務所 新潟オフィスまでご連絡ください。 新潟オフィスのスタッフが丁寧にお話をうかがい対応をさせていただきます。

次の

爆サイ.com求人情報掲載サービス

ば くさい

「爆サイで投稿者を特定する方法と注意点」を、爆サイ対策の専門家としてお教えいたします。 また「特定したい投稿者の 書き込みを削除する方法」も一緒にまとめています。 爆サイは、個人やお店・企業が実名で書かれていることが多く、誹謗中傷や悪口・陰口を言われ、困っている人がいるようです。 レピュ研では「実名とともに悪口を書かれて困っている」「ありもしない事実をお店の名前と一緒に書き込まれた!どうしよう」などといったご相談が増えたため、今回「 書き込んだ人物を特定するための具体的方法」について詳しくまとめました。 特定する方法を知っておきたい方や、 投稿者を特定するまでにどれくらい時間がかかるか知りたい方などは必見です。 一緒に解決していきましょう。 爆サイでの投稿者特定にはIPアドレスが必要 IPアドレスとは IPアドレスとは、ネット上の住所のことをさします。 インターネットを使っているすべての人にIPアドレスは割り振られています。 例えばあなたが、東京都渋谷区にある会社のパソコンから爆サイに書き込みをした場合、爆サイの運営者は「この人は東京都渋谷区から書き込みをしてきたんだな」と分かります。 爆サイ運営者は、書き込みした人を毎回調べたりはしませんが、書き込みの1つ1つにIPアドレスがあることによって「どこから書き込んできたか」 特定しようと思えばできるのです。 爆サイ上で投稿者のIPアドレスは分かるの? 爆サイで「投稿者を特定したい書き込み」を見つけたとき、爆サイ上でその投稿者のIPアドレスを 知る方法はありません。 爆サイの運営者によって、投稿者それぞれのIPアドレスは明らかにされていないためです。 ただ、爆サイの運営者は投稿者のIPアドレスを正確に管理しているため、 正しい投稿者特定の手順をふめば、情報を明らかにしてくれます。 爆サイで投稿者を特定をする手順 1人で解決する手順はあるの? 個人が「書き込んだ投稿者を教えてほしい」と爆サイに頼んでも、 いい回答はもらえないでしょう。 書き込み内容が誹謗中傷や名誉毀損だとしても難しいです。 レピュ研にいただくご相談で「投稿者のIPアドレスを教えてほしいと爆サイに頼んだが返事がない」「明らかに名誉毀損だから投稿者の情報を知りたい」などといったものがありますが、同様です。 爆サイは利用規約にて次のように述べているためです。 当社は個人情報保護法を遵守し、投稿ログ情報をはじめとする利用者の個人情報を原則として第三者へ提供致しません。 弁護士が投稿者を特定できる 「 爆サイで投稿者を特定する」ためには、プロバイダ責任制限法という法律にもとづいて、 弁護士が爆サイの運営者に、投稿者の情報開示請求をする方法がベストです。 弁護士であれば個人で情報開示のお願いをするのとは違い、法的手段をとるため、爆サイも対応せざるを得ない状況をつくりだせます。 爆サイでは、次の内容に当てはまる場合、投稿者の個人情報開示をすると述べています。 刑事訴訟法197条2項に基く捜査関係事項照会書に於いて、警察署や裁判所からログの開示請求があった場合 裁判所から特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示に関する法律(プロバイダ責任制限法)に基づく開示を命じる判決もしくは命令を受けた場合 弁護士の法的手段とは、裁判所を通しての手順になるため、投稿者の情報を開示請求する 手順としては有効的です。 爆サイの投稿者特定で弁護士に頼むときの3つの注意点 注意点1:弁護士の力量に差がある 弁護士に投稿者特定をお願いして、投稿者個人の名前まで特定するには時間がかかることがあります。 爆サイの運営者は投稿者のIPアドレスを知っているだけで、投稿者本人の詳しい情報は何も知りません。 弁護士はIPアドレスを知ったあと、IPアドレスを発行している会社(プロバイダー業者)に情報開示請求をおこない、訴訟を起こすなど、いろいろと手順をふまなければなりません。 投稿されている内容や弁護士の力量によりますが、 1年以上かかってしまうときもあります。 相談する弁護士の得意不得意分野をしっかりと知っておく必要があります。 特に、 ネットや掲示板問題に強い弁護士を選ぶと、爆サイや他の掲示板の問題を対策したことがある経験者なため、 悩みもスムーズに解決できるでしょう。 経由ルートによっては特定が難しいことも 注意点3:IPアドレスを非表示に設定している 投稿者は、第三者に特定されるのを防ぐために、 IPアドレスを非表示に設定していることがあります。 悪質な投稿者の場合、専用のソフトやシステムを使って身元がバレないように細工をした上で、爆サイに書き込みをしています。 これはあらゆる法的手段の方法を知る弁護士でも、特定がとても難しくなります。 爆サイに今も書き込まれているときは? 投稿者を特定しようと思っている最中にも、爆サイに誹謗中傷や悪口が書き込まれて悩んでいる人は少なくありません。 「また誹謗中傷や悪口が書き込まれるかも…」とお思いの方は、今 書き込まれている内容を一度削除してみるのも1つの手です。 爆サイでは、同じ人に書き込まれるリスクもありますが、誹謗中傷や悪口を面白がって便乗する 2次被害が起きるときもあるためです。 また、 投稿者が特定できても、書き込みは削除されず残ってしまいます。 爆サイの投稿者特定を考えている方でも、書き込みを削除する方法も合わせて知っておきましょう。 爆サイの書き込み削除に関する詳細はこちらの記事を参考にしてみてください!.

次の

2chより底辺なローカル掲示板サイト『爆サイ』が話題に!晒された女性のブログが怖すぎる : はちま起稿

ば くさい

爆サイの書き込みは被害が広がりやすい 爆サイは、「地域に特化した日本最大級のローカルコミュニティサイト」と銘打っているインターネットコミュニティサイトです。 全国の地域別の掲示板があり、それぞれの地域についてニュースやスポーツ、飲食店など種類別の掲示板があります。 企業に対する嫌がらせや業務妨害の書き込みも多く、ローカルなコミュニティであることから対象が特定されやすいので被害が広がりやすいです。 ただ、爆サイは匿名での書き込みが可能なので、多くの場合には投稿者が明らかではありません。 そこで、法的な手続きをとるためには、まず投稿者を特定する必要があります。 爆サイの運営会社に発信者情報の開示を要求する 爆サイで業務妨害や名誉毀損が成立する内容の投稿をされた場合、まずは爆サイ管理者(爆サイ. com)に対し、書き込みが行われた際に爆サイが把握している投稿者の発信者情報(IPアドレスやリモートホスト情報)を開示するよう請求します。 ただ、爆サイが任意に情報開示に応じることはほとんどないので、多くのケースでは、法的な対応が必要になります。 仮処分を行う 爆サイ. comが任意での発信者情報開示請求に応じない場合には、裁判所で仮処分という手続きを行う必要があります。 仮処分とは、権利の保全のため、裁判所から爆サイに対して発信者情報開示命令を出してもらう手続きのことです。 裁判所で仮処分をするときには、権利侵害を受けていることを示す資料をそろえて主張を整理し、申立をすることが必要です。 申立があると、裁判所で申立人と相手方(爆サイ)の審尋が行われて、その結果、開示が必要だという判断になれば、裁判所が爆サイに対して発信者情報の開示命令を出します。 プロバイダに対して発信者情報開示請求の訴訟を行う 仮処分手続きに成功して爆サイから発信者情報の開示を受けられたら、その情報をもとにして投稿者のプロバイダを特定することができます。 すると今度は、そのプロバイダに対して投稿者本人の情報開示を行います。 このときも、プロバイダから任意の開示を受けられることは少ないので、裁判手続きが必要になります。 この場合、仮処分ではなく本訴訟を提起しなければなりません。 訴訟において、こちらが権利侵害を受けていることなどを適切に主張立証できたら、裁判所からプロバイダに対して、投稿者の発信者情報開示命令を出してもらうことができます。 これにより、投稿者の氏名やメールアドレス、住所や電話番号などの情報が判明します。 このようにして投稿者を特定できたら、判明した相手に対し、内容証明郵便を送付して損害賠償請求を行ったり、名誉毀損で刑事告訴したりすることが可能となります。 以上のような、投稿者特定のための法的手続きには、素人の方が自分で対処することは難しいので、弁護士に依頼する必要性が高いです。 爆サイで誹謗中傷などの被害にあったら、お早めに当事務所にご相談ください。

次の