日本たばこ産業 (2914)。 JT (日本たばこ産業)|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:2914)

JT【2914】株の基本情報|株探(かぶたん)

日本たばこ産業 (2914)

JT 日本たばこ産業 が株主優待制度の変更を発表しました 日米の高配当優良銘柄の積立投資が好きな管理人のクロノです。 たばこ関連株は国に限らず、事業の先行きが不透明なため株価が低迷しています。 そのため現状利益をしっかり出せているたばこ会社は利回りが高くなっています。 さらにJT(日本たばこ産業)は日本株らしく株主優待も実施しています。 株主優待人気で優待目的の株主が増加しているため企業も対策を講じてきています。 今回はJTが株主優待制度の変更を発表しました。 JTの優待内容と株価の観点から記事をまとめました。 高配当株であるJTの株主優待や配当利回りに興味がある方は是非ご覧ください。 株主からすると優待回数が減ると権利落ちによる株価の下落が大きいので好ましくありません…。 しかし企業からすると株主優待の準備の手間や、配送料を削ることができます。 ちなみに私は200株保有でBコースを頂きました。 JTの株価は同社の食料品で実用的なものが多いです。 これまで特に制限がありませんでしたが、今後は1年以上の保有が必要になります。 近年のクロス取引などで短期株主数が増加していることに対する対抗策ですね。 優待好きの短期株主からすれば改悪ですが、長期株主にとってはメリットもありますね。 なお今回から優待回数が1回に減ることに伴い優待価値も倍増しています。 実際には各コースで2倍以上の価値になっているので、長期株主は若干ですが優待価値が上がる恩恵を受けれます! JTの長期保有は端株保有で株主優待番号を維持 JTの新たな株主優待制度は長期保有が必要になりました。 しかし市場変化などに合わせて利確・損切も必要です…。 常に1株以上保有することで株主番号を同じままでいられます。 ただし長期保有認定には決算時期に単元株以上の保有が条件の銘柄もあります。 JTは新たに株主優待制度がかわったのでどちらか不明です…。 最近はSBIネオモバイル証券ならかなり手数料が安くなりましたよ! 私は端株投資は全てSBIネオモバイル証券で購入しています。 端株投資による株主優待投資に興味がある方は是非ご覧くださいね。 関連記事>>> JTの四半期毎の株主番号の確認方法を問い合わせしました。 ( 2019年1月20日更新) アベノミクスの恩恵で多くの銘柄が値上がりした3年間を振り返ってみます。 参照:SBI証券 JT株価チャートより 2016年には4700円台もつけた株価ですが、その後はきれいな右肩下がりです…。 日本でも若者の喫煙率の低下で喫煙者数はどんどん減っています。 そのような斜陽産業なのに加えて、最近では電子タバコが登場しました。 電子タバコ市場で海外勢に出遅れたJTに対して株主が悲観して株を手放していった結果がこのチャートです。 ちなみに私は米国のたばこ株であるアルトリアの株主です。 こちらの株価もJTと似たような状況にありますね…。 関連記事>>> 現在のJTの株価の各指標について確認していきましょう。 現在の株価で予想PERは12. 6倍、PBRは1. 6倍程になります。 株価が大幅下落で大分割安に感じていましたが、指標的には少し割安な程度でしょうか。 斜陽産業と思われながらもこのPERを保てるのは配当利回りと株主優待の恩恵です。 JTの予想1株配当は154円です。 年間配当利回りはなんと驚き6. 単元株である100株保有の場合、新制度の株主優待では年間2500円相当の優待品がいただけます。 配当と優待を合わせた利回りは7. 私は5%以上が投資の判断基準のひとつなので利回りの観点からは合格銘柄ですね! 株主制度変更でJTのPTS(夜間取引)の株価はどうなっている? 株主優待制度の変更ニュースを受けてPTS(夜間取引)の株価はどうなっているでしょうか? 短期株主には不利な内容ですが、優待にかかる費用を抑えて利益改善が望めるため長期株主には良い内容です。 優待変更の発表時の株価は前日+16円の2835円になっています。 どうやら市場は企業利益を守るJTの判断に好意的なようです。 また優待変更の内容も最悪な廃止ではなく、額面上は改善ポイントもあったことが大きいです。 JTは自社製品を宣伝を兼ねた優待品として株主に配っています。 自社製品が優待の場合は、宣伝効果もあるため優待を廃止するリスクは低いと思います。 一方、株主が大好きな現金同等に使えるQUOカード優待は廃止リスクが高いので怖いですね。 関連記事>>> 優待廃止のかわりに、株式の長期保有を優待受取の条件にする企業も増えてきています。 本当に魅力ある企業と株主優待なら、長期保有を検討してみる価値があると思います。 関連記事>>> 追記 JTがカナダで控訴審に敗訴…巨額の賠償金の支払い命令を受けました たばこ株の保有で懸念となるのが訴訟問題です。 米国株でシーゲルによる過去の銘柄解析で大きな利益を与えたのはたばこ株です。 これは健康被害による訴訟リスクで常に株価が低い状況にあったことが理由して挙げられています。 関連記事>>> では日本株であるJTはどうでしょうか? JTも世界展開しているため同様のリスクが懸念されます。 今回はカナダ・ケベック州における控訴審判決がIRニュースで報告されました。 カナダ・ケベック州集団訴訟の控訴審判決について 被告になっているのはJTの現地子会社であるJTI-MCと他の現地たばこ会社2 社です。 カナダの集団訴訟2 件の第一審判決を不服として控訴していました。 第一審判決はどのような内容だったのでしょうか? 本判決では、2015 年にケベック州上位裁判所がJTI-MC に対して、 損害賠償金として総額約20 億カナダドル(約1,672 億円)の支払いを命じました。 これに対してJTI-MC は判決を不服として控訴していました。 しかしながら今回ケベック州控訴裁判所がJTI-MC の請求を棄却する判決を出しました。 この控訴審判決は、先述のケベック州上位裁判所の判決を支持しているものです。 JTI-MC に約17. 7 億カナダドル(約1,480 億円)もの巨額な賠償金の支払いを命じる旨だったようです。 1 カナダドル=83. 61 円(2019 年2 月平均TTM レート)で計算 なおJTは現在その内容について精査中とのことです。 さらにJTI-MC は、上告も含めてあらゆる手段を検討するとのことです。 たばこ株は常にこのような訴訟が続いており、株主はひやひやします。 JTは配当利回りから魅力的な銘柄ですが、このあたりも考慮して投資したいですね。 管理人はSBIネオモバイル証券で端株投資を実践中です。 最近挑戦しているのは端株による分散投資です! 単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。 一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。 株式の高値掴みを避けるにも有効な手段ですね。 最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。 Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。 端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。 無料口座開設 公式サイト 関連記事>>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の

日本たばこ産業(2914)の配当金推移や権利確定日など|JT

日本たばこ産業 (2914)

国内シェア6割、世界第4位のたばこメーカー キャッシュカウの国内事業、成長ドライバーの海外事業 たばこが嫌悪されて久しいですが、未だに喫煙者は一定数存在しています。 ほぼ独占力があると見て良いでしょう。 これなら十分に「ブランド力がある」と言ってしまっていいのではないでしょうか? 引用元: 国内では圧倒的シェアを占めるJTですが、世界で見れば第4位のたばこメーカーです。 海外たばこ事業が成長のドライバーです。 1%と引き続き力強い利益成長を見込んでいます。 引用元: 電子タバコが未来の業績を握る? 2016年にはアイコス(iQOS)が一大ブームとなりました。 アイコスとは、フィリップ・モリス(米国たばこメーカー)の電子タバコの商品名です。 遅れながらJTも、ブルーム・テックという商品名で、電子タバコの販売に乗り出しました。 2017年10月からは本格拡販する計画であり、当社経営陣からの自信が伝わってくると期待されています。 引用元: たばこの受動喫煙が大きな問題となる中、電子タバコは受動喫煙の影響が明らかになっておらず、法規制の対象外とされています。 電子たばこには二種類あって、タバコの葉を直接過熱し、熱から出た煙を愉しんだり、液体を過熱してからタバコ葉を通す「タバコベイパー」と呼ばれるものと、ニコチンを含んだ液体を過熱して蒸気を吸う「電子たばこ」がある。 タバコベイパー:タバコの葉を直接吸う 電子たばこ:ニコチン入りの液体を吸う いずれも燃焼させないため、周りの人にタバコの害が従来よりかなり低減される(とたばこ会社は主張しているが、果たして厳しい世間の目は?) 引用元: 電子タバコは、既存のたばこと比べると物足りないという喫煙者の意見もあるようです。 友人に聞いてみたところiQOSはバッテリーがあまり持たないんですね。 私の周りのユーザーはiQOSを二個買うか、結局普通のタバコと交互に吸ってチェーンスモークしています 笑。 だから、すくなくとも法律で重罪にでもならない限り、旧来のタバコユーザーはいなくなりません。 引用元: しかし、昨今の健康志向や受動喫煙への注目の高まりを考えるに、電子タバコへの切り替えは進んでいくものと想像します。 そうすると気になるのは、電子タバコはたばこメーカーにとって儲かるのか?という点です。 税制面から見て、「ぼろ儲け」になるということが以下のブログで詳しく書かれています。 私は従来から「電子たばこ・たばこベイパーって、結局儲かるの??? 」というのが疑問点であった。 しかし、以下の解説だと「ぼろ儲け」になることが分かった。 引用元: とはいえ、税制面の変更や、たばこ嫌悪層からの攻撃などのリスクも多いと指摘されています。 もっとも、こんなぼろ儲けを自民党の税調あたりが見逃すとも思えないので、税率の変更などの政治圧力の存在も十分気を付けなければならないだろう。 さらに、タバコと聞けば何でも反対する層(日本より欧州に多いが)からの、「とにかくたばこはすべて反対」攻撃をどこまで防御できるのか、などリスク要因も多い。 引用元: たばこ以外の事業も好調 JTは採算が悪かった飲料事業から2015年に撤退を決めました。 桃の天然水やルーツといったヒット商品を持ちつつも、競争激化による採算悪化から撤退を英断しました。 不採算事業を抱えがちな日本企業とは違って、JTの経営は海外企業のような効率性を感じます。 たばこ以外の事業として残っているのは、医療事業と加工食品事業ですが、これらは好業績となっています。 たばこ事業に比べるとインパクトにかけるものの、JT社の利益底上げに貢献しています。 医薬事業は100億円を超える増益(黒転)、加工食品事業は4期連続の利益成長となりました。 医薬の好調は抗HIV薬の導出品のロイヤリティ収入増加、開発進展に伴う一時金収入によります。 引用元: JTの魅力は連続増配銘柄 上記のように、JTは長年に渡ってキャッシュを稼ぎ続ける企業となっています。 これを端的に示すのが、10年以上の連続増配銘柄であるということです。 そのため、配当金を目的とした超長期投資の対象として個人投資家からの人気は高いです。 連続増配という点では海外たばこメーカーも同様であり、米国・英国のたばこメーカーを同時に保有する個人投資家も多いようです。 アイコスを発売しているアルトリア・グループも保有されているブログです。 iQOSはアルトリア・グループの商品なので、仮に旧来のタバコが全滅して電子タバコ一色になっても、どっちみち私のリターンになります 引用元: 為替リスクもあるため、フィリップ・モリス、アルトリア・グループも保有されているブログです。 個人的には為替リスク対策もあるので、今のままがいい(ドル高になるとMOに分があり、PMが逆風となるが、ドル安になるとPMに追い風)。 PM、MOは引き続きホールド。 JTは今のうちに買い増しも検討している。 引用元: 配当利回り5%突破 2018年度見通しの悪さや、市場全体の暴落もあり、JTの株価が下落を続けています。 2018年3月時点で、株価は3,000円割れまで下落し、配当利回りは5%を突破しました。 株価が下がり続けていることについては、需給面の指摘があります。 配当利回りが高いので、下値が限定されているとして少しでも下がると大量の信用買いが入って、少しでも上がるとやれやれ売りが出る、この繰り返しで上値が重くジリジリ下がり続ける典型的な超大型株の値動きになっています。 引用元: その反面、配当利回りに注目した個人投資家の買いが発生しているようです。 さすがに配当利回り5%は魅力的です。 引用元: 絶賛緊急降下中の日本たばこ産業をお買上げ。 引用元: 『【高配当株】日本たばこ産業(JT:2914)を超詳しく分析してみたよ!』と題して、改めてJTについて広範囲の分析をされています。 引用元: 現在のJTには悪材料が多く株価下落となっていますが、配当利回り5%突破が悲観の極みとなるのか、それともまだ下を掘るのかは分かりませんが、余裕資金で購入しておけば何とかなるのではないかと思っている個人投資家も多そうです。 悪材料というのはある程度時間が経過して事態が好転すれば好材料に変わるので、悲観の極みで株価が下落しきった所で配当利回りを足がかりに買っておけば、なんとかなるでしょう、たぶん。 引用元: 株主優待は自社グループ商品 株主優待は年2回(6月12月)に自社グループ商品が貰えます。 レトルトご飯や、スープの素などです。 保有株式数に応じて選べるセットが異なります。 かつては飲料水部門がありましたので飲料も優待としてあったのですが、当該部門を売却してしまいましたので、優待からも消えてしまいました。 かつては清涼飲料水部門を保有しており、その詰め合わせが年に2回のお楽しみだったのですが、残念ながらその部門は昨年撤退してしまっていますね。 それに伴い、清涼飲料水詰め合わせも優待の内容から消えてしまっています。 引用元: 超大型株であるため、逆日歩が付きにくく、制度信用取引によるクロスでの優待取得を行う個人投資家も多いようです。 日本たばこ産業 2914 から優待案内が到着しました。 制度で200株クロスし、次の4つの中から選択できます。 引用元: 総合評価 10年以上の連続増配銘柄であるため、配当金目的の個人投資家には必須の銘柄と思われます。 配当金目的であれば分散投資は必要ですので、世界でシェアを争う、アルトリア・グループ、フィリップ・モリスも同じように保有すべきではないでしょうか。 業績安定度が高く、他は普通の評価となっています。 欧州のたばこ規制の本格導入の影響、ロシアの不安定さ、日本の総需要減少継続と課題は山積です。 政府による売り出し懸念もあります。 しかし、それらの課題を乗り切る力が当社にはあると思っています。 引用元: 海外買収は一定の評価があるものの、やはり巨額ののれん代は怖いとも指摘されています。 あと怖いのは1. 6兆円に上る巨額のれん代でしょうか・・・当社の海外買収は某大手通信会社のそれと比べると一定の評価がなされる場合が多いですが、それでも最近はやや大味感のある買収が続いており、IFRS減損リスクが付いて回ることは頭の片隅に入れておく必要があります。 引用元:• カテゴリー• 491• 126• 196• 10 アーカイブ•

次の

【高配当株】日本たばこ産業(JT:2914)を超詳しく分析してみたよ!

日本たばこ産業 (2914)

関連銘柄• 麺棒一番• 讃岐麺一番• 真健鶏• 東北の味• 加ト吉• 下町食堂の焼めし• 下町のラーメン屋さん• ロジック• メビウス• ホームラン軒• ホープ• ベーカーズセレクト• プルーム・テック• プルーム・エス• ピース• ピアニッシモ• ハイライト• ナチュラル・アメリカン・スピリット• ゼロスタイル・ミント• セーラム• セブンスター• スヌース• ゴールデンバット• グリーンジャイアント• キャメル• エコー• ウルマ• ウィンストン• アメスピ• わかば• たきたてご飯• しんせい• さぬきうどん• おいしさ一品• いまどき和膳• JTのみんかぶ目標株価は「2,415円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 2,541円 、証券アナリストによる予想では【中立】 予想株価 2,307円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 2,496円 と判断されています。 JTは、【JPX日経400、ロシア関連、欧州関連】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の