クレマチス 剪定。 プロ解説!クレマチスの育て方|栽培のコツ| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

クレマチスの花を咲かせるコツは剪定方法にあり!知っておくべき品種別・剪定のポイント

クレマチス 剪定

クレマチスといえば丈夫なツルを伸ばして、美しい花を咲かせるツル性植物です。 別名 「ツル性植物の女王」とも呼ばれ、多くの方々に愛されています。 そんなクレマチスは実は230種以上の種類があることをご存知でしたか? そして花の付け方で大きく3つに分けることができるのです。 この分け方を正しく知らない方が意外と多くいらっしゃいます。 なぜそう思うか? というと、私のところによく来る質問にこたえは隠されています。 なぜならクレマチスの 剪定(せんてい)が分からないという内容がダントツで多い! そしてこの剪定が分からない!には理由があります。 それは花の付き方のタイプ分けを正しく理解していないからなのです。 またタイプ分けでは植える花の付く時期や、それによる植える時期の微妙なズレ込みがあります。 今回は3つのタイプ分けについてを中心に、クレマチスを紹介しますので見ていきましょう。 質問に多い剪定についても触れていきますので、ご安心くださいね。 Contents• クレマチスの育て方を正しく知るための3つのタイプ分け 最初にクレマチスの花の付き方による3つのタイプ分けを説明します。 ここを理解しないと育成工程の剪定が分からなくなってしまいます。 しっかりと押さえていきましょう。 3つのタイプとは• 旧枝咲き• 新枝咲き• 新旧枝咲き の3つに分かれます。 それぞれの特徴はまず植える時期が異なるということ。 それぞれのタイプを簡単に説明していきますね。 旧枝咲き 旧枝咲きのタイプは前年に生えたツルから花を咲かすタイプです。 植えるタイミングは2月~3月の成長期を迎える直前が適します。 新枝咲き 新枝咲きは新しく生えたツルから花を咲かします。 またこのタイプは古いツルからは花を咲かせません。 春に新しい芽を出し、夏には多くの花を付けます。 そのため1~3月頃に植えるとちょうど良く育ちますよ。 新旧枝咲き 新旧枝咲きは上の2つの性質を併せ持ちます。 どんなツルにも花を咲かすことが特徴です。 植える時期は1月中旬から3月中旬が適しています。 花の咲き方での3つのタイプ分けは押さえられましたか? 植える時期に大きな違いはありませんが、細かく見るとといったところで参考にしてください。 次はタイプ分けをしたものの代表例を、いくつか見ていきましょう。 【おすすめ記事はこちら】 クレマチスの分類別の代表例 ここでは3つにタイプ分けしたクレマチスの、それぞれの目安となる品種を紹介します。 クレマチス栽培の際にお役立てください。 旧枝咲きの品種 シルホサ系、、が含まれます。 ここの品種は早咲きな点が特徴です。 4月の終わり頃に開花をするタイプですので、覚えておきましょう。 新枝咲きの品種 、ビキセラ系、などが含まれます。 ここの品種は思い切って剪定を強めにやれば、四季咲きとしてクレマチスを楽しむことが可能です。 四季咲きと言われると1年中花を咲かせるのかと思われがちですが、そうではありません。 実際は株が充実して、開花する気温になったらいつでも咲くという条件付きです。 1年中咲きっぱなしというわけではないので、過度な期待がないよう注意しましょう。 新旧比較咲きの品種 、、ラヌギローサ系が含まれます。 ここの品種は剪定を繰り返すことで四季咲きが楽しめる品種です。 いかがでしたか? 品種もかなり多いですが、タイプごとに分ければ割と育てたい品種も見つけやすくなるかもしれません。 次からは質問に多い工程の説明です。 この説明に3つのタイプ分けの知識が必要なんです。 覚えきれてない方は先に復習してくださいね。 そしてこの部分がクレマチス栽培の初心者の方には分かりにくいようなのです。 旧枝咲きの剪定 旧枝咲きの剪定では大きくバッサリ切ることはできません。 花首(花のすぐ下)か、それより一節下の部分を切ります。 クレマチスの一節とは葉と花の間、或いは葉と葉の間です。 ここの場合は花とその下の葉の間の茎の部分となります。 そうすると切ったところから新枝が伸びます。 この新たな枝は翌年の花を付ける枝となりますので取っておきましょう。 ポイントは節の真ん中で切ることです。 葉のすぐ下で切ると芽まで枯れてしまう可能性があります。 また古い枝を切るのですが、断面が緑なら生きている枝の証ですのでそれを確認しながら作業できますよ。 新枝咲きの剪定 新枝咲きの剪定はバッサリと根元から切ってしまって問題ありません。 バッサリと剪定をした部分から脇芽が出て、それにそのまま花が付きます。 新しい枝に花が付くので、簡単に長期間で花を楽しむことができるのです。 新枝咲きのクレマチスは冬には根元の枝まで枯れます。 地中に残った部分から新芽が出るのです。 枯れてしまったところは芽を付けることはないので、切り取ってしまってください。 また冬でも残る枝が稀にあります。 そちらは芽を付ける可能性があるので切らずにおきましょう。 新旧枝咲きの剪定 新旧枝咲きの剪定は開花後に二節程度を剪定します。 こちらも節と節の真ん中を切るようにしてくださいね。 そこから脇芽が出て花を咲かせます。 新旧枝咲きの注意点は単純に新しい枝、古い枝の両方に花が付くのではない点です。 昨年の枝から今年の新しい枝が出ます。 その新枝が成長するとそこに花を付けるのです。 管理自体は新枝咲きに近いので強めの剪定にも耐えます。 ですが花後の剪定をしないと次の花を付けません。 3つのタイプごとの剪定方法はいかがでしたか? やり方から注意点まで、割と異なりましたよね。 基本的な知識がなく、剪定についてだけ調べると混乱する理由です。 剪定方法がたくさんあるのではなく、タイプによって異なるのです。 またこの剪定方法の違いで、新枝咲きタイプが初心者の方でも育てやすいタイプと言えます。 続けて冬の剪定時にやりたいツル下げについて紹介していきます。 クレマチスのツル下げについて クレマチスの新芽が出た頃の剪定とセットで、 ツル下げという言葉が登場します。 冬の剪定のやり方と併せて覚えてください。 まず冬場に行う剪定は弱剪定と呼ばれます。 この工程が必要なタイプは主に 「新旧枝咲きタイプ」です。 弱剪定は新芽が出始めた冬に実施します。 まずは枯葉を全て取り除きます。 ハサミなども使い、綺麗に取り除いてください。 次に枯れた枝を剪定します。 芽が付いていないものだけに実施しましょう。 膨らみがある部分は芽がありますので、そうした部分は切り取らないでください。 若い株だと根元近くまで剪定することもありますが、それが普通ですので心配しなくて大丈夫です。 文章だけではわかりにくければこちらの動画を参考にしてみてください。 短くわかりやすくまとまっているので見やすいですよ。 そんなに難しい作業ではないですよね? そしてこの後に「ツル下げ」をします。 ツル下げとは名前のまんまで、ツルを下に下げることです。 株元や下の方にツル(枝)を巻きつけ直す作業を指します。 この時に表面が割れても問題ありません。 中の部分まで折れないように注意して巻きつければツル下げは完了です。 ツル下げをすることで上の方だけに花を付けてしまうことを防ぐことができます。 表面が割れても問題無いのと、花を綺麗に咲かせるために必要です。 恐がらずに実施してください。 ツル下げについては理解できましたか? 比較的、クレマチスを調べると出てくる単語ですので覚えてしまいましょう。 それでは最後にまとめとおさらいです。 多くの方が花の咲き方による3つのタイプ分けを正しく理解できていなかったのです。 皆さんはもう大丈夫ですよね? またそれを理解していなかったためにクレマチス栽培の剪定の工程内容で混乱していました。 タイプ分けの説明後に、剪定の説明を見たら理解できましたよね? それぞれの剪定方法を見て、自分が育てている、あるいは育てようと思っているクレマチスの種類の確認をしてみてくださいね。 その上で正しい剪定をしてあげましょう。 また特に何も決めていない初心者の方は、新枝咲きタイプを選ぶことをおすすめしています。 自分が育てられるものをしっかりとチョイスして、「ツル生植物の女王」クレマチス栽培を楽しみましょう。 【関連記事はこちら】.

次の

クレマチスの育て方!3つの咲き方タイプで違う剪定方法!

クレマチス 剪定

新枝咲きクレマチスの主な系統はこちらです! テキセンシス系、ヴィオルナ系、インテグリフォリア系、ビチセラ系、ヘラクレイフォリア系、フラミュラ系、など(一部含まれない品種もあります) 強剪定の時期と方法、そして剪定をする意味を一覧表にまとめてみました。 剪定の時期 剪定の方法 剪定の理由 1回目の剪定 春:1番花の後 5月〜6月 強剪定 春は生長が旺盛なので深めの強剪定をしてもしっかりと2番花を楽しめます。 2回目の剪定 夏:2番花の後 8月〜9月 中剪定 夏の暑さで少し生長が衰えることがあるため少し弱めの中剪定にして秋の3番花を楽しもう。 3回目の剪定 秋:3番花の後 10月〜11月 花柄を摘み取るだけ 剪定はしない 新枝咲きタイプは冬には根元から全て枯れてしまうので剪定はせずに花柄を摘み取るだけにしておきましょう! この時期に剪定をしても冬には開花しません。 剪定をして無理に生長させるよりはそのまま翌年の為に体力を温存させて冬越しの準備をしましょう! 4回目の剪定 冬:春の準備 12月〜2月 強剪定 植えつけてから1〜2年位の株や生育が思わしくない株、地中から1本だけしか生えていない1本立ちの株の場合は地際で剪定し地中からの新芽の生育を促して複数の株立ち状態を目指しましょう! 剪定場所の確認はこちら! 新枝咲きタイプ:強剪定・プリンセスダイアナ:テキセンシス系 新枝咲きのプリンセスダイアナ:テキセンシス系を使って実際に強剪定をします! (剪定日:5月30日) 今回は 春:1回目の剪定なので深めの強剪定で行きたいと思います! この品種は新枝咲きなので 春の1番花が終わったら根元から1〜3節くらい残してバッサリと深めの強剪定を行います! これは開花株を購入した物だったのでかなり低めの支柱に伸びてきた蔦をこれでもかってくらいにグルグル巻きの状態にしてあり、この状態の蔓を綺麗にほどいていたのでは時間もかかり面倒なのでここは 思い切ってバッサリと強剪定だからこそ出来る究極の方法で剪定していきます! 初めての方にはちょっと衝撃的な剪定となりますのでご注意ください! こんな場合は思い切ってバッサリと強剪定だからこそ出来る、究極の方法で剪定するといいんですよ! では、実際に究極の剪定をお見せしますね! 強剪定だからこそ出来る究極の剪定方法! 思い切ってバッサリと強剪定だからこそ出来る究極の剪定方法と大袈裟に言ってみましたが、実がこのようにグルグル巻きの蔓をほどかずに地際から1〜3節のところに下からハサミを入れて適当にバッサリと剪定するだけの事なんです! このような思い切った剪定は初心者の方でなくとも結構勇気がいるものなんですが、こんなにバッサリと剪定をしてもちゃんと1ヶ月くらいすると蔓が伸びてきますので安心してバッサリと剪定をしてください! ちなみに 剪定をする時は節と節の中間部分で剪定します! 地際(根元)から1〜3節の間で剪定しました! こちらの株は土の中から5本も枝が出ている株立ち状態だったためにこのくらいの長さで切ってみました。 これが土の中から1本しか枝が出ていない1本立ちの状態や2本立ちくらいの状態だった場合はもっと地際でバッサリと切っても良いのではないかと思います。 そうすれば土の中から元気に複数の枝が芽を出してくれる可能性が高く、株立ちの状態になってくれると思います。 広い場所ならともかく、このような低い支柱にグルグル巻きの状態だと中の方が蒸れて病気や枯れる原因となりますので剪定は行った方がクレマチスの為には良い行為です! 大丈夫です! グルグル巻きだったせいで日差しが中にまで届かずに葉が枯れてしまっただけなので2週間もすれば節の部分から新しい芽が出てきますよ! このように剪定することでわかることも多いので積極的に剪定は行いましょう! 残った蔓でクレマチス恐怖症を解消する! バッサリと剪定をしてこのように残った蔓ですが、このまま捨ててしまっても良いのですが、せっかくならこのグルグル巻きの蔓を使って色々と実験してみて下さい。 既に剪定をして蔓は切れているのでこんなにグルグル巻きでも安心して支柱からほどいてあげられます! 折れても切れても既に根元から切れているので怖いもの無しです! クレマチスと聞くと大体の人が折れそうで怖いとか、切れそうで怖いとか言います。 特にまだクレマチスに慣れていない方はこの要らなくなった蔓を使って実際にどのくらい蔓が折れやすいかや切れやすいかなど色々と経験してみて下さい。 きっと思っている以上にポキポキと蔓は折れてしまうかもしれませんが、かなり強い力で引っ張っても簡単には引き千切れないほど強いですよ! クレマチスの場合、蔓や枝がポキッっと折れてしまっても、ブチっと千切れてしまわなければ大丈夫な植物です。 一度、要らない部分を使って折ったり、切ったり、引き千切ったりと思う存分いじくり倒しておくだけで次からクレマチスを触るのが怖くなくなりますよ! 機会があれば挿し木にも挑戦を! 最後に、もし機会がありましたら是非一度、クレマチスの挿し木に挑戦してみて下さい! クレマチスの魅力は花の綺麗さだけではなく、挿し木で増やすことが比較的簡単だという事もあります! また、せっかく買った大事なクレマチスですが、思わぬ事態で枯れてしまう場合もあります。 そんな時に挿し木で増やしておけば大事なクレマチスを失わずに済みます。 最後に:次回の剪定について一言 今回の様に 春の1番花が終わった後に行う剪定は比較的深めの剪定で大丈夫ですが、夏の2番花の後に行う剪定の場合は夏の暑さのために剪定後の生長が衰える場合があるので少しだけ軽めの剪定(中剪定)にすると秋に3番花を楽しむことが出来るので是非挑戦してみて下さい!.

次の

クレマチスの育て方!3つの咲き方タイプで違う剪定方法!

クレマチス 剪定

クレマチス モンタナ系の特徴と品種 クレマチスはキンポウゲ科のツル性植物です。 モンタナ系は、中国西部からヒマラヤ地方にかけての高山帯に自生している原種とその改良種になります。 非常によく伸び、たくさんの花を咲かせるのが特徴です。 4~5月にかけて株全体を覆うようにピンク色や白色の花を咲かせます。 鉢植えでも楽しめますが庭のアーチやフェンスに這わせる仕立て方をする場合が多いです。 花は淡いピンク色で、花芯は黄色。 花つきが良く株全体を花で覆いつくしてしまう程です。 甘い香りがします。 生育旺盛、丈夫で育てやすいです。 モンタナ系の中では大輪の方で花径は8センチほどもあります。 生育旺盛でツルがよく伸び株が花でおおわれてしまう程です。 バニラの香りがします。 生長がとても早く育てやすい品種です。 良い香りがします。 花色が白なのでバラなど他の植物とのコラボも楽しめます。 クレマチス モンタナ系の育て方 地植えにする場合は、夏の直射日光のことを考えて植える場所を決めるのがポイントです。 株元は半日陰、苗の上部は日当たりの良い場所が適しています。 地植えに適した場所がない場合は鉢植えにするというのも1つの方法と言えます。 鉢植えなら、冬の間は南側の日がよく当たる場所、夏になれば半日陰の場所といったように移動することができます。 植え付け時期は霜が降りない4~10月です。 1年生の苗を買った場合は、いきなり地植えにしても根付かない可能性が高いといわれています。 まずは鉢植えで1~2年育てて、株を大きくしてから地植えするとよいでしょう。 モンタナ系はクレマチスの中でも比較的寿命が短いといわれています。 品種にもよりますが、長くて7年。 その中で元気な姿でいるのは3~5年。 たくさんの花を咲かせた翌年に終わることが多いとも言われています。 挿し木で増やしておくとよいでしょう。 クレマチス モンタナ系の剪定時期・方法 基本的に、剪定の必要はありません。 春に花が咲き終わったら花がらを摘み取り枯れた枝を整理する程度の 弱剪定を行います。 何年も経過して枝が混みあってきたら、風通しをよくするために間引く程度に整理します。 クレマチス モンタナ系の花が咲かない原因と対策 モンタナ系は 旧枝咲きといって去年伸びたツルに今年花が咲くタイプです。 今年伸びたツルを切ってしまうと来年花が咲かないので気をつけましょう。 その他に花が咲かない原因として次のようなことが考えられます。

次の