仕事 ストレス やばい。 仕事のストレスがやばいときは、環境を変えるのがベストです

仕事のストレスがやばい!効果的なストレス発散方法とは?

仕事 ストレス やばい

目次 []• はじめに 仕事をしていて毎日が順調で悩みはまったくないという方は、まずほとんどいないといって良いのではないでしょうか。 そういった瞬間が一時的にあっても、新しい悩みが出てきてストレスになってしまうものです。 上手に解消できなくなってしまうと、食事もドカ食いをしてしまったりタバコを吸う量が異常に増えてしまったりと悪循環になってしまいます。 仕事のストレスの原因に気付き、上手に発散するようにしましょう。 【仕事のストレスを解消しよう】今すぐできるストレス解消法5選 ストレスを感じたときに放っておくのも1つので手ではありますが、もしそれでさらに大きくなっていくようであれば問題です。 できれば小さいストレスのうちに、今すぐできる方法で解消しておきましょう。 事が大きくなる前に前向きな気持ちにもなれますし、小まめな心のメンテナンスでストレスを気にしない自分にもなれます。 仕事を考えない時間を確保する 意識的に仕事のことを考えないようにしようと思っていても、ふと考えてしまいストレスになってしまうケースは多いです。 特に毎日のお風呂へ入る、トイレへ行くなどの何でもない行動のときに、頭の中に浮かんできてしまいます。 ストレスになる原因がある場合は特に、どうにかして解決したいと考え頭の中に出てきてます。 仕事のことを考える隙がないくらいの、もっと夢中になれる趣味を持つと良いでしょう。 オススメなのはドラマやマンガを見てその中の主人公などになりきり、のめり込んで見たり読んだりするのもオススメです。 他にはゲームや雑誌、昔から夢中になれる趣味があれば行うのも良いでしょう。 別のことに意識を向けて楽しむだけで、脳からもドーパミンが出てストレス解消にもなります。 適度な運動をする 学生の体育の授業などで、思いっきり身体を動かした後に心もスッキリし達成感を味わった経験はないでしょうか。 実はストレスでイライラするときには、寝っ転がって横になっているよりも運動をしたほうがスッキリとします。 身体を動かすことで血液の巡りも良くなり、心も気持ちが良くなってきます。 激しい運動をする必要もないですし、1人で好きなときにできる運動でかまいません。 中でも始めやすいのはヨガやストレッチ、誰でもできる初心者向けの筋トレなどがあります。 日頃電車で通勤している方や車で買物に行く方は、歩いてウォーキングしても良いでしょう。 外のきれいな空気を吸って街並みや空を見ながら歩くだけでも、悩みの解決策が急に閃いたり気持ちが晴れたりします。 美味しいご飯を食べる 好きな美味しいご飯を食べるだけでも、ストレスが解消されます。 現在の自分の身体も普段食べているご飯でできていますので、可能であれば質の良いものを食べましょう。 ジャンクフードがどうしても食べたいというときは我慢する必要はありませんが、質の良いものを食べるとさらに後から身体も心も元気が出ます。 特に素材を活かした、少し値段が高いランチやディナーを楽しんでも良いでしょう。 たとえば国産の黒毛和牛や採れたてで活きの良いお刺身などを食べても、気分も上がり満足できます。 お酒が好きな方は美味しいご飯と一緒に適量楽しむのもオススメです。 寝溜めせずに、毎日適切な時間の睡眠を取る 仕事がある日は遅刻しないようにと、朝の目覚ましを気にしながら寝ている方も多いかもしれません。 少し緊張感とともに眠りについているため、休みの日は気持ちが緩んで遅く起きてしまう場合もあるでしょう。 ただストレスを解消し心を整えるという観点から見ると、実はこの遅く起きるというのはあまりよくありません。 普段よりも遅く起きだらしない生活がストレス解消につながりそうですが、逆に寝すぎて疲れてしまいます。 そして普段との生活リズムが狂うため、いつも通りにお通じが出ないなど身体にも負担をかけています。 だいたい毎日7時間前後の睡眠を、仕事の日だけでなく休みの日も意識してみましょう。 誰かに悩みを打ち明ける ストレスを溜めているときには、思いっきり誰かに話を聞いてもらいましょう。 そのためにも、日頃から話しやすい友人や家族を大切にしておくことも重要です。 1人で悶々と考えても答えが見つからないこともあり、苦しい気持ちになってしまいます。 解決策が出なくても、今の悩みを思いっきり話すだけでスッキリするものです。 悩みを打ち明けるときにはまず自分の話を真剣に共感しながら聞いてくれる方を選んで、打ち明けていくと良いでしょう。 あまり上手に聞いてくれない方に話てしまうと、さらにストレスを溜めてしまう場合もあります。 中には友人や家族など信頼できる人が少なく、話し相手が見つけられない方もいるかもしれません。 その際には電話で悩みを聞いてくれる愚痴聞きの業者もあり、しっかりと話を聞いてくれますので利用してみるのも一つの手です。 【仕事のストレスを解消しよう】4つの性格別!ストレス解消方法 人それぞれ性格も違うため、同じ事象が起きてもストレスにならない方もいれば、なりやすい方もいます。 どちらかというと、良い意味であまり人の空気を読まない方はストレスになりにくいです。 逆に相手はどのような気持ちなのかを常に考え、期待されればそれに応えていこうと真面目な方はストレスを感じやすくなります。 主にどのような性格の方がストレスを受けやすいか、ここで紹介していきます。 責任感が強い 会社側としては大切な人材と扱われますが、ストレスを溜めやすい代表として責任感が強い方が挙げられます。 ・上司に何かを頼まれたら嫌とは言えず、しっかりと最後までやらなければと思ってしまう方 ・多少熱が出た場合や頭が痛くても、休まずしっかりと出社して仕事をしなければならないと思っている方 ・いい加減な仕事をしている人も見るとイライラしてしまう方 これらに当てはまる方は責任感が強い方でしょう。 仕事はほとんど責任を問われるものばかりですし、ないよりはあるほうが断然に良いです。 ただ強すぎてしまうと毎日がイライラとプレッシャーになり、ストレスが大きいものとなります。 自分だけですべてを解決しようとせずに、上手にストレス解消していくのがコツです。 人へ頼れるようにする 特に重要な仕事は、誰かに任せるよりも自分で行った方が安心です。 何か間違いに気が付いても自分で直せますし、トラブルが起きても誰かにせいにする必要もありません。 ただすべてを責任感から自分でやってしまおうとすると、やることばかり増えてしまいストレスとなります。 特に新人や部下など信頼できないと思っていても、まずはわかりやすいように説明をしてやらせてみましょう。 自分で思っている以上に実は力を持っていて、仕事を効率よく行うパートナーになってくれるケースも多いです。 初めは複雑な仕事は教えるのも面倒なものですが、教えてしまえば後は任せられます。 他にも頼まれたことはすぐに受けるのではなく、他の人に回してもらうようにする勇気も必要です。 上手に人へ頼れるようになれば、仕事の効率も上がり心にも余裕が出てきます。 人の目を気にする 特にある程度人数のいる職場で働くと、一緒に働いている人の目があります。 本当は自分が好きなように仕事がしたいのに、意見も言えず人の目を気にしてしまう方も多いのではないでしょうか。 ・上司が普段自分をどう見ているか気になり様子窺いをしながら仕事している ・失敗をしたときの会社の人の自分の見る目が怖い ・あまり目立ったことをして標的にされたくないから無難なことばかりしている など人からどう思われているかを気にしている方は、毎日ストレスが増えていきがちです。 誰でも人から悪く思われるよりも良い印象に感じてもらいたいものですのですが、気持ちが大きくなるとストレスになります。 人から嫌われることは悪いことではない 世の中を見渡せば、自分とは違う考えの人も多く様々な人がいます。 性格が合わない人もいますし、誰からも愛されていて嫌われた経験がない方はほとんどいません。 芸能人で人気のある方でも、人気ランキングに入っていると同時に嫌われている人ランキングにも入っている場合もあります。 全員から良く思われるというのは難しいものですので、気にする必要ないのです。 たとえばある政策を国で行う際にも、賛成意見の人と反対意見の人がいて100%皆一致することはまずありません。 それが当たり前なので、会社の誰かから嫌われることが悪いことでも何でもないのです。 自分を嫌いという人がいるということは、好きと思ってくれている人も必ずいます。 完璧主義 すべてを完璧にこなして、一切ミスをなくしたいと考えている完璧主義の方も、知らないうちに大きいストレスが溜まります。 ・少しのミスも許せず、すぐにイライラしてしまう ・何時間かけてでもいいから完璧な仕事をしたい ・決まったスケジュールや納期があったら、その通りにできないことがストレスになる これらに当てはまる方は、完璧主義な部分がストレスを増やしている可能性があります。 自分が考えていたように仕事が進めば気持ちの良いものですし、完璧にいけばなんとも言えぬ達成感もあるのは事実です。 ただあまりにもこだわりすぎてしまうと、少しでもミスが出てしまったときにナーバスになってしまいます。 仕事は満点ではなく合格点を心掛ける必要がある 毎回仕事で満点を取るというのは難しいもので、誰でもミスをしたり失敗したりしています。 思い通りにいかない日もあり、ずっと思い悩んでしまう日もあるかもしれませんが、それは誰にでも起こりうることです。 仕事では、最低限のラインを決めそれ以上達成されたときには良いことにしましょう。 完璧主義の方は合格点も高く設定しがちですので、自分で考えているよりももっと低い点を設定しておきましょう。 合格点を決めておくと多少抜けてしまったときや思う通りに進まないときにも、大きいストレスを溜める必要がありません。 マイナス思考 一つの物事が合ったときに、こうなってしまったらどうしようと考えてしまうマイナス思考もストレスになります。 ・今は仕事が順調に進んでるけれど、もし何かあったらどうしよう ・上司は笑顔で僕のミスを許してくれているけど、影では悪口を言っているのかもしれない ・一生懸命働いているはずなのに、皆ばかり評価されていて自分だけ評価が低い気がする 特に人と比べてしまったときや先が見えないことだと、マイナス思考に陥りがちです。 まずはあまり深く物事を考えすぎずに、なんとかなるの気持ちでプラス思考に持っていく努力も必要になります。 心配な点ばかり探すのではなく、未来に向けて期待できる点を見つけるクセを付けてみましょう。 現実とのギャップを認識する 頭の中ではもっと順調に昇進していき、部下にも慕われ上司にも好かれるなどと想像しているとします。 ここで現実は上司にいつもフィードバックを受け、ほとんど昇進もしないとなるとこれがストレスになります。 そしてもし周りが順調に見えると、仕事をするのも嫌になってしまうかもしれません。 理想が高く素敵なものであれば、現実とのギャップに落胆してしまいます。 マイナス思考にならないためにも、現実は大変なこともあり思い通りにいくことばかりではないと認識する力は大切です。 今は順調に見える同僚でも、この先どうなるかはわかりません。 僕はダメなのだとマイナス思考になるよりも、現実を見つめ絶えず努力をし物事をプラスに考えることで理想も叶います。 仕事のストレスが溜まる3つの原因 職場の中には様々な人がいて仕事を行う上での課題もあるため、ストレスが溜まりやすい原因が眠っている場所といえます。 何かが原因でストレスになっているかをはっきりさせ、解消させていくのも大切です。 会社の人間関係 自分と気が合う人ばかりと仕事ができれば良いのですが、そうはいかないのが職場です。 様々な部署があったり転勤などの人事異動があったりする職場は、人間関係も定期的に変わります。 せっかく合う人たちと仕事をしていたのに、あまり合わない人ばかりの部署に配属になるケースもあります。 合わない人、新しい人と協力しなければならないのも、心に負担を大きくかけます。 上司が合わない 関わりのある上司が自分と合わないと感じると、多大なストレスになります。 上司だからといってどこまでも気を遣う必要はないので、距離を上手に保つのがオススメです。 仕事で必要な話をし、どうしてもダメなときには同僚や他の人にも相談をしてみましょう。 実は自分だけでなく、そういった人は他の人からも煙たい存在に思われてる場合もあります。 同じように思っていて共感し合えるだけでも、ストレスの度合いが変わってくるかもしれません。 他には逆に話ができそうなときにプライベートなことを相談してみる方法や距離を縮めてみる方法もあります。 仕事の話だけでなく相談することで、お互いの距離が縮まり苦手意識が薄れる場合もあります。 社風が合わない 会社の始まりの時間が9時開始のはずなのに、8時にはすでに皆が集まっているなど、会社の見えない決まりのようなものも存在します。 お給料に反映されず、1時間前に出社するのが当たり前になっている社風に違和感を感じてしまうのです。 逆に残業は当たり前で、定時に上がれそうでも切り出しにくい雰囲気が当たり前になっている場合もあります。 何か上手に言い訳を使い、定時までに自分の仕事が終わったら退社しても良いでしょう。 ストレスがフルになってしまい社風に耐えられないときには、自分の考えに合う会社へ転職するというのも一つの方法です。 長時間労働 締め切りが迫っているときなど、サービス残業をしてでも終わらせなければならない雰囲気も多いものです。 決められた仕事を終わらせるためには、長時間労働が当たり前の風潮もあります。 長時間になればなる程ストレスは溜まっていきますし、投げ出したい気持ちになってしまうでしょう。 休日返上の出勤 様々な企業とやり取りをしている会社に勤めていると、無理なお願いも出てきて対応しなければいけなくなります。 せっかくの休みも返上し、出勤しなければならないこともあるでしょう。 それでも休日出勤と認められてお給料が出ればまだ良いのですが、勤務先によってはごまかすところもあります。 ほとんど休みなく出勤させられているとすれば、それ自体が違法になります。 休みが仕事になり困っている場合は勇気を出して相談し、それでもダメな場合は労働基準監督署に相談してみましょう。 何をしてもダメな会社の場合は、転職も視野に入れておくのがオススメです。 休日がないというのは、身体も心も休ませてあげるときがないということです。 これでは当たり前にストレスが溜まりますし、いつか気持ちが爆発してしまうか倒れてしまうときがきてしまいます。 残業が多い 会社によっては社員のことをしっかりと考えていて、1分単位でしっかりと残業代を出してくれるところもあります。 通常の業務の他に、何時間も残業してしまうと疲れも溜まってきます。 月の中で数日間だけであれば頑張れても、毎日のように残業があればいつの間にかストレスも大きくなってしまうでしょう。 もし自分の仕事を早めることでなんとかなりそうであれば、通常業務内で終わるよう工夫しながら働いてみましょう。 どんなに頑張っても残業が多く身体も心もストレスを感じてしまったときには、定時で帰りやすい会社を探してみるのもオススメです。 最近は残業が多い会社ばかりではないですし、今後の働き方を考えてみても良いでしょう。 残業をすればその分お給料が付きますが、もし明細を確認しても付いていない場合は違法です。 大きい企業であれば電話で社員の方が相談できる窓口もある場合もありますし、解決しないときは弁護士さんに相談しましょう。 ノルマ 会社としても存続していくために、売上が必要となります。 そこで社員一人ひとりにノルマや個人目標を掲げている会社も多数あり、毎日プレッシャーになっているケースがほとんどです。 休んでいる日もノルマのことを考えてしまうと、まったく気持ちが休まりません。 人手不足 会社によってはノルマがキツく、新人が入ってきても研修などの段階ですぐに辞めてしまうところもあります。 するといつになっても人が増えず、働いている方のノルマも増えてしまいます。 ある程度の人数がいれば少し減らせるノルマも、人手不足によって苦しいものとなってしまうのです。 そもそも新人がすぐに辞めていく会社というのは、何か問題があるケースがほとんどです。 ずっと働いていても新人だけでなく、何ヶ月か続けている方も辞めることを考えている可能性があります。 さらに苦しいノルマが課せられる場合もありますので、ストレスになり解決しない場合は転職がオススメです。 実力以上のノルマ 特に営業職を選んでしまうと、考えられないような目標額を提示されるケースがあります。 どうやったら達成するのか疑問に感じてしまう程の金額で、どんなに残業や休日出勤しても難しい場合もあります。 家に帰ってきてからも寝る前までお客様とやり取りが必要である場合も多く、気持ちも休まらないでしょう。 そしてノルマが達成されないときには、厳しく怒られる場合もあります。 また次の月もノルマを達成できなかったらどうなるのだろうと、不安を感じながら働くこととなるのです。 逆にせっかくその月のノルマが達成できても、また増やされエンドレスに数字を追わなければいけないこともあります。 ストレスでおかしくなりそうなときには、次は営業などのノルマを重視する会社ではないところを選び転職しましょう。 まとめ どの会社で働いてもストレスは多少あるものですが、趣味も楽しめず没頭できない程心が苦しいときには転職が一番です。 お金の心配があってすぐに転職できない場合でも、働きながら隙間時間を見つけて次の働く会社を選んでも良いでしょう。 今は次の職場の相談に乗ってくれる会社もありますし、もっと自分に合うところが見つかる可能性は十分にあります。 大きい会社であれば部署や勤務地の移動願いを出すのも良いですし、今の環境を変えるのもオススメです。 同じ職場にいて、うつ病になり毎日が辛くなってしまったら人生がもったいないです。 夢中になれる何かを見つけストレス解消し、それでもダメなときには別の職場も検討してみてましょう。

次の

仕事のストレスがやばい人がダウンしないコツ

仕事 ストレス やばい

仕事をすれば必ずと言ってもいいくらいに発生するストレス。 一生懸命働いているからこそ、より強いストレスを感じるということもありますよね。 人間にはストレス耐性がありますが、そんなストレスも長い時間積み重なることで、体に変調をきたしたり、やる気が無くなってしまいます。 ストレスは、うまく処理できないとそれこそ今後働けなくなってしまったり、そもそも生きていることそのものがバカバカしくなってしまうことすらあります。 とはいえ、働かないとやってけないから、働くしか無いけど、ストレスが半端なくてマジ限界。 そんな時に是非考えていただきたいことがあります。 その「働くってどういうことなのか」というのがしっかりとあなたの中に存在していれば、今の会社で頑張って働いてゆくのがいいのか、それとも転職すべきなのか、さらには独立して頑張ってゆくべきなのか・・というのが自ずと見えてくるはずです。 人生は1度しかありませんからね、どうせなら楽しんで生きてゆきたいじゃないですか・・ 本記事があなたをストレスから開放するきっかけになれば幸いです。 Contents• 仕事で発生するストレスがやばい!もう限界! 仕事に関連したストレスは、あまり自覚することのない極小さなものから、心臓がドキドキしてしまうような極度に強いストレスまで実に様々です。 そして、その原因となるものも様々。 人によって何を強いストレスと感じるかも様々なので、なかなかわかってもらえないこともありますよね。 さらにはストレスは目に見えないものなので、どのくらい蓄積しているのかもわかりません。 無我夢中で仕事を頑張っているがゆえに、自分に溜まっているストレスの事や体調なんて後回しになりがちだったりします。 気づいたら、ストレスまみれで体も心もボロボロでもう限界・・・ ストレスが限界を超えてしまって心がポキッと折れしまうなんてこともあります。 僕も、極度のストレスによって心が我慢の限度を超えてポキっと折れてしまったことが何度かありますので、その気持や状況は非常によくわかります。 生きていると、そして仕事をしていると少なからずストレスを受けてしまうものなので、適切にストレスをマネジメントして、体も心も健康に過ごせるようにしてゆきたいですよね! 限界を超えてからでは対処が難しいので、仕事のストレスが限界を超える前にストレスのマネジメントを行いつつ、本質的な対処方法として何を行うべきかをしっかりと見定めましょう。 仕事で発生するストレス、限界を超えるとどんな影響が? 仕事によって発生する各種のストレスは、体の中に少しずつ蓄積します。 あなたがストレスと感じていなくても、確実にあなたの体に蓄積しています。 そして、そのストレスが限界を超えた時、様々な症状が発生して仕事に影響するばかりか、日常生活にも影響が生じることもままあります。 ストレスが原因で生じる体と心の変調の代表例を挙げてみます。 【体の症状】 ・慢性的な疲労 ・だるさ ・めまい ・偏頭痛 ・動機 ・ほてり ・不眠 ・便秘 ・下痢 ・微熱 ・耳鳴り ・手足のしびれ ・口や喉の不快感 ・頻尿 ・残尿感 引用元: 【精神的な症状】 ・イライラ ・不安感 ・疎外感 ・落ち込み ・やる気が出ない ・ゆうつになる ・感情の起伏が激しい ・焦りを感じる 引用元: これらは自律神経失調症の主な症状です。 ストレスにより自律神経失調症になると、仕事も集中して取り組むことができなくなってしまいますよね。 軽度だから・・と放おって置くと、ストレスの許容範囲の限界を超えてしまって、セルフコントロールできなくなってしまうこともあるので、ストレスのマネジメントはしっかりと行わねばなりませんよね。 社内に相談窓口があればそこでもいいですし、まずは吐き出すところを見つけること。 そして一人で全て抱えてしまわないように、第三者に話を聞いてもらいながら改善を図れる所がベターです。 目に見えないので他人から見て症状がどの程度なのかもわからない・・・ なので、ストレスでちょっとまずいなぁーと思ったら、まずストレスチェックを行って見ることをおすすめします。 客観的にストレスを測り視覚化することで、自分自身のストレス状態を判断する一助になるはずです。 いつも応援ありがとうございます。 この記事がお役に立てる内容であれば、ぜひワンクリックお願いします! ストレス状態を把握するにはストレスチェック! ストレスは目に見えないし、自分自身がどこまでストレスに耐性があるのかもわからないので、何をどうやって判断していいのかわからない・・・ そうですよね、わかります。 なので、そんな時に役立つストレスチェック。 全て無料でチェックできるので、ぜひ一度ストレスチェックをしてみて自分自身が今どの程度のストレスを感じているのかを客観的に把握しておきましょう。 【無料で出来るストレスチェック】 :厚生労働省 :メディシナル研究所 :慈友クリニック :世田谷区保険センター 仕事のストレスがやばくて限界!その時にまず考えるべきこと! 仕事上のストレスが限界を超えてしまって、もはや耐えきれない場合、どうするのがベストでしょうか? 多くの場合、ストレスを受けないようにするにはどうすれば・・とか、ストレスを発散するにはどうすれば・・と考えられるのではないかと思います。 対処を行いつつでもよいので、ぜひ一度真剣に考えてみてほしいことがあります。 『その会社のその仕事はあなたにとってかけがえのないものですか?』 あなたにとってその会社で行うその仕事が「 何事にも変えられないかけがえないもの」や「 その仕事を成し遂げることが人生賭けての夢」である場合には、もう少し頑張ってみるのもいいかもしれません。 しかし、それはあなたの体がまだそのストレスに耐えることが出来る場合・・という条件付きで、です。 体や心がぶっ壊れてしまってからでは遅いのです。 ぶっ壊れてしまったら、そこから治療して回復するまでに多くの時間がかかります。 ひょっとしたら回復して社会復帰できないかもしれません。 だから、そんなことになる前にしっかりと見極めてほしいのです。 あなたにとって、かけがえのない仕事や夢なのであれば、限界を超える前の今のうちに少し休んで回復してから再度チャレンジするという道もあります。 他の会社でも同様の仕事があるのであれば、限界を超える前に転職を考えるというのも一つの方法ですね。 つまり、チャレンジすることは非常に素晴らしいことなのですが、体や心を壊してしまってからでは取り返しがつかないということです。 チャレンジのためには自分自身の心と体をマネジメントし、しっかりと見極めて対応しなければなりません。 そして、「 今の会社で働くことは、単に生活してゆく為のお金を稼ぐだけのもの」という場合。 僕はサラリーマン時代どちらかと言うとこちらでした。 しかし、それは頑張って昇進して給料を上げてゆきたい・・・つまり給料を沢山もらって生活をより豊かにしたい、という思いから来ていました。 別に社会をより良くするためにとか、自分の人生をかけて成し遂げたい夢の仕事だからとか・・そんなプライスレスな考えはまったくなくて、お金をもらう為に仕事をしていて、その仕事が僕にとって唯一無二のものなんだという理由を後付けしていただけでした。 今だからはっきりと解かりますが、僕は確実にこっちでした。 先程の 『その会社のその仕事はあなたにとってかけがえのないものなのか?』 という質問を、心穏やかに自分自身と対話をしながら考えることで、なにか見えてくるものがあるはずです。 取り返しがつかなくなる前に、本当に真剣に考えてみてください。 仮に、もっと楽に今と同じ給料、いやもっと多くの給料を貰えると聞いて、「じゃソッチのほうがいいじゃん」と思ったのであれば、確実にあなたは僕と同じ側です(笑) その仕事のストレス、我慢すべきですか? なぜ 『 その会社のその仕事はあなたにとってかけがえのないものですか?』を考えなければならないのかには、大きな理由があります。 今の会社での仕事が、あなたにとってかけがえのない仕事なのであれば、上手くストレスと付き合って仕事を続けてゆくのがあなたにとっては幸せなのだと思います。 しかし、生活のために仕事をしている僕と同じ側のあなたは、そのストレスを我慢する必要はないんじゃないかと思うんです。 もちろん、仕事上の立場だとか、転職すると転職先の会社でまた一から積み上げなきゃいけなくなるから、とか色んな観点から考慮すべきことはあるでしょう。 しかしです・・・ 何度もいいますが、体と心がぶっ壊れてからでは遅いのです。 会社という組織にとってあなたの代わりはいくらでも居ます。 残念なのですが真実です。 あなたが居なくなっても会社の仕事はなんとか回っていきますし、ましてや倒産なんてのもありません。 それが組織というものです。 ですが、あなた自身にとって、そしてあなたのご家族やあなたの大切な人にとってあなたはかけがえのない存在です。 今の会社でなければならない相当な理由が見つからないのであれば、転職を考えてみるのも1つの方法ですね。 もっとストレスを感じずに同じくらいの給料だったり、それ以上の給料の仕事があるはずです。 そしてもう1つ考えておきたいのは、そもそも前提としてサラリーマンとしてどこかの会社に雇われなければならないのかどうか・・・ 一例ですが・・・ 僕のように、非常に低いリスクで起業して毎日の自由を満喫しながらも仕事して稼ぐっていう方法なんかもあったりします。 たまに見かけませんか? めっちゃいい車に乗ってたり、めっちゃいい服なんかを着てるけど、サラリーマンしてる風な装いじゃなくって、平日の昼間っからふらふらしてて、何の仕事してるんだろう・・・って人。 世の中には探せば沢山の生き方、稼ぎ方があるのでこの機会にそういう情報にも触れながら、考えてみてもいいかもしれませんね。 仕事をされているあなたは、簡単に転職なんて出来ないよ・・と思われる気持ちもよくわかります。 私も実際に独立して起業する時に会社を辞めるのはとても怖かったからです。 だけど、怖がって何も前に進まない・・現状を維持したままだと、何も変わらないことはあなた自身も良くわかっているはずです。 お金を稼ぐ方法を見直すことで対処法が見つかる? 毎月会社に雇われて働く以上の給料を得て、自由に働くことが出来るのか? これって、サラリーマンをしているとほんっとに疑問というか、不思議というか・・どうやればいいのかやり方があるんだったら教えてもらいたいって僕はずっと思っていました。 何時に起きても良くてストレスフリー ぶっちゃけ僕はもっと早く知りたかった・・・と思いました。 別に特別な才能なんて無いですよ。 普通に努力して頑張って必要なスキルを得たから、稼げるだけです。 僕はほぼノーリスクで出来るってわかったから、副業で始めました。 サラリーマンとしての給料を得ながら、副業での収入を引き上げることが出来たので、起業に伴うリスクというものは皆無でしたし、起業後もストレスフリーで稼ぎたいだけ稼いでます(笑) ・・・とまぁ僕の話はいいのですが、何が伝えたいのかと言うと、「生活のために働く」のであれば、無理に会社に雇われて働かなくても生きてゆくことは出来ますよ、ということ。 ついでにいうと、どこに居てもPCさえあれば仕事できますから、住むところも自由だし何処に居たっていいわけです。 特別な才能が無くても、今仕事で頑張っているその頑張りの方向性を変えるだけで、自由に生きてゆく生活があるってことをまず知る事ができれば、やってみてもいいかもって思うときが来るかもしれませんね。 つまり、お金を稼ぐための働き方を改革すると、ストレスは激減しますし、その分希望は爆増する事ができます(笑) 僕は会社で働き方改革が叫ばれていて、会社内では一向に進まない働き方改革を推進する為に・・・ということで、自分自身の働き方を改革しますって言うことで退職しました(笑) まとめ ストレスは、現代社会においてはもはやほとんどの人が経験したことのあるくらい、当たり前のものになってしまいました。 対処を行わず、放おって置くと限界を超えてしまって、仕事ができなくなってしまったり・・恐ろしいことに発展してしまいますので、ストレスチェックを行い、的確な対処をしてゆきましょう。 そして、ストレスフリーな働き方、生き方というものがあるということも1つの選択肢とすることで、より豊かな人生を歩むきっかけになるかもしれません。 ぜひ、よく情報収集をしてみてくだい! ストレスなんかに負けない・・というかそもそも戦うことのない豊かな人生になることを祈っています。 【"miura"のプチプロフィール】 2018年夏、長いサラリーマン生活から独立、起業。 自由をゲットしました。 人生は一度きり、 行きたい時に行きたい場所に行き、やりたいことをやる。 時間と経済的な自由を得て、自分に嘘をつかないスマートライフを送っています。 好き:乗り物、しいたけ、モフモフ猫さん、レッサーパンダ 嫌い:パクチー、夢のない仕事、カロリー サラリーマンとしていくら頑張っても、結局は人からの評価で物事が決まり、 たった一度の人生であるにも関わらず「 住むところも、稼ぐ額も、自由になる時間も自分自身が決める事が出来ない」、という不自由に嫌気がさしたのがインターネットビジネスを始めたきっかけ。 【今ならフルセット教材を無料プレゼント中!】 当サイトのオーナー、miuraです。 インターネットビジネスを始めた目的は、「たった一度の人生なのに、自由に生きることが出来ないってどういう事?」と思ったから。 自分に嘘を付きながら会社でストレスフルな仕事をし、将来に不安を持ち続けて後悔するような生き方をしたくなかったからです。 自分の求める自由と最高の人生を得るためにインターネットビジネスとしてブログによる収益化を行い、好きなことを好きな時にやり、行きたい時に何処にでも行ける自由は手に入りました。 もっと自由度を大きくする為に、ブログによる収益の拡大とコンサルティングやwebマーケティングにも力を入れています。 「正しくやれば出来る」し「人生すらも変えられる」事を広く世に広め、僕と同じように皆さんにも自由を手に入れてもらいたいと思っています。 そして、モフモフな猫が大好きです!ww•

次の

仕事が暇すぎてストレスがヤバイ・・・こんな時どうする?

仕事 ストレス やばい

一説によると、人はストレスなしでは生きてゆけないらしい。 しかし、度を超えたストレスはあらゆる不調を呼び起こす。 先日、「2ちゃんねる」でというスレッドが立つと、「幻聴があまりに自然なかんじで聞こえてくる」「まっすぐ歩けなくなる」といった内容が書き込まれ、まとめサイト界隈で話題になっていた。 (文:みゆくらけん) 「相手の言ったこと全てが自分にとってネガティブにしか捉えられない」 身体に現れる不調では、他にもストレスあるあるの「口内炎」から 「ニキビと口臭がヤバくなる」 「下痢が止まらない」 「蕁麻疹でまくり」 「髪の毛が抜ける」 といった書き込みがあった。 ストレスのせいで体に異変が起こり、その不調のせいでまたストレスが重なるといった悪循環! 女性の場合はストレス性の肌荒れから落ち込みが2倍になったり、生理が止まってしまうこともあるだろう。 また、ストレスに追い込まれると精神面がおかしくなる人も多いようだ。 スレ主は、 「全ての人間が、自分を貶めることに人生賭けてるように見える」 と書いていた。 恐ろしい。 「周りの人間みんな敵」に見えてきてしまうなんて、薬物中毒者の精神状態に近いものを感じてしまう。 ストレスによって被害妄想や猜疑心が肥大するパターンは多いようで、 「相手の言ったこと全てが自分にとってネガティブにしか捉えられない」 「幸福そうな人を見てイライラする」 といった声も上がっていた。 社会をもう少し緩めなければストレスは変わらない そして、ストレスに追い込まれると行動面にも影響が出てくる。 普段の自分とは違う人格が降りてくるようで、「評価なんてどうでも良くなって態度がおかしくなる」「コンビニで余計なデザート買う」「酒量が増える」「上司にキレる」などまだ序の口。 中には、 「駅からの帰り道、思い切り笑いながらスキップする」 「一人になると急に赤ちゃんみたいに泣きわめいたりする」 などと、相当追い込まれている人も。 他にも「昼休みに公園で泣く」「死にたい系の口癖が無意識に出る」「トイレの窓から地上までの距離を目で測る」といった、深刻すぎる書き込みもあったが、メンタルをやられて立ち直れなくなる前に心療内科を受診した方がいいだろう。 ある人はこう書き込む。 『何やってんだ…何やってんだ俺…』とブツブツ呟きながらまだ号泣しつつトボトボと帰宅。 おとついのワイや」 この人、つぶらな瞳のワンちゃんと出会わなかったら一体どうなっていたのか。 この人も無理してでも有休を使って休むとか、転職を考えた方がいい。 筆者は以下の書き込みに共感しまくった。 「もうちょっと緩い社会になんねぇかなぁ。 郵便物が一週間かかってもコンビニが夜中開いてなくてもいいからさぁ。 ただ生きることが何でこんなに修行なのよ」 ただ生きることが修行・・・。 そう感じている人は多い。 度を超えたストレスは人の心を殺す。 「自分なりのストレス解消法を持つべき」とはよく聞くけれど、カラオケや睡眠や猫カフェやおいしいものを食べまくるぐらいで解消できるとは……もはや思えない。

次の