ベンツ v クラス 口コミ。 新型ベンツCクラスの評価・口コミを辛口チェック!

新型ベンツCクラスの評価・口コミを辛口チェック!

ベンツ v クラス 口コミ

この記事の内容• 新型Cクラスの特徴 メルセデス・ベンツは、セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4タイプの新型Cクラスを2018年夏に同時販売を始めました。 新型Cクラスは新しく開発されたエンジンが搭載されており、外装や内装のデザインが変更されるなど、たくさんの改良点がみられます。 新型Cクラスはベンツを代表するDセグメントで、 BMW3シリーズをはじめとした数多くの対抗車種がひしめくクラスであることは間違いありません。 新型Cクラスは世界市場で高級車としての位置づけにあることも言うまでもないでしょう。 2014年に4代目のCクラスが販売されて以降、初のマイナーチェンジとなり、Dセグメントとしても最高の出来であるとメルセデス・ベンツ自身が誇っています。 それでは具体的に新型Cクラスのついてみていきましょう。 ベンツCクラスのエクステリア外観 テールランプにもLED採用&デザインが変更されたCクラス ステーションワゴンも、セダンと同じ変更が行なわれました。 メルセデス・ベンツ新型Cクラス ステーションワゴンも、Cクラスセダンと同様の変更がなされました。 予定ではマルチクローズアップビームLEDヘッドライトが採用されるはずでしたが、今回のマイナーチェンジでは装着されませんでしたので、次のチェンジのときに期待しましょう。 マルチクローズアップビームLEDヘッドライトというのは、フロント部分に搭載されているカメラで前の交通状況を検知し、片側に24個も施されているLEDを制御しつつ、他のドライバーに配慮したヘッドライトです。 ただ先ほどお伝えしたように、現状でもSクラスにも採用されているLEDヘッドライトを採用しているわけですから、安全面は十分に確保されているといえるでしょう。 クーペ、カブリオレについては、セダンやステーションワゴンのLEDヘッドライトとは異なり、複眼的なLEDヘッドライトが採用されており、これもまた高級感があふれています。 Cクラスクーペとカブリオレの複眼的なLEDヘッドライト クーペ、カブリオレのリアのデザインについてはこれ以外変更部分がないようです。 このような変更点をもったCクラスですが、ボディサイズは以下のようになっています。 全長 4,790mm 全幅 1,810mm 全高 1,445mm ホイールベース 2,840mm 車両重量 1,510~1,790kg 乗車定員 5名 新型Cクラスは、ベンツの中でも比較的コンパクトな車種であり、日本の駐車場でも十分におさまるサイズになっています。 また車両重量についても2,000kg以下ですので、都市部でみられる機械式の立体駐車場であっても問題なく駐車することができますよ。 ベンツCクラスのインテリア・内装 新型Cクラスのインテリアはシンプルでありながらも、 Sクラスと差がない機能が施されています。 (パッケージオプションの選択が必要です) 例えばSクラスでも装備されているインフォテイメントシステムおよびマルチメディア・システムをオプションで選択することが可能です。 デジタルディスプレイは、コントローラーがついているタッチパッドと音声で操作できるため、ドライバーにとってはとても便利な機能ですよね。 またエナジャイジング・コンフォート・コントロールが搭載されていることで、エアコン、シートヒーター、シートマッサージ、照明といった車内環境を管理・調整することができます。 このあたりが他の車種にはあまりみられない高機能な製品であることが分かりますね。 さすが新型Cクラスです。 AMGについては、AMG-Line専用のインテリアカラーとして「マグマグレイ」「ブラック」「サドルブラウン」といった特徴的なカラーが準備されており、いずれのカラーも上質感が見て取れます。 ベンツCクラスのパワートレーン 新型Cクラスのエンジンは、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドの3タイプです。 セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレのいずれも、以下のグレードおよびエンジンが用意されています。 C200 1. 5L 直列4気筒マイルドハイブリッド C200 4MATIC 1. 5L 直列4気筒マイルドハイブリッド C220 d 2. 0L 直列4気筒ディーゼル C43 4MATIC 3. 0L V型6気筒ガソリン 新型Cクラスのガソリン車は、マイナーチェンジ前にも搭載されていた4気筒ターボエンジンを小型化し、プラグインハイブリッド化することで、パワーを向上させるだけでなく燃費の向上も図っています。 ディーゼルエンジン車もガソリン車と同じようにエンジンが小型化され、2. 2Lディーゼルエンジンではなく、2. 0Lの4気筒ディーゼルエンジンが搭載されました。 5Lガソリン車には「EQブースト」といわれるマイルドハイブリッドシステムが採用されています。 これはベルト駆動のスターター・オルタネーターにより、モーターがターボをアシストし、ターボが苦手としている低回転領域でもエンジンのパワーを補ってくれるというシステムです。 このシステムが導入されていることで、低回転状態であってもパワーを感じる走りを実現することに成功しています。 今後メルセデス・ベンツは、プラグインハイブリッドディーゼルモデルをリリースする予定にしていることを発表しており、C200 dの直列4気筒ディーゼルエンジンをベースに開発していくそうです。 このように新型Cクラスは、1. 5L~3. 0Lのエンジンが用意されていることが分かりましたが、総排気量が小さい1. 5Lでも快適な走りを実現していることはありませんし、人数がたくさん乗車していても、もの足りなさを感じることはないでしょう。 より快適な走りを実感したい場合は、2. 0Lディーゼルエンジンを選ぶのもいいですよ。 ではエンジンによってどのように性能のちがいがあるのかを、次の表でみていきましょう。 C200 C2004MATIC C220 d エンジン 種類 直列4気筒ターボ 直列4気筒ターボ 直列4気筒 ディーゼル 総排気量 1. 5L 1. 5L 2. では次に燃費についてみてみましょう。 セダン・ステーションワゴン クーペ・カブリオレ C200 16. 1~16. 3~16. 9~15. 2~15. 2~22. 4~21. 6~10. 5~10. 4MATIC 4WD は4輪を動かすため、その分燃費が少し落ちますね。 ベンツCクラスの安全装備 新型Cクラスには、地図データとナビゲーションデータを連携させた半自動運転システムが採用されています。 この機能によって連続カーブ、交差点、う回路などが近づいてきたときには、車が車速を予測して自動調整してくれるのです。 その他には、以下のような機能が採用されています。 ディスタンスパイロット・ディストロニック ステアリングパイロット 2種類のレーダーセンサーにより、前方の車を検知して速度に応じた車間距離を維持 リアCPA 被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム 車間距離と接近速度から衝突の危険があると判断すると、ハザードランプを素早く点滅・後続車のドライバーに警告 アクティブブレーキアシスト 歩行者検知機能付 衝突の危険性を感知し警告にドライバーが反応しないとき、軽いブレーキングでドライバーに警告し衝突回避をサポート アクティブブラインドスポットアシスト リアバンパー左右のレーダーセンサーにより、車両の斜め後ろのミラーで見えない死角エリアをモニタリングし、そこに車両がいるときはドアミラー内蔵のインジケーターが赤く点灯して注意喚起 アクティブレーンキーピングアシスト フロントホイールが走行車線を越えるとステアリングが断続的に微振動しドライバーに警告しドライバーが反応しない場合は自動補正ブレーキによって車両を車線内に戻す グレードによってはオプション設定になっているものもありますが、これだけの安全装備が採用されていると、安心してドライビングを楽しむことができますね。 ベンツCクラスの価格 ご紹介していますように、新型Cクラスは外装・内装の変更、ヘッドライトの機能追加などの改良がなされているため、以下のようにこれまでのCクラスよりやや車両本体価格があがっている傾向にあります。 <セダン> グレード 車両本体価格 C180 受注生産モデル 4,490,000円 C180アバンギャルド 4,890,000円 C200アバンギャルド 5,520,000円 C220dアバンギャルド 5,780,000円 C200 4MATICアバンギャルド 5,800,000円 メルセデスAMG C43 4MATIC 9,400,000円 メルセデスAMG C63 12,110,000円 メルセデスAMG C63 S 13,790,000円 <ステーションワゴン> グレード 車両本体価格 C180ステーションワゴン 受注生産モデル 4,730,000円 C180ステーションワゴンアバンギャルド 5,130,000円 C200ステーションワゴンアバンギャルド 5,760,000円 C200ステーションワゴン4MATICアバンギャルド 5,760,000円 C220ステーションワゴンdアバンギャルド 6,020,000円 メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン 9,590,000円 メルセデスAMG C63 ステーションワゴン 12,230,000円 メルセデスAMG C63 S ステーションワゴン 13,980,000円 <クーペ> グレード 車両本体価格 C180クーペ スポーツ 5,640,000円 メルセデスAMG C43 4MATICクーペ 9,500,000円 メルセデスAMG C63クーペ 12,920,000円 メルセデスAMG C63 Sクーペ 14,240,000円 <カブリオレ> グレード 車両本体価格 C180カブリオレ スポーツ 6,150,000円 メルセデスAMG C43 4MATICカブリオレ 10,030,000円 メルセデスAMG C63 Sカブリオレ 14,830,000円 新型Cクラスの対抗車種は?? Cクラスカブリオレ 新型CクラスにとってBMWやアウディは当然のライバルです。 日本国内でのライバル車種としてあげられるのは、2018年6月26日に販売を開始した クラウンがあげられるでしょう。 新型Cクラスは一番安い値価格のもので4,490,000円からで、新型クラウンは4,606,200円からですので同じような価格設定ですし、新型Cクラスもさまざまな安全装備が施されているように、新型クラウンもToyota Safety Senseが全車に標準装備されています。 新型Cクラスにも十分優れている点がありますので、他の車種と比較することで、より新型Cクラスの良いところが見いだせるでしょう。 新型ベンツCクラスの評価・口コミを辛口チェック!のまとめ 今回は2018年7月25日に販売開始された新型Cクラスがどのような車なのかについてご紹介しました。 新型Cクラスはマイナーチェンジとは思えないほどの大きな進化を遂げました。 車両本体価格が高くなったのは、それだけ新型Cクラスが進化したことの表れです。 快適な走行はもちろんのこと、安全装備や燃費性能が向上していますので、経済的な負担も軽くなりながら新型Cクラスをもつことが可能です。 ベンツCクラスの商談に行く前に… 人気の新型ベンツCクラスを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか? 一般の方は慣れないディーラーの価格交渉で、 百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。 そこで、 どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます! 値引きテクニック.

次の

The V

ベンツ v クラス 口コミ

ベンツ 2016. 03 2017. 04 輸入車好き ベンツ各クラスの評判や口コミなどをまとめてみた!高評価続出でビックリ! ベンツの中でも人気がある車種の評判や口コミなどをチェックして、まとめてみました。 高評価続出の車種もあれば、乗りての好き嫌いによって意見がわかれる車種もありました。 アナタが気になるベンツの評価はいかに!? スポンサーリンク ベンツGLAクラスの価格や燃費は?BMW X1と比較するとどう違う?! GLAはSUVの中でエントリーモデルに位置します。 昨今のSUVブームで気になるヒトも多いのではないでしょうか? 外車にしては手が出しやすい358万円で、ベンツ車が購入できます。 またライバル車としても位置づけられるBMW X1とはどのような違いがあるのかを比較してみました。 この違いが分かればGLAにするかBMW X1にするか選ぶことができます。 とても美しいフォルムを手に入れたクーペボディはどのような車に仕上がっているのか。 2ドアになったことで後部座席の空間や、乗り降り性はどうなっているのか等もチェックしてみました。 他の人乗せることが無いひとであれば最高の車なのではないでしょうか。 Sクラスを思わせるエクステリア、ライバル車を圧倒する内装クオリティを手に入れました。 プロの評価では「ランフラットタイヤになったことで乗り心地が悪い」と言われていましたが、実際のところは思ったよりも高評価が多かったです。 2014年に発売された当初と最近のモノでは足回りが少し違うのでしょうか? Cクラスセダンは高評価続出でビックリでした。 エクステリアやインテリアはセダンのものとほぼ同じで、高評価です。 Cクラスの課題と言われる乗り心地ですが、基本的なスペックや同じハズなのにセダンよりも乗り心地が良いという評価が見られます。 年次改良で改善されたのでしょうか? そのほか後部座席のスペースなどについても調べてみました。 CLAの美しさを継承しながら積載性を兼ね備えたワゴン形状となりました。 あえて「ワゴン」といわず「シューティングブレーク」と名付けられたこの車はデザインの好みが分かれます。 またワゴン形状になったことで期待される高座席のスペースや積載性ですが、どのような評価なのでしょうか。 乗り心地についてもAクラスよりしなやかになったという評価が見られました。 ベンツGクラスの幅は1860で、以外にもSクラスより小さく、扱いやすいです。 SUV人気でGクラスが気になっているヒトも多いと思いますが、維持するためにどれくらいの費用がかかるのかをイメージしてみましょう。 日本ではあまり見かけない車です。 日本では見かけない理由は、国内最高峰のミニバンであるヴェルファイアやアルファードよりもスタート価格が高いのが理由かもしれません。 ですが国産ミニバンに比べて走行安定性が高く、人によってはVクラスの方がマッチしている場合もあるでしょう。 口コミでは「Vクラスを選んでよかった」という声も多く、国産ミニバンには無い魅力があります。 CクラスやSクラスと見分けがつかないエクステリアですが、乗り込むとSクラスかと思うようなクオリティに驚かされます。 Cクラス同様ランフラットタイヤ装着となり心配された乗り心地ですが、マッチングが良く快適な乗り心地が保たれているようです。 また走りも軽快で、ボディの重さを感じさせないのも魅力です。 新型Eクラスは出来が良く、高評価続出でした。

次の

【ベンツ唯一のワンボックス】ベンツVクラスの燃費や維持費とカスタムから試乗評価など

ベンツ v クラス 口コミ

良かった点 メルセデスらしいデザインがかっこいい。 駐車場に困らない大きさで小回りが利くので車の運転に慣れていない人にもおすすめ。 高速道路での安定感はさすがはメルセデス。 長時間長距離のドライブも疲れを感じさせません。 ブレーキは扱いやすく、制動能力は素晴らしいです。 後部座席は広く、身長の高い人が乗っても窮屈には感じさせません。 ラゲッジスペースはかなり広いので旅行から買い物までなんでもこなせます。 趣味の釣りにも活躍しています。 ネットではコンパクトカーなんて言われたりしてますが 現物を見ると決してコンパクトとは言えません。 ミッションがDCTなので坂道発進が不安な方もいると思いますが ヒルブレーキアシストのお陰で何も気にせず運転できます。 変速は非常に滑らかです。 踏めば気持ちのいいサウンドが聴けます。 乗っていると様々なメルセデスらしさを感じる事ができます。 良かった点 外観:正面や斜め前からのデザインが一番素敵です。 横も綺麗だと思います。 後ろは、スポーツモデルでないとマフラーが出ていないので今一に思います。 内観:とても考えて作ってあります。 ナビの配置が高いのはとても良いと思います。 ナビの音量も音楽の音量も簡単に変えられるのは、日本車にない魅力です、日本車は設定の画面まで行かないと変更出来ません。 運転中に設定の画面にいくのは危険です。 欧州車はこのパターンが普通だそうです。 ステアリングのボタンで簡単に変えられます。 ミュートもすぐ出来ます。 マルチファンクションディスプレイはとても見やすく、カラーと日本語表示でわかりやすいです。 日本車はマークだけ表示して詳細は取説を見るか販売店に聞きましょうと言うスタイルが多いですので、わかりやすく好印象ですね。 後部座席の足元に出っ張りがあるのが問題ですね、必要なのでしょうか?四駆ならあっても不思議ではない気がします。 FFでも四駆でも同じようにあるとのことです。 この辺は日本車の方が綺麗に処理されていて出っ張りはない車が多いですね。 エンジン性能:剛性感があって良いです。 出だしだけ妙に遅いのはメルセデスの仕様とのことで、安全を考えているとのことです。 そのあとは力強い走りをします。 このクラスなら問題ないレベルです。 ターボが付いていないと思うぐらいにスムーズで好印象です。 乗り心地:自分には丁度いい感じでした。 硬いと言う方が多いように思いますが、AクラスとかCクラスの方がもう少し硬いらしいです。 Bは柔らかい方らしいです。 コンフォートでしかわかりません。 総評 カーセンサーで検索して,価格と程度,装備のバランスのとれた現車を購入ました。 自分の条件として, ・高速走行で安定して走ることができること ・安全装備が充実していること ・ロードバイクの積載が容易であること。 の3点をあげたが,この3点を満たしていて,価格と質感の一番バランスのとれたBクラスを選択しました。 最後までゴルフ・トゥーランと迷いましたが,安全装備とインテリアの質感などにおいて同価格であれば,Bクラスが上回っていました(これはBクラス自体が人気がないことがあるのかもしれません)。 ・これまで大きな故障もなく,安心してのることができています。 コストパフォーマンスが高く,満足感の高い中古車生活ができていると実感しています。 良かった点 小型のSUVよりも、視線が高く運転しやすい。 一見重心がたかそうだが、あまりロールせずコーナリングは悪くない。 コラムシフトの様なダイレクトシフトは、ハンドルに手を添えたまま操作できるので、慣れると非常に便利(特に狭い駐車場などでの切り返しで前進後退を繰り返すとき)アイドリングストップ機能での再始動時には、FR車ではわずかに横揺れを感じることもあるが、FF車のため前に振られる振動のまま発信するので動作が気にならない。 レーダーセーフティパッケージについては、絶対につけるべきオプションだと思う。 特に車線変更時の後方支援機能のブラインドスポットアシストは市街地でも高速でも目視と合わせて安心して車線変更を行うことができる。

次の