子宮頸がん 初期症状 ブログ。 ブログで「子宮頸がん」を告白…辛い「抗がん剤治療」記録しながら乗り越えた

子宮体がん(子宮がん)とは|症状や検査、治療、ステージなど【がん治療.com】

子宮頸がん 初期症状 ブログ

不正出血のようなものがあった私。 これは子宮頸がんの症状なのではないか?と疑いました。 子宮頸がは腺癌を含めて、「初期の症状がほとんどない」、 というのが大きな問題です。 子宮頸がんにかかっていても、これといった初期症状がないので、 気付かないままに進行してしまうという方がかなり多いんです。 これは深刻だと思います。 もし、なにかしら症状が出ているとすれば、すでにある程度 がんは進行している可能性があるからです。 子宮頸がんの症状で現れるのは、 ・不正出血 ・月経の日数が長くなってきた ・性交痛 ・異常なおりもの ・腹痛 などがあるのだそうですが、気付かなかったたり、 気付いていても面倒だからそのままにしておいてしまったり、 ということも多いようです。 私も子宮頸がん検診を受けていない状態で、 もし不正出血や異常ながあっても、あんまり気にしなかったかもしれません。 腹痛があっても「便秘かな?」と思うぐらい。 まさか、子宮頸がんが原因だなんて、間違いなく疑わなかったことでしょう。 ですので、子宮頸がん検診を受けるというのは、 本当に大切で重要なことなのです。 1~2年おきで検診でがんを受けていれば、 初期で発見することができるので、手術で完治させることができます。 私もまさか自分が子宮頸がんだとは思っていませんでした。 そんな元気印でさえ、気付かないうちにがんになってしまっていました。 症状もなく、元気で健康そのものなのにです。 がんという病気は、知らない間に進んでいるものなのです。 まさが自分ががんになるわけない、という先入観は本当に危険です。 自分が子宮頸がんの可能性が高いと分かったとき、 インターネットであらゆることを調べまくりました。 さらに、有名人で子宮頸がんにかかった、という方が 書かれた本も購入して読みました。 原千晶さん、仁科 亜季子さん、松田陽子さんの本を 読みました。 インターネットのブログも読み漁りました。 そんな中で、一番私がこれは危険だな、と感じたのは、 不正出血など、明らかにおかしな症状が出ているのに、 「更年期のせいかな?」と勝手に決めつけてしまい、 そのままにしておく方が結構多いということです。 生理ではない、不正出血は明らかに病気の可能性が高いです。 不正出血があるという方はすぐに婦人科へ行って、 受診してほしいと思います。 絶対に更年期のせいにしてはいけません! 婦人科で受診してもし何もなければ、それでいいではないですか! ということで・・・ かなり前置きが長くなってしまいましたが、 私も生理ではない、不正出血があったワケです。 これは、もう子宮頸がんの症状が出ているのではないか? と思うのは、不思議ではない状況。 私の子宮頸がんは、一体どれほど進んでしまっているのだろうか? 出血があるって、かなり進んでいるんじゃないの? と恐ろしくなるのも、仕方がないことでした。

次の

子宮体がん(子宮がん)とは|症状や検査、治療、ステージなど【がん治療.com】

子宮頸がん 初期症状 ブログ

2019. 20 抗癌剤治療の真っ最中の心模様を映す薄暮の空 20代~40代の人に多い子宮頸がん。 国立がん研究センターの統計によると、1年に3000人近くの女性が子宮頸がんで亡くなっています。 新たにこのがんにかかっていると診断される数は、年間1万件以上にのぼります。 神奈川県のYuiさん(34歳)は、年に一度は子宮がんの検診に行っていました。 ところが定期検診では見つからなかったのに、ある日、初期の子宮頸がんになっていることがわかりました。 Yuiさんがどのように病気を受け止め、折り合いをつけていったのか、話を聞きました。 Yui:2、3年前からおりものの量が多いなと思っていたんです。 ネットで調べても、おりものが多いから子宮頸がんだという記事はなく、まさか自分ががんだとは思いませんでした。 でも、おりもののことが心配だったので、近隣の産婦人科に行ったのです。 検査の結果、子宮頸がんは陰性で、ひとまず膣(ちつ)に抗生物質を投与する治療をはじめました。 でも、まったく改善されず、「大きな病院で診てもらってください」と言われたんです。 それから1週間後(2018年7月)、子宮頸がんだと診断されました。 ちょっとやっかいな腺がんだと言われたのです。 Yui:診断された時は、意外とすんなり受け止めることができました。 大量のおりものの原因は、それだったんだなあと。 精密検査を終えて、ステージ1Bだと診断され、腹腔鏡下手術を受けることが決まったのですが、卵巣を左右両方取らないと再発、つまり命の危険があると言われて、診察室で号泣しました。 片方の卵巣を温存できれば、代理出産で子供を授かる可能性もあると思っていたのですが、「一生、我が子をこの手に抱くことができないんだ」と思い知らされたのです。 Yui:同情してほしいとか励ましてほしいとか、そういう気持ちはまったくなかったのですが、何人かの友人に打ち明けると、相手のほうが大泣きしてしまいました。 でも、そうした反応を目の当たりにして、私は自分の置かれている状況が、だんだん理解できるようになったんです。 自分がいまやるべきことは何なのか、感情的にならないで、客観的に見ることができるようになりました。 「人に話す』」ことで、現状を受け入れられるようになったんです。 手術までに、前から決めていた引っ越しをしなければならず、結構忙しかったので、余計なことを考える時間もなく、あっという間に時が過ぎていきました。 Yui:手術する前は、「悪いところを治して、まだまだ生きるぞ』」思っていたんです。 でも、医師から「再発予防のために抗がん剤治療をしなければならない」と告げられた時は、ものすごくショックでした。 同意書にサインしながら、再び号泣しました。 嘔吐や関節痛などの副作用も、ものすごく 怖かった。 抗がん剤治療が始まるまでは、気持ちを落ち着けるため、田舎にお墓参りに行ったり、大好きなディズニーランドに行ったりしました。 Yui:髪の毛をのばしていたのですが、髪を切ってヘアドネーション(病気の人のために髪の毛を寄付する運動)をしたんです。 切ったらスッキリしました。 抗がん剤治療をはじめて2週間後に毛がほとんど抜け落ちてしまったんですが、覚悟していたので冷静に受け入れることができました。 いまはウィッグをつけて楽しんでいます。 Yui:最初は自分のために、SNSに抗がん剤治療の記録を残したんです。 抗がん剤治療は全部で6クール。 「1日受けては21日間休む」というのを繰り返すのですが、耐え難い苦痛を強いられました。 でも、高熱が出た時のようなズキズキした関節痛、手術痕の痛み、消えない手足のしびれなどの副作用をブログに記録しておくと、何日目にどんな副作用が出て、あと何日我慢すれば終わるという見通しが立つんです。 髪の脱毛についても心の整理ができました。 以前から日常生活をブログに綴っていたのですが、病気のことをカミングアウトしてからフォロワーが300人も増えました。 たくさんの子宮頸がんを経験した人とつながることができ、いろんなことを教えてもらえて。 抗がん剤治療は、「生きるため」に通らなければならない道なんだと受け入れることができたんです。 Yui:ひとりで外出するのが不安でたまりませんが、再発におびえて生きるのではなく、人生を楽しみたい。 友人や身近な人には、検診の大切さを伝えていきたいです。 「ほとんどが初期のものですが、リンパ節転移が認められるなど重症のこともあります」(松村教授)。 「Yuiさんのように、検診で見つかりにくい子宮頸がんも2割ほどあるのですが、2年に一度は検診を受けることをおすすめします。 早期発見できると、術後の経過も良いのです。 子宮頚部の面積(直径3cm程度)は小さく、組織をこするようにして採るのですが、痛みはほとんどありません」.

次の

子宮体がんは5つの症状でチェックできる!

子宮頸がん 初期症状 ブログ

2019. 20 抗癌剤治療の真っ最中の心模様を映す薄暮の空 20代~40代の人に多い子宮頸がん。 国立がん研究センターの統計によると、1年に3000人近くの女性が子宮頸がんで亡くなっています。 新たにこのがんにかかっていると診断される数は、年間1万件以上にのぼります。 神奈川県のYuiさん(34歳)は、年に一度は子宮がんの検診に行っていました。 ところが定期検診では見つからなかったのに、ある日、初期の子宮頸がんになっていることがわかりました。 Yuiさんがどのように病気を受け止め、折り合いをつけていったのか、話を聞きました。 Yui:2、3年前からおりものの量が多いなと思っていたんです。 ネットで調べても、おりものが多いから子宮頸がんだという記事はなく、まさか自分ががんだとは思いませんでした。 でも、おりもののことが心配だったので、近隣の産婦人科に行ったのです。 検査の結果、子宮頸がんは陰性で、ひとまず膣(ちつ)に抗生物質を投与する治療をはじめました。 でも、まったく改善されず、「大きな病院で診てもらってください」と言われたんです。 それから1週間後(2018年7月)、子宮頸がんだと診断されました。 ちょっとやっかいな腺がんだと言われたのです。 Yui:診断された時は、意外とすんなり受け止めることができました。 大量のおりものの原因は、それだったんだなあと。 精密検査を終えて、ステージ1Bだと診断され、腹腔鏡下手術を受けることが決まったのですが、卵巣を左右両方取らないと再発、つまり命の危険があると言われて、診察室で号泣しました。 片方の卵巣を温存できれば、代理出産で子供を授かる可能性もあると思っていたのですが、「一生、我が子をこの手に抱くことができないんだ」と思い知らされたのです。 Yui:同情してほしいとか励ましてほしいとか、そういう気持ちはまったくなかったのですが、何人かの友人に打ち明けると、相手のほうが大泣きしてしまいました。 でも、そうした反応を目の当たりにして、私は自分の置かれている状況が、だんだん理解できるようになったんです。 自分がいまやるべきことは何なのか、感情的にならないで、客観的に見ることができるようになりました。 「人に話す』」ことで、現状を受け入れられるようになったんです。 手術までに、前から決めていた引っ越しをしなければならず、結構忙しかったので、余計なことを考える時間もなく、あっという間に時が過ぎていきました。 Yui:手術する前は、「悪いところを治して、まだまだ生きるぞ』」思っていたんです。 でも、医師から「再発予防のために抗がん剤治療をしなければならない」と告げられた時は、ものすごくショックでした。 同意書にサインしながら、再び号泣しました。 嘔吐や関節痛などの副作用も、ものすごく 怖かった。 抗がん剤治療が始まるまでは、気持ちを落ち着けるため、田舎にお墓参りに行ったり、大好きなディズニーランドに行ったりしました。 Yui:髪の毛をのばしていたのですが、髪を切ってヘアドネーション(病気の人のために髪の毛を寄付する運動)をしたんです。 切ったらスッキリしました。 抗がん剤治療をはじめて2週間後に毛がほとんど抜け落ちてしまったんですが、覚悟していたので冷静に受け入れることができました。 いまはウィッグをつけて楽しんでいます。 Yui:最初は自分のために、SNSに抗がん剤治療の記録を残したんです。 抗がん剤治療は全部で6クール。 「1日受けては21日間休む」というのを繰り返すのですが、耐え難い苦痛を強いられました。 でも、高熱が出た時のようなズキズキした関節痛、手術痕の痛み、消えない手足のしびれなどの副作用をブログに記録しておくと、何日目にどんな副作用が出て、あと何日我慢すれば終わるという見通しが立つんです。 髪の脱毛についても心の整理ができました。 以前から日常生活をブログに綴っていたのですが、病気のことをカミングアウトしてからフォロワーが300人も増えました。 たくさんの子宮頸がんを経験した人とつながることができ、いろんなことを教えてもらえて。 抗がん剤治療は、「生きるため」に通らなければならない道なんだと受け入れることができたんです。 Yui:ひとりで外出するのが不安でたまりませんが、再発におびえて生きるのではなく、人生を楽しみたい。 友人や身近な人には、検診の大切さを伝えていきたいです。 「ほとんどが初期のものですが、リンパ節転移が認められるなど重症のこともあります」(松村教授)。 「Yuiさんのように、検診で見つかりにくい子宮頸がんも2割ほどあるのですが、2年に一度は検診を受けることをおすすめします。 早期発見できると、術後の経過も良いのです。 子宮頚部の面積(直径3cm程度)は小さく、組織をこするようにして採るのですが、痛みはほとんどありません」.

次の