ご査証ください。 「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

ご査証ください

目上の人や取引先とのやりとりで、これらの言葉を使う機会は度々出てきます。 どちらも敬語にはなりますが 使い方によっては相手に強要する言い方になりかねませんので、間違った使い方ではなく、をしないよう注意が必要です。 ご査収の正しい使い方と注意 ご査収とは、 対象物に対しての確認を含めて相手に渡す時に「ご査収下さい」と伝えるのが正しい使い方です。 ただ、答えをどことなく要求しているようにも捉えられる言葉でもあるため、 過剰な表現になっていないか時と場合を考えるよう注意しましょう。 私が普段ビジネスシーンで感じるのは「ご査収下さい」という文言を受け取ると 「よくチェックしてからきちんと返答ください」と一方的に投げられている気がしてややプレッシャーを感じます 笑 似た意味合いの「ご確認ください」と言われるほうが 「いかがでしょうか?なにかあればお知らせください」とやや控えめな態度で相手の状況を伺っているように受け取れるため、どちらかというと好印象に感じます。 ご査収に対する答え方 ご査収下さいとは「よく調べてから答えをちょうだい!」といわれているようなものですから、ただ単に「受領しました」と受け取ったことへの返 答だけではなく、きちんと中身を確認した旨も伝えなくてはなりません! ご査収に対しては 「中身を確認し、受領した」という返事をするこのことをぜひ覚えておいてください。 ご査証の正しい使い方と注意 ご査証とは、 何かを証明する必要がある事に対して「ご査証下さい」と伝えるのが正しい使い方です。 ご査収と同じく「ご査証」というとなんだか丁寧な言葉に聞こえますが、相手に対して強く迫ったような表現に聞こえてしまいます。 ビジネスシーンや目上の人に対して割と厳しい状況の時に使うため、 使い方としては時によっては失礼な印象を与えてしまうものだと心に留めておきましょう。 ご査証に対する答え方 「ご査証ください」ともし言われてしまったら、なにか きちんとした答えの証明を見せて下さいと言われているようなものなので、 証明できる書類などがあれば添付する必要があります。 もしも何かの商品に対するクレームへの「ご査証」なら、相手に対して弁明するための補償を証明しなければなりません。 ビジネスシーンでの使い方 ご査証よりも ご査収のほうが圧倒的に無難だということは、この二つの言葉を検索してみれば一目瞭然! ご査証は滅多に使うことはないはずですから、メールや手紙など取引先の相手に何かを確認してもらいたかったり、添付物がある時は「ご査 収ください」と文末につけましょう。 逆に「ご査収下さいませ」と受け取った場合は、それを確認した旨をきちんと相手方に伝えることを忘れないで! 使える例文 目上の人やビジネスシーンにおいて「ご査収願います」「ご査収くださいますよう~」はよく現れます! ポイントは、• きちんと確認してもらう中身が存在するということ。 受け取りと返答が前提となる場合にだけ使えるということ。 では、例文からそのシーンを想像してみましょう! ご査収を使った例文• 明日使用する資料を送付しますので、ご査収ください。 ご注文の品をお送りしましたので、よろしくご査収くださいませ。 先日の領収書を発送いたしましたので、何卒ご査収ください。 お預かりした履歴書とご提出書類をご返却いたしますので、ご査収ください。 添付ファイルにて、プロジェクトの進捗状況をお送りしております。 よろしくご査収ください。 ご査証を使った例文• 旅券の査証(ビザ)をお受けください• 査証申請が必要です• 査証が免除されました!• 問題がありました製品に対してご査証くださいませ 類似の尊敬語 丁寧語• お受け取りください• ご確認ください• お納めください• ご笑納ください などのほうが、少し砕けた言い方なので、この4つは シーンを選ばず使えそうですよ。

次の

査証(ビザ/VISA)の種類

ご査証ください

ご査収の使い方 ご査収を使うべき場面 「ご査収」は、下記のように資料やデータを相手にしっかり確認してほしいときに使います。 ・添付ファイルを送ったとき ・確認してほしいデータを送ったとき ・履歴書を送ったとき 確認してほしい書類やファイルがないのに文末に「ご査収ください」と入れていると、「なにを確認すればいいんだろう?」と相手を困惑させてしまいます。 闇雲に使う言葉ではないということを抑えておいてください。 また、ビジネスメールで使う表現には、送る相手や状況によって使えないときがあります。 間違えやすい表現が下記の記事にまとめられています。 「自分が間違った使い方をしているかも?」と不安に思う方はぜひチェックしてみてください。 参考: ご査収くださいと似ている表現 ご査収くださいと混同しやすい表現を紹介します。 それぞれの意味を理解して、使い分けていきましょう。 「ご確認ください」 繰り返しになりますが、「ご査収ください」は調べる必要があるときに使うので、何も調べるものがないときや添付ファイルがないときには使いません。 例えばメールの文面をただ確認してもらいたい場合だけでしたら、「ご査収ください」よりも「ご確認ください」の方が適切でしょう。 「ご確認ください」は、「ご査収ください」よりもさまざまな場面で広く使える言葉です。 例えば、「資料をお送りしましたので、よろしくご査収ください」を「資料をお送りしましたので、ご確認ください」と言い換えることもできます。 一方「ご査収ください」が使えるのは、書類やデータを送ったときだけと覚えておくといいでしょう。 「ご査証ください」 もう一つ「ご査収ください」との違いがわかりにくい表現に、「ご査証ください」があります。 「査」は調べる、「証」は証明する意味をさします。 「ご査証ください」とは、調べて証明してくださいということです。 「ご査証ください」という表現ではなく、「査証」というビザを意味する言葉として知っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 調べてさらにそれを証明することをさしているので、ビジネスシーンで使われる頻度は「ご確認ください」や「ご査収ください」よりも低くなります。 参考: ご査収くださいを使うときに気をつけるポイント ご査収くださいと書類やファイルを送るときに気をつけるべきポイントを紹介します。 確認してほしいポイントを記載する ご査収くださいという表現と添付ファイルだけでは、確認するべき箇所がわかりにくく、受け取った側の負担になります。 送った側と受け取った側で確認したポイントが違うと、思ったように話が進まずに二度手間になってしまうかもしれません。 ご査収くださいと記載する場合は、「添付ファイル8 ページの12行目」のように確認してほしいポイントを記載しましょう。 間違ったファイルを送っていないか確認する 間違ったファイルを添付してしまうと、もう一度正しいファイルを送らなければならず相手にとっても手間になります。 また、社内の機密情報がまとめられた資料など本来なら限られた人しか見られないものを送ってしまい、情報漏洩につながります。 注意しましょう。 ファイルの種類を確認する 添付したファイルを開くためのソフトを、相手が使っているとは限りません。 一般的に利用されているMicrosoftのOfficeツールであっても、Mac ユーザーでソフトをインストールしていなければ利用できません。 可能であれば、ファイルを送る相手に事前に確認しましょう。 確認が難しい場合には、PDFファイルや テキストファイルのような、環境に左右されずに閲覧できるファイルに変換したほうが親切でしょう。 ファイルのサイズを確認する 添付ファイルの容量が大きすぎると、ファイルを開く相手の環境によっては開けないことがあります。 開けたとしても容量を大幅に使ってしまうと負担になってしまいます。 相手に確認するか、Zipファイルを使って圧縮し受け取りやすいようにしましょう。 添付ファイルが安全か確認する 気づかないうちに、ファイルがウイルスに感染していることがあります。 ウイルスに感染したファイルを送ってしまうと、相手に大きな迷惑をかけてしまいます。 ウイルスに感染していないかチェックできるツールなどを利用して、安全だと確認してから相手に送りましょう。 上記のポイントをもとに文面や内容をもう一度確認してから、ファイルや書類を送りましょう。 参考: 意味を理解して「ご査収」を使おう ご査収を使うときは、使うシチュエーションを理解した上で使いましょう。 メールを送る側と受け取る側で、「ご査収」の意味の理解が違うこともあります。 意味の齟齬を防ぐために、ご査収を他の言葉に置き換える方法も、覚えておくといいでしょう。 ビジネスで送るメールの書き方を習得して、相手を混乱させずスムーズなやりとりを目指しましょう。 この記事を読んだ方にオススメ ページ 印刷物のカタログやパンフレットは、通常複数のページから成り立っています。 インターネットのホームページもまったく同じで、テーマや内容ごとにそれぞれの画面が作られています。 この画面のことを、インターネットでも「ページ」と呼んでいます。 ホームページは、多くの場合、複数ページから成り立っています。

次の

「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

ご査証ください

ご査証という言葉を聞いたことはあるかと思いますが、意味をきちんとご存じでしょうか。 普段の生活の中では使うことはないと思います。 しかし、ビジネスシーンではよく見るという方は多いと思います。 しかし、その言葉は正しく使われているのでしょうか。 「ご査収」とは違うの?と少し混乱した方もいるでしょう。 また入国審査のときにも査証という言葉を使いますよね。 これは同じ意味で使われているのでしょうか。 それとも全く別の意味で使われているのでしょうか。 何となく意味は分かるけど、ちゃんと調べて意味を把握してる人は少ないのではないでしょうか。 間違って使っていると知らないうちに相手に失礼なことをしている可能性があります。 意味をきちんと理解した上で正しく使っていきましょう。 ご査証とは ビジネス文書で「ご確認」はよく使うと思います。 「ご査証」と「ご確認」は別の言葉だと認識しましょう。 「ご査収」と「ご確認」では似たようなニュアンスが含まれます。 「査収」はよく調べて受け取ることなので「ご確認」と近い意味合いがあります。 しかし「ご確認」よりも自ら進んでよく調べるという入念さが含まれています。 「ご査証」に関して言えば、「ご査収」や「ご確認」と意味合いが違ってきます。 よく調べた上でその証明をしなくてはいけません。 「ご確認」「ご査収」だけでは済まないのです。 こうしたことを踏まえると、ビジネスシーンでは割と厳しい状況のときに使われると予想されます。 「ご査証ください」と言われたら、相手側を安心させる為に補償のようなものを用意しないといけませんね。 「ご査証」なんで言葉よっぽとのことがないと使わないし、意味を知る必要もないんじゃないかと思われたかもしれません。 しかし、正しい意味を知らないと誤解が生じます。 ビジネスシーンに置いては命取りにもなります。 逆に正しく使えば「ご査証なんて言葉よく知ってるなぁ」と尊敬されます。 「ご査証」の意味をちゃんと知らないと、自分が何気なく目にしているからこういう意味だろうと勝手に推測して使ってしまう恐れがあります。 「ご査収」がいい例だったと思います。 自分が使わなくても相手側が「ご査収」の意味で「ご査証」を使用してくる場合もあります。 そのときに自分自身が意味をちゃんと知っていれば相手に確認することができます。 日本語は奥が深く、細かいニュアンスで使い分けるので言葉の数は多い方だと思います。 その分似たような意味の言葉が多く存在し、使うのに混乱が生じます。 しかし、意味をちゃんと知っていれば文章に奥行きが出ます。 そして相手により丁寧さが伝わると思います。 日本語を英語に翻訳すると言葉が直接的で単純なので驚くことがあるのではないでしょうか。 失礼にならないか心配になりますよね。 それだけ日本語は表現が豊かなのです。 「ご査証」「ご査収」に限りませんが、まだ意味をよく知らない単語があるはずです。 知らないままにしておくより意味を知ることで、その表現に触れたときに相手の気持ちの細かい部分や気遣いまで知ることが出来るでしょう。 ただ一つ気を付けたいのは、正しい意味を知った上で正しい使い方をするということです。 「ご査証」は間違って使われていることが多い単語です。 送る側も受け取った側も「ご査収」の意味で理解してるのがほとんどでしょう。 しかし、本当の意味で「ご査証」を使っている人もいるので、意味は正しく理解しましょう。 無理して難しい言葉を使う必要はありませんが、難しい言葉に触れたときは意味を調べる癖をつけると良いでしょう。

次の