050 電話 番号 検索。 BBフォン「050番号」の確認/変更

「050」で始まる電話番号の正体は?―掛かってきた時の対処法も

050 電話 番号 検索

固定電話番号(は対象外) 電話番号検索の使い方1• 番号入力欄に住所を検索したい固定電話番号の先頭の0~上6桁目までの数字を入力します。 ハイフン(-)無しの連続した番号を半角数字で入力ください。 (例)031234xxxxx• 間違いがないかどうか確認し、よければ『検索』ボタンをクリックします。 入力をやり直す場合は、『リセット』ボタンを押します。 『検索結果』欄にその電話番号の市区町村までのおおよその住所が表示されます。 電話番号検索の使い方2 上記のように、電話番号からおおよその住所を検索するという使い方の他に、電話をかける際に、相手の番号に市外局番を付ける必要があるのか?あるいは付けなくてもよいのかを確認することができます。 上記の使い方1と同じ要領で、まず自分の固定電話番号を検索し、続いて、かけたい相手の固定電話番号を検索し住所を表示させます。 それぞれの番号の『検索結果』欄に表示される住所地先頭の「MA」が同じであれば、市外局番を省略して電話することができますし、「MA」が異なれば省略しないで電話をかける必要があります。 上記検索ボックスを試していただければお分かりのとおり、固定電話番号の上6桁からその番号のおおよその住所がわかります。 なぜ6桁でおおよその住所がわかるのか、その前に固定電話番号のしくみについてみてみたいと思います。 携帯電話の番号が全11桁なのに対し、固定電話番号は全10桁と決まっています。 ケタ数は国連の専門機関で通信の標準化を行っている部門「ITU-T」によって決められているものです。 一般的には、「03」や「06」のように最初の「0」も含めて市外局番と呼ぶことが多いですが、この最初の「0」は 国内プレフィックスと呼ばれるもので、市内通話や「110」「119」などの緊急電話、また「104」「117」などの電話サービスと異なるということを表す識別のための番号です。 したがって、正確には「03」の市外局番は「3」ということになります。 国内プレフィックスである0と下4桁の加入者番号を除いた5桁が市外および市内局番ということになりますが、組み合わせはその地域の加入者数によって変わります。 市外局番 市内局番 例 1けた 4けた 東京-3、大阪-6 2けた 3けた 横浜-45、京都-75、神戸-78 3けた 2けた 旭川-166、松本-263、栃木-282、鳥取-857、宮崎-985 4けた 1けた 伊豆大島-4992、硫黄島-9913 例えば、加入者数の多い東京や大阪など大量に市内局番が必要な都市部では、市外局番に「3」や「6」というように1桁を割り当て、残りの4桁を市内局番に割り当てる必要性があります。 反対に、加入者数の少ない伊豆大島など島嶼部では、市外局番が「4992」と4桁で、多くを必要としない市内局番が1桁という地域もあります。 さて、この市外・市内局番の5桁は、各地域の電話局に対応しています。 その電話局が管轄している住所(市区町村)は決まっていますので、この5桁(最初の0を加えて6桁)を見れば電話局が管轄している住所がわかり、結果としてその番号のおおよその住所がわかるということになります。 ちなみに市外局番の最初の1~9の番号(市外局番の0の次の1桁)を見れば、おおよその都道府県名がわかります。 大まかですが、参考までに以下にまとめてみました。 0の次の番号 対応都道府県 1 北海道、青森、秋田、岩手 2 宮城、山形、福島、新潟、長野、群馬、茨城、栃木 3 東京(おもに23区 4 東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城 5 愛知、静岡、山梨、岐阜、三重 6 大阪(大阪市を含む) 7 大阪、和歌山、三重、滋賀、奈良、石川、富山、福井、京都、兵庫 8 広島、山口、島根、鳥取、岡山、香川、高知、徳島、愛媛 9 福岡、長崎、佐賀、熊本、大分、沖縄、宮崎、鹿児島 東京都、大阪府、茨城県のように同じ県でも二つの市外局番に分かれているものもありますが、大体上記のようにどのあたりの住所なのかが識別できますので、知らない電話番号から着信があった場合など、覚えておくと便利かもしれません。 しかし、地域によっては、市外局番が同じでも省略したら繋がらないといったこともあるのです。 理由はいろいろあるようですが、その中でも多いのが市外局番とMA(単位料金区域)とが一致していないためです。 MA(単位料金区域)とは、安い料金で市内通話ができる区域の事です。 ほとんどの電話番号の市外局番は、このMA(単位料金区域)と一致しているため、一般的な認識のとおり、市外局番が同じであれば省略して電話をかけることができます。 しかし、中には市外局番とMA(単位料金区域)が一致しない地域もあり、その場合には省略すると繋がらないということになるのです。 つまり、市外局番が同じであれば省略して電話できるというのは、厳密には、MAが同じであれば省略して電話できるという意味で、あくまでMAが同じかどうかがポイントなのです。 また、電話をかけたい相手と住所地が同じ市内であれば、大抵は省略しても繋がりますが、これも地域によっては住所地が同じ市内であっても、MAが異なるということもあり、必ずしも相手と住所が近いから省略できるとは限らないケースもあります。 いずれにしましても、市外局番が同じで省略して繋がらない場合には、MAが違うということになりますので、再度、市外局番を付けて電話をかけ直す必要がありますし、その際には市内通話扱いにはなりません。 また、反対に、ケースとしては少ないですが、異なる市外局番であってもMAは同じというエリアもあり、その場合には市内通話扱いとなり通話料金も安くなるといったケースもあります。 よって、相手の電話番号と自分の電話番号のMAが同じかどうかを確認したい場合には、このページ冒頭のに従って検索してみてください。

次の

BBフォン「050番号」の確認/変更

050 電話 番号 検索

Contents• 050の電話番号とはIP電話、インターネットの回線を使った電話サービス 050から始まる電話番号の特徴は、インターネットを介した電話というところです。 インターネットを通しているので、通常の電話ではできないようなテレビ電話も可能です。 平成14年に開始されて最近広がってきた番号ですので、怪しく感じている方もいらっしゃいます。 しかし、公的機関や大手企業も使っているので、一般的になってきています。 050から始まる電話番号のメリット/デメリット 050から始まる電話番号はインターネットを使っているので、通常の電話とはさまざまな点で違います。 ここでは、050の電話番号を使うメリットとデメリットについて解説します。 050のメリット まずは、050の電話番号を使うかどうか迷っている方にとって、最も気になるメリットについて解説します。 通話料金が安くなるだけでなく、条件によっては通話が無料になる場合があるので注目です。 通話料金を安くできる 050電話番号の最大のメリットは一般の加入電話と比べて通話料金が安くなる点です。 ただし、フリーダイヤルではないので、電話をかければ通話料金がかかる注意してください。 050番号の通話料・電話料金 では、どの程度050番号の通話料金が安くなるのか、NTTコミュニケーションの050プラスを例に解説します。 通常の電話であれば、3分当たり21. 6円かかります。 携帯電話に対してかければ、30秒当たり20円かかります。 一方、050番号であれば、3分当たり8,64円になり、携帯電話に対しては、1分当たり17,28円です。 050番号を使えば、通話料金は半分以下に抑えられるのです。 同じプロバイダ間、提携プロバイダ間では通話料無料 さらに、050番号は同じプロバイダや提携関係があるプロバイダであれば通話料が無料になります。 通話料が無料になるかどうかはプロバイダによって違いがあります。 自分にとって最もメリットがあるプロバイダはどこか、契約する際はしっかりと調べてください。 050のデメリット 電話料金を抑えられるメリットがある一方、デメリットもありますので解説します。 フリーダイヤルや緊急電話番号に発信できない 050番号のデメリットはフリーダイヤルや警察や消防などへの緊急電話ができない点です。 固定電話ならフリーダイヤルへかけられますが、050を使っていれば料金がかかってしまうのです。 また、110や119番号への電話もできないので、緊急時に利用が困難になります。 緊急時に備えて、事前に近くの警察署や消防署の電話番号を控えておく必要があります。 通信環境によっては音質が普通の電話より悪くなる 050番号はインターネットを介しているので、 ネットワークが混雑していると音質が悪くなるのもデメリットです。 一般の固定電話に慣れている方は、050番号の電話は品質が気になる場合があります。 スマホにもIP電話がある。 代表的なIP電話アプリ 050電話は固定電話だけでなく、スマホでもアプリをインストールすることで使えるのです。 代表的なIP電話アプリは、050プラス、SmarTalk、Skype番号、LINEがあります。 それぞれの特徴を解説していきます。 050プラス:NTTが提供する月額基本料金が必要なIP電話サービス 050プラスは大手であるNTTが運営しているので、安心できるアプリです。 大手が運営している安心感から人気が高いIP電話サービスです。 また、OCNの格安スマホを使えば、さらにお得に利用できます。 ただし、050プラスは月額利用料として324円がかかるので、注意してください。 SmarTalk:基本料金が無料で使える楽天のIP電話サービス SmarTalkは楽天グループが運営しているサービスです。 SmarTalkの特徴は、多彩な機能が備えられている点です。 例えば、通話を録音したりノイズをカットしてくれたりする機能があります。 月額料金も無料で使えるのも魅力です。 Skype番号:ヘビーユーザーにおすすめのIP電話サービス 例えば、月額850円で固定電話と携帯電話に300分、1分当たり3円で電話ができます。 また、 月額475円で固定電話が無料にもできます。 つまり、電話のヘビーユーザーにはおすすめできるサービスです。 LINE:基本料金、通話料無料の最強IP電話 LINEは無料で電話ができますが、LINEを利用していない方には電話ができません。 しかし、LINEOutというサービスを利用することで、基本料金や最大5分間、通話料無料で誰とでも電話ができるようになるのです。 LINEは最強のIP電話サービスの1つといえます。 050の電話番号から電話がかかってきた。 050の電話番号の調べ方 050電話は普及してきているとはいえ、詐欺にも使われるので心配な番号です。 もし、知らない番号からかかってきたら折り返しかけてよいものか心配です。 そこで、ここでは050番号がどこからかかってきたかを調べる方法を紹介します。 着信した電話番号をヤフーやグーグルの検索窓に打ち込んでみる まず1つ目が、ヤフーやグーグルで検索する方法です。 法人であれば多くの場合、事業所の電話番号をサイトに掲載しています。 それによってすぐに判断ができるのです。 個人でも名前や住所が判明する場合もあります。 知らない050番号に対しては、ネットで検索をしてみてください。 電話番号検索サイトで番号を入力してみる 通常のネット検索でわからない場合は、有料の電話番号検索サイトで調べるのも手です。 これは、NTTハローページに載ったデータが反映されているので、ほとんどの番号が判明します。 050の電話番号からの迷惑電話はスマホで着信拒否の設定を 050電話番号からの電話は出たくない方は、着信拒否することをおすすめします。 ここでは、iPhoneやAndroidなどの着信拒否の方法を紹介します。 iPhoneの着信拒否の設定方法 iPhoneはメーカーが同じですので、基本的にすべて同じ方法で着信拒否が可能です。 電話アプリを開く 2. 電話番号の「i]を選択 3. 一番下の 「この発信者を着信拒否」を選択 4. 「連絡先を着信拒否」をもう一度選択すれば着信拒否が完了します。 Androidの着信拒否の設定 Androidはメーカーがそれぞれ違うので、少しずつ設定方法には違いがあります。 ここでは、基本的な設定方法を紹介します。 電話アプリを開く 2. 「3点マーク」をタップ 3. 設定をタップ 4. 通話設定をタップ 5. 着信拒否ボタンをタップ 6. 「通話番号の追加」で 「050番号」を追加して完了です。 アプリを使って簡単に着信拒否 スマホの機能設定ではなく、アプリを使って着信拒否することもできます。 ここでは、いくつかアプリを紹介します。 電話帳ナビ 電話帳ナビは電話番号を解析してきた実績を持つアプリです。 そのため、 電話がかかってきた時点で相手を判別してしまう機能を持っています。 もちろん、このアプリに着信拒否登録することで、着信を拒否することができるのです。 Whoscall Whoscallは世界中の電話番号を管理しています。 そして、着信したときに迷惑電話かどうかを自動で判断してくれる機能も備えています。 着信した番号を調べる手間を省きたい方におすすめのアプリです。 通信会社の迷惑電話拒否サービスを設定する キャリアでスマホを契約している方はキャリアのサービスを使うのも有効です。 ここでは、主要なキャリアの迷惑電話拒否サービスの設定方法を紹介します。 docomo dokomoには「迷惑電話ストップサービス」というもので着信拒否設定ができるのです。 申し込みは不要で月額料金も無料で利用できます。 設定は通話設定の「迷惑電話ストップサービス」から行うことができます。 au auは、指定番号着信拒否設定ができます。 しかし、 機種によって着信拒否の方法が異なりますので、設定をしたい方はauのサイトで調べてみてください。 softbank ソフトバンクには、着信拒否の設定が2つあります。 1つはスマホ本体で設定するもの。 もう1つは、オプションサービスによって設定するものです。 本体で設定するものは、それぞれ機種によって設定方法が違います。 設定したい方は、softbankのサイトで調べてみてください。 オプションサービスを利用する方は、 月額100円で携帯電話やPHS、一般電話、IP電話、公衆電話、国際電話の着信拒否を登録できます。 本体による着信拒否との違いは、オプションサービスの方はサービスセンターで拒否してくれるので着信履歴すら残らない点です。 安心して着信拒否をしたい方は、利用することをおすすめします。

次の

050 plus

050 電話 番号 検索

050からの電話番号は市外局番ではありません 固定電話の場合、03から始まるものは東京都から、06はから始まるものは大阪など、「市外局番」という番号からある程度の都道府県は特定できますね。 しかし、 050から始まる電話番号は市外局番ではありません。 050からの電話は「IP電話」です。 IP電話とは IP電話とは インターネット網を使用した電話サービスです。 普通の電話は、電波を使って音声データを送ったり受け取ったりしますが、IP電話では、これを電波ではなくインターネットの通信を使って音声データを送ったり受け取ったりしています。 IP電話サービスは主にプロバイダによって提供されており、携帯電話や固定電話でも利用することができます。 一般的な電話は音声の通話のみですが、IP電話ではテレビ電話のように動画の通信を行うことも可能です。 IP電話は 050から始まるのが特徴なので、050から始まっている電話番号はほぼ IP電話と考えていいです。 なので、携帯電話の着信履歴に 050から始まる番号であれば、 発信先は IP電話サービスを使っていると分かります。 なぜIP電話を使うの? 実はIP電話にはいくつかのメリットがあります。 基本料金はほとんど無い• 通話料は断然安い• 050から始まる固有の番号を取得できる• 提携プロバイダ間の通話料が無料• IP電話は既存の固定電話と併用できる このようなメリットがあるので、現在では、一般の家庭電話から企業の問い合わせ窓口、さらに国の機関も頻繁に使われています。 例えば、• SONYの総合サポート窓口の受付番号:050-3754-9577• NHKふれあいセンター:050-3786-5000 但し、IP電話は 110や119などの1から始まる特番や、0120などのフリーダイヤルなどへ掛けることができません。 050IP電話からの着信は特定はできない IP電話はインターネットの通信を使っているので、世界中のどこからかけても050になります。 なので、 050から始まる電話番号は都道府県やエリアの判定はできません。 050から始まる電話番号の調べる方法 050から始まる電話番号からかかってきたら、どこかの企業からの着信か知りたいですね。 そんな時に、050から始まる電話番号をGoogleやYahooの検索画面で直接検索すればいいです。 検索結果が企業の公式サイトや迷惑電話の口コミサイトなどを表示してくれるので、すぐわかります。 怪しい勧誘の電話であることが分かれば、着信拒否で対処もできます。 検索結果で表示されない場合、を利用しましょう。 このように、電話番号と口コミが毎日投稿されているので見つかる可能性が非常に高いです。 携帯電話で着信拒否設定方法 050から始まる電話番号が迷惑電話であることが分かったら、着信拒否することにしましょう。 人気アプリ「Whoscall(だれ電)」を使えば、迷惑電話や勧誘電話を判別して簡単に着信拒否できます。 iPhoneとAndroid両方に対応したアプリ、使い方も簡単なので是非使ってみてください。 まとめ 携帯に050から始まる電話の着信履歴が残っているとやっはり不安になりますね。 筆者がいま「Whoscall(だれ電)」を使っています。 本当に便利! もしあなたも同じような悩みがあれば、ぜひ「Whoscall」を使って、悩みを解消して下さい。

次の