ディズニー 実写化。 【前編】『シンデレラ』監督インタビュー「なぜ今“シンデレラ”を実写化するのか?」

作品情報|美女と野獣|ディズニー公式

ディズニー 実写化

第1位:美女と野獣【ディズニー実写映画】 第1位は「 美女と野獣」でした! 圧倒的な映像美で話題となった『美女と野獣』が第1位に選ばれました。 ベル役を演じたエマ・ワトソンの美しいプリンセスぶりや、ロマンティックな音楽や世界観に魅了された人は多いはず。 実写版では野獣の歌うソロ楽曲も追加され、より野獣のベルを愛する気持ちが伝わってくるようになっています。 日本国内では、2017年に公開された映画の中での第1位を記録した大ヒット作となりました。 「美女と野獣」の作品情報 監督 ビル・コンドン 出演 エマ・ワトソン ダン・スティーブンス 他 時間 129分 公開年 2017年 第2位:アラジン【ディズニー実写映画】 第2位は「 アラジン」でした! 異国情緒あふれるアドベンチャー・ファンタジー映画『アラジン』は、アニメ版のストーリーとは少し内容が異なり、プリンセス・ジャスミンの王女としての葛藤や成長を描いた点も見どころ。 ジーニーを演じるウィル・スミスの、青い姿もおもしろいと話題になりましたよね。 アラジンとジャスミンが「ア・ホール・ニュー・ワールド」を歌いながら魔法の絨毯で空を飛ぶシーンなど、人気の名シーンも完璧に実写化されています。 「アラジン」の作品情報 監督 ガイ・リッチー 出演 メナ・マスード ナオミ・スコット ウィル・スミス 他 時間 128分 公開年 2019年 第3位:マレフィセント【ディズニー実写映画】 第3位は「 マレフィセント」でした! 『眠れる森の美女』の魔女を主人公にして実写化された『マレフィセント』。 アンジェリーナ・ジョリーの魔女姿は、ミステリアスな美しさでうっとりしてしまいますよね。 アニメ版の『眠れる森の美女』では語られなかった物語をダークファンタジーとして描いていて、アニメ版とは異なる視点で楽しめます。 「マレフィセント」の作品情報 監督 ロバート・ストロンバーグ 出演 アンジェリーナ・ジョリー シャールト・コプリー 他 時間 97分 公開年 2014年 Pick up!! 『アリス・イン・ワンダーランド(不思議の国のアリス)』【ディズニー実写映画】 『不思議の国のアリス』が19歳になった世界を描いた『アリス・イン・ワンダーランド』。 不思議の国のアリスより、さらに毒のあるファンタジーとなっています。 マッド・ハッター役のジョニー・デップ、赤の女王役のヘレナ・ボナム=カーター、白の女王役のアン・ハサウェイなど、出演者も豪華です。 個性的なキャラクターやインパクトのある世界観で、ティム・バートンらしさがたっぷり堪能できます。 「アリス・イン・ワンダーランド」の作品情報 監督 ティム・バートン 出演 ミワ・ワシコウスカ ジョニー・デップ 他 時間 109分 公開年 2010年 実写化しても覚めない夢【ディズニー実写映画】 ディズニー映画のすごいところは、実写化してもまったく夢が壊れないところではないでしょうか? アニメ版の面白さや夢をそのままリアルにして見せてくれる実写版ディズニー映画は、きっとこれからも私たちに夢を与えてくれますね。 実写化されて良かったと思うディズニー映画ランキングのすべての結果 第1位 美女と野獣 第2位 アラジン 第3位 マレフィセント 第4位 アリス・イン・ワンダーランド(不思議の国のアリス) 第5位 シンデレラ 第6位 プーと大人になった僕(くまのプーさん) 第7位 ライオン・キング 第8位 ダンボ 101(101匹わんちゃん) 第10位 ジャングル・ブック 有効回答数:150票 集計期間:2020-07-02 12:00 ~ 2020-07-13 1:00 集計方法:RankinClip編集部にて独自の設問を作成し、RankinClipのサイト内にてアンケートを行いその結果を集計しました。

次の

実写化されて良かったと思うディズニー映画ランキング

ディズニー 実写化

All Rights Reserved. 映画『』、2015年4月25日(土)全国ロードショー。 監督のケネス・ブラナー氏にインタビューしました。 ディズニー・ラブストーリーの原点『シンデレラ』。 映画『マレフィセント』(2014年)において、『眠れる森の美女』の実写化が、商業的にも、ファンの評価という意味でも、大成功したとはいえ、なぜ今『シンデレラ』を実写化するのでしょうか。 ストーリーはもとより、カボチャの馬車や、ガラスの靴といったシンボルたち、そして結末にいたるまで、誰もが『シンデレラ』をよく知っています。 ディズニーの熱心なファンであればいざ知らず、一般の人々が、よく知っている物語を、わざわざ映画館まで足を運んで観に行くには、よほどの理由が必要だからです。 ディズニーは明らかに、意志を持って、『シンデレラ』の実写化に挑んでいます。 ケネス・ブラナー監督に直撃しました。 『シンデレラ』は、知らない人がいないほど有名な物語です。 ディズニーファンの半分は名作のリメイクに喜んだと思いますが、もう半分は「なぜ今、シンデレラなのか? 」と疑問に感じたはずです。 実際のところ、ケネス・ブラナー監督は、ディズニーから、『シンデレラ』をどのように監督してくれ、と依頼されたのでしょうか? ケネス・ブラナー:とても興味深い質問です。 ディズニーは、新しく、ポジティブな「始まり」の機運を感じていて、アニメーションを実写化していく創造的なプランの先駆けとして、『シンデレラ』を考えていたようです。 もちろん今までにも、『アリス・イン・ワンダーランド』『オズ はじまりの戦い』『マレフィセント』など、おとぎ話が実写化された前例もありました。 が、『シンデレラ』は、ディズニー・アニメーションのDNAとも言える作品なわけです。 だからこそ『シンデレラ』の実写化を、マーベル、ルーカス・フィルム、ピクサーと同様、ディズニー実写部門のクリエイティブ・ビジョンの始まりなんだと、ディズニーは考えていたようなんですね。 私が新鮮だったのは、ディズニーがそれを、計算でやろうとしていたのではなく、あるいは「ライブラリがあるから」とビジネス面だけでやろうとしていたのでもなく、「映画としてしっかり成立させなければいけない」と考えていた点です。 ですから、「どうしてほしい」ということでなく、ディズニーは逆に「監督は、『シンデレラ』という作品をどのように見ていますか? 」「どんな『シンデレラ』を作りたいと思いますか? 」と聞いてくれたんです。 私は「古典的(Classical)なシンデレラをつくりたい」と答えました。 伝統的であり、おとぎ話ではあるんだけれども視覚的に豪華な作品でもあって、キャラクターと演技がとても現代的な作品をつくりたい、と答えたんですね。 『シンデレラ』はディズニー実写部門のマイルストーン アニメーションでは『アナと雪の女王』『ベイマックス』と、世界中を感動の渦に巻き込む作品を世に放ち、ディズニーは、明らかに新時代に突入しました。 時代の移り変わりと共に、変化していく、人々の価値観。 ディズニー・アニメーションのDNAである『シンデレラ』の実写化は、言ってみれば、ディズニーの実写部門の決意表明です。 現在、ディズニーは、『シンデレラ』に続き、エマ・ワトソンがベル役を務める実写版『美女と野獣』を制作しています。 ディズニー実写部門では、クラシカルなキャラクターの魅力を大切にしながら、古びてしまった部分を現代的にアジャストして、アニメーションの古典を生まれ変わらせていくプロジェクトが進行中なのでしょう。 ケネス・ブラナー監督インタビュー後編では、実写化を経ても失われない、ディズニー・プリンセスの変わらぬ魅力に迫ります。

次の

ディズニーが往年の名作アニメや童話を実写映画化

ディズニー 実写化

hollywoodreporter. ディズニーは今後も過去のアニメーション作品を現代の最新技術ですること計画しており、次なるターゲットは1942年公開の「バンビ」となるようです。 映画「バンビ」は、フェーリクス・ザルテンの同名小説を原作として、アメリカでは1942年に、日本では1951年に公開された作品です。 複数のセル画を異なる位置に配置し、それぞれを異なるスピードで動かすことで、2次元の絵では表現しづらい3次元的な奥行きを表現する効果を生み出すことができるというセルアニメの撮影用カメラ「マルチプレーン・カメラ」を使用して撮影された映画のひとつでもあります。 Bambi 1942 pic. twitter. 製作会社は、映画監督のポール・ワイツとクリス・ワイツ兄弟が、映画プロデューサーのアンドリュー・ミアノと共に立ち上げた映画スタジオのDepth of Fieldが担当するそうです。 Hollywood Reporterに情報をリークした人物によると、Depth of Fieldは実写版バンビを実写版「ジャングル・ブック」や、実写版ライオン・キングのような作品になると位置づけているそうです。 実写版ジャングル・ブックは多くのCG技術を駆使した作品であり、実写版ライオン・キングに至ってはワンシーンを除きフルCGで作成された作品です。 そのため、実写版バンビも多くのシーンにCGが活用されることとなることがうかがえます。 「ライオン・キング」MovieNEX 予告編 - YouTube なお、ディズニーはバンビ以外にも複数の過去の名作アニメ映画の実写化を計画中です。 「リトル・マーメイド」の実写版では主人公のアリエル役に黒人歌手のハリー・ベイリーが抜擢されており、「ピーター・パン」の実写版では「ピートと秘密の友達」のデヴィッド・ロウリーが監督を務めます。 また、「ピノキオ」の実写版も計画されており、この製作に既にDepth of Fieldが携わっている、とHollywood Reporterは報じています。 外部サイト.

次の