アシナガバチ に 巣 を 作ら せ ない 方法。 【プロ監修】アシナガバチの巣を作らせない!駆除方法7ステップ【業者料金比較付き】

【プロ監修】アシナガバチの巣を作らせない!駆除方法7ステップ【業者料金比較付き】

アシナガバチ に 巣 を 作ら せ ない 方法

蜂の巣ができやすい場所 毎年同じ場所に巣を作られてお困りの方も多いでしょう。 蜂が好む場所は大体決まっていますので、定期的に確認しておけば巣が完成する前に発見できることもあります。 軒下 蜂にとって巣を作りやすい場所の典型例です。 軒下は雨風を避けられるだけでなく、外への出入りも簡単です。 巣を作る蜂の例:キイロスズメバチ・コガタスズメバチ・アシナガバチ 庭木や生垣 生い茂っている葉や枝に隠れて巣が作られていることもあります。 また、古い庭木は根本や幹の中に空洞が出来ている事があり、そこにオオスズメバチが巣を作ることがあります。 巣を作る蜂の例:オオスズメバチ・コガタスズメバチ・アシナガバチ 外壁 外壁と外壁の隙間から蜂が侵入し、巣を作ることがあります。 出入り口が狭いので、巣を発見するのが難しく、大規模な巣が作られやすいです。 また、外壁に設けられた戸袋の中やシャッターの収納部分などに巣を作られることもあるようです。 巣を作る蜂の種類: キイロスズメバチ・ミツバチ 屋根裏・天井裏・床下 屋根裏や天井裏、床下への換気口が蜂の侵入経路となることもあります。 室内へ入ってくることもあるので、警戒しておきましょう。 巣を作る蜂の例:モンスズメバチ・ヒメスズメバチ・ミツバチ 蜂の巣を予防する方法 予め蜂の巣がよく作られる場所に予防策を講じましょう。 成功すれば、お悩みだった蜂の巣ともお別れできます。 蜂用の殺虫剤を吹き付けておく スプレー式の殺虫剤や、乳液として販売されているハチ駆除剤を、蜂が巣を作りそうな場所の周囲に吹き付けておく方法です。 これらの殺虫剤は日が経つに連れて効果が薄れていきますが、定期的に吹き付けておけば効果が持続します。 通風口などのガラリを、目の細かいものにする 床下、屋根裏、天井裏への侵入経路になる通風口などを塞いでいるガラリを、目の細かいものにすることで、蜂の侵入を防ぎます。 もし目の細かいものがなければ、金属メッシュのネットなどを取り付けておくのも効果的です。 古い木は思い切って伐採する 根本や幹に空洞が出来ているような古い木は、思い入れもあるかもしれませんが、伐採してしまう方が良い場合もあります。 伐採後の切り株も、放置しておくと蜂の巣が作られることもあるので、抜根して取り除いてもらうこともご検討ください。 壁の隙間は埋める 外壁の隙間は、蜂の侵入経路になる恐れがあるだけでなく、雨漏りの原因になることもあります。 もしもそういった場所を見つけたら、外壁工事をして隙間を綺麗に埋めてもらいましょう。 お庭に不用物を置かない 粗大ごみなどは蜂の巣作りのための場所を提供しているようなものです。 出来るだけ速やかに撤去しましょう。 定期的に点検・換気を行なう 倉庫やガレージは、使わないとしても定期的に換気を行い、中に入って蜂が侵入していないか確かめて置くことを心がけましょう。 それでも出来てしまった時は業者へ連絡 しっかりと予防対策していても、別場所に巣が作られることもありますし、不十分な対策により効果を発揮しないこともあります。 お庭や軒下に巣が作られると、蜂の縄張りと人間の生活範囲が近くなり、刺傷事故が起きやすくなります。 蜂の巣を見つけた場合は蜂駆除業者に蜂の巣駆除を依頼しましょう。 巣が小さく見えても危険です 蜂の巣駆除は、危険がつきものです。 高いところに作られていると、正確な大きさがわからないこともありますし、地中や木の空洞の中の巣は大きさの見当も付けられません。 決して油断しないようにしましょう。 まとめ 家の周りには、蜂の巣ができやすい場所があり、蜂の種類によって少しずつ作る場所が異なります。 毎年巣が作られているようでしたら、その部分に重点的な予防策を施して、蜂の巣の予防を行なうことも可能です。 しかし、いくら注意していても、いつの間にか巣ができていることはあり得ます。 巣の大小にかかわらず、巣ができてしまった時は蜂の巣の駆除を、業者にご相談されることをおすすめします。

次の

ウッドデッキ下にアシナガバチの巣を作らせない為の対策

アシナガバチ に 巣 を 作ら せ ない 方法

アシナガバチが家の周りを飛んでいたり、巣を作っていてお困りではありませんか? 放っておくと刺されるかもしれませんし、早めに駆除したいですよね。 専門の業者に駆除を依頼することもできますが、可能であれば自力で駆除したいと考える人もいると思います。 そこで今回は、家にアシナガバチが出た人へ向けて、アシナガバチを自力で駆除する方法をご紹介したいと思います。 自身での駆除が無理そうな場合は、専門業者への依頼を強くおすすめします。 アシナガバチの駆除を自力でやる前に確認しておくべきこと アシナガバチは強力な毒針を持っていますが、基本的におとなしい性格の蜂です。 適切な対処を行えば、自力で駆除できる可能性があります。 しかし、蜂の種類を問わず巣を駆除する場合は、危険が伴うことがほとんどです。 駆除時のリスクを少しでも下げるために、事前の準備はできるだけ念入りに行っておきましょう。 巣の状態をよく確認し、必要なものを揃えてから、なるべく安全に駆除できるように心がけることが大切です。 そこでまずは、アシナガバチの巣を駆除する前に確認しておくこと、準備しておくものをご紹介いたします。 自力で駆除できそうかどうか 最初に、巣や蜂の状態を観察して、自力での駆除が可能かどうかを判断しましょう。 普段は攻撃性の低いアシナガバチでも、巣を攻撃されると一斉に襲ってきます。 駆除に失敗して刺されてしまうケースもよくあるので、けがを未然に防ぐためにも、駆除の前にはしっかり状況を調べておきましょう。 本当にアシナガバチなのかを確認 おとなしいアシナガバチと、どう猛なスズメバチは、パッと見た感じでは似ている部分もあり、見慣れない人ではすぐに判断がつかないことがあります。 しかし、「アシナガバチかと思ったら、スズメバチだった」という見間違いをすると、危険なトラブルを引き起こしかねません。 アシナガバチとスズメバチを区別するときは、外見のほかに、飛び方や巣の形状を確認すると、判断しやすくなります。 種類 アシナガバチ スズメバチ 外見 後ろ足が長く、腹部が黄色っぽい 腹部が大きくて太く、オレンジ系の色 飛び方 足をだらんと下げて、ふらふらと飛ぶ 素早く、まっすぐ飛ぶ 巣の形状 お椀を逆さにしたような形。 15cmくらいの大きさで、灰色 円・楕円形やとっくりのような形。 40cm~80cmくらいの大きさで、薄茶色のマーブル模様 両手のひらサイズ程度の巣の近くを、足を垂らしてふらふらと飛び回る蜂がいたら、アシナガバチの可能性が高いでしょう。 巣の場所を確認 1階の軒下や庭木など、開けた場所に作られた巣であれば、駆除作業のリスクは比較的少ないです。 しかし、2階以上の屋根の下など、高所に巣がある場合は、駆除の難易度や危険性が増します。 殺虫剤を蜂にしっかり吹き付ける、巣を落とす、といった作業がやりにくいため、このような場所の巣を自力で駆除するのは少々大変です。 高所にある巣を駆除するときは、長い剪定ばさみや、高所用の噴射器を用意するなどの工夫が必要となります。 巣の状態を確認 巣によっては、駆除が難しく危険な状態の場合もあります。 自力で駆除できる巣は、「作りかけの巣」までと考えたほうがいいでしょう。 大きさが15cm以上で、時期でいうと7月~9月ごろのアシナガバチの巣は「最盛期」となります。 この時期に、アシナガバチの巣は最大となります。 蜂の数も多く、警戒心も高まっているため、自力での駆除は難しいかもしれません。 アシナガバチを駆除するタイミングは、遅くても巣がまだ大きくなりきっていない、作りかけの状態の時までにしておきましょう。 7月までの巣であれば、自力で駆除できる可能性があります。 駆除に適した時間帯 駆除を行う時間帯は、日没後数時間(2~3時間後)から早朝の間に行うのが理想的です。 働き蜂は、日中は巣の外で餌を探しに行っていますが、夕方になると巣に戻ってきます。 このタイミングで駆除することで、駆除した後に生き残った蜂がたくさん戻ってくるのを抑えられます。 また、夜間の方が蜂の動きが静かなことに加え、暗い中では目が利かず、蜂はうまく飛べません。 安全性の点からも、駆除は日没後に行うことをおすすめします。 必要な道具• ・防護服• ・殺虫スプレー2~3本• ・ゴミ袋• ・長い棒か剪定ばさみ• ・トング(蜂の死骸を拾う)• ・懐中電灯(赤いセロハンを貼り付ける) 殺虫剤は、「ピレスロイド系」の成分が入っている製品を使うと効果的です。 購入する際は、ラベルの成分表を確認しておきましょう。 ピレスロイド系であれば、蚊やゴキブリ用の殺虫剤でも問題なく使用できますが、蜂専用の殺虫剤は噴射力が強く、より遠くまで届くようになっています。 夜に駆除を行う際は懐中電灯が必要となりますが、蜂は光の方向に移動する習性があるため、そのまま使うと危険です。 赤いセロハンを貼り付けて光の色を赤くすると、蜂が反応しにくくなるので、忘れずに対策しておきましょう。 防護服がない場合の服装 安全面からいうと、駆除のときは防護服を着るのが一番です。 しかし、用意するのが難しい場合もあるかと思います。 防護服以外の衣服で代用するときは、肌を露出しない服装を用意しましょう。 体 長袖、長ズボンの、厚手の服を着用する(作業着などがおすすめ)。 さらに、上から白いレインコートを着る。 頭部 厚手の帽子やフルフェイスのヘルメットを着用。 帽子を着用するときは、上からレインコートのフードをかぶって、マスクとゴーグルをつける。 また、襟元から蜂が入らないように、首にタオルを巻く。 手 軍手や皮手袋をはめる。 厚みが足りないときは、2枚以上重ねる。 足 長靴をはく。 蜂は、下から上に向かって刺す習性があるので、ズボンの裾を長靴の中に入れ、ひもで縛っておく。 アシナガバチの毒針の長さは、およそ5mmです。 靴や手袋も含め、5mm以上の厚さになるような服装をしましょう。 また、蜂は黒や原色に向かって攻撃する習性があるので、着る服はすべて白色のものを選びましょう。 アシナガバチ駆除の手順 巣の状況を確認し、必要なものを準備できたら、駆除作業を始めましょう。 駆除の際は、身の安全を確保することを常に念頭に置いておきましょう。 危険を感じたら、すぐに駆除を中止して、室内など安全な場所へ避難できる状態にしておくことをおすすめします。 また、駆除時や後片付けなど、いずれの手順のときも防護服を着た状態で行うようにしましょう。 ここでは、アシナガバチを駆除する手順をご紹介いたします。 手順1. 巣に向かって殺虫剤を散布する 3m程度の距離から、巣に向かって殺虫スプレーを散布しましょう。 風上からか、無風の状態が望ましいです。 殺虫剤に驚いた蜂が、大量に巣から飛び出してきますが、慌てずに飛んできた蜂にも吹き付けましょう(近づかれすぎて危険だと感じたらすぐに中止し、避難しましょう)。 殺虫スプレーは、1本使い切る形で噴射し続けましょう。 アシナガバチは殺虫剤に弱いため、数秒ほど殺虫成分がかかれば、動きを止められる可能性が高いです。 ただし、殺虫スプレーの届く範囲から外れたところに蜂がいた場合などは、仕留めきれないことがあります。 そうなった場合は、予備のスプレーをもう1本使いましょう。 殺虫剤を散布した後は、いったん安全な場所へ避難し、数分程度様子を見ましょう。 手順2. 巣を撤去する 巣の周囲も含め、飛んでいる蜂がすべていなくなったら、長い棒や剪定ばさみで巣を落としましょう。 巣の真下にゴミ袋を置いておくと、処分しやすいです。 ゴミ袋に蜂の巣を入れたら、念のためもう一度、ゴミ袋の中に殺虫剤を噴射しておきましょう。 おそらく、地面には蜂の死骸がたくさん落ちています。 死骸から毒針が出ていたり、つかんだ時に毒針が飛び出ることがあるので、素手で触るのは危険です。 トングでつかんで、巣と一緒にゴミ袋に入れましょう。 死骸の処理は明るくなってからでもいいですが、あまり長い間放っておくとアリなどの虫がわくので、できるだけ早めに処理しましょう。 戻ってきた蜂がいたら・・・ 駆除後しばらくの間、殺虫スプレーに驚いて逃げ出した蜂が、巣の場所に戻ってくることがあります。 放置していると巣を作り直されることがあるため、戻ってきた蜂も殺虫剤で駆除しておきましょう。 夜間なら、懐中電灯(セロハンはつけない)を地面に置いておくことで、ある程度集めることができます。 手順3. 巣があったところに殺虫剤を散布する 駆除が終わったら、巣があったところにもう一度殺虫剤を吹き付けておきましょう。 殺虫剤の成分には、蜂を寄せ付けない忌避効果があるため、戻ってきた蜂が巣を作り直すのを防ぐことができます。 念のため、駆除後しばらくは生き残った蜂が戻ってきていないか、定期的に様子を見ておくと安心です。 アシナガバチを駆除するときの注意点 ここまで、アシナガバチを駆除する方法についてご紹介させていただきました。 先ほどもお伝えしましたが、蜂の駆除は、刺されるリスクがつきものです。 条件や環境によっては、駆除の手順以外にも気を付けておくべきことがいくつかあります。 そこでここからは、アシナガバチを駆除するときの注意点をご紹介いたします。 高いところにある巣には高所用の噴射器を使う 蜂用の殺虫剤は、屋外で使うことを想定し、遠くまで噴射できるものが多くなっています。 しかし、スプレーの性質上、遠くに行くほど殺虫剤が拡散してしまうため、あまり遠すぎると思ったような効果が出ないことがあります。 また、風向きなどの影響でうまく届かないこともあるため、巣が高いところにある場合は、高所用の噴射器を使用しましょう。 脚立を使用しての駆除は危険 「高いところの巣なら脚立を使えば届く」と思うかもしれませんが、脚立にのぼって巣を駆除することは非常に危険です。 殺虫スプレーに怒ったアシナガバチが向かってきたことに驚いた拍子に、脚立から落下してけがをしてしまう可能性があります。 危険・難しいと感じたら業者に相談する 刺された、刺されそうになった、思ったよりたくさん蜂がいたなど、駆除のときに危険を感じたり、駆除が難しいと感じたら、駆除の最中であってもいったん中止して避難しましょう。 無理をして興奮している蜂と格闘し続けると、より深刻な事態を招くことになりかねません。 身の安全を最優先して、後は専門の業者に任せるようにしましょう。 アシナガバチの駆除を自力でやる方法まとめ 今回は、アシナガバチを自力で駆除する方法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。 自力で駆除できるかどうかは、巣の場所や状態を確認してから判断する必要があります。 最盛期ではない作りかけの巣であれば、自力で駆除できる可能性があります。 アシナガバチを駆除するときは、防護服や肌を露出しない厚手の服装で行い、刺されないように十分注意しましょう。 しかし、蜂の駆除は危険を伴います。 駆除が難しいと感じたら、無理をせず専門の業者に相談することをおすすめします。 生活救急車では、蜂や蜂の巣の駆除を承っておりますので、お気軽にご相談ください。 まずは、お見積もりからご対応させていただきます。 「スズメバチの巣を見つけちゃったんで。 今冬だから飛んでないみたいなんですけどね。 早く取って頂いた方がいいかなと思って。 」と戸惑いながらも、明るい様子でご相談がございました。 「お風呂場の窓の下なんですよ。 」とのことで、今回お困りしているご住所をお聞きしますと、船橋市夏見にあるハチの巣のご依頼でした。 詳しくは担当の者から折り返しご連絡させていただくことをご了承頂き、「はい、お願いしまーす。 」と落ち着いて、ホッとされた様子でお電話での手配を完了致しました。 受付日時 2020年2月18日 10時10分頃 受付担当 山内 担当より一言 生活の中でのお困り事だけでなく、改善したい案件等、まずはお気軽にお電話頂ければと思います。 わかりやすいご案内を心掛けています。 「ミツバチなんですけどね。 天井裏に巣を作ってるようなんですよ。 」とやや重い口調で、不安でいらした様子でお電話を頂きました。 「けっこう出入りするんですよ。 」とのことで、お困りしている現場のご住所をお聞きすると、広島市安佐南区大町東のご自宅からのご依頼であることが確認できました。 対応状況を確認しまして、担当より折り返しお電話させていただくことをご了承頂き、「お願いします。 はい、よろしくー。 」と気持ちが少し軽くなって、安心いただけた様子で今回の受付を完了させて頂きました。 受付日時 2020年2月1日 10時40分頃 受付担当 比嘉 担当より一言 お困りのお客様の立場になり、トラブル内容を早急に察知しパートナー店の方に迅速な対応をして頂く為、なるべく早い受付・指示が出来る様心がけています。

次の

アシナガバチの巣を作らせない方法4選!女王バチの捕獲~ダミーの巣

アシナガバチ に 巣 を 作ら せ ない 方法

『ハチの知恵袋』は、ハチに関するあなたのお悩みを解決するためのサイトです。 ハチは、軽く扱うと危険な生き物でもあります。 あなたの安全のためにも、わかりやすさを追求して楽しく情報をお届けします。 あなたの家にできた蜂の巣は?写真と見比べてみよう! 蜂の巣への対処法は、そのハチの種類によって 大きく変わります。 間違った対応をすると、あなたに 危険が及ぶかもしれないんです…! そこで今回、 蜂の巣の写真をいくつかご用意しました! あなたの家にできた蜂の巣と見比べてみてください。 どのハチなのか簡単にわかります! 蜂の巣を確認するときは、 むやみに近づいたり、 覗きこんだりしてハチを怒らせないように注意してくださいね。 ハチが「巣を襲われた!」と思って、 刺してくるかもしれません…! 蜂の巣を ズームして撮影すれば、 刺されずにチェックできるよ〜! そうですね。 遠くから確認できれば安全ですからね。 (スズメバチ) (初期のコガタスズメバチ) (初期のスズメバチ) (アシナガバチ) (ミツバチ) (クマバチ) (マルハナバチ) (ドロバチ) (ジガバチ) すぐに駆除!スズメバチの巣は危険です 丸いマーブル模様、もしくは電灯の傘や逆さにしたフラスコのような巣を作ったのは、 スズメバチの可能性が高いです! スズメバチは一番大きな種類だと 4cmにもなり、 オレンジがかった色をしています。 「スズメバチ」と聞くと、まず危険なイメージが頭に浮かびますよね。 日本にはスズメバチが17種類いますが、 ほとんどの種類が毒や攻撃性が強い ため危険です。 もしスズメバチの巣が作られてしまったら、 被害が出る前に ます。 このあと具体的な危険性や詳しい駆除方法を解説しますね。 ではまず、スズメバチの巣の特徴からご説明します。 スズメバチの巣の特徴 スズメバチの巣は、作り始めと完成後でその形状が変わります。 作り始めの巣は、女王蜂しかおらず、働きバチがまだいない状況です。 一般的なスズメバチの場合、巣が 電灯の傘のような形をしています。 一方 コガタスズメバチの場合、 逆さにしたフラスコのような形をしています。 そんな怖がってたの〜!?ビビりだな〜。 やってみるとわかるけど、本当に怖いんだよ! …話を戻しましょう。 作られやすい場所は、ハチの種類によってまちまち。 代表的な種類ごとに、 巣を作られやすい場所を表にまとめてみました。 表を見ていただければ、巣の場所によってスズメバチの種類の予想ができるかと思います。 ハチの種類 巣が作られやすい場所 オオスズメバチ・クロスズメバチ 土中(木の穴や屋根裏に作られることも) キイロスズメバチ・モンスズメバチ・ヒメスズメバチ 閉鎖空間(木の穴・屋根裏・壁の隙間など) キイロスズメバチ・コガタスズメバチ 開放空間(軒下・生垣・木の枝など) 中でも キイロスズメバチは巣を作れる場所が多いため、街中でも遭遇する可能性が高いです。 また、 「大きなハチがいるけど、巣が見当たらない…」 という場合は土の中に オオスズメバチの巣 があるかもしれません。 もし巣に気づかず近くを通ってしまうと、怒ったたくさんのオオスズメバチが一斉に襲ってきます。 数年前には、車椅子の乗った女性がスズメバチに刺され続け、命を落としてしまう事故もありました…。 (参考: ) ハチが飛び回っている場所には近づかず、 巣の場所を確認することもやめましょう! スズメバチの巣の危険性と駆除方法 スズメバチは危険性が高いハチです。 毒や攻撃性が高く、によると、スズメバチによって 毎年10人前後の方が 命を落としています…。 そんなスズメバチの危険性は、 「働きバチがいるか」で大きく異なるものです。 スズメバチの巣は、働きバチが生まれるまで1ヶ月半ほどかかります。 その期間は、女王蜂は 産卵と巣作りに必死のため 攻撃性がかなり低いんです。 もしあなたの悩みのタネである巣に 働きバチがいるなら、 危険性は一気に上がります…! スズメバチに刺される被害は7〜11月のあいだに起きています。 中でも 働きバチがもっとも多い9〜10月に 被害が集中しているんです。 自分で駆除できるのは、大きさ10cmまでの小さい巣。 しっかりと 防護服を着た状態 で作業してね! スズメバチ駆除の詳しい情報は、こちらの記事にまとめています! 一方、 巣が10cmを超える大きさ で 働き蜂もたくさん飛んでいる 場合は、業者や役所にお任せすることを強くおすすめします。 命に関わる危険な作業 のため、安全のためにもプロの力を頼りましょう。 アシナガバチは大きな種類でも 2. 6cmほどで、 イエローがかった色をしています。 アシナガバチはスズメバチより小さく、大人しいと思われがちですが、もちろん 刺してきます! 種類によっては スズメバチと同じくらいの毒を持っているんです…。 まず、そんなアシナガバチの巣の特徴からご説明します。 アシナガバチの巣の特徴 アシナガバチの巣は、 シャワーヘッドや 蓮の実のような形をしており、 巣穴がむき出しになっています。 巣の大きさは、働きバチが生まれる前は5cm以下とかなり小さめ。 しかし働きバチが増えると巣はどんどん大きくなり、 最大で15cmほどになるんです! 「意外と小さい」と思われるかもしれませんが、そんな小さな巣にアシナガバチが群がっている姿はなかなか強烈ですよ…! 作られやすい場所は次のような 開放的な空間です。 ベランダ• 低い木の枝 一方ハチや巣が小柄なため、 室外機の中といった 閉鎖的な空間にも作ることがあります。 小さなサイズを活かして、色々な場所に巣を作れるアシナガバチ。 では、そんなアシナガバチの危険とはどのようなものなのでしょうか? アシナガバチの巣の危険性と駆除方法 アシナガバチは 大人しい性格ではありますが、もちろん 刺してくることはあります。 駆除は自分でしても大丈夫なんだっけ? アシナガバチは、しっかりと準備すれば 自力での駆除も可能 です。 ただ、アシナガバチも危険性は高いということを覚えておきましょう。 こちらの記事に駆除についてまとめているので、刺されないように注意して行なってくださいね。 刺されるのが不安な場合、また 「自分では無理だ!」 と感じたら、 ことをおすすめします。 ミツバチの巣は状況によっては駆除 板状の大きな巣を作ったハチは、 ミツバチである可能性が高いです! ミツバチは 1. 3cmほどの大きさで、全身が 毛で覆われています。 ミツバチに巣を作られてしまった時、駆除すべきか迷われる方も少なくありません。 業者として働いていたときには、実際にこんなご相談がありました。 「軒下にミツバチが巣を作っているんだけど、怖いしハチの数も多い。 でも刺したりしてこないときってどうすればいい?」 ここで「ミツバチの巣ができた!」と勘違いされる 分蜂(ぶんぽう)という現象について紹介します。 分蜂とは新しい女王蜂が、半分くらいの働きバチを引き連れて、新しい巣の候補地を探すこと。 ミツバチのお引越しともいえます。 ある日突然、家のまわりにたくさんのミツバチが集まってびっくりするかもしれません。 しかし、ミツバチはこのときに 攻撃はほとんどしてこないです。 集まっているミツバチの中に指を入れても刺されないほどですから、 そっとしてくださいね。 さて、大人しいイメージのミツバチですが、どんな危険があるのでしょうか? ミツバチの巣の危険性と駆除方法 ミツバチはいたずらしなければ刺してこないため、巣を見つけても そっとしてOKです。 はちみつって美味しいけど、そんなことが起きちゃうの…。 いいことだけじゃないんだね。 以前、屋根裏にできたミツバチの巣を駆除することがありました。 そのお宅の方は、 はちみつで天井にシミができてから巣に気づいたとのこと。 のぞいてみると、はちみつで巣の周りがベタベタになってたり、ミツバチの亡骸が転がってたりと ひどい状況でした…。 一方 スズメバチによる被害は、 スズメバチがミツバチの巣を襲うことで起こります。 スズメバチにとってミツバチは大事なご馳走。 ミツバチは巣を守るために、死に物狂いで戦います。 この戦いは、あなたにとっても 危険な状況なんです…! スズメバチが大勢引き寄せられると、興奮したスズメバチに 襲われる可能性が上がります。 また、戦いのあと巣のまわりにはかなりの亡骸が残ってしまい、衛生・精神的にもよくありません。 このように家に巣を作られた場合は、 駆除を検討してもいいかもしれません。 ミツバチは自分で駆除するには巣が大きいし、ハチの数も多いよ。 2cmほどの大きさで、胸のあたりが黄色の毛でフサフサと覆われています。 見た目や名前の印象、羽音が大きいこともあり、飛んでいて怖いと思うかもしれません。 しかし、実際は とても大人しいハチで、掴んだりしない限りは 刺してきません! 刺されたとしても、毒は強くないため 危ないハチではありませんよ! 6〜7月になると、放置している木材などに 横穴を掘って巣を作ります。 1匹で生活しているため、巣のまわりにハチが飛び交うこともないです。 さらに、巣に近づいても襲ってこないため 放置しても問題ありません。 しかし家の木材部分に作られた巣穴から、 水分や虫が侵入することも考えられます! 気になる場合は 駆除という選択肢もあるかもしれません。 巣に殺虫剤を撒けばカンタンに駆除できるよ! でも丸っこくて可愛いし刺してこないから、オイラは少し気が引けちゃうなぁ。 マルハナバチはそっとしておきましょう きのこの傘が集まったような巣なら、 マルハナバチというハチが考えられます! マルハナバチは最大 2cmほどで、クマバチのように全身が毛むくじゃらです。 羽音や見た目で怖い印象を持たれるかもしれませんが、掴んだりしなければ 刺してこない温厚なハチです。 クマバチとは違い、家族で生活しています。 4月頃になると、 土の中に巣を作ります。 見た目を例えるなら、エノキの傘を上から見下ろしたような感じ。 刺したりしないため、気にせずに 放っておいてあげましょう。 ドロバチ・ジガバチは危険ではありません トックリのような形や、地面に泥で作られた巣は、 ドロバチや ジガバチといった蜂の巣の可能性が高いです。 5cmほどのハチで、1匹で狩りをしながら生活しています。 小さい上に、掴んだりしなければ 刺してきません。 7〜9月になると、 ツボやトックリのような巣を作り始めます。 巣は泥でできているため、見た目はただの土の塊です。 この蜂の巣は、実はエサの芋虫とハチの卵を入れるために作ったもの。 巣というより保育器に近いんですよ! えーどういうこと!? どういうことかというと、針で刺して麻酔がかかった虫とハチの卵を入れることで、世話をしなくても安全に成長する設計になっているんです。 ハチの卵がかえると、一緒に入っている虫たちを食べて大きくなります。 このハチは一匹で生まれて、成虫になるまでずっと中に閉じこもっているんです。 もし 巣に穴がなかったら、親がフタをしたあとなので もう戻ってきません。 卵が立派なハチになれば、 フタを壊して外に出てきます。 家の壁に、土でできたツボができたらびっくりするかもしれません。 しかし、いじらない限り刺してはこないので、 そっとしてあげてください。 まとめ この記事では、蜂の巣の種類や危険性がわからないあなたへ、次の3点をお伝えしました。 蜂の巣はカメラのズーム機能を使って安全に確認しましょう• 危険なハチなら駆除して不安を取り除きましょう• 刺してこないようなハチはそっとしておきましょう.

次の