潮干狩り 超人。 潮干狩り、これがコツ 「超人」に聞く:潮干狩り情報

潮干狩り

潮干狩り 超人

もうすぐやってくる潮干狩りシーズン。 潮干狩り未経験なあなたも、この時期しか楽しめないレジャーを満喫してみませんか? 道具をそろえるのはもちろん、実際に潮干狩りをする方法など、ちょっと大変そうな印象を持っている人もいるかもしれませんね。 潮干狩りに関する本を出版するなど、まさに潮干狩りについてこの人の右に出る者はいません! そんな原田さんに、まずは潮干狩りに持って行くと便利なアイテムを教えていただきました。 100均や、家にあるもので代用も!潮干狩り必携の入門グッズ 潮干狩りに行くとなると、あれこれ重装備をしなければいけないと思っていませんか? ところが驚くことに、それは大きな誤解だそう! (原田さんが愛用している潮干狩りグッズはこんな感じ) 「『今日は何も予定がないし、ちょっと潮干狩りにでも行ってみようかな〜』なんて思ったときが始めどきですよ」と、原田さんはいいます。 では早速、原田さんに教えていただいた潮干狩りアイテムを、レベル別にご紹介していきましょう。 特に関東エリアであれば、大半が砂浜なため素手でも大丈夫なことが多いそう。 それでもやっぱりケガが心配…という人は念のために持って置くと安心かもしれませんね。 持ち帰り用のクーラーボックスと、家に帰ってから砂抜きをするための海水2リットルを入れるペットボトルがあるとベストですね」 *** 初心者でも失敗しない!潮干狩りの教訓3つ 持っていく物がわかったところで、実際に潮干狩りをする際の教訓を3つ教えていただきました。 目からウロコです! 干潮の約2時間前に潮干狩り場に到着すべし せっかく潮干狩りに行ったのに、あさりが全然採れなかったら残念でならないですよね…。 そんな事態にならないためには、まず「あさりがたくさんいそうな場所」をチェックするのがポイントです! アドバイス! 潮が引いても海水が少し残っている場所は、あさりが集まりやすいエリアなんです。 だから、潮干狩り場が干潮になる約2時間前に到着して、そのエリアを確認するのが大事。 それから、岩や海草などの障害物の陰もポイントですよ! あさりを1個見つけたら、周りに30個いると思うべし あさりは、一箇所にまとまって生息しているとのこと。 そのため、1個見つけたら、近くにあと30個はいると思ったほうがいいそうです。 くまでの先があさりの貝殻に触れると「ガリッ」という感触があるので、それを察知したらあとは手で砂を掘っていきましょう。 アドバイス! 熊手だけであさりを掘るイメージをしている人が多いようですが、実はそれだと結構力が必要なんです。 熊手だけであさりをかき集めるのは案外難しいんです。 あさりがいる場所が熊手の感触でわかったら、周りの砂を熊手で柔らかくほぐして、あとは手で探ったほうが早くあさりを取ることができます。 持ち帰るときは、あさりを水から出すべし 潮干狩りを満喫したら、肝心なのがその持ち帰り方法。 砂抜きをするためにあさりを海水に入れて持ち帰る人も少なくありませんが、実はこれ、あさりの鮮度を下げてしまう原因にもなるそうなんです…! アドバイス! 海水は、くみ上げたあと…例えば車内に置いておくと、すぐに15〜30度まで温まってしまいます。 その中にあさりを入れておくと弱ってしまうので、持ち帰るまでは水から出してクーラーボックスに入れておきましょう。 砂抜きは、あさりが棲んでいた場所の海水を使うのがベスト。 ペットボトルなどに海水を入れ、家についてからあさりと合わせるといいですよ。 海水を持って帰れない場合は、水道水1リットルに塩30gの割合で 「塩分濃度3%の人工海水」を作りましょう。 海水を使うよりは砂の抜けが悪いので、少し長めに(5時間程度)砂抜きをします。 時間が長いぶん、途中で1回、人工海水を新鮮なものに入れ替えるとうまく砂が抜けます。 *** 一度やればハマる潮干狩り。 とにかく行ってみて! 最後にひとこと、潮干狩り経験があまりない人に「超人からのメッセージ」をお願いします。 「もうとにかく言いたいのは、ぜひ一度行ってみて!ということ。 やってみたら案外潮干狩りって手軽にできることがわかると思うし、絶対に夢中になるから。 実は潮干狩り場って迷子がすごく多いんですけど…親が貝に夢中になりすぎて、目を離したスキに子どもがどこかに行っちゃうからなんです(笑)。 それくらい楽しいってことですよ」 むむむ。 そこまで言われると、なおさら潮干狩りが気になってきたぞ…。 潮干狩りのシーズンは、意外と長くて3〜8月まで! 原田さんに伝授していただいた潮干狩りのコツを参考に、いつもとちょっと違う休日を家族や恋人と過ごしてみては? 【関連記事】 \潮干狩りで獲ったしじみやあさり。 自宅で砂抜きする方法/ 【お話をうかがった人】 原田知篤さん [PROFILE] 毎年シーズンになるとテレビ等で活躍の、自称「潮干狩り超人」。 著書に 「潮干狩りの疑問77」(2017年3月2日発売、成山堂書店) などがある。 ホームページやSNSで、潮干狩りに関する最新情報を発信中!2017年より(株)シーサイドライン潮干狩り広報部長。

次の

潮干狩りの極意を達人に聞いたら「1個いたら30個はいる」。今年は4/29と30がベスト。

潮干狩り 超人

気温も暖かくなってきて、今これからがまさに「潮干狩り」のシーズンです! ゴールデンウィークも家族で手軽に楽しめるレジャーとして人気です。 今回は、そんな潮干狩りの極意について、「潮干狩りの疑問77」という著書もある、この道64年の「潮干狩り超人」原田知篤さんに極意を伺いました。 干潮の2時間前が良い! どのタイミングで行けばよいのか…?それは潮が一番引いている 「干潮」の前2時間がベスト。 また、大潮、中潮、小潮、長潮、若潮と、潮が引いている日にも差があるそうで「大潮と中潮の日」に行くのが良いということです。 また天候ですが、晴れた日の潮が引く時間がベスト。 晴れている日は、高気圧が海面を押すので、潮が引きやすいのだそうです。 朝まで雨だったりすると、潮がひきにくいということです。 「あさり」は1個いたら30個いると思え! どうやったら獲れるのか? 海藻や岩陰などの近くに「あさり」は多く集まります。 これは、呼吸や食事がしやすいからということなのだそうです。 また、砂浜にも高低差が多少あり、貝も高いところの影だと波を避けられやすいため、見つけやすいということです。 ちなみに「あさり」は寂しがり屋さんで、まとまっていることが多いため、1個いると30個はいると思いましょう!さらに「あさり」には水管が2本あって、それを砂の上に出して呼吸しています。 なので、 穴が2つあるところを掘ってみると見つかります。 水管の長さには個体差があって、ふつうは2~3センチ程度ですが、大きいものだと7~8センチも伸びます。 先ほど言った通り、集団でいて砂の中では団地のように住んでいるそうなんです。 小さいのを上で見つけたら、さらに深く掘ってみると大きいのが見つかります! 足元の注意点は靴下2枚 貝などで足が切れないようにするため 靴下を二重にした状態がオススメです。 裸足に近いので転びにくくなります。 一方、長靴は水が入って擦れますし、ビーチサンダルは足がとられたり、鼻緒の部分が痛くなるのでやめた方がいいでしょう。 無料・有料の違いは「獲れる量」と「大きさ」 有料は漁協が管理していて、営利目的です。 その分、貝が大きく獲れやすいです。 一方、無料は自治体が管理して、無料なので獲れるかどうかわかりません。 水面や砂浜で反射する紫外線の量も加わって、いっそう日焼けしやすいんですよね。 日焼け止めを塗るとか、肌を出さない格好で行くとか、対策はマストです。 海辺の「風」 朝は穏やかでも、昼間は海から吹いてくる風、海風が発生します。 帽子が飛んでいくとか、砂浜の荷物が飛んでいくといったことがありますから、風は強まるものとして対策をしたほうが良いでしょう。 足をしばらく海水につけているだけでも、けっこうヒンヤリでした。 風も加わって体感的に寒く感じることがありますから、特に小さいお子さんと行かれる場合は、体が冷えた時のことも考えておきたいですね。 今年のゴールデンウィークの中で、潮干狩りのベストタイミングは、4月29・30日の昼前だそうですが、今のところ両日とも昼間は晴れそうです。 潮回りの悪いきょうでも、けっこう採れたわけですから、29・30日の潮干狩りはもっと採れるはず。 潮干狩り、おすすめです! (小さい貝は、海に返しました) 【後編】 TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。 AM954kHz、FM90. 5MHz、PCやスマートフォンはでも。 聴き逃しても過去の音声がや、で聴けます。

次の

矢梨潮干狩り場

潮干狩り 超人

(貝を採る) 熊手• (貝を採る時に手にはめる) 軍手• (貝を採る時に履く) 薄手の靴下• (貝を採る時に一時的に貝を入れておく) 洗濯ネット• (貝を持ち帰るときに使う) 発泡スチロール 「貝を採ったバケツに海の水を入れて持ち帰るのはおすすめできません。 汚れた海水でアサリが弱ってしまうためです。 採った貝は水道水で洗って、発泡スチロールのケースに保冷剤と一緒に水から出して持ち帰るのが一番です」 また、キッチンの 排水口用の網や 洗濯ネットなども採った貝を一時的に入れておくのに便利だそうです。 まとめると、名人・原田さんが選んだおすすめの潮干狩りグッズは以下の 5点。 どれも自宅にありそうなものなので、楽ちんですね。 また、海に生える 海草・アマモのある辺りも同じ理由で貝を見つけやすいそうです。 「砂浜の様子」をチェックしよう! 「島の手前を掘るためにも、 潮が引く1時間半前ぐらいから潮が引く様子を観察しましょう。 島は、海岸に並行に出来るときと、海岸に垂直方向に出来る場合があります、親子で予想をしながらどこから掘っていくかを相談するものいいですね」 3. 「貝の生態」を知ろう! 「貝は集団で生息している場合が多いため、1つ貝を見つけたら、その周囲の砂も掘ってみましょう。 効率よく貝を採ることができます。 1つの貝の周囲には通常30個程度の貝を見つけられます」 いよいよ名人と潮干狩り対決! 潮干狩りの道具と採りやすい場所、方法を聞いたところで、本当に貝が採れるのかを調査! 原田さんと編集部で対決しました。 制限時間は20分。 そのほか編集部では お味噌汁、 パスタ、 酒蒸しも楽しみました。 アサリご飯と同様にたっぷりのアサリで作ったお味噌汁は出汁がしっかりと出て絶品! パスタや酒蒸しも貝の旨味をまるごといただける一品となりました。 今回はまだ寒い冬空での調査でしたが、もう少し気温が暖かくなれば、海の潮風を感じながら家族みんなで楽しめます。 ぜひ、名人のアドバイスを参考に、家族で潮干狩りに出かけてみてください。 今回取材をお願いしたのは? 今回取材した「 海の公園」は横浜シーサイドライン「八景島」「海の公園芝口」「海の公園南口」駅から 徒歩約2分。 シーズン中はたくさんの人が訪れ駐車場に入れないという場合もあります。 公共交通機関でのお出かけがおすすめです。 取材協力 GLOBERIDE,Inc. globeride.

次の