フランドール 堀西本店。 FLANDRE(フランドール) 堀西本店でケーキ予約!

フランドール堀西本店(掲載期間 2018/10/04 ~ 2018/10/17)|求人・パティスリー・製菓 カフェ 秦野市 転職・店舗情報|飲食店求人グルメキャリー 関東・首都圏版

フランドール 堀西本店

伊豆諸島では、土砂災害や強風、高波、竜巻などの激しい突風、落雷、濃霧による視程障害に注意してください。 梅雨前線が、東シナ海から伊豆諸島付近を通って日本の東へのびています。 東京地方は、雨となっています。 17日は、前線が伊豆諸島付近に停滞するため、雨で時々曇りとなるでしょう。 伊豆諸島では、雨や雷雨となり激しく降る所がある見込みです。 18日は、前線上の低気圧が関東地方の沿岸を東北東へ進むため、雨で昼過ぎから時々曇りとなるでしょう。 伊豆諸島では、雨や雷雨となり非常に激しく降る所がある見込みです。 【関東甲信地方】 関東甲信地方は、雨や曇りとなっています。 17日は、前線が伊豆諸島付近に停滞する見込みです。 このため、雨や曇りで雷を伴い、伊豆諸島では激しい雨の降る所があるでしょう。 18日は、前線上の低気圧が関東地方の沿岸を東北東へ進む見込みです。 このため、曇りや雨で、雷を伴って激しく降る所がある見込みです。 伊豆諸島では、明け方から朝にかけて非常に激しい雨の降る所があるでしょう。 関東地方と伊豆諸島の海上では、17日から18日にかけて、うねりを伴い波が高いでしょう。 また、所々で霧が発生しています。 船舶は高波や視程障害に注意してください。

次の

フランドール 本店(秦野市堀西7-)|エキテン

フランドール 堀西本店

産業道路に面しているお店が本店で、渋沢駅前にもお店があります。 「おいしいパンとケーキのお店」との通り、パンもケーキも美味しいです。 秦野土産として有名な「ぼんち」は、ずっしりとして食べごたえもあり、味の種類も豊富です。 私の実家では帰省土産やお持たせには必ず利用していました。 店内に試食もおいてあるのでついほおばってしまいます。 パンの種類も豊富で惣菜系のパンなどもおススメですが、食パンがとてもやわらかく香りも良く気に入っています。 ケーキは見た目がとてもおしゃれで美味しいものばかり。 お気に入りはチョコ幸 サチ です。 子供のころはこのチョコ幸のホールケーキを誕生日ケーキに買ってもらえたことがあり、とても幸せな記憶として残っています。 ずっと続いてほしい名店です。

次の

フランドール 本店(秦野市堀西7-)|エキテン

フランドール 堀西本店

フランドール・スカーレット Flandre Scarlet。 彼女はの主の妹(実妹か義妹かは不明)で、姉と同じである。 少なくとも495年以上生きているが、少々気がふれている(そして本人も気味だった)事から外には出してもらえず、その大半を紅魔館ので過ごしてきたというまさに。 そのため食事も与えられたものしか食べたことが無く、吸血鬼でありながら人間の襲い方を知らない。 そればかりか生身の人間自体を見たことがないらしい。 というわけで通常の吸血鬼(もちろんレミリア含め)が人間を殺さない程度にしか襲わないのに対し、加減することを知らない彼女は一滴の血も残さず吹き飛ばしてしまうとの事。 歯止めの効かない破壊力は姉を遥かに凌ぐとされるが、そもそも「あらゆるものを破壊する」なんて能力を持つのだからそれも必然というものだろう(ちなみにレミリアの能力は「他者の運命操作」)。 そんな彼女だが、の異変「」後はたち(・)と接触したことで外界に興味を持った様子。 その結果「外に」とまではいかないものの、『(書籍)』で屋敷内を出歩いている姿が目撃されたり、屋敷のすぐ傍ながらも屋敷外にいる挿絵があったりする。 容姿 一言で言えばとかの範疇で、『』のの項目には「十にも満たない幼児のよう」、フランの項目には「背丈や年齢は姉のレミリアと同程度に見える」と書かれている。 身長は10代前半の人間で見るとかなり低い部類らしい。 ピンクの服に水色の髪といった姉と違い、全体的に赤が強調されている。 の瞳に濃い黄色の髪を持ち、それをにまとめ、その上からと呼ばれるに似た独特な帽子()を被っている。 服装も真紅を基調としており、とを着用。 スカートは一枚の布を腰に巻いて二つのクリップで留め()、足元はにを履いている。 背中には翼もあるが、翼というよりも「七色のが下がった一対の枝」という方が合っているような特殊な形状が特徴。 さらに武器(?)としてグネグネした黒い槍のような棒を持っており、先端にののようなものが付いている。 種族 姉と同じく。 ただし『東方紅魔郷』のread. txtには「吸血鬼にして」とある。 性格 発狂気味で。 以下は公式設定からの抜粋。 吸血鬼にしてで、495年程、悪魔の妹をしています。 少々気がふれていて、通常は表に出してももらえません。 出ようともしません。 普段はあまり怒ったりしないのですが、常におかしいので他人には良く分かりません。 (『東方紅魔郷』のread. txtにある「3.キャラクタについて裏一言」から) 情緒不安定なので、通常は館の外に出してもらえない。 (『東方文花帖』のp52〜53から) 抜粋は以上。 発狂気味で情緒不安定とされているがどこか達観した価値観を持っており意外にも教養のある落ち着いた性格をしている。 しかし身内に殺人容疑が上がった際はその身内を非難したり庇ったりせず「思い切った事をしたねえ」と褒めるように感心していたり、会話の節々で好戦的な一面を覗かせていたりと「一般的な価値観が通じない」という意味では狂ってると言えるだろう。 また閉じ込められてるというより引き篭もってるというほうが正しく、地下室は弱点の日光も当たらなければ食事でも何でも欲しい物を持ってきてくれるという彼女にとっては非常に快適な場所だったので外に出る必要がなかったからに過ぎない。 そもそも彼女自身何でも破壊できるので閉じ込めておく事自体まず無理な話なのである。 ちなみに姉の名前をと言い間違えたに「レミリア! レミリアお姉様よ」とわざわざ訂正したり「お姉様」と呼んでいたりで慕っている様子を見せたかと思えば『(書籍)』では陰で「アイツ」呼ばわりしているなど原作での関係描写が一定していない。 慕っているのか嫌っているのか……。 当のレミリアも紅魔郷EX. txtで「ああ、そうか、あいつのこと忘れてたわ」などと言ってはいたが、彼女は姉なのだから妥当ではあるだろう。 またフランに「あいつ」呼ばわりされても「こら、姉をあいつ呼ばわりするんじゃないの」と軽く宥めていた程度でそこまで気にしている様子はなかった。 姉からどう思われているかは殆ど描写が無いが、『』ではをフランドールのにするのはどうかというやり取りがある辺り教育しようという考えはあるようだ。 能力 名称通り、対象が(『』では全ての物質)ならば問答無用で直接破壊できる能力である。 「直接破壊する」といっても、キックやパンチで大きな岩もコナゴナに砕くとか、すさまじい怪力でどんなものでもガレキやスクラップに変えるとかそういう事ではなく、"その物の一番弱い箇所"を自分の手の中に移動させ、拳を握りしめることで対象を破壊することができるのだ。 この原理は『全ての物には「目」という最も緊張している部分があり、そこに力を加えるとあっけなく破壊することができる』と説明されており、我々の世界で言えば鉱物の「劈開(へきかい)」に近いものといえる。 劈開は「特定の方向にのみ割れやすい」という性質で、あれだけ固いでさえその方向から叩けばあっさり割れるようなもの。 フランドールはその力を以ってをも破壊してみせたこともあり、本人いわく「」との事。 阿求は「」にてこの能力に関連して、フランが紅魔館内で孤立しているとしたうえで「 一緒に遊んでも作った物を片っ端から壊されてしまうので、誰も一緒に遊んでくれないのだろう」と考察している(『求聞史紀』)。 彼女にとっては「普通に遊んでいるだけなのに壊れた」程度の感覚でも、相手からすればいろんな意味で心中穏やかではいられないだろう。 人物関係 基本的に閉じ篭っているため、公式な人物関係は姉を除いてほとんど存在しない(「食用に加工された人間以外の人間を見たことがない」という台詞から、主人公たちと会う前はとも面識がなかった可能性がある)。 この他では、『求聞史紀』で魔理沙が紅魔館に忍び込むと「 たまに会う」としている以外は、先述のとおり『文花帖』での取材を受けた程度である。 これについてものほうをご覧ください。 出番 高い人気に反して彼女がセリフなどを伴って登場した作品は少なく、『』と『』のみ。 他のキャラは作品に出演していることからもっと登場させてほしいというファンも多いようだが、現在はのとしてが精一杯のようだ。 『求聞史紀』によれば紅魔館の野外パーティにも参加せず館内を歩くそのシルエットのみが確認されていた他、『』(漫画版)のロケット完成記念パーティ(紅魔館内で開催)でも姿は見られなかった。 ただし『儚月抄』にて、同パーティ中に地下に迷い込んだとに襲いかかるシルエットとしてフランらしき影が登場している。 また、『』にて、イメージカット的かつ後姿ではあるが、レミリアとともにペットのチュパカブラを眺める様子が描かれている。 このときのフランの表情は見る事ができないが、フランと一緒に時間を過ごしているレミリアの側はリラックスした柔和な表情をみせている。 そして『東方智霊奇伝』の「紅魔館事件は地の底に」においてはメインが紅魔館組という事もあって 遂にメインキャラの一人として活躍。 フランの住んでる地下室は仮の地下牢としても使われているようである。 また作中の咲夜とフランの会話はフラン好きには必見。 紅神符「十七条のカタストロフ」 悪夢日曜、弾幕夢4 との合同スペカ。 紅星符「超人カタストロフ行脚」 悪夢日曜、弾幕夢6 との合同スペカ。 二次創作設定 概要 おおむねやと呼称される。 タグは名前のみのフランドールが多い(フランでは他のタグと競合してしまうため)。 主だったキャラクター概要などはの項目に任せるとして、本項では主に二次創作における扱いなどについて言及する。 性格 初出の『』では、「気がふれている」と明言されていた。 『』では「」とされている。 しかし編集者によっては『』で「情緒不安定」とされている、としている。 元々出番が少ないので二次創作の界隈では具体的に人格を窺い知れるような資料に乏しいとされ、その結果様々なキャラクター性が確立された。 傾向としては大きく3種類に分けられ、それら3種類の属性をそれぞれの作品・作風ごとに独自の割合で組み合わるような複合的なパターン(以上計4種)でフランのパーソナリティが造形されることが多い。 狂気設定からスプラッタやホラーを中心とした破壊的で過激なもの。 狂気設定と原作での問答から冷酷あるいは非倫理的で残忍なもの。 495年の殆どを外界と隔絶して過ごしていたために善悪の区別が曖昧で好奇心旺盛、子供っぽく悪戯好き、純粋で我侭等といった愛くるしい幼女的なもの。 これらを適当な割合で折衷したもの 1. とされる場合、話が通じないレベルで暴走しての破壊という格好になる。 フランドールの持つ一面として絵の題材にされることもかなり多いが、キャラクターとして安定した運用が難しいためキャラ付けとして生かされることは多くない。 絵としてはひたすら狂気を前面に出した描写になる。 の場合は、原作における狂気設定と原作や文花帖での冷静なやりとり、問答から作られたもので、1. と異なり冷静で話は十二分に通じるものの嗜虐性が強かったり倫理観に欠けたりし、対象を玩具のように弄び無機質には惨殺するという格好であり、所謂「幼さ故の残酷さ」にも似たような感じになる。 この場合、そこ以外は比較的冷静な性格となるのでシリアスや残虐要素を含む話ではキャラづけとして使用されることも多い。 とされる場合は素直で世間知らずの少女で、例えば姉との仲などについては大体において良好と言う場合が多い。 狂気は抜けきっており、本来割と冷静で知的だということも省かれ、絵にする場合も完全に普通のロリキャラになってしまう場合が多い。 ただ、の際に姉やなど他のロリキャラと比べて嗜虐的で貪欲であるというキャラづけは狂気設定の影響であろうと思われる。 これらは折衷される場合もあり、3. からいきなり発狂する切り換え型として描写されることもあるが、多くはナチュラルに化したり、倫理的にブッ飛んだ発想をして周囲がぎょっとしたり、壊す気は無いのに勢い余ってモノを壊したり、時には自分自身の狂気との付き合い方に悩んだりと言った混在型の描写になる。 絵にする場合は3. になどの狂気要素を足すことで不安定な感じに仕上がる。 この他の在り方として、先述のフランにおける知性をキャラクター造形の基本とするものとして、表面に表れるときは狂気性を帯びたものとして表現されているものの、その奥には495年の苦悩などからの一種の達観のような、冷静な洞察による的確な他者理解を含むというキャラクター造形に基づくフラン像もある。 知性とアンバランスさが合いまった、繊細さをもつキャラクター像とも言えるだろう。 フランについては先述のような資料の乏しさもある分、二次創作では様々な「フランドール・スカーレット」が見出されているのである。 また、未来世界を描いた二次創作「」では「外に出る機会が増えて様々な経験を積んだ結果、姉のレミリアよりも身体年齢、精神年齢共に上になってしまった(というよりレミリアが両方とも全然成長していないという方が正しいか?)」という設定になっており、非常に常識的な性格となっている。 未だに地下室に住んでいるが、これは当人にとって居心地が良いほか別の部屋に移る理由が特にないために地下室に住んでいるだけらしい。 容姿 その背中からは、一対のに七色のがぶら下ったような特殊なが生えている(*)。 さらに、手には先端にののようなものが付いた、グネグネと折れ曲がった黒い棒のようなものを持っている(**)。 (*)この翼について一部では「」に登場したとの共通点を何とか見いだそうとする試みもある。 マルク(の旧貨幣単位)とフラン(などの旧貨幣単位)+ドル(など多数の現行貨幣単位)でお金つながり、狂気の魔法使い、「〜のさ」口調、やや苦しいがハートモチーフ、虹色の羽など。 (**)先端はの顔(もしくはの)のように見える。 ではである彼女の「魔法のステッキ」的な役割が付けられることもある。 また、スペルカード「」を「炎の剣」として見た場合に、この棒をレーヴァテインの軸だとする説もある。 人物関係 公式な人物関係は姉を除いてほとんど存在しない(メイドにが居るが、「食用に加工された人間以外の人間を見たことがない」という)。 二次創作においても姉のレミリアとの組み合わせ()が最も多い。 『(書籍)』では陰で姉を「アイツ」呼ばわりしている。 もっとも、これについては「年頃になると肉親を呼び捨てにするようなものではないか」という見方もある。 また、紅魔館の門番であるとの組み合わせも有名(と並行する作品ではが本当は門番ではなく姉のレミリアの従者であると対に当たる、妹のフラン側の従者だと言う二次設定も存在する)で、、、「」といったタグが存在する。 その人物関係は紅魔館の中だけで完結され気味。 しかし、最近ではEXボス・妹キャラ・狂気系のキャラという繋がりがあることから「」としてとカップリングが組まれる事もある。 さらにを加えて「」と呼称するグループタグも存在するが、フランとぬえの単体同士での組み合わせはかなり稀。 やはり妹キャラであるかどうかが関係あるのだろうか。 『紅魔郷』での主人公たちとは、との組み合わせが多く見られ、(マリフラ)というタグもあるが、魔理沙と関係の深いキャラが他に増えているためか、最近は少なくなってきている。 原作ではにも興味をもったようだが、二次においては扱われること自体が稀である。 紅魔館や主人公二名以外では、先述の『文花帖』での件からと関わる作品も見られる()。 その理由としては以下のようなものがある。 魔法少女 フランはにしてだと言われている。 少女時代からかどうかは不明だが、バートリ・エルジェーベトは錬金術や黒魔術に傾倒していた。 吸血鬼が魔法の使い手であるというのは、吸血鬼ものでは珍しくない描写であるのも事実。 魔法少女が「魔法の使い手」の意味だとすれば、元ネタとして「吸血鬼ドラキュラの伯爵も全く不自然とはいえなくなる(原作でのドラキュラ伯爵もまた、どちらかというと「吸血をする魔法使い」として描かれている)。 少々気がふれている エルジェーベトは若い女性を殺しては、その生き血を浴びる快楽殺人者だったという。 彼女は幼いときから感情の起伏が激しく、な性格を有していた。 エルジェーベト以外にも、バートリ家には精神的に病んだ人物が多かったといわれる。 表に出してももらえない エルジェーベトは大量殺人の罪により、自らの居城の一室に監禁され、そのまま獄死した。 その他、レ・ファニュの小説に登場する女吸血鬼「」を推す声もある。 「あなたが、コンティニューできないのさ!」 フランドールの有名なセリフ。 フラン「一緒に遊んでくれるのかしら?」 魔理沙「いくら出す?」 フラン「」 魔理沙「一個じゃ、人命も買えないぜ」 フラン「」 「コインいっこ」は、のゲーム『スタンランナー』が由来。 この会社が注目された理由は、「Insert a Coin」を「コインいっこいれる」と訳すなど、直訳的かつどこか外した日本語テロップが支持を集めた。 『』のEXステージはに限らずコンティニュー不可である。 つまりで「コインが今入れた分の一枚しかない」という事になる。 『そして誰もいなくなった』 フランのテーマ曲やの多くはの『』をモチーフとしている。 また、自機としてを選んだ場合は、彼女を撃破した後もその小説絡みのショートストーリーが流れる。 フランは小説の中身は知っていたが、小説の元となったまでは知らなかった。 魔理沙は本当の歌をフランに教え、その意味通りにフランを外に連れ出そうとする。 レーヴァテイン 彼女のの一つとして、が有名である。 このスペカは見た目から巨大な炎を放つ枝状の剣として描写されていることが多く、 彼女のイラストにはその剣を持ったものも多い。 この解釈には、における魔理沙の「巨大すぎる炎の剣」という表現も関係があると思われる。 それによって「剣」でもあるという認識が強まったようである。 このスペカと対になるスペカとして、姉のが所持するがある。 余談だが、作成途中は「ヒノカグツチ」という日本神話的な名称だったが、西洋風の名前に変更したという経緯がある。 関連イラスト.

次の