シャドー コリドー 攻略。 Shadow Corridor on Steam

影廊~shadow corridor~ 感想&レビュー

シャドー コリドー 攻略

これらの要素がしっかり作り込まれているとホラーゲームの魅力がより引き立ち、恐怖かつおもしろさを感じられるゲームになります。 ここでは、本作をこの3つの要素に沿って見ていきたいと思います。 和装に能面をつけて鈴を鳴らしながら歩いている徘徊者や、その場でうずくまって泣いている徘徊者のように、パッと見が人間に近い敵が登場します。 異形のクリーチャーではなく日本人形のような見た目であることがより恐怖を増大させ、この徘徊者に追われるだけで身の毛がよだつ思いをします。 加えて、徘徊者ごとに個性豊かな音を出してきます。 鈴を持っている徘徊者であれば鈴の音、泣いている徘徊者であれば泣き声とヒソヒソと喋るような声、異形のクリーチャーであれば走り回っているので足音。 徘徊者ごとに音が異なるので、プレイしているとどの徘徊者が近くにいるのかを耳から把握できるようになってきます。 説明だけを読むと分かりやすくて便利のように見えますが、この音が本作にてもっとも恐怖心を煽ってくる部分です。 しかも、音がシンプルに不気味でメチャクチャ怖いのです! 鈴の音がずっと聞こえているだけでホラーゲームが苦手な人であればコントローラを投げ出してしまうと思います。 「ならば音を小さくすればいいのでは?」と思うかもしれませんが、小さくすると今度は徘徊者との距離感がわからなくなってしまいます。 徘徊者が近くに何人かいると鈴の音と泣き声と大きい足音が同時に鳴ることもよくあります。 その場合、恐怖で一歩も動けない……という気分に陥ります。 しかも徘徊者との距離が近ければ近いほど鳴る音が大きくて、ヘッドホンでプレイしていると「実際に回りにいるのでは!? 」と錯覚し、ゲーム内だけではなく家の中ですら怖くなってくるほどの感覚を味わえます。 非殺傷 徘徊者を殺すことはできません。 武器がなく、相手の興味を逸らせたり、怯ませたりする爆竹やカメラのストロボといったアイテムはありますが、徘徊者に直接ダメージを与えるようなものはありません。 このモードは、画面にミニマップが表示されていたり、ランダム生成のマップではなく固定マップであったり、徘徊者の数が減って移動速度が低下していたりと、遊びやすい難易度に調整されています。 はたして主人公はもとの世界に戻ることができるのか? ぜひプレイしていただき、恐怖とともにストーリーを楽しんでもらいたいです。

次の

Shadow Corridor Switch版骸流し 大勾玉を持って憎悪を振りまく影から逃げてきたよ!

シャドー コリドー 攻略

様によるフリーゲーム、「」の攻略Wikiです。 ver2. 10がリリース! PS4版とNintendo Switch版も好評発売中!! 当wikiも対応予定です。 一般に、ホラーゲームは謎が多いほど怖さを感じるものですが、当wikiにおいてほぼ全てのページで細かいアドバイスを含む攻略法が書かれてあります。 Shadow Corridorをダンジョンゲームにしてしまう前に、今一度 自分ではその謎が解くことができないか考え直してみてください。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- ダウンロードリンク 【ver2. 【ver1. 無料版・有料版に関わらず同じ場所からデータを読み込みます。 セーブデータはそのまま引き継ぐことが出来ます。 【ver1. 決まった攻略ルートなど存在しない。 システム要件• 最低:• OS: Windows 10 64-bit• プロセッサー: Intel Core i5• メモリー: 1 GB RAM• グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 970• ストレージ: 2 GB 利用可能 注意:上記記載のシステム要件は「最低」のものです。 ShadowCorridorの一部のステージは、この「最低」レベルのシステム要件のPCでは満足に遊べない可能性があります。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------.

次の

シャドーコリドー 影の回廊

シャドー コリドー 攻略

これらの要素がしっかり作り込まれているとホラーゲームの魅力がより引き立ち、恐怖かつおもしろさを感じられるゲームになります。 ここでは、本作をこの3つの要素に沿って見ていきたいと思います。 和装に能面をつけて鈴を鳴らしながら歩いている徘徊者や、その場でうずくまって泣いている徘徊者のように、パッと見が人間に近い敵が登場します。 異形のクリーチャーではなく日本人形のような見た目であることがより恐怖を増大させ、この徘徊者に追われるだけで身の毛がよだつ思いをします。 加えて、徘徊者ごとに個性豊かな音を出してきます。 鈴を持っている徘徊者であれば鈴の音、泣いている徘徊者であれば泣き声とヒソヒソと喋るような声、異形のクリーチャーであれば走り回っているので足音。 徘徊者ごとに音が異なるので、プレイしているとどの徘徊者が近くにいるのかを耳から把握できるようになってきます。 説明だけを読むと分かりやすくて便利のように見えますが、この音が本作にてもっとも恐怖心を煽ってくる部分です。 しかも、音がシンプルに不気味でメチャクチャ怖いのです! 鈴の音がずっと聞こえているだけでホラーゲームが苦手な人であればコントローラを投げ出してしまうと思います。 「ならば音を小さくすればいいのでは?」と思うかもしれませんが、小さくすると今度は徘徊者との距離感がわからなくなってしまいます。 徘徊者が近くに何人かいると鈴の音と泣き声と大きい足音が同時に鳴ることもよくあります。 その場合、恐怖で一歩も動けない……という気分に陥ります。 しかも徘徊者との距離が近ければ近いほど鳴る音が大きくて、ヘッドホンでプレイしていると「実際に回りにいるのでは!? 」と錯覚し、ゲーム内だけではなく家の中ですら怖くなってくるほどの感覚を味わえます。 非殺傷 徘徊者を殺すことはできません。 武器がなく、相手の興味を逸らせたり、怯ませたりする爆竹やカメラのストロボといったアイテムはありますが、徘徊者に直接ダメージを与えるようなものはありません。 このモードは、画面にミニマップが表示されていたり、ランダム生成のマップではなく固定マップであったり、徘徊者の数が減って移動速度が低下していたりと、遊びやすい難易度に調整されています。 はたして主人公はもとの世界に戻ることができるのか? ぜひプレイしていただき、恐怖とともにストーリーを楽しんでもらいたいです。

次の