予防接種 腫れ 冷えピタ。 確定申告でうがい薬・冷えピタって戻ってきますか?

インフルエンザワクチンで腕が腫れたのですが・・・

予防接種 腫れ 冷えピタ

毎年10月からインフルエンザの予防接種を受けましょう! と言われますよね。 みなさん、受けに行きましたか? 長女、次女が保育園に通っていることもあり、我が家は三女以外みんな受けに行きました。 子どもは予防接種を2回受けなければいけないから大変だし、何よりそのたびに腫れたり痛みが出たりとなんだか怖いですよね。 今年は長女が2回ともすごい腫れて「これって大丈夫なのかな」と心配しました。 長女は5歳にもなるので「痛い」とか「かゆい」とか言えるんですが、まだうまく言えない・話せない子どものそういった症状ってどうやって見極めたらいいか悩みますよね。 そこで、インフルエンザの予防接種の副反応について調べてみました。 パパッと読むための目次• インフルエンザの副反応って何? そもそも予防接種とは、その病気に対して免疫を獲得するためのものです。 その免疫を獲得する以外の反応のことを副反応と言います。 注射を打ったところが腫れたり赤くなったり、痛くなったりというような症状のことです。 主な副反応 注射をしたところ• 腫れる(腫脹)• 赤くなる(発赤)• 痛み(疼痛) 予防接種を受けた20~30%の人にこう言った副反応が現われ、その多くは2~3日で消えていきます。 長女も午前中に受けて、夕方には大きく腫れてきましたが、3日後にはきれいに腫れはひいていました。 このような副反応は正常な反応であって、抗体ができたことを示します。 なので大きな心配はいらないってことなんです。 まだ言葉を上手に話せない子どもでも、こういったところをみてあげると大丈夫かどうかっていうのがわかりますよね。 長女は腫れたところが気になってちょこちょこ触っていましたが、腫れ以外に特に症状はなかったのでほっとしました。 対処法:冷やすのが一番。 痛かったり熱っぽかったりする症状を緩和させてくれます 主な副反応(全身の症状) よく、注射を打った後熱がでることはありませんか?それも副反応のひとつ。 全身に現れる副反応なんです。 熱が出る(発熱)• 寒気(悪寒)• だるさ(倦怠感) などが全身に現れる副反応です。 これらの症状は5~10%くらいの人に起こって、これも腫れたり痛くなったりするのと同様、2~3日で治ります。 10%というと10人いれば1人はなるってことで、けっこう多いなぁという印象。 頭痛なんかだと、言葉をまだ上手に話せない子どもだったら泣きぐずって訴えるでしょう。 あとは、あやしたり話しかけたりしても笑わない、いつものように反応しないなんてようだとちょっと注意が必要かも。 20人くらいいる私の部署では3人が「インフルエンザの予防接種を受けると、必ず熱が出るから次の日が仕事の休みの日にする」と言って、あとでシフトを見たら本当に休みをとっていました。 本当にその割合で当てはまって納得です。 対処法:風邪っぽい症状ならそのまま様子をみて大丈夫、冷やした方がよければ冷やしてOK では、要注意すべき副反応について説明していきますね! 要注意の副反応 発疹や蕁麻疹などのアナフィラキシー反応を起こしたときです。 予防接種に対して過剰なアレルギー反応を起こしてしまったときに現れます。 肩や肘、背中など広い範囲に痛みや腫れ、熱が広がったときにはその可能性があるので、すぐにでも病院を受診する必要があります。 この反応は、予防接種を受けて30分以内に起こることが多いので、その30分は特に注意して子どもを見ておくことが大事です。 以前までかかりつけにしていた小児科は、インフルエンザの予防接種に限らず、どの予防接種を受けても30分は病院で待っていることを推奨していました。 30分とは言いますが、できれば24時間は大事をみた方がいいと言われています。 接種後24時間は注射したところだけでなく、あやしても笑わない、反応が乏しいなどなど、注射する前と変化がないか子どもの様子もしっかりみておいた方が安心ですね。 対処法:すぐ受診する この副反応が出たらすぐ受診!• 汗がたくさんでる• 嘔吐、下痢• 身体や顔がむくんでくる• 濡れタオルや冷えピタシートなどでゆっくり冷やすと効果的! まとめ 予防接種を受けるにもメリットだけではなく、デメリット=副反応があるということを知っておくべきです。 怖いと思っていた副反応でも、対処の仕方や受診の目安など知っていれば慌てずにすむかもしれませんよね。 ちょっとでもおかしいなと気がつけるのは、常に子どものそばにいるのはお父さん、お母さんです。 接種後24時間、特に30分は子どもの様子をしっかりみて、異常があればすぐに受診できるようにしておいた方が安心だと思います。 言葉を上手にはなすことのできない子どもの場合、親がしっかりみてあげる必要がありますね。 「重症な副反応がでたら怖い」といって予防接種を受けずにインフルエンザにかかって重症化したら、それはそれで辛い思いをするかもしれません。 万が一に備えて、副反応について知って、いざなったら対処できるようにその方法を知っておくことが大事なんだと思います。

次の

インフルエンザの予防接種で腫れたら?対処法と注意点

予防接種 腫れ 冷えピタ

インフルエンザワクチンには重症化を防ぐ効果があります。 ワクチンを接種することでインフルエンザに対する免疫を作っておき、感染による発症を抑えたり、症状を軽くしたりする働きがあります。 感染自体を予防する効果はありませんが、つらい症状を引き起こさないためにもインフルエンザワクチンの接種は重要なものといえます。 接種時期は10月後半〜11月前半がおすすめ インフルエンザワクチンは、接種してから約5ヶ月ほど効果が持続します。 インフルエンザの流行シーズンは12月〜翌年3月といわれているため、流行シーズンに合わせてインフルエンザワクチンを接種すると良いでしょう。 インフルエンザ予防接種の効果の詳細については、関連記事をごらんください。 関連記事 腫れはインフルエンザ予防接種の副反応 インフルエンザの予防接種の目的は、ワクチンを注射することによりインフルエンザウイルスに対する免疫を獲得することです。 しかし、 ワクチンを接種することで免疫獲得以外の反応がおこる場合があります。 これを副反応といいます。 注射した部分が腫れたり熱くなるのはインフルエンザに対する抗体を作る免疫反応が起きているためです。 インフルエンザウイルスへの予防効果を獲得するプロセスであり、正常な反応ともいえます。 腫れ以外にも、むずむずとしたかゆみ、うずくような痛み、注射跡が硬くなる、熱を持つ、赤くなるなどの局所反応が起こることがあります。 なお、インフルエンザの予防接種の副反応は、局所だけではなく全身に現れることもあります。 インフルエンザ予防接種の副反応については、関連記事をごらんください。 関連記事 インフルエンザ予防接種後の副反応は、通常2~3日で徐々におさまっていき、長くても1週間というケースがほとんどです。 基本的には、自然と腫れがひくのを待ちましょう。 腫れやかゆみ、痛みが気になるときは、濡れタオルや氷や保冷剤をくるんだタオルで冷やすのがおすすめです。 かく、もむ、直接氷を当てるなど、刺激を与えることはやめましょう。 入浴は可能ですが、温めると症状が強くなりやすいため長風呂は避け、腫れているところは強く洗わないでください。 また、腫れている間は激しい運動は避けましょう。 子どもが腫れた場合は? 子どもに副反応がみられた場合も、対処は大人とほとんど変わりません。 軽い副反応であれば過度な刺激を与えず、経過を見守ることが良いとされています。 ただし、強いかゆみを感じていないか、腫れや赤みが広範囲に広がっていないか、注意しましょう。 13歳未満の子どもは、インフルエンザの予防接種を2回行います。 1回目で腫れた場合、2〜3日で腫れがおさまれば問題ありませんが、心配な場合は医師に相談しましょう。 医療機関を受診した方がよいケース 長期にわたって副反応がおさまらない場合や、腕から肩にかけて腫れていたり、肘よりも下の部位にかけて腫れているなど、広範囲に腫れやかゆみがある場合は医療期間を受診し、医師の指示をあおいでください。 おわりに インフルエンザ予防接種による腫れは、珍しいものではなく、むしろ正常な反応だと言えます。 ただし、長期にわたって副反応がおさまらない場合や、広範囲による腫れやかゆみがみられた場合は、必ず医療機関に相談してください。 また、腫れ・かゆみ・痛み・熱っぽさがワクチンを接種した部分だけでなく全身に起きたり、蕁麻疹のようなアレルギー反応が起きた場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

次の

インフルエンザ予防接種腫れる原因は?対処方法や副作用はなぜ起きる?!

予防接種 腫れ 冷えピタ

スポンサーリンク 予防接種というのは、 インフルエンザを体の中に強制的に注入して、 それに対する免疫反応を呼び起こして、 抗体を作らせるために行います。 これによって、 一度受けたことのある ウイルスに対しては 抵抗できるようになるのです。 インフルエンザの重傷かを防ぐには インフルエンザに関しては 感染を防ぐことは難しいのですが、 抗体があらかじめできているために 重症化を防ぐ効果があります。 このように、 直接ウイルスを体の中に入れるのが 予防接種なので、 これによって副作用が生じるのは 当然のことです。 もちろん、 副作用には個人差があるため、 まったく平気だという人もいれば、 重い症状が出てしまうケースもあります。 2014年にインフルエンザの 予防接種を受けた人の中には、 腫れや発熱、頭痛、下痢などの 症状が出たという人がいます。 これらの症状は 予防接種が原因となって 引き起こされるとは限らないのですが、 予防接種をした後すぐに何らかの症状が出た場合は、 それは副作用である可能性が高いでしょう。 スポンサーリンク インフルエンザの副作用について 予防接種を受けると 必ず副作用が出てしまうと 勘違いしている人がいますが、 実際には10人に 1人か2人程度の割合となっています。 また、 副作用が出たとしても 数日内には症状がおさまるように なっているため安心してください。 しかし、 症状が重くなってしまった場合には 医師に相談をしましょう。 予防接種の際に利用する ワクチンは不活化されているもののため、 これによってインフルエンザに 感染することはありません。 予防接種の副作用として もしも 注射の跡に大きな腫れが出た場合は 気をつけてください。 これはアレルギー反応が 起きている可能性があるため、 すぐに病院へ行きましょう。 スポンサーリンク.

次の