顔 シミ 取り レーザー。 顔のシミを消す方法|顔のシミを消したい方必見!自宅や皮膚科でできる美白ケア

シミ取り放題が1万円!?顔のシミ取りレーザーが安いおすすめクリニック

顔 シミ 取り レーザー

皮膚科と美容外科の違いって? 皮膚科・美容皮膚科と美容外科にはどんな違いがあり、どんな方法でシミを治療するのでしょうか? 皮膚科・美容皮膚科:皮膚の悩みを解消する 「皮膚科」は湿疹・傷・アザ・ニキビなど、「皮膚の病気を治療する」ことを目的としています。 病気を治すために診療しているので、健康保険が適用される範囲での治療がメインです。 飲み薬や塗り薬でのシミ治療が多いですが、医療機関によっては保険適用外でレーザー治療もしています。 「美容皮膚科」は皮膚の病気の治療と、皮膚科の知識を応用した美容目的の治療、どちらも行っています。 保険の適用範囲に関係なく、皮膚に特化した治療を行いますが、保険適用外の治療を行うほうが多いです。 美容皮膚科で顔のシミ取りをする方法は、 レーザーによる治療と、飲み薬や塗り薬の処方があります。 <関連記事>: 美容外科:見た目を整える 「美容外科」は顔や体の造形を整えることが目的で、脂肪吸引や小顔整形など、外科的な施術を幅広く行います。 美容外科は病気の治療が目的ではなく、美容を目指して施術するので健康保険は適用されません。 美容外科のシミ取りでは、レーザー治療が一般的です。 シミ取りするなら、どっちを選べば良い? 診療科によって、シミ治療の主な方法が違うことが分かりました。 ではどこでシミ治療するのがオススメなのでしょうか? 美容 皮膚科のメリット・デメリットは? 皮膚科での顔のシミ取りは、 飲み薬や塗り薬が主な治療法です。 レーザーに比べて肌にかかる負担が少なく、肌トラブルのリスクが少ないのがメリットです。 また 皮膚を専門分野とする医師にシミを診てもらえるので、より安心して治療が受けられます。 一方デメリットは、投薬治療はレーザーよりも効果が薄く、治療効果を十分に感じるまでに時間がかかることです。 美容外科のメリット・デメリットは? 美容外科ではレーザーを使ってシミを改善するので、 施術の効果が短期間で感じられます。 またレーザー機器の種類は一般的に美容外科の方が多く、施術の選択肢が広がります。 最新の機器では、より肌に優しいレーザーもありますし、シミ以外の肌の悩みも同時に改善できます。 一方で美容外科でのレーザー治療は、 肌トラブルのリスクが大きいことが最大のデメリットです。 レーザーを照射することによるリスクについては、後ほど説明します。 また皮膚科よりも専門性が劣るので、シミではなく皮膚の病気だった場合、それを見逃してしまう可能性があります。 <関連記事>: おすすめは美容皮膚科 皮膚科と美容外科、それぞれに良し悪しがあるので、診療科だけでは選びにくいですよね。 またシミの治療は基本的に保険が適用できないので、どちらで施術を受けても料金に大きな差はありません。 安心してシミ治療を受けたいなら、 薬とレーザー両方の治療が可能で皮膚科の専門医がいる、美容皮膚科がおすすめです。 治療を始める前に、本当にシミなのか、シミが悪性でないかを判断してもらうことが大切だからです。 専門知識のある皮膚科医が診察すれば、病気の場合でも見逃す可能性が低く、逆に早期発見できる可能性もあります。 まずは薬で治療をして、改善しなければレーザー治療を受けるなど、医師と相談しながら治療方針を決めることもできます。 顔のシミ取り、診療科以外に注意する点は? 顔のシミ取りをする時には、診療科を選ぶだけでなく、他にも注意しなければならない点があります。 シミと間違われやすい病気も 一見するとシミに見えても、実は皮膚の病気の可能性があります。 「悪性黒子(あくせいこくし)」「日光角化症」などの皮膚がんは、シミと間違われやすい病気です。 特に病気の初期段階では皮膚が剥けたり盛り上がりはせず、肌色が変わるだけなのでシミと見分けにくいです。 皮膚がんと気づかずに間違った判断でシミの治療を続けていると、取り返しがつかなくなる可能性もあります。 皮膚科で処方される薬にもリスクが! 皮膚科や美容皮膚科では、「ハイドロキノン」や「トレチノイン」を含む塗り薬を処方してもらえます。 どちらも強い作用があるので、副作用が起こる可能性は否定できません。 ハイドロキノンはシミを予防し、すでに出来てしまっているシミの改善にも有効な成分です。 成分の濃度が高いと、赤みや白斑(皮膚の色素が抜けて肌が白くなる)が出るケースあります。 トレチノインは皮膚科や美容皮膚科でしか処方を受けられない成分で、シミを薄くするのに効果的です。 肌のターンオーバーを促す作用が強いので、皮が剥けたり乾燥しやすくなります。 レーザー治療でシミが悪化する場合もある 先ほど書いた通りレーザー治療は、投薬治療に比べて肌トラブルのリスクが大きいです。 レーザーを当てた部分は 水泡が出来る程の火傷をしたり、かえってシミが濃くなる場合があります。 また美容外科でのレーザー治療は効果が高いですが、必ずシミがなくなるとは言い切れません。 レーザーを当てた部分の細胞は、シミやくすみの原因になるメラニン色素を作りやすい状態になります。 シミがいったん改善されても、また新しいシミが出来てしまう可能性が考えられます。 以上、顔のシミ取りには皮膚科と美容外科、どちらがおすすめなのか見てきました。 皮膚科の薬も美容外科のレーザーも、治療にはある程度のリスクがあると心に留めておく必要があります。 満足できる結果を得るためには病院をいくつか受診して、治療体制や使用機器の状況を確認すると安心です。 リスクをなるべく避けたい場合は、自宅で美白化粧品を使っで顔のシミをケアするのも良いでしょう。

次の

顔のシミ取りレーザー治療後の私のシミとほくろはこうなった!! 10の実録!!

顔 シミ 取り レーザー

診察時に注意すること ・どのシミを消したいのか考えていく ・お化粧はしていかない ちょっと恥ずかしいですが、お化粧はして行かない方が良いです! 先生方もプロですから、気にせずにスッピンで行きましょう! 先生は 拡大鏡みたいなもので、肌を丹念に見ますので、うぶ毛等は剃っていった方が自分の気が楽かもしれませんww レーザー治療 Qスイッチアレキサンドライトレーザーを行ないました。 シミやそばかすなどのメラニン色素を含む組織に選択的に吸収されて、それを破壊するものだそうです。 保険外治療になります。 レーザーを当てる前に、看護師さんがシミをマジックで囲ってくれます。 少し待っていると先生がやってきて、『じゃ、いきますね〜〜』。。。 、バチバチバチ!!とあっという間に終わりました。 痛み レーザーを当てた感覚だと、やはり パチパチと頬を鋭い何かで叩かれた様な痛みを感じました。 レーザーを当てている時間ずっと感じます。 ですが、レーザーを当てているのは数秒だと思うので、これでシミが無くなると思えば全然我慢できます! ちなみに肉の焦げる匂いが若干しました。 治療後のケア 治療後は、 を病院で貼ってもらえます。 茶色くて、ほとんど肌と同じ色なのであまり目立ちません。 これを10日間張りっぱなしにしておいて、10日後に病院で張り替えてもらいます。 こちらの は病院でも販売していますが、 などで購入した方がお安いです。 絶対に患部に日を当ててはいけないので、この 保護テープを貼って、日焼け止めを塗って、さらにマスクをします。 価格 私が行った病院では、 シミの直径が5mmまでは5,000円、1cmまでは10,000円という価格設定でした。 これにプラス、診察料2,000円がかかります。 また、治療後は、ビタミンCと、トラネキサム酸の内服を勧められましたので、こちらは5,000円でした。 これらの内服薬を飲むことで、新たな色素産生を抑制する効果があるそうです。 私は今回、2カ所をレーザー当ててもらいました。 病院でシールを貼ってもらいました。 少し周囲が赤く腫れています。 痛みはありません。 同じくテープを貼ってもらいました。 テープを貼ったまま、洗顔したりお化粧したりしますが、意外と10日間剥がれずにもってくれました。 14日後のシミ:かさぶたできてる 10日目に病院に行って、テープ交換をしてもらいます。 その時にはもうカサブタができていて、テープを剥がす時に少し剥がれてしまいましがた、痛みもなく、大丈夫でしたよ。 テープからカサブタが透けて見えます。 こちらもカサブタが見えますね! レーザーから16日目のシミの状態 この時は10日目に貼ってもらったテープが剥がれてきたので、自宅で張り替えた時に写真に撮りました。 カサブタが見えますね! まだまだ、日焼けが心配なので、この後もテープを焼く1ヶ月間は貼っていました。 人によっては、 レーザー後数週間で一時的な色素賃借が起こることがあるそうです。 私はありませんでしたよ。 周りのシミが返って目立ってきましたね。 ライムライトとは 先生からは、気になるシミはとりあえず、レーザーで焼いて、 残りの細かいシミは、フォト(ライムライト)で治療するのがおすすめと言われました。 ライムライトは、レーザーよりも幅広い波長を利用するそうです。 肌全体の若返り、シミ、ソバカス、くすみ、小じわ、毛穴の開き、キメの乱れ等に効果があるそうですよ。 ただ、 1ヶ月に1回の照射を5〜6回ほど繰り返す必要があるらしいのです。 1回の勝者が25,000円とのことで学生の私には高すぎるため、今回は見送りました! レーザーはシミに効果があった シミが完全に治るまで40日ほどかかりましたが、 正直やってよかったです! 今まで 鏡を見るたびに憂鬱になっていたシミがこんなに簡単に消えるなんて!! レーザーも思っていたより痛くありませんでしたし、保護テープも気になりませんでした。 もっとお金が有れば、ジャンジャンやるんですけどね・・・ それは就職してからにしようと思います。 それから、ズボラな私でも頑張りましたが、 日焼け対策は欠かさず行ってくださいね!治療中に日焼けしてしまうとまたまたシミになってしまいます。 獣医大学に通う41歳女子です。 猫3匹、野犬1匹、フクロモモンガ、熱帯魚と暮らしています。 ウサギ、オカメインコ、ハムスターの飼育経験もあります。 将来の夢は海外移住です。 オーストラリアに行けたら一番happyだなあ。 同じ境遇の方と楽しく交流できたら嬉しいです。 I'm 41 years old university student of veterinary medicine. I have 3 cats, dog, flying squirrel, fishes. I used to have a rabbit, hamster and cockatiels. My future dream is move to abroad where australia. If it would happen, i feel so so happy. I wish I could share the information with you who have a same thought with me! Enjoy my blog!

次の

シミを皮膚科でレーザー治療!経過を写真付きで公開します。

顔 シミ 取り レーザー

鏡を見た時に、顔にシミが!と悲しい気持ちになったことはありませんか? メイクをするたびにコンシーラーやファンデーションでシミを消していたけれど、数が増えたり範囲が広がるとメイクで消すのが面倒になってきます。 シミがあると老けて見えるため、今ではシミ取りレーザー施術でシミを取る人も増えています。 シミ取りレーザー施術は、綺麗にシミが取れればいいですが、痛みや料金など気になる点も多いのでは? 実際に、 施術を受けたけれど料金が高いわりには効果が薄かったなんて悲しい思いをすることもあります。 自分が悩んでいるシミがレーザーで取り除けるのか、また料金はどのくらいかかるのかを施術前に知っておくことが大事です。 この記事の目次• 気になる!シミ取りレーザー施術の効果と痛み レーザーというと、「患部を切る」ために使うものですが、シミ取りレーザー施術は、レーザーの熱を患部に照射し、メラニン色素細胞を破壊することでシミを消していきます。 このレーザーは、黒や茶色といった色素に反応するものなので、肌に照射してもシミにしか反応しません。 この時、メラニン色素細胞を破壊するため、二度と同じ部分にシミができないと思っている人もいますが、そうではありません。 あくまでもメラニン色素細胞を破壊するだけで、メラノサイトが破壊されるわけではないので、またケアを怠るとシミができることもあります。 シミ取りレーザー施術は全てのシミに効果があるわけではない 一般的に「シミ」というと、紫外線が原因でできる老人性色素斑のことを指します。 そのため、シミ取りレーザー施術というと、多くが老人性色素斑のシミ取りになります。 また、最近は、その他のシミ専用のレーザー施術などもあります。 自分のシミがどういったシミか、また自分が行こうとしているクリニックに、そのシミを消すシミ取りレーザーがあるかを調べるようにしましょう。 当日~翌日• レーザー照射部分は炎症を起こしているためガーゼやテープで患部を保護する 4~10日後• 早ければ4日後、遅くても10日後ぐらいから患部のかさぶたが落ち始めます 11日後以降• かさぶたが落ちた部分は、肌のターンオーバーを繰り返し、約1ヵ月かけて他の部分と肌の色が同じになっていきます この1ヵ月で綺麗にシミが取れていれば、次の施術を始めることができますが、シミが綺麗に取れていない場合は、再度レーザー照射をすることもあります。 しかし、肌がまだ弱っている時に再度レーザー照射を行うと、炎症性色素沈着でさらに濃いシミができることもあります。 その他、かさぶたが落ちた後に紫外線などの刺激でも炎症性色素沈着を起こすこともあります。 クリニックには、最初のレーザー照射の時だけではなく、肌の術後経過を見るために何度か通院する必要があります。 シミ取りレーザー施術は痛いという噂は本当なのか シミ取りレーザー施術を受けたいけれど、痛みがあるという噂を聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。 特に顔のシミの場合、痛みが強いと我慢ができないから施術は明得ているという人もいます。 シミ取りレーザー施術は、以前はレーザー照射時間が長いこともあり、痛みがありました。 しかし、今ではレーザー照射時間がかなり短いため、多くの人が傷みを感じずに施術を受けています。 チクッとするけれど我慢ができないような痛みではない• ゴムで弾かれたようなパチンとした刺激があった ほとんどの人が、上記のような軽いもので我慢ができないような痛みを訴える人はいないようです。 しかし、痛みに敏感な人やパチンとした刺激でも怖いという人もいます。 そういう人は、 医師に相談をすれば痛み止めのクリームなどや、厚生労働省が承認している麻酔剤などを使って痛みを感じずに施術を受けることもできます。 シミ取りレーザーは1種類じゃない!レーザーの種類とその費用 シミ取りレーザーの施術といっても、種類は1つではありません。 また、レーザーの種類によって値段や効果のあるシミの種類も違います。 シミ取りレーザー施術を受ける前には、どのシミ取りレーザーがどのくらいの治療費で施術を受けることができるのかを知ることも大事です。 ここでは、レーザーの種類と治療費の相場、効果のあるシミについて紹介します。 1回の施術で効果がある「YAGレーザー」 YAGレーザーは、表皮と真皮の両方のシミに効果のあるレーザー施術です。 YAGレーザーは1回の照射で治療は終了しますが、患部に1週間程度絆創膏を貼って保護する必要があります。 痛みはほぼなく、ゴムで肌を弾いた時のようなパチンとした刺激が少しあります。 【効果のあるシミ】• 炎症性色素沈着• 雀卵斑(そばかす)• くすみ 【費用】• 1回15,000~20,000円。 クリニックによって価格差はあります。 盛り上がったシミに効果のある「炭酸ガスレーザー」 盛り上がりのある脂漏性角化症などのシミの場合、レーザーでは取り除くことができないこともあり、外科的施術が必要なこともあります。 炭酸ガスレーザーは、盛り上がりのあるシミに効果的で、脂漏性角化症を取り除くことができます。 しかし、大きなものは施術ができない場合もあります。 他のシミ取りレーザー施術を違うのは、治療前に局部麻酔を行うことです。 局部麻酔の注射は痛みがありますが、施術は麻酔が効いているので痛みはありません。 【効果のあるシミ】• 脂漏性角化症 【費用】• 9㎜以下 4,500~5,000円。 クリニックによって価格差はあります。 多くの人が気にするシミ取りレーザー後のダウンタイム シミ取りレーザー施術を受けた後、実はその後のケアが大事ということを知らない人も多いようです。 レーザーで施術を受けたから終了というわけではありません。 その後に、肌を安静にさせる「ダウンタイム」という期間があります。 施術を受けた後の肌はとても刺激に弱いため、いろいろと気を付けなければいけないことがあります。 その1.施術後のガーゼやテープを無理に剥がさない 施術後、患部にガーゼや肌色のテープを貼ります。 これは、施術を受けた幹部の肌は刺激に弱くなっているため、刺激から肌を守るために貼っているものです。 特に、施術後24時間は貼ったままにしておくようにとクリニックに言われることもあります。 しかし、見栄えが悪いからといってガーゼやテープを剥がしてしまう人もいます。 ダウンタイムは、肌を休ませるのに大事な期間なので、施術後のガーゼやテープを無理に剥がすのは危険です。 その2.クリニックで処方された薬はきちんと使う シミ取りレーザー施術を受けた後、多くのクリニックでは薬を処方します。 その薬は、患部に塗る薬や炎症を抑える飲み薬など様々です。 薬を貰っても「別に痛くない」「かゆくない」と自己判断し、薬を使わないという人も中にはいます。 自分では全く変化していないように感じても、肌の内部は炎症を起こしています。 クリニックで処方された薬をきちんと使い、肌を休めてあげることが大事です。 その3.紫外線のダメージは絶対に避ける ダウンタイムは、施術を受けた肌を休める時期です。 この時、肌はバリア機能も低下しちょっとした刺激でも肌に炎症を与えてしまいます。 その中でも、特に紫外線のダメージは肌にさらなるリスクを与えます。 できれば、紫外線を多く浴びる屋外での活動などは避けるようにしましょう。 もし、屋外での活動などがある場合は、クリニックでどういった日焼け止めを使ったらいいか相談をし、紫外線をカットするようにしましょう。 その4.汗を大量にかくサウナや激しい運動は控える 施術を受けた後の肌は、ちょっとしたことでも刺激になります。 汗をかくとタオルで汗を拭いたり、汗がその患部にしみたりすることもあります。 そのため、ダウンタイムの時は大量に汗をかく激しい運動やサウナは控えることが大事です。 目安で約10日間と言われています。 この時、入浴や洗顔は普通に行って大丈夫です。 しかし、洗顔は施術後24時間は、濡れたタオルなどで軽く顔を拭く程度にしましょう。 その5.女性が欠かせないメイクは必ず医師に相談をする 施術後も、仕事などがあると女性はメイクをしなくてはいけません。 メイクをする場合、自己判断をするのではなく、必ず医師に相談をしましょう。 ファンデーションなど、肌に負担をかけることもありますし、ファンデーションを付ける時に患部を擦る可能性もあるので、基本的には化粧をしない方が肌への負担も抑えられます。 シミ取りレーザー施術のメリット・デメリット シミ取りレーザー施術を受けるにあたり、メリット・デメリットを知っておくことも大事です。 雑誌やホームページの紹介では、メリット部分ばかり取り上げられているので、必ずデメリットもチェックしておきましょう。 シミ取りレーザー施術のメリット シミ取りレーザー施術のメリットは、やはりシミがなくなるということです。 特に、広範囲のシミがある場合、メイクのたびにコンシーラーやファンデーションでシミを隠していたのが、施術でシミがなくなるとその手間も省けます。 また、シミがなくなることで、見た目も若くなります。 小さくて少量のシミであればコンシーラーで隠すのもいいですが、シミが多かったり大きいと、隠す手間を考えるとレーザーで取ってしまった方がいいという女性も多いです。 シミ取りレーザー施術のデメリット シミ取りレーザーのデメリットは、シミを取ったはずなのに、その部分に濃いシミができることが稀にあることです。 シミには、加齢に伴うもの以外に肌の炎症でシミができる「炎症性色素沈着」というものがあります。 シミ取りレーザー施術を受けると、その部分にレーザーが当たるため肌が炎症状態になります。 そのため、その部分にシミができ肌が黒ずんだようになることがあります。 しかし、これはクリニックの注意事項を聞けば、ほとんどの人がトラブルになりません。 病院から処方された薬をきちんと使う• 施術後は一定時期紫外線を浴びないようにする• 施術した部分に刺激を与えない シミ取りレーザー施術を受けた部分は、とても肌が弱くなっています。 そのため、ちょっとした刺激や紫外線でも肌には強烈な刺激になり、炎症性色素沈着を引き起こします。 外出する際は、しっかりと紫外線ケアをし、顔を洗う時などもゴシゴシと洗わないようにすることが大事です。 施術前に知っておきたいシミ取りレーザーをする時の注意点 シミ取りレーザーは、顔に施術を行うため慎重にならなくてはいけません。 よく「今がキャンペーンだから」といって詳しく知らないで、とにかく安く早く施術を行いたいとサロンやクリニックへ行くという人もいます。 シミ取りレーザーは、メスは使いませんが顔にレーザーを当てて治療を行うものです。 そのため、シミ取りレーザーを受ける前には、注意点なども知っておくことが大切です。 その1.いいクリニック・サロンを見つける シミ取りレーザーができるクリニックやサロンは、たくさんあります。 そのため、どこがいいか分からず、とにかく安くて早くできるようなクリニックやサロンを選んでしまうということもあります。 綺麗にシミを取り除くには、いいクリニック・サロンを見つけることが大事です。 いいクリニックやサロンを見つけるためには、次のようなことをチェックしてみましょう。 【いいクリニック・サロンを選ぶためのチェックポイント】• 説明時に専門用語を使い説明が分かりづらい• 治療費が明確で、無理なく通院できる治療費になっているか• 高額な治療やコースを勧誘してくる• アフターケアが充実しているか• 問合せをした時、スタッフの対応は親切か• ホームページに治療費や施術内容、施術にかかる期間など記載があるか• クリニック、サロンは清潔か• 過去の施術数、患者数は多いか• クチコミでの評価はどうか フリーペーパーなどで、綺麗でとてもいいクリニック・サロンと紹介されていたから行ってみると、記載されていた雰囲気と実際の雰囲気が違うがあります。 また、キャンペーンで治療費を安くしているはずなのに、付随して高いコースを契約させられるといったトラブルもあります。 周りでシミ取りレーザーなどの施術を行った人に話を聞いたり、上記のようなチェックポイントを参考にいいクリニック・サロンを見つけることも大事です。 その2.シミ取りレーザーの施術を受ける時期を考える シミ取りレーザーの施術は、肌にレーザーを当てるので患部はちょっとしたことが刺激になります。 特に、紫外線の刺激には注意が必要です。 そのため、シミ取りレーザーの施術を受ける時は、時期を考えることが大事です。 紫外線が弱い時期• 汗をかきにくい時期 上記のような時期を選ぶことが大事です。 紫外線が弱まるのが、10月~3月あたりになります。 また、この時期は汗もかきにくくなるので、シミ取りレーザーの施術を受けるには最適です。 ただし、肌が乾燥しすぎるとそれも刺激になるので、冬場に施術を受ける場合は、しっかりと保湿ケアをしてあげるようにしましょう。 また、 シミ取りレーザーは、1回の施術で終了というわけではありません。 そのため、何かイベントがあるギリギリに受けてもシミは取れません。 もし、何かのイベントまでにシミを消したいという場合は、ダウンタイムのことも考えて、最低でも半年前から施術を始めるようにしましょう。 その3.シミは1回で消えないことを念頭に入れておく 上記でも書きましたが、シミ取りレーザーは1度施術を行ったからといって完全にシミが消えるわけではありません。 シミを完全に消すには、数回レーザーの照射が必要な場合もあります。 1回施術を受けて、シミが消えないからとクリニックを変えたりすると施術内容が変わってしまうこともあるので、さらに時間がかかることもあります。 シミ取りは1回では消えないことを念頭に入れ、気長に治療を受けることも大事です。 シミ取りレーザー施術は受ける前の情報収集が大事 シミ取りレーザー施術は、受ける前に自分で情報を集めることが大事です。

次の