うなぎ 横田 屋。 うなぎ 鰻 きょうすい かねみつ わしょう 東京 上野 入谷 のだや

うなぎ 鰻 きょうすい かねみつ わしょう 東京 上野 入谷 のだや

うなぎ 横田 屋

「のだや」の歴史は1868年 明治元年 に創業した調理士会「野田屋東庖会」にまで遡る。 「野田屋東庖会」とは川魚を中心とする日本料理調理のスペシャリストの団体。 若手料理人を育成し、ここで職人技術を身につけた料理人達は有名うなぎ店にも多数勤務しているという。 これが「関東のうなぎ料理人の総本家」と言われる所以だ。 1978年 昭和53年 「野田屋東庖会」の直営店を「のだや」の屋号で根岸に開業、一時休業の後、2013年2月当代店主江部さんの「うなぎ料理を途絶えさせてはならぬ」という思いで入谷鬼子母神門前にて再開業。 「店は人である、源流でありながら進化し続けたい」という店主江部さんのお話には、プロ意識の中に鰻と人への愛情を感じる。 入谷鬼子母神門前のだや外観 進化するうなぎ料理 白地に大きく「のだや」と書かれた暖簾をくぐると、女将さんが笑顔で迎えてくれる。 店内は和風モダンな内装にスロージャズが静かに流れ、ゆったりとした時の流れを感じる。 ゆっくりとグランドメニューに目を通すと、料理の写真も掲載されていて分かりやすく見ていて飽きない。 一品料理のページを見ると、うまき・うざくといった定番メニューはもちろんだがオリジナルのうなぎ創作料理もある。 「うなぎとクリームチーズの酒盗あえ」 税抜1150円 をお願いする。 シャキッとしたサラダの上に、鰻・クリームチーズそして鮪の酒盗。 旨味のある鰻と濃厚なクリームチーズが口の中で広がり、横から鮪の酒盗のパンチが効く感じだ、日本酒が欲しくなる。 うなぎ屋さんのメニューでは野菜が不足することが多いのだがサラダ系があるのはありがたい、女性にも人気なのだそうだ。 「うなぎとクリームチーズの酒盗あえ」 江戸の時代から「鰻屋の酒は旨い」と言われている 酒類のメニューも充実している。 日本酒はもちろん、焼酎・ワインまでが揃い、うなぎに合う酒を職人達でセレクトしているのだそうだ。 お好みを伝えてお店の人に相談すると青森の「陸奥八仙」をすすめていただいた。 そして「名物うなぎの酢〆うら梅造り」 税抜1650円 を酒の肴にする、なんとも贅沢なひとときだ。 野田屋東庖会の「紋」である「裏梅の紋」をイメージして梅ソースも添えられ見た目はフレンチのようだ。 生の鰻を秘伝の酢とタレでシメているのだそうだ。 噛めば噛むほどに凝縮された鰻の旨味を楽しめる、ちょっと山葵を付けてもよし、梅ソースにサッとつけてもよし。 ついつい日本酒をお代わりしてしまう、和歌山の「黒牛」をいただく。 メディアで取り上げられているのは、うな肝があるときだけの限定品「きょうすいうな太郎」だ。 きょうすい 共水 うなぎとは、大井川の幻のブランド鰻と言われ、養殖工程で天然に近い四季を作り出し低ストレスで飼育する。 うなぎの持つ本来の甘みを、うなぎ自身の力で得ることができるようにすることで、身に甘みがあり、脂っぽくなくねっとりした食感になる。 うな重のラインナップも豊富だ。 共水うなぎの白焼きと三河一色産のうな重の組み合わせ「のだや特選御膳」もいい、鰻と穴子の相乗り重「いとこ重」も気になる。 岩塩でカリカリに焼き上げたという、ひつまぶしも捨てがたい。 いやいや、ここは江戸時代からの匠の伝統技をシンプルにストレートに感じたい。 三河一色産の厳選された新仔特大サイズ一匹を使用しているという「特選うぐいす」 税抜5000円 、これに決める。 のだや流蒲焼は、焦げ目が無くふっくらしているのが特徴なのだそうだ。 割き・串打ち・素焼き・蒸し・本焼きの各工程の繊細な技術の上に成り立つという。 「特選うぐいす」三河一色産の厳選された新仔特大サイズ一匹を使用 「万遍返し」で焼き上げた匠のうなぎ 焦げ目がなく綺麗な黄金の飴色をしたうな重は、美しい。 皮は薄く柔らかく、肉厚の身はフワッとトロッとした食感。 脂のノリも良いが、くどすぎず、あっさりすぎず程よいボリューム感だ。 タレはほんのり醤油系のあっさりサラッとしたタレ、鰻の甘み旨味を引き出すタレだ。 ご飯は、やや硬めに炊かれフワトロの蒲焼との相性もよい。 初めは大事に少しずつ、蒲焼とご飯のバランスを慎重に考えながらいただいているのだが、もうダメだ箸が止まらない。 「山椒をかける場合は、鰻の風味を消さないように、ご飯と鰻の間にかけるとよいですよ」と女将さんが教えてくれるが、匠のうなぎに集中している間は、もう何も聞こえなくなってしまう。 実は、次回は、「ひつまぶし岩塩焼」を食べようと密かに思っている。

次の

うなぎ割烹石水庭横内

うなぎ 横田 屋

入谷の鰻「のだや」 <JR上野駅入谷口から徒歩12分くらい、 JR鶯谷駅南口からは徒歩6分 日比谷線入谷駅2番出口徒歩1分以内> *TV・雑誌、マスコミ関連の。 各種ブランド鰻のご提供スケジュールも発信しています。 (好評価、ありがとうございます!!) *テイクアウト商品、大人気発売中です。 *テイクアウト商品につきましては、当日ランチ時間帯に その日の提供商品や在庫状況をご確認ください。 日や時間帯によって仕入れ・在庫等が変わります。 お時間をいただく代わりに、最高の鰻をご提供いたします。 (通常でしたら45分くらいみてください。 店内混雑具合や 鰻の個体差により蒸し時間が前後して提供時間が変わります。 ) 03-3874-1855 (ご予約)03-3872-0517 *売切御免の可能性がありますので ご予約は、ランチは、11:30〜、 12:00〜、12:30〜、13:00〜 夜は、17:30〜、18:00〜、18:30〜、 の時間でお願いします。 *昼は13:00ころ、夜は19:00ころに 完売御礼になることも多く、 上記時間帯のご予約しかお受けすることができません、 また遅い時間帯のご予約の場合、 選べる商品が少なくなっていると思われますが あらかじめご了承ください。 *ご予約は席のご予約となります。 商品の予約はできません。 「その時にあるものの中から」のご注文となります。 *小学生以上のお子様は大人との来店可能です。 火水木日 昼 11:30〜売切仕舞 金土 昼 11:30〜売切仕舞 夜 17:30〜売切仕舞 定休日: 通常月曜日 (月曜が祝日のときは営業・翌日代休) *仕入れた鰻の在庫(売切)状況を見ながら、 ラストオーダーなります、ご了承ください。 出前のご注文 については <> 出前やお弁当の店頭受取は、鰻の仕入・在庫の確認が できる「当日」のお電話にて承ります。 混み合う日や時間帯は出前ができないときもございますが お弁当の店頭受け取りでしたらご用意できるときも ございますので、お電話にてご確認ください。 鰻を待っている40分くらい、 1品料理をつまみながら「くっ!」と旨い酒でも。 もともとは、2008年9月放送のアド街、入谷鬼子母神特集16位で 紹介された「味乃江戸っ子」という鰻屋さんだったところです。 このお店の主人がご勇退されるとのことで、 が、根岸にあった直営「のだや」を 2013年2月14日移転、オープンという流れになりました。 その団体を 「野田屋東庖会」と呼び、 川魚を主とする日本料理に携わる調理師が在籍し、 各料理店の需要に応えて調理師を紹介斡旋しています。 「野田屋調理士紹介所」は厚生労働大臣の認可を受けており、 在籍調理師の優秀な技術力を、日本国内の各料理店に供給して その繁栄に貢献しています。 特に「鰻蒲焼」の調理に関する技術力は、国内広しといえども 比類なき秀逸さであると評価されております。 ----------------------------------------------- *2014年4月以降、HP内の価格は<外税>となっております。 <フード> 鰻稚魚の不漁のため、最近の鰻はたいへん高価なものとなってしまって いますが、多くの方においしい鰻を楽しんでいただけるよう、 できるだけ努力してゆきたいと思っています。 当店のおススメ 「きょうすいうなぎ」 静岡県大井川(焼津市)で育てられています。 天然地下水(通常は普通に川の水)と、 白身系魚餌(通常は安い光物系の餌)、 で2年程飼育され(通常は半年の短期)、 鰻職人の間では 「幻の鰻」 と呼ばれています。 飼育量も限界があるため、卸先は厳選され 全国40店舗くらい でしか、 食べれないブランド鰻です。 <うな重> *口の中で「ねっとり、とろけます」ご期待ください。 ゆっくりお待ちできる方は、くつろぎなが ら鰻料理が出来上がるのをお待ちください。 <ひつまぶし> *うな重の鰻は関東風、「さばいて」「蒸して」「焼いて」ますが、 ひつまぶしの鰻は関西風 直焼き で、「さばいて」「焼いて」います。 とろけるうな重とは、違った食感・味わいをお楽しみください。 *うなぎ本来の味わいが楽しめる岩塩が人気です。 その宮崎にて二人の養鰻の匠により 育成された鰻です。 *現在、全席禁煙となっております。 母屋と離れの間に喫煙コーナーを設けていますので、 お煙草はそちらでお願いいたします。 ------------------------------------------- <ランチタイム> 11:30〜売り切れタイミングがラストオーダー 通常メニューからのご提供となります。 夜とメニューは同じです。 ------------------------------------------- <出前> *出前も煩忙期以外は受付しております。 配達時間: 営業時間(LOまで)と同じです。 配達エリア: 店舗近隣1キロ目安ですがご相談ください。 個数: 2個合計5000円以上 メニュー: きょうすい(中1匹)¥6,800 三河一色産: かねみつ(特大1匹)¥6,800 うぐいす(太1匹)¥5,800 あさがお(中1匹)¥5,300 *ご注文いただいてから鰻をさばきますので、 配達までのお時間を1〜2時間いただいています。 *配達時間帯、配達個数、配達エリアによって お受けできない場合もございます、お電話にてご確認ください。 (特に店内満席の時間帯の出前は承れない場合もございます、 あらかじめご了承ください。 店頭引渡でしたら可能の場合もございます) *お早目のご相談でしたら、大量のご注文や、配達エリア外 への配達も可能です。 お電話にてご相談ください。 (港区に140個お届けしたこともございます。 ) -------------------------------------------- <お持ち帰り> *お持ち帰り(テイクアウト)も受付ております。 *現在、全席禁煙となっております。 ランチ 11:30〜鰻売切れ時のラストオーダー 夜 17:30〜鰻売切れ時のラストオーダー *鰻の仕入・仕込状況によりまして、閉店時間は前後します。 あらかじめご了承ください。 定休日: 月曜日(月曜が祝日のときは営業) ----------------------------------------------- <交通手段> 日比谷線「入谷駅」2番出口から、約100m1分くらい。 JR山手線「鶯谷駅」南口から、約500m6分くらい。 JR山手線「上野駅」入谷口から、約800m10分くらい。

次の

増田家

うなぎ 横田 屋

味へのこだわり 藤田のはじまり 大切にしたい心がある。 受け継いでいきたい思いがある。 それは明治二十五年ごろのこと。 曾祖父が浜名湖で採れたうなぎを現在の長野県飯田市の割烹料亭に行商していたのがうなぎ藤田のはじまりです。 当時、活きのいいうなぎは、貴重な高級食材。 長野県の山中ならなおさらです。 道中、うなぎの鮮度を保つために天竜川で汲んだ水を幾度も幾度もかけながら、約三十五里の遠い道のりを徒歩で何日もかけて運んでいたといいます。 そんな曾祖父のうしろ姿を見ながら育った祖父・今朝吉は、近隣のお客さまにいつでも活きのよいうなぎを味わっていただくため、地元浜名湖に自身の名前今朝吉の頭文字をつけた養鰻場をつくりました。 「しらすうなぎ」と呼ばれる稚鰻から育て上げるこの養鰻場では、すくすくと質の高いうなぎが育っていたといいます。 うなぎを大切にする心で美味しさを追求し続けた曾祖父と祖父、そして秘伝のたれをつくりあげた先代の父。 親子三代のわたるその意志は、現在四代目の私どもうなぎ藤田に引き継がれております。 四代目店主• 味へのこだわり たれ 秘伝のたれ。 それは、私たちのいのちです。 先代がつくりあげた秘伝のたれは五十余年、継ぎ足し継ぎ足し受け継がれてきました。 先代から変わらずに、気持ちを込めて焼き上げる匠の技。 香り豊かな味わいをご堪能いただくために。 すべてはお客さまの満面の笑顔のために。 いままでも、これからも。 受け継がれてきた秘伝のたれ。 うなぎ藤田のおいしさの秘密は、なんといっても秘伝のたれにあります。 五十余年、継ぎ足し継ぎ足し使い続けたたれは、長い年月を積み重ね、深く柔らかな味わいをつくりだしました。 焼いてはくぐらせ、くぐらせてはまた焼き。 一本、一本、丁寧に。 延々と繰り返された焼きの作業の中でうなぎの旨みだけがたれにとけ込んでいったのです。 熟成に熟成を重ねた伝統の味わいを、ぜひあなたの舌でお確かめください。 味へのこだわり うなぎ 身質を高める「活かし込み」。 うなぎ藤田で扱っているうなぎはすべて、安心できる国内産。 国産のうなぎは外国産と比べて、うなぎ独特の臭みなどが弱いことが特徴です。 そのうなぎを百十五メートルの深さからくみ上げた冷たくて清らかな地下水の中でえさを与えず約一週間泳がせます。 この「活かし込み」という工程を加えることによってさらに臭みを取り去り、身がグッと引き締まって弾力のある本当に美味しい身質に仕上げることができるのです。 味へのこだわり 調理法 ふっくらヘルシーな関東風。 腹を開いて調理する関西風に対して、関東風は背中を開いて調理するのが基本。 これを素焼きしてさらに蒸し上げ、たれをつけてまた焼いて、これを三回繰り返して焼き上げます。 蒸すことによって中は柔らかくふっくらと、たれをつけながら繰り返し焼くことによって外は香ばしく仕上げることができます。 また、余分な脂が落ちてうなぎの旨みだけが残るので、さっぱりとしたヘルシーな蒲焼にすることができます。 お店のご案内 浜松店• 和の設えの中、うなぎの醍醐味をこころゆくまで。 気持ちまでやわらぐ落ち着いた和の空間でゆっくりとお過ごしください。 お気軽なテーブル席から五〜六十名様までのご会食が可能なお座敷まで、用途に合わせてひとつひとつの空間を大切にした設え。 とくに離の間では、お庭の景色を楽しみながらお過ごしいただけます。 うなぎ藤田 浜松店• 〒433-8113 静岡県浜松市中区小豆餅 3-21-12• 【 お電話 】 053-438-1515• 【 ファックス 】 053-438-1516• 【 営業時間 】11:30-14:00, 17:00-21:00• 大駐車場完備(大型バス駐車可)• PayPay ペイペイ 決済可 お店のご案内 浜松 駅前店• 洗練された和の空間で素材と技のうなぎを味わい尽くす。 浜松駅に程近い、都会の隠れ家。 街中の喧騒を離れて落ち着いた静かな和の空間で極上のひととき。 お気軽なカウンター席とテーブル席、二〜三十名様までの個室、テーブル宴会席をご用意。 旅先や出張先でのお立ち寄りに、ご家族でのご会食、ご商談、各種ご宴会など、お集まりにも最適な空間をぜひお楽しみください。 うなぎ藤田 浜松駅前店• 〒430-0926 静岡県浜松市中区砂山町322-7ホテルソリッソ浜松2階• 【 お電話 】 053-452-3232• 【 ファックス 】 053-452-3238• 【 営業時間 】 11:00〜14:00, 17:00〜21:00• 【 定休日 】 火曜日• 【 提携駐車場 】はままつまちなかPクーポン対象駐車場• 浜松駅南地下駐車場・遠鉄百貨店第2駐車場が最寄です。 お食事5千円で300円分発行・最大600円分まで• JR浜松駅南口から徒歩1分 セブンイレブン2階• PayPay ペイペイ 決済可 お店のご案内 白金台店• 陽射し穏やかなガラス越しに緑を眺めながらこだわりのうなぎを心ゆくまで味わう。 いちょう並木が美しいプラチナ通り沿いの3階に上品で落ち着いた佇まいのうなぎ藤田がございます。 光と影が織りなす伝統美、組子細工の欄間の和空間。 焼き職人を望むカウンター席、落ち着きの個室など、お一人様、ご家族連れ、お集まり、接待まで幅広くご利用いただけます。 都会の一角で堪能できる伝統の技と味。 香り豊かな老舗の味わいをぜひお愉しみください。 うなぎ藤田 白金台店• 〒108-0071 東京都港区白金台4-19-21 IGAXビル3F• 【 お電話 】 03-6432-5636• 【 ファックス 】 03-6432-5637• 【 定休日 】 月曜日• PayPay ペイペイ 決済可• お取り寄せ お店でお出しするできたてのあの味をご家庭で。 お店のつくりたての美味しさをご自宅でも味わっていただくために、オンラインショップを展開しています。 蒸したて、焼きたてを独自の技術で瞬間的に封じ込めた蒲焼、酒焼をはじめ、うなぎ炊き込みご飯、うなぎ茶漬、う鮨、各種セットなど、インターネットのホームページからかんたんにご注文いただけます。 ご注文をいただいてから五日以内に商品を発送。 また、ファックスや電話での注文も承っております。 お電話・ファックスにて全国発送承ります。 【 お電話 】 053-430-0606 【 ファックス 】 053-430-0611 【 営業時間 】 9:00〜17:00(月〜金)、9:00〜12:00(土) 【 定休日 】 日曜 祝日 〒433-8118 静岡県浜松市中区高丘西3-52-16• 贈り物として お世話になったあの方へ。 うなぎ藤田から心のこもったギフト。 藤田のうなぎは、余分な脂も少なくたれもあっさりしているので女性の方でも最後までおいしくお召し上がりいただけます。 大切なあの方へ、お世話になったあの方へ、安心できる心のこもったものを贈りたい。 そんなときにはぜひ、うなぎ藤田のギフトの数々からお選びいただけると幸いです。

次の