スプラトゥーン2 ラストスパート。 【スプラトゥーン2】『ラストスパート』ギアが大幅強化! 効果と強みを解説します

【スプラトゥーン2】ラストスパート効果検証!ギアパワーの隠された真実!【検証】

スプラトゥーン2 ラストスパート

Ver. 0(2019. 24配信) ・ガチマッチをプレイ中、これまでの効果に加え、相手チームの残りカウントが50以下になったとき、残りカウントが小さくなるにつれて、ラストスパートの効果が徐々に発揮されていくようにしました。 効果上昇値はメインギアパワー2. 4個分です。 ナワバリバトルではバトル終了から30秒前、或いは、ノックアウトまで敵のカウントが残り30カウントで効果が発揮され、バトル終了まで持続されます。 ガチマッチでは相手チームの残りカウントが50以下になったとき、残りカウントが小さくなるにつれてラストスパートの効果が徐々に発揮され残りカウント30以下もしくはバトル終了から30秒前に効果が最大になります。 ラストスパートの使い方 バトル終盤の巻き返し・防衛に バトル中ずっと優勢だったのが、バトル終盤で、あっと言う間に巻き返した、或いは巻き返された、なんて言う事は多く経験しているかと思います。 ラストスパートは、その終盤における能力強化(主にインク関連の能力強化)に優れており、その 効果はギアパワー2. 4個分もの効果を発揮します。 なので、インク効率は悪いが、キル性能や塗り性能が高い武器に持って来いのギアパワーと言えます。 ナワバリバトルでは残り時間30秒で効果発動 ナワバリバトルでは、残り時間30秒でラストスパートの効果が発動します。 ナワバリバトルにおいて最後の30秒は最も重要な時間のため、 メインのインク効率の悪い武器やサブが優秀な武器に積むことがおすすめです。 ガチマではカウント50以下から徐々に発動 ガチマッチでは、残りカウント50以下から徐々に効果が発動し残りカウント30以下または残り時間が30秒以下から効果が最大になります。 ガチエリアでラスト30秒までにノックアウトされることがなければ、 インク効率で無理やりエリアを取り返すことができるため、武器によっては強力なギアとなっています。 プレイヤーがやられて復帰後、しばらくの間、一部の能力がかなりアップします。

次の

ガチエリアでとてもおすすめなギア(ラストスパート)のご紹介【スプラトゥーン2】

スプラトゥーン2 ラストスパート

0 [2019. 26 配信]のアップデート対応済み。 こんにちは。 今回はラストスパートギアに関して効果を詳しくまとめました。 はじめに この記事を書こうと思ったきっかけであり、一番伝えたいことなのですが、 ラストスパートギアの効果に復活時間短縮の効果はつきません。 某攻略wikiの誤情報のせいで多くの方が混乱しているようでしたので記事にしようと思いました。 Ver. 0 [2019. 24 配信]以前なので新効果に関しての説明がありませんが、2019年4月11日に配信されたイカ研究所通信の「 第8回習慣ギアパワー豆知識「ヒト移動速度アップ、ラストスパート」」にも正しい効果が記載してあります。 ギア効果まとめ 「ラストスパートギア」はバトルの終盤にインク効率や回復量を強化してくれる、アタマ専用のメインギアになります。 効果が表れるのは、ナワバリバトルの際は残り30秒以下になった場合に発動、ガチマッチの際は残り30秒以下になった場合、もしくは相手チームの残りカウントが50以下になったときにに発動します。 ガチマッチの際は相手チームの残りカウントが小さくなるにつれて、ラストスパートギアの効果が徐々に発揮されカウントが30になったときに効果が最大になります。 また、残り時間が30秒以下になった場合はカウントに関係なく効果が最大になります。 具体的にはインク効率アップ メイン ギア、インク効率アップ サブ ギア、インク回復力アップギアが下記の表の個数分ついている状態になります。 今まで調整できるギアの効果は57表記で3 サブ1個 と10 メイン1個 の組み合わせのみでしたが 、 Ver. 0 [2019. 24 配信]のラストスパートギアのアップデートにより相手のカウント状況による限定的な条件ですが1刻みの調整ができるようになりました。 例を挙げるとプライムシューターにインク効率アップ メイン ギアを積む際に今までは下記のような3と10刻みの調整しかできませんでした。 ギア 発射可能弾数 発 0 50 3 サブ1個 54 6 サブ2個 58 9 サブ3個 61 10 サブ1個 63 ですが、今回の調整で相手のカウント状況による限定的な条件ではありますが、下記のように1刻みでの調整が可能になりました。 ギア 発射可能弾数 発 0 50 1 該当なし 52 2 該当なし 53 3 サブ1個 54 4 該当なし 56 5 該当なし 57 6 サブ2個 58 8 該当なし 60 9 サブ3個 61 10 メイン1個 63 現状、どのサイトでも3 サブ1個 と10 メイン1個 の組み合わせの効果しか記載されていません。 該当なし の数値でどのくらい効果があるかは数式を使用し計算するしかないので、ゲームが複雑化しています。 個人的にゲームを複雑化させすぎるのは、よろしくないと思っているので少し不安になるアップデートに感じました。 salmon-oji.

次の

【ラストスパート】「諦めたら、そこで試合終了ですよ」フォッフォッ

スプラトゥーン2 ラストスパート

サブギアパワーが「合計8個分」ではなく「各8個分」ずつ強化されと言う、発動すれば最強のギアパワーだと言って良いでしょう。 詳しく知りたい方は、他の記事に個別でまとめているので、そちらを参考にして下さい。 また、ガチルールでは、相手チームのカウントが残り50以下になると発動して、残りカウントが少なくなるほど効果量が大きくなり、カウントが残り30になった時に効果量が最大になります。 残りカウント GP 57表記 残りカウント ギアパワー 57表記 50 GP:1 40 GP:12 49 GP:2 39 GP:13 48 GP:3 38 GP:14 47 GP:4 37 GP:16 46 GP:5 36 GP:17 45 GP:6 35 GP:18 44 GP:8 34 GP:19 43 GP:9 33 GP:20 42 GP:10 32 GP:21 41 GP:11 31 GP:22 — — 30 GP:24 ラストスパートの効果は、残りカウントに応じて上記の表の様に少しずつ発揮されます。 関連記事: スポンサーリンク ラストスパートの復活時間短縮効果について Googleの関連キーワード検索の欄等に「ラストスパート 復活時間短縮」があることに疑問を持った方もいると思います。 これは、以前、某大手攻略Wikiサイトや2chまとめサイト等で「ラストスパートには復活時間短縮の効果もある」との誤情報が書かれていたため、検索する方が多かっただけです。 実際には、その様な効果はありません。 ラストスパートがナワバリバトルで採用される理由 ナワバリバトルは、序盤よりも終盤が重要となるルールになっています。 そして、ラスト30秒で効果が発動する「ラストスパート」と、終盤が重要になる「ナワバリルール」の相性が良い…と言った感じで採用されることが多いです。 ただ、終盤にキルを取って人数有利状況を作ることの方が勝敗を左右するため、塗り合いを前提としているラストスパートを採用しない上位勢の方も沢山います。 ナワバリバトルに必須のギアパワーではありませんが、あまりキルが取れない…と言う方であれば、優先的に付けた方が勝ちやすくなるでしょう。 簡単にまとめると、キルが取れない方は「ラストスパート」で、キルが取れる方は「他のギアパワー」がおすすめと言うことです。 ラストスパートはガチエリアと相性が良い理由 ガチエリアと言うルールは、全滅してから一度目の打開を失敗した時点で、残りカウント50以下になることが非常に多いです。 そのため、初動全滅からの打開失敗だけで効果が発動することも少なく無く、残り時間4分以上ある状態でラストスパートの恩恵が受けられたりします。 少なくてもラスト2分を切っていれば、拮抗している試合でも効果が発動している確率が高いです。 そして、塗りが重要となるルールが「ガチエリア」なので、ラストスパートの効果と相性が抜群。 付けて損するギアパワーでは無いので、ギア枠が余っているなら優先的に付けることをおすすめします。 スポンサーリンク.

次の