羽生善治 名言。 羽生善治の名言

天才棋士・羽生善治の名言や格言【英語付き】一流の思考や言葉や意味をまとめました

羽生善治 名言

羽生善治の名言(2) 21.名言・格言 勝つのは一点差でいい。 五点も十点も大差をつけて勝つ必要はない。 常にギリギリの勝ちを目ざしているほうが、むしろ確実性が高くなる。 - 羽生善治 - 22.名言・格言 勝負の世界では、「これでよし」と消極的な姿勢になることが一番怖い。 常に前進を目ざさないと、そこでストップし、後退が始まってしまう。 - 羽生善治 - 23.名言・格言 新しい試みがうまくいくことは半分もない。 でもやらないと、自分の世界が固まってしまう。 - 羽生善治 - 24.名言・格言 誰でも最初は真似から始める。 しかし、丸暗記しようとするのではなく、どうしてその人がその航路をたどったのか、どういう過程でそこにたどり着いたのか、その過程を理解することが大切だ。 - 羽生善治 - 25.名言・格言 努力をしている人の側にいると、自然にいい影響が受けられるだろう。 - 羽生善治 - 26.名言・格言 「いかに戦うか」は大局観にかかわるが、その具体的な戦略は事前研究が決め手になる。 事前にしっかり準備して万全の態勢で、対局に臨んでくる人は強い。 - 羽生善治 - 27.名言・格言 すでに過ぎ去ったことは仕方がない。 私は、意識的に先のことを考えるようにしています。 反省は勝負がついた後でいい。 - 羽生善治 - 28.名言・格言 たとえば、最初に相手がミスをする。 そして次に自分がミスをする。 ミスとミスで帳消しになると思いがちだが、あとからしたミスのほうが罪が重い。 そのときの自分のミスは、相手のミスを足した分も加わって大きくなるのだ。 - 羽生善治 - 29.名言・格言 ビジネスや会社経営でも同じでしょうが、一回でも実践してみると、頭の中だけで考えていたことの何倍もの「学び」がある。 - 羽生善治 - 30.名言・格言 意表を突かれることに驚いてはいけない。 - 羽生善治 - 31.名言・格言 何事であれ、最終的には自分で考える覚悟がないと、情報の山に埋もれるだけである。 - 羽生善治 - 『名言の心』(エッセイ) 32.名言・格言 決まり切った局面で長考して時間を使って疲れるより、勝負どころの場面で、深い集中力を発揮できることが大切。 - 羽生善治 - 33.名言・格言 細かく考えすぎたらその場から動けないし、だいたいで動いているだけでは目的地につくことはできない。 - 羽生善治 - 34.名言・格言 私は才能は一瞬のひらめきだと思っていた。 しかし今は、10年とか20年、30年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。 - 羽生善治 - 35.名言・格言 守ろう、守ろうとすると後ろ向きになる。 守りたければ攻めなければいけない。 - 羽生善治 - 36.名言・格言 勝敗を決するのは高いテンション、自分への信頼、分が悪い時に踏みとどまる根性。 - 羽生善治 - 37.名言・格言 成果が出ないときこそ、不安がらずに、恐れずに、迷わずに一歩一歩進めるかどうかが、成長の分岐点であると考えています。 - 羽生善治 - 38.名言・格言 終わったものはくよくよ考えても仕方ないから。 - 羽生善治 - 39.名言・格言 相手の意図を考えることから駆け引きは始まる。 - 羽生善治 - 40.名言・格言 大きく見ることと小さく突き詰めていくこと、このバランスが大切なのだと思う。 - 羽生善治 - 次ページへ続きます。

次の

羽生善治さんの「才能」や「努力」についての言葉が名言だと話題に!

羽生善治 名言

Yoshiharu Habu 羽生善治 日本の将棋棋士、十九世名人(襲位は引退後)。 1996年2月に将棋界で初の7タイトル独占を達成。 2012年7月には十五世名人・大山康晴の通算タイトル獲得期数80期の記録を抜いた。 全7タイトル戦のうち竜王戦を除く6つでの永世称号に加え、名誉NHK杯選手権者の称号を含め、史上初となる7つの永世称号を保持している。 十六世名人の中原誠は、羽生善治を「オールラウンドプレーヤーで欠点がない。 歴史上初の棋士」と評した。 報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている。 羽生善治の名言 同じ方法で悪くなる。 だから捨てなきゃいけない。 せっかく長年築きあげてきたものでも変えていかなくてはならない。 羽生善治の名言 「自分の得意な形に逃げない」ということを心がけている。 羽生善治の名言 追い詰められた場所にこそ、大きな飛躍があるのだ。 羽生善治の名言 毎回石橋を叩いていたら 勢いも流れも絶対つかめない。 羽生善治の名言 勝負に一番影響するのは「怒」の感情だ。 羽生善治の名言 リスクを避けていては、その対戦に勝ったとしてもいい将棋は残すことはできない。 次のステップにもならない。 それこそ、私にとっては大いなるリスクである。 いい結果は生まれない。 私は、積極的にリスクを負うことは未来のリスクを最小限にすると、いつも自分に言い聞かせている。 羽生善治の名言 一人で考えるか、それとも何人かの人が集まって知恵を出し合うか、どちらがより有効かは、非常に面白いテーマだ。 私は、基本的には一人で考えなくてはいけないと思っている。 羽生善治の名言 勝つのは一点差でいい。 五点も十点も大差をつけて勝つ必要はない。 常にギリギリの勝ちを目ざしているほうが、むしろ確実性が高くなる。 羽生善治の名言 「いかに戦うか」は大局観にかかわるが、その具体的な戦略は事前研究が決め手になる。 事前にしっかり準備して万全の態勢で、対局に臨んでくる人は強い。 羽生善治の名言 ビジネスや会社経営でも同じでしょうが、一回でも実践してみると、頭の中だけで考えていたことの何倍もの「学び」がある。 羽生善治の名言 終わったものはくよくよ考えても仕方ないから。 羽生善治の名言 楽観はしない。 ましてや悲観もしない。 ひたすら平常心で。 羽生善治の名言 もちろん勝負に勝つというのも大事なんですけど、そのためにいつも決まり形でやっていたら、そのことで将棋をやっている意味があるのかということに、どうしてもぶつかってしまうんです。 誰もがやっている決まりきった道筋で振りきってしまうと、結局、人の来た道をただ辿ってるだけということになります。 羽生善治の名言 いろいろ考えられる選択肢の中から、「この一手」を選ぶのは自分しかいないわけです。 羽生善治の名言 意表を突かれることに驚いてはいけない。 羽生善治の名言 何事であれ、最終的には自分で考える覚悟がないと、情報の山に埋もれるだけである。 羽生善治の名言 決まり切った局面で長考して時間を使って疲れるより、勝負どころの場面で、深い集中力を発揮できることが大切。 羽生善治の名言 人間には二通りあると思っている。 不利な状況を喜べる人間と、喜べない人間だ。 羽生善治の名言 人生の中で目指しているものがはっきりしている人はいくつになってもエネルギーがある。 羽生善治の名言 相手は敵であると同時に作品の共同制作者であり自分の個性を引き出してくれる人ともいえる。 羽生善治の名言 ただ一局一局を大切に、そこにだけ集中して指してきた。 羽生善治の名言 長い時間考えた手がうまくいくケースは非常に少ない。 羽生善治の名言 相手のことを知るよりも、自分自身が強くなればそれで済む世界だし、それを目指した方が本筋というか、王道という気がする。 羽生善治の名言 次ページへ続きます。

次の

羽生善治の厳選65の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

羽生善治 名言

桐本拓哉さん(@kirimototakuya さんの投稿された羽生さんの言葉が今話題になっています。 折れそうになると読んで、救われる。 報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこどが才能だと思っている」 こちらの羽生善治さんの言葉ですが、昨年も話題になっており、その時の RTが40,959 いいねが68,888でした。 誰もがやはり必ず同じように思う壁にぶつかって、この言葉に励まさされているのが分かります。 誰の言葉かは忘れてしまったのですが、死ぬ瞬間まで努力をしたのか?という言葉も以前どこかで目にしたこともあります。 確かにメディアなどで「努力は必ず報われない」と死ぬ間際に発言する人はあまりいないように思えます。 あと、私自身が思うことは努力=結果の結果を一つとあくまでも捉えたら報われないとなるのかもしれないですが、必ず人が頑張った行いというのは『無駄なことはない』というのも真実だと思います。 それに費やした時間の中で、必ずしも学んで自分の中で培ってプラスになった何かがあるはずだからです。 それをいかに自分の中でバネなり、活用としてどのように生かすのかも努力の結果に結ぶつくのではないでしょうか? あくまでも結果のみしか見ないで、その結果に進むまでの道のりで得たものをないがしろにする人間に成功の女神は微笑まないのではないのかなと・・・。 努力をし続けるというのは、私が思うにはピラミッドの石を積み上げる行為と同じだと思うのです。 一番上の頂上の石が成功だったり、結果だとするならば、その過程には土台である石をどれだけ丁寧に上手に確実に積み上げるかが大切だと思います。 少しでも簡単な道だったり、手を抜いたりしたら、積み上げた石は一気に崩れてしまうことは間違いありません。 それを地道に丁寧に根気よくいかに積み上げるかに努力を惜しまない人間こそが成功に繋がるのだと思います。 人というのは現世での人生に限りがあるからこそ、結果を早く出したがる生き物です。 それを続け続けられるというのは、やはり才能なのでしょうね。 ネットでは自分もそのような才能が欲しいとの声もありましたが、欲しいで終わらせずにそれこそその才能を手に入れることをまずは頑張って欲しいと思いました。 ネットの反応 真の努力は努力と思ってすらいない努力なんだよなあ。 自分で努力したなんていうのはそこまで力ついてないこともある ものによる し、継続するのが苦痛にもなる事も。 楽しんでやっていれば、力もついてモチベーションも自然と上がる。 つまり最も継続しやすい。 つまり最強 最後まで自分を信じる覚悟って奴かなぁ 正確には、努力すれば、それが成果に現れる可能性がナンボか上がる、ってことですね 「俺は初めから認めてないんだ、この世に生まれながらの天才なんてものはさ!そんなもんがあるなら、ガンバるってことが否定されちまう!ひとの三倍ガンバった奴が一番になる!更にそいつの三倍ガンバった奴が次の一番になる!天才なんかいてたまるかよ!」 「努力は報われる」この「報われる」という部分にどれほどの期待をしているかだ。 本来は10の努力をしなくてはならないところで、1しか行わなかったら本来報われる残りの9の部分は報われないだろうね。 挑戦をした結果、本人がどれほどの努力を行なったかが解るのではないかと思う。 自らが行なった「努力」も挑戦して見て、実際はどれほどの努力を要するものなのかが解るというものだろう。 その次の挑戦には、一つ前の努力も含め、更に鍛え抜かれた技やそこから培われた経験が、更に報われる 努力は成功の前提条件 「努力は自分を裏切らない。 夢を裏切ることはあるけどな」 「努力しても夢が叶うとは限らない。 むしろ叶わないことのほうが多いだろ。 でも、頑張った事実さえありゃ慰めにはなる」 by比企谷八幡 無論、努力が報われるように 調整していくことも大切。 正しい努力は必ず報われる。 無駄な努力は報われるか分からない。 努力の仕方を正しい方向にもっていくこと、工夫・試行錯誤すること。 それもまた努力.

次の