ウェルパス。 ウェルパス 販売

≪人気≫「ダスキン 手指消毒剤 ウエルパスマイルド(500ml)ポンプ付き」【消毒用アルコール消毒 インフルエンザ対策 手 除菌 丸石製薬 ウエルパス ウェルパス 医薬部外品 保湿剤配合 消毒液 スプレー】の通販

ウェルパス

ウエルパスは医療用医薬品であり、手ピカジェルは部外品です。 医薬品と部外品は法律上の区分の違いによりますが、効果の面では両者はほとんど同じ物です。 細かく見た場合、添加剤の成分や濃度は異なるため、完全に同じ物ではありませんが、主成分であるエタノール濃度は両製剤ともほとんど同じであるため、期待される消毒効果は発揮してくれます。 9~81. 4% ただし、部外品の中にはエタノール濃度が低い物や人体に有害な添加剤を使ったりする粗悪品も存在するため、全ての部外品がウエルパスと同じ効果を発揮してくれるわけではありません。 手ピカジェルは部外品の中でもしっかりとした製品なので、その点はご安心下さい。 【以下余談です。 読み飛ばしてもらっても結構です】 医療用医薬品や部外品といった製品があるのは、それを製造するメーカーが得意としている分野があるからです。 ウエルパスの製造メーカーは元々医療機関に特化した製品開発をしているところであり、逆に手ピカジェルの製造メーカーはドラッグストアに強い販路を持っています。 医療用医薬品というのは薬事法や医療法といった各種法体系で縛られているため、国に申請を出して認可を得る必要がある製品です。 この認可のために膨大な量のデータと資料を用意しなければならないため、非常に手間と時間がかかり、コストがかかります。 また、簡単に包装やラベルのデザインを変えられないため、顧客のニーズに合わせてマイナーチェンジするといったことも容易ではありません。 こういった労力とコストが掛かる反面、確実に効果が保障されています。 部外品というのは、法律に縛られる度合いが医療用医薬品よりもかなり緩く、比較的簡単に製造販売できます。 顧客のニーズに合わせてマイナーチェンジをすることも容易で、コストも安く付きます。 その反面、粗悪品が存在する可能性もあります。 【さらに余談です】 実はウエルパスは日本で最初に発売された速乾性手指消毒薬です。 当時の日本ではウエルパスのような手技で手を消毒するという方法が全く浸透しておらず、当初は全く売れませんでした。 しかし、従来法より簡便で容易に消毒ができるウエルパスは確実に世の中に広まっていきました。 その理由の1つが医療用医薬品にしたことです。 これによって、医療機関に設置してもらうことが可能となりました。 部外品では医療機関は見向きもしてくれませんので。 医療機関に設置されることで消毒効果などのデータが豊富に集まり、設置している医療機関の方が院内感染率が低いという根拠も後押しして、爆発的に広まり、認知度が上がりました。 つまり、ウエルパスは速乾性手指消毒という市場を創り上げた最大の功労者なのです。 市場が広がると、施設や一般家庭用の需要も増し、手ピカジェルのようなよりコストの安い製品が続々と投入されるようになります。 手ピカジェルはウエルパスが長年かけて作り出した市場の恩恵を受けた製品の一つなんです。 現在では手指消毒としてウエルパスという名前が一般名詞のような扱いを受けていますが、市場を創るという意味での役割は既に終えています。 しかし、ウエルパスが残した功績は大きく、いまもってウエルパスじゃなきゃダメ!というような人までいるくらいです。 現在では一般薬や部外品の手指消毒薬の方がバリエーションが豊富になってきています。 そういった時代の要請もあって、ウエルパスもホームウエルパス 一般薬 やウエルパスマイルド 部外品 といった分野にも販路を拡大して商品展開されています。

次の

【消毒剤】ウエルパスとウエルセプトの違い【コロナウイルス】

ウェルパス

ウエルパスマイルド ウエルパスマイルド 項目 内容 医薬品区分 指定医薬部外品 薬効分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む) 承認販売名 製品名 ウエルパスマイルド 製品名(読み) ウエルパスマイルド 製品の特徴 保湿剤の入った消毒剤です。 手に擦り込むだけで素早く消毒ができます。 (2)深い傷やひどいやけどの人。 (2)本人または家族がアレルギー体質の人。 (3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 [関係部位:症状] 皮ふ:発疹,発赤,かゆみ,はれ,あれ等 効能・効果 手指・皮膚の洗浄・消毒 効能関連注意 用法・用量 適宜・適量を手指・皮膚に塗布します。 用法関連注意 (1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。 (2)目に入らないように注意すること。 万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗うこと。 なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けること。 (3)万一飲み込んだ場合には,水を飲みせる等の処置をし,医師に相談すること。 (4)外用にのみ使用すること。 成分分量 100mL中 成分 分量 ベンザルコニウム塩化物 0. 05g 添加物 グリセリン,プロピレングリコール,エタノール,その他2成分 保管及び取扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない涼しい場所に保管すること。 (2)小児の手の届かない所に保管すること。 (3)他の容器に入れ替えないこと。 (誤用の原因になったり,品質が変わることがある。 ) (4)火気に近づけないこと。 (5)本剤はアルコールを含有しているため,床にこぼれると変色する場合があるので,注意すること。 消費者相談窓口 会社名:株式会社ダスキン 住所:〒564-0051 大阪府吹田市豊津町1-33 電話:0120-100100 その他:www. duskin. jp 製造販売会社 丸石製薬(株) 大阪市鶴見区今津中2-4-2 販売会社 (株) ダスキン 剤形 液剤 リスク区分等 なし.

次の

【消毒剤】ウエルパスとウエルセプトの違い【コロナウイルス】

ウェルパス

詳しくは対象のをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。 商品情報 製品の特徴 ホーム・ウエルパスは,ベンザルコニウム塩化物を有効成分とするエタノール製剤で,速乾性の使いやすい殺菌消毒剤です。 手指に擦り込むだけで殺菌・消毒できます。 効能・効果 手指・皮膚の殺菌・消毒 効能関連注意 用法・用量 本品をそのまま手指・皮膚に塗擦するか,またはそのままガーゼ,脱脂綿等に浸して清拭します。 用法関連注意 (1)用法・用量を厳守すること。 (2)外用にのみ使用し,内服しないこと。 (3)目に入らないように注意すること。 万一目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗い流し,直ちに眼科医の診療を受けること。 (4)血液や汚物が付着している場合には,石けんでよく洗浄し,石けん分を十分洗い落とした後,使用すること。 (5)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。 商品説明 医薬品区分 一般用医薬品 薬効分類 殺菌消毒薬(特殊絆創膏を含む) 承認販売名 ホーム・ウエルパス 製品名 ホーム・ウエルパス 製品名(読み) ホーム・ウエルパス 製品の特徴 ホーム・ウエルパスは,ベンザルコニウム塩化物を有効成分とするエタノール製剤で,速乾性の使いやすい殺菌消毒剤です。 手指に擦り込むだけで殺菌・消毒できます。 2.次の部位には使用しないこと 損傷のある手指,唇等の粘膜の部分,目の周り。 (局所刺激作用がある。 (2)医師の治療を受けている人。 2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談すること 使用後,発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等の症状があらわれた場合。 効能・効果 手指・皮膚の殺菌・消毒 効能関連注意 用法・用量 本品をそのまま手指・皮膚に塗擦するか,またはそのままガーゼ,脱脂綿等に浸して清拭します。 用法関連注意 (1)用法・用量を厳守すること。 (2)外用にのみ使用し,内服しないこと。 (3)目に入らないように注意すること。 万一目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗い流し,直ちに眼科医の診療を受けること。 (4)血液や汚物が付着している場合には,石けんでよく洗浄し,石けん分を十分洗い落とした後,使用すること。 (5)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。 成分分量 本品中 成分 分量 ベンザルコニウム塩化物 0. (2)小児の手の届かない所に保管すること。 (3)他の容器に入れ替えないこと。 (誤用の原因になったり品質が変わる。 ) (4)火気に近づけないこと。 (5)本剤はアルコールを含有しているため床にこぼれると変色する場合があるので注意すること。 (6)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。 消費者相談窓口 会社名:丸石製薬株式会社 電話:0120-014-561 製造販売会社 丸石製薬(株) 会社名:丸石製薬株式会社 住所:大阪市鶴見区今津中2-4-2 販売会社 剤形 液剤 リスク区分等 第3類医薬品 医薬品販売業許可証の内容について 店舗情報 店舗運営責任者:別府 匡 ネット通販部 店舗セキュリティ責任者:別府 匡 ・許可区分 薬局開設許可 ・許可番号 第 薬局-00278号 ・開設者 株式会社コトブキ薬局 ・店舗の名称 コトブキ薬局 ・有効期間 平成28年11月27日から34年11月26日まで ・店舗の所在地 大阪府東大阪市足代南1-3-13 ・営業時間 【月〜金】10:00〜18:00 【土曜日】10:00〜13:00 休業日:【日曜・祝日及び営業時間外】 ・電話・FAX:06-6720-0480 管理者 別府淑子(薬剤師) その他許可 ・毒物劇物一般販売業 第 毒般-00556号 ・高度管理医療機器等販売業 第 高度機器-00322号 大阪府東大阪市足代1丁目3-13 医薬品の使用は使用上の注意をよく読んだ上でそれに従い適切に使用すること 医薬品販売に従事する薬剤師 相談時及び緊急時の連絡先 06-6720-0480 商品ページ記載の発送目安について ・商品ページに記載の発送予定日より、発送が遅れる場合がございます。 ・複数商品同梱時は、すべての商品がそろった時点での発送になります。 医薬品販売の業務手順 1.商品の選定・陳列 ・医薬品と他の商品とを明確に区別して表示しています。 ・一般用医薬品のリスク区分を明記しています。 2.情報提供 ・販売に関する許可を有することをトップページ及び会社概要に掲載しています。 ・使用上の注意などを各商品ページに記載しています。 3.引渡 ・誤出荷を防止するため、専門家が確認します。 4.販売後の対応 ・専門家が、ご相談に対応します。 ・必要に応じ、お客様に必要な情報をメール等で提供します。 【救済制度相談窓口】 電話: 0120-149-931(フリーダイヤル 相談受付 9:00-17:30) 電子メール: 【医薬品副作用被害救済制度】 くすりの副作用による健康被害には、医薬品副作用救済制度が適用されます。 これは、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。 )を適正に使用したにもかかわらず副作用により、入院治療が必要な程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。 医薬品は、人の健康の保持増進に欠かせないものですが、有効性と安全性のバランスの上に成り立っているという特殊性から、使用に当たって万全の注意を払ってもなお副作用の発生を防止できない場合があります。 このため、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。 )を適正に使用したにもかかわらず副作用による一定の健康被害が生じた場合に、医療費等の給付を行い、これにより被害者の救済を図ろうというのが、この医薬品副作用被害救済制度です。 この医療費等の給付に必要な費用は、許可医薬品製造販売業者から納付される拠出金が原資となっています。

次の