ドラクエ ウオーク 転職。 【ドラクエウォーク】無課金がレベル50到達!転職した職業とレベル上げにおすすめなクエスト紹介【無課金攻略】

ドラクエウォークの転職の順番は誰からがおすすめ?転職後のレベルと上位職は?

ドラクエ ウオーク 転職

基本的にはメリットしかない転職ですが、気をつけるべきポイントもあります。 冒険レベル12から可能 転職は 冒険レベルが12になった時点で行えます。 ドラクエウォークではキャラのレベルと冒険レベルがあります。 冒険レベルは主にクエストを進めることを上げることが可能です。 自宅に入ることでも、歩いた歩数によって経験値が獲得できるので、外出した後は必ず自宅に入るようにしましょう。 現在は下級職のみ• 魔法使い• 武道家• 盗賊 現在 2019年9月15日 は下級職と呼ばれる職業にしか就くことはできません。 ドラクエは下級職と上級職という概念があります。 下級職を一定のレベル以上にすると、上級職に就くことができます。 例えば 戦士と武道家のレベルをそれぞれ20以上にすればバトルマスターになることができます。 転職をした後は、クエストを選びなおし、モンスターのレベルを下げてから戦うようにしてください。 そのままのクエストでフィールドモンスターと戦うとすぐに全滅してしまいます。 強いモンスターと戦って、一気にレベルを上げたいときは転職をするキャラは1体ずつなどの工夫を行うようにしてください。 得意武器が変わる 職業 得意武器 戦士 剣・斧・こん 魔法使い 杖・ブーメラン・こん 武道家 ツメ・ムチ・ヤリ 僧侶 杖・ムチ・短剣 盗賊 短剣・ブーメラン・ツメ 転職を行うとパラメータ、相性のいいこころに加えて、得意武器も変更されます。 ドラクエウォークでは、職業ごとに持てない武器などはありません。 どの職業でも共通で同じ武器を装備することができます。 ただ得意武器が変わってしまうので、転職をしてそのままの武器を持ったままだと、その性能を十分に活かしきることができません! 転職を行ったら、装備も必ず見直すようにしましょう。 永続効果はそのまま受け継ぐ ドラクエウォークではレベルを上げることで スキルと特殊効果を覚えることができます。 特殊効果には、その職業が得意武器を装備をすることで発動する効果と、転職しても引き継がれる永続効果があります。 永続効果を手に入れることができるまで、各職業のレベルをあげるようにしましょう。 永続効果を手に入れていない状態で、転職をしてもその職業についていたメリットがまったくありません。 またドラクエシリーズの特徴を考えると、上級職の転職できる条件として下級職のLv20以上が目安になります。 いろいろな職業に就きたい気持ちはわかりますが、Lv20までは我慢するようにしましょう。 各職業の特徴と性能 職業には 得意武器を持つことで発動する、パラメータの補正があります。 主人公の初期職でもあります。 「かばう」をつかうことで、魔法使いなどのサポートを行うことも可能です。 さらに攻撃系のスキルを多く覚えるので、アタッカーとして起用することもできます。 永続効果では、耐久性を上昇することができるので、戦士から魔法使いに転職することで、 死ににくい魔法アタッカーを育てることが可能になります。 第二章の5話で加入するキャラが就いている職業です。 得意効果でも大きくこうげき魔力を上昇させることができます。 全体攻撃も豊富に持っているため、効率良くレベルを上げていくこともできます。 また通常攻撃を行うことでMPを回復できるという特性を持っています。 みのまもりが低いので、HP管理はしっかりと行うようにしましょう。 第二章の1話で加入するキャラが就いている職業です。 きようさは会心率に影響する値となっており、武道家をマスターすることで、会心率が上がります。 ちからを上げる性能や、スキルダメージを上げる効果が多くあるので、 メインアタッカーとして現状は最強の職業です。 「まわしげり」を覚えることで、全体へのこうげきも可能なので、レベル上げをする際にも有効な職業といえます。 また素早さも早いので、先手を取って全滅という強力な立ち回りも可能な職業といえるでしょう。 第一章の5話で加入するキャラが就いている職業です。 回復、バフ、攻撃と3種類の役割を担うことができる職業です。 また基本となるステータスも高く、みのまもりや素早さといった値も平均的です。 メインは回復要因として 重要な役割を持っているので、 パーティに必ず一人は欲しい存在と言えます。 低いというステータスがなく、こうげき魔力の低さも特殊効果により十分に補うことができます。 また永続効果ですばやさとちからを上げることができるので、この効果はメインアタッカーにかなり欲しい補正値です。 他にオススメの人気ゲームは? 他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、 今の内にダウンロードしてみて下さい。 分類に分けて徹底解説しています。 放置少女• 女の子たちが圧倒的にかわいい• 三国志の世界観を擬人化美少女が贈る• 「放置」するだけでキャラクター育成可能• 隙間時間にプレイしたいと思っている人にぴったり• 主人公は名立たる英雄ではなく、ありふれた日常を送る主人公。 乱世を彩る美人や勇猛果敢な武将たちと戦い、協力しながら、歴史を変える成り上がりストーリーを楽しむことができます。 メインとなるのは国の運営で、家臣の育成や資産経営をしていきます。 歴史上の姫達との結婚や子育ても可能。 ガチャが存在しない為、殆どのキャラを無課金で手に入れることが出来ます。 ゲームは奥深いですが、ボタンタップで簡単操作。 放置系なので遊んでいる他のゲームと同時に遊べます。 戦闘も自動で行ってくれるので、戦闘操作が不安な方でも楽しめます。 何をしたらいいのか迷った時は、次にやるべき課題を表示できるので安心です。 海外の運営ですが、日本語訳も自然。 ストーリーも本格的なものになっています。 同盟(ギルド)機能も充実しており、対戦やプレイヤー同士での跡取り縁談、宴会の開催まで行えてしまいます。

次の

【ドラクエウォーク】転職させるタイミングとメリットを紹介

ドラクエ ウオーク 転職

上級職は何レベルで転職させるのが良いのか詳しく解説 バトルマスター、賢者、レンジャーの3職は何レベルまで上げてから転職をした方がいいのか?各上級職のレベルアップで覚えるスキルや特殊効果に注目し、現時点で推奨される上級職転職の良いタイミングをご紹介します。 バトルマスターが覚えるスキルと特殊効果 戦士Lv50+武闘家Lv50で転職が可能となるバトルマスターは物理攻撃のスペシャリスト。 Lv15 【不撓不屈】 状態変化と能力低下を解除する。 ただし、バトルマスターは、 Lv45になっても理想のこころをセットするコスト上限が足りないという大きな問題があります。 最適解のバトルマスターを誕生させるために、目指すべきレベルはLv50以上となり、Lv50が転職するにあたって最初の良いタイミングと言えます。 上級職の中で最もカンストさせるメリットがある職業となります。 ただし、Lv50〜Lv55までの必要経験値は、Lv1〜Lv50に上げるよりも多くなるため、カンストを目指す場合はパーティの職業バランスを考えた上で決断しましょう。 固有特製 【やまびこ】 呪文を唱えた時、たまに2回連続で呪文が発動する。 2回目の呪文は威力が減少。 転職するタイミングは、その賢者を回復役で使うか、火力役で使うかで検討するのがオススメとなります。 回復役メインで使う:Lv45で転職• 火力役メインで使う:Lv50で転職• MPが枯渇しやすい前衛職には嬉しい永続効果ですが、MP+はアクセサリーやこころで補うことができます。 今後コスト70台の強力なこころが実装された場合は、こころコスト上限を解放するために、Lv50以上の育成が必要になるかもしれません。 賢者をLv55にするくらいなら、別の上級職の職業へ転職し、汎用性の高いキャラ作りをすることをオススメします。 レンジャーが覚えるスキルと特殊効果 武闘家Lv50+盗賊Lv50で転職が可能となるレンジャーは状態異常攻撃のスペシャリスト。 固有特製 【影縛り】 攻撃時に、たまに休みを付与する。 成功するたびにかかりづらくなる。 Lv40 【フバーハ】 仲間全員のブレスダメージを軽減する。 影縛りによる休み状態の付与は、メガモンスターやボスに対しても有効ということが判明。 Lv45での転職もパーティのバランスを考えた場合はありだと思いますが、レンジャーならではの強みを活かすためにも、Lv50の特殊効果を取り、高難易度クエスト対策をすることがオススメとなります。 この永続効果と相性が良いのはシャドーステップを覚える盗賊となります。 まとめ 上級職は、基本的にLv45までは最低でも育成することをオススメします。 上級職は基本職とは違い、Lv50以上でもこころのコスト上限が徐々に解放されていきます。

次の

【ドラクエウォーク】上級職を見越して転職させろッ!えーきち的おすすめ転職の順番まとめ! 【ドラゴンクエストウォーク】

ドラクエ ウオーク 転職

レベル60まで上げるべき? よく使う職業は上げるべき レベル 最大コスト 60 334 55 308 50 280 使用頻度の高い職業はレベル60にするのが良いでしょう。 レベル60でステータスが上がる恩恵を受けることができ、コスト上限が上がるのでこころの編成がしやすくなります。 他の職業は上げなくても良い よく使うメインの職業以外はレベル60まで上げなくても良いでしょう。 レベル60に上げても永続スキルが習得できることはなく必要経験値量が高いので上げなくても良いです。 7章のおすすめ周回武器 弱点の多い全体高火力武器がおすすめ 7章の周回におすすめな武器は弱点の多い「イオ・メラ・ギラ属性」の全体高火力武器を使うのがおすすめです。 また、「バギ属性」も等倍のモンスターが多く周回に適しています。 サークルよりも外側にいるモンスターを寄せることで戦闘できるようになり、戦闘回数を増やすことが可能です。 パーティに1人は回復呪文を習得しよう パーティに回復役がいない場合には回復呪文の「」や「」を習得できるこころを装備しましょう。 パーティの誰かが回復呪文を習得することで「じゅもんでまんたん」が使えるのでパーティのHPを簡単に回復できます。 回復呪文を習得できるこころ 取得経験値を増やす経験の珠を使おう 取得経験値を30分間1. 2倍にできるアイテム「経験の珠」を使うことで短期間に多くの経験値を稼ぐことができます。 「経験の珠」はイベントミッションから入手することができますが、入手する機会の少ない貴重なアイテムなので慎重に使うようにしましょう。 また、「経験の珠」とは異なりサブクエストで入手できるので入手機会が多いです。 メタル系モンスターを狩ろう HP 経験値 4 1540 出現クエスト 1章9話〜2章9話,サブクエスト初級 HP 経験値 6 5100 出現クエスト 2章6話〜4章5話,サブクエスト中級 HP 経験値 8 10500 出現クエスト 3章9話〜5章9話,サブクエスト上級 HP 経験値 10 21000 出現クエスト 6章1話〜6章10話 「メタル系モンスター」は倒しにくい代わりに貰える経験値が非常に多いです。 出現率は低いですが、マップで見つけたら必ず倒すようにしましょう。 「」や「」が当たれば一撃で倒せるのでおすすめです。 ボス戦で必ずメタル系のモンスターが出現するので、経験値が一気に稼げておすすめです。 交代をしたらMP回復が可能な武器やこころを使ってMPの切れてしまった味方を回復させつつ戦闘することでMPが切れることなく戦闘を繰り返すことが可能です。 上級職の転職条件であるレベル50まで上げたら転職するのがおすすめです。 2人ずつ転職しよう 高い経験値をもらえる戦闘をこなすために2人ずつ転職するようにしましょう。 「モンスター」は2人のキャラで倒すことになるので余裕を持って戦えるクエストを周回するのがおすすめです。 各職業の評価 転職後は4章7話を周回しよう ストーリー4章7話はレベル上げと同時に強力なこころを集めることができ、おすすめです。 5章10話の方が入手する経験値量は多いですが、敵が強力なため転職後のレベル上げは敵のレベルを下げて行うのがおすすめです。 自宅でのレベル上げのやり方 モンスターが出やすくなるにおいぶくろを使おう クエストの報酬やかいふくスポットで手に入れることができる「においぶくろ」を使用すると、 5分間サークル内にモンスターがどんどん出現するようになります。 自宅でのレベル上げでは、移動しない分モンスターの出現が遅いため、殲滅が早いとモンスターの出現が追いつきません。 「においぶくろ」を使って補いましょう。 まとまった時間が確保できる時に使用すると、集中的に経験値を稼ぐことができます。 MPを回復するこころを装備しよう 自宅でのレベル上げ時にはMPが切れにくいMP回復ができるこころを装備するのがおすすめです。 MPが切れにくいと戦闘で多くスキルを使うことができ、レベル上げの効率も上がります。 戦闘で消耗したHPやMPを回復しやすく、長時間のレベル上げがやりやすくなります。 「自宅」の周囲にツボがない場合はツボずらしでサークル内のツボを増やしましょう。 レベル上げの際の注意点 戦闘不能のキャラは経験値が入らない 戦闘が終わった時に戦闘不能だったキャラクターは、経験値を取得することができません。 経験値が多いボス戦などではできるだけHPとMPを回復して保ち、死んでしまった場合は せかいじゅの若葉やザオラルなどで蘇生してから戦闘を終わらせるようにしましょう。

次の