原付 履歴書。 運転免許の正式名称&履歴書へ書き方

【履歴書】運転免許の書き方|普通自動車から中型・大型・AT限定まで│#タウンワークマガジン

原付 履歴書

【このページのまとめ】• ・原付免許でも履歴書に記載して問題ないが、正式名称の原動機付自転車免許と書く ・原付免許は比較的取得が容易なため、持っているから就職で有利になるわけではない ・ただし、運送業や営業などでは免許が必要なこともあるため募集要項を確認しよう ・平成29年の道路交通法改正により平成30年現在、免許は15種類ある 履歴書の免許・資格欄には、国家資格である運転免許を書きたいと考える人は多いでしょう。 しかし、比較的取得が容易である原付免許は書くべきなのでしょうか?また、記載する場合は正式名称で書かなければなりませんが、正しい名称を知っていますか? こちらのコラムでは、原付免許は履歴書に記入して良いのかをはじめ、就職で有利になるかどうかや、正式名称、免許の種類などについて解説します。 コンテンツ目次• 履歴書の資格欄に書くべきか迷う人は多いかもしれませんが、原付免許は記入して構いません。 その際は、「原動機付自転車免許」という正式名称で記載しましょう。 「原付免許」でも伝わりますが、履歴書の資格は正式名称で書くのがマナーです。 ただし、「普通自動車免許」を所持している場合は原付免許もそれに付与されているので、記載は不要です。 普通自動車運転免許のみを書きましょう。 また、同じく「中型自動車免許」や「大型自動車免許」、「普通二輪」などの上位の運転免許を所持している場合も、原付免許はそれらに付与されているため、個別で記載する必要はありません。 「小型特殊免許」のみ原付が付与されていないので、この2つを取得している人は個別に書きましょう。 取得年月は免許証の左下に書いてあります。 免許の更新をしている場合、上の方に書いてある交付日は更新日であり、取得日ではないので注意しましょう。 <関連記事>• しかし、最近ではそうでもないようです。 近年は交通網の発達や若者の車離れなどにより、都心部を中心に運転免許の取得率が低下しています。 その影響で、就職、転職の際に運転免許がないと不利とは言えなくなっているようです。 特に原付免許は取得が比較的容易なため、免許があるからといって就職に有利というわけではありません。 ただし、配送業や営業職など車を運転する仕事では必要な場合もあります。 必須とされていることもあるので、募集要項をしっかり確認しておきましょう。 原付免許であっても、履歴書に記載することでマイナスになることはないので、書いておいたほうが良いと言えます。 ただ、ほかにも複数の免許や資格を取得している場合、原付免許が業務に直接結びつかなさそうな時は省略しても構いません。 履歴書には、業務に関係のある資格や、企業から評価されそうなものを優先的に記載しましょう。 <関連記事>• それぞれの免許の略称と正式名称は以下のとおりです。 ・大型…大型自動車免許 ・中型…中型自動車免許 ・準中型…準中型自動車免許 ・普通…普通自動車免許 ・大特…大型特殊自動車免許 ・大自二…大型自動二輪免許 ・普自二…普通自動二輪免許 ・小特…小型特殊自動車免許 ・原付…原動機付自転車免許 ・け引…けん引免許 ・大二…大型自動車第二種免許 ・中二…中型自動車第二種免許 ・普二…普通自動車第二種免許 ・大特二…大型特殊第二種免許 ・け引二…けん引第二種免許 免許証には略称で表記してありますが、履歴書に記載する際は右側の正式名称で書きましょう。 また、平成29年の法改正より前に普通免許を取得している場合、次回の更新から準中型免許に変更されます。 履歴書に記入する前に自分の免許証と運転できる範囲を確認しましょう。 履歴書の書き方が分からない時には、プロに相談をしてみてはいかがでしょうか? ハタラクティブは20代の若年層に特化した就職、転職エージェントです。 書類の添削をはじめ面接対策、カウンセリング、面接の日程調整まで幅広くあなたの就職、転職活動をサポート。 ご利用は無料なので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

次の

原付免許、履歴書への記入

原付 履歴書

履歴書が必要になった場合、バイクの免許を持っていたらどのように記載すればいいのでしょうか。 資格は正式名称を記載してこそ、担当者にしっかりとアピール出来ます。 今回はバイク免許に関する運転免許区分や正式名称の書き方を解説します。 バイクの免許区分について 運転免許における区分とは、日本の公道で自動車や原動機付自転車を運転する際に、公安委員会から受けている3種類の免許を指します。 第一種運転免許とは自動車や原動機付自転車(バイク免許全般)であり、第二種運転免許はバスやタクシー等の旅客自動車や運転代行等の業務で運転する場合に必要な免許です。 仮運転免許は運転免許を取得する人が路上教習するのに必要な免許です。 バイク免許の正式名称と免許証表示や略称 バイクを略称や排気量で呼んでいると、正式名称を忘れることがあるかもしれません。 略称や排気量名だけでなく、正式名称も覚えましょう。 履歴書への記載の仕方と、どのバイクに対応した免許なのかを一覧表にしました。 正式名称 免許証表示 履歴書記載例 略称 原動機付自転車免許 原付 平成〇〇年〇月 原動機付自転車免許 取得 原付・50㏄・原チャリ等 普通自動二輪車免許(小型) 普通二輪は小型二輪に限る 平成〇〇年〇月 普通自動二輪車免許(小型二輪限定)取得 小型バイク・小型二輪 普通自動二輪車免許 普自二 平成〇〇年〇月 普通自動二輪車免許 取得 中免・中型バイク・自動二輪 大型自動二輪車免許 大自二 平成〇〇年〇月 大型自動二輪車免許 取得 大型バイク・大型二輪 AT限定の免許の場合はその旨を記載しましょう。 AT限定と書くと不利なように思われるかもしれませんが、仕事でマニュアルのバイクを使うのでなければ、それほど心配する必要はありません。 等のAT限定免許を持っていたら、堂々と記載しましょう。 物流や配送、運送系の会社に就職するなら免許の種類はしっかりと記載したほうが得です。 また、との2つを持っている場合は、普通二輪だけの記載で問題ありません。 普通免許(四輪)と小型二輪免許の時は両方記載しましょう。 まとめ 就職等に使う履歴書に資格を記載する際、正式名称を間違って記載すると、担当者の心証を悪くする可能性があります。 略称だけでなく、バイク免許の正式名称を覚えて、確実に記載出来るようにしておきましょう。 本記事は、2016年6月16日時点の情報です。 記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

次の

ESや履歴書で“原付”はどう書いたら?

原付 履歴書

原付=原動機付自転車とは? 原付きとは原動機付自転車の略であり、日本の法規における車両区分のひとつです。 道路交通法では50cc以下で、道路運送車両法は125cc以下の原動機を備えた二輪車が該当します。 法規上も条件を満たせば、三輪やあるいは四輪のものもこの区分に該当する場合があります。 昔は、自転車に小型のガソリンエンジンが付けて走っていたモベッドと言う乗り物で呼ばれていたそうです。 今は、オートバイの一種として広く認識しており、原チャリとも言われて人々に馴染み深い言い方をされています。 公道では16歳から免許を取得すれば乗れるように日本の法で定まられています。 しかし高校生から乗れることにより学校での規則は厳しいなど免許を取っても乗れない事が多かったそうです。 また、1970年代後半からヘルメットの着用を義務付けられていなく、事故が多かったそうです。 そのため1986年からヘルメットを着用するように義務付けられました。 気軽な乗り物として一般に受け入れてきましたが、最近では排気ガスの規制によりエンジンを2サイクルから4サイクルに変えてのエンジンを支流とされています。

次の