タニタ 内臓 脂肪 レベル。 レベル1ってやばい?レベル15?内臓脂肪と正しい測り方

【体組成計】 基礎代謝、筋肉レベルとは?

タニタ 内臓 脂肪 レベル

内臓脂肪レベルって何? 最近、「内臓脂肪レベル」っていう言葉を耳にします。 今まで、内臓脂肪はウエスト周りを測ることで大まかな測定をしてきました。 男性ならウエスト85cm以上、女性は95cm以上・・・という風に。 でも最近は、体重計が進化して、体脂肪率や内臓脂肪率、骨密度や身体年齢まで測れるものがあります。 よく聞く内臓脂肪レベルというのは、体重計ではっきりと数値化される、内臓脂肪率のことなんです 有名なメーカーでは、「タニタ」や「オムロン」が出しています。 「体組成計」という呼び方をしています。 体組成とは、体を構成する組成分で、脂肪、筋肉、骨、水分などを言います。 例えば、タニタでは「体重」「体脂肪率」「筋肉量」「推定骨量」「内臓脂肪(レベル)」「基礎代謝」などの測定ができるものを「体組成計」としています。 タニタの体組成計では、内臓脂肪レベルは、1〜30までの数値で表され、以下のように表示されます。 内臓脂肪レベル「9」以下 標準 今のところ心配ありません。 これからもバランスのよい食事や適度な運動を維持しましょう。 内臓脂肪レベル「10~14」 やや過剰 適度な運動を行い、バランスのよい適量の食事を心掛けましょう。 標準を目指して体重と体脂肪をコントロールしてください 内臓脂肪レベル「15」以上 過剰 積極的にカロリーコントロールと運動を行い、減量しましょう。 医学的な診断に関しては医師にご相談ください。 体組成計に乗るだけで、内臓脂肪レベルが分かるなんて、なんとも不思議な感じがしますが、家庭で常に自分の内臓脂肪をチェックできるので、おすすめです。 ダイエットをするにも、まずは自分の現状を知ることが大切です。 そのためにも、内臓脂肪レベルを日々チェックすることが効果的です。 その他、スポーツセンターやフィットネスクラブにも、体脂肪レベルが分かる体組成計があるので、会員になっている人は、そうしたとことで測るものも良いでしょう 年齢による内臓脂肪レベルの違い 内臓脂肪レベルには、年齢ごとの平均値があります。 自分の内臓脂肪レベルが少ないからと言って、油断していてはいけません。 性別と、年齢によって変わってきますので、チェックが必要です。 内臓脂肪レベルは、年齢によって増えてきます。 男性の場合 20代:内臓脂肪レベル6 30代:内臓脂肪レベル8 40代:内臓脂肪レベル9 50代:内臓脂肪レベル10 60~:内臓脂肪レベル12 女性の場合 20代:内臓脂肪レベル3 30代:内臓脂肪レベル5 40代:内臓脂肪レベル4 50代:内臓脂肪レベル7 60代以上 内臓脂肪レベル6.5 という感じになります。 まとめ 内臓脂肪レベルとは、体組成計で測定できる内臓脂肪率の数値レベルのこと。 年齢によって、体脂肪レベルの平均値が違う。 内臓脂肪レベルを数値で知ることで、ダイエット計画が立てやすくなる。 体組成計・体脂肪計で人気なのが、やはりタニタです。 タニタの公式オンラインショップで買えますので、興味のある人はご覧ください。 内臓脂肪が気になる人に、防風通聖散という漢方薬があります。 防風通聖散は、本当に脂肪を落としてくれるのか気になる人は、こちらの記事もご覧ください。

次の

内臓脂肪レベルの男女・年齢別の平均&内臓脂肪を確実に減らす6つの方法

タニタ 内臓 脂肪 レベル

今回の記事は、やなどの体組成計を始めとする体脂肪率が測定できる体重計を持っている、もしくは健康診断で数値が出たInbodyなどで計測した方向けのものです。 とはいえ、自分がどの程度の肥満度なのかは鏡を見ればなんとなくわかると思うので、やばいなと思っている方も最後までお読みいただけます。 この記事では 「自分の数値ってどのくらい危険なんだろう」「内臓脂肪ってどこからがまずいの? 」「運動しろ、食事制限しろと言われるけど、何したらいいかわからないよ」という疑問を解決していきましょう。 数値のレベル別にすべきことも書いているので、読んだら早速実践できますよ。 それでは詳しく解説してきます。 ですが、もし筋肉量が少なかったり、暴飲暴食を繰り返す生活リズムなら気をつけましょう。 内臓脂肪はすぐに溜まりますよ。 現時点で特別な対策はする必要がありませんが、食事には気をつけておくべきでしょう。 食べ過ぎ、飲みすぎには注意ですね。 この辺りから体型だけではなく「病気」のことも視野に入れて対策をしていきましょう。 この調子で脂肪が増えれば、動脈硬化や高血圧を始めとする生活習慣病にかかるリスクも上昇します。 そうなってしまう前に少しずつ食事と運動に気をつけなければなりません。 もはや身体のどこかが病気になっていることを疑いながら生活すべきでしょう。 体重が重ければ各関節に負担がかかり、そのうち痛みが出てきてしまいます。 血圧が徐々に上がり始めていることでしょう。 普段歩いていますか? 暴飲暴食はしていませんか? ここらで一回生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。 行動に移しましょう。 もう既に「肥満」や「メタボ」と言われる体型になって、あなた自身どうにかしなくてはと悩んでいるのではないでしょうか。 入院する前に医者で検査を受けるか、今すぐ対策を練って改善に取り組みましょう。

次の

体組成計の測定項目の見かたについて|健康のつくりかた|タニタ

タニタ 内臓 脂肪 レベル

内臓脂肪レベルとは? 男性の平均値は、どの位? 男性が気にしている体脂肪のうち、 内臓の周りについているものを 「内臓脂肪」といいます。 内臓脂肪は、血中に脂肪を増やし、 脂質異常症 血液中に含まれる脂質が 過剰、もしくは不足している状態を いいます。 2007年7月に、 高脂血症という病名から、 脂質異常症に改名されました を突然発症させたり インスリンの働きの妨げをして 糖尿病の原因になるなど生活習慣病と 関わりが深い事が分かっています。 「内臓脂肪レベル」と目安 内臓脂肪レベルは、内臓の面積の大小を データに基づいてレベル化した物です。 ご自分の内臓脂肪レベルが平均内に 収まっているのかをチェックします。 やや高めなのか?高いのか?を 確認しましょう。 標準-1〜9 やや高い-10〜14 高い-15〜30 大体の目安です 男性の平均内臓脂肪レベル 20代-レベル6 30代-レベル8 40代-レベル9 50代-レベル10 60代-レベル12 いかがでしたか?1〜9内でしたら 内臓脂肪は比較的多くないので 健康に悪い影響は無いと考えられます。 10〜14でしたら、軽い運動と 食事制限をしっかり行っていれば 次第に標準値まで下がります。 15〜30と高い方は、そのままに しておくと危険ですから、 できる限りカロリー制限を行って ダイエットを一生懸命頑張る必要が あります。 しかし、内臓脂肪というのは、とても 燃えやすい為、皮下脂肪とは違い 少し有酸素運動と食事制限を行えば 結果が出ます。 見えない場所に、いつのまにかついて しまうのが内臓脂肪の悪い点です。 男性のポッコリお腹のように、 見える場所であれば 気になったりしますが 見えない場所につくので見落として しまいます。 実は、内臓脂肪の落とし方はそれほど 難しくはありません。 どちらかといえば簡単に落とす事が できる場所ですね。 内臓脂肪レベルが高いと、健康を 損なう可能性が高くなりやすいので ご自分で意識して下さい。 サラリーマンの場合は、職場の 健康診断で内臓脂肪レベル 計測しますか? また、身体の状態を知っておく為に 体重体組成計といって、体重、 体脂肪率、内臓脂肪レベル、 皮下脂肪率、基礎代謝が測れる 優れたスケールがあります! スポンサード・リンク 内臓脂肪レベルが高いと 生活習慣病などの病気になる? 男性の方の中でも、 見た目は太っていない方やポッコリ お腹が出て、世間でいう「メタボ」の 方で生活習慣病の疑いがある時は 内臓の周りに脂肪がたまっている 可能性がありますから、内臓脂肪には 病気の危険がありますね。 生活習慣病とは? 食事、運動、ストレス、喫煙、 飲酒など普段の生活習慣が 発症、進行に深く関係する病気の 総称を生活習慣病と言います。 内臓脂肪レベルが高い場合には 次のような事柄が心配されます。 内臓脂肪には生理的活性物質 神経伝達 物質、オータコイド、ホルモン が 存在しています。 この影響で「脂質異常症」「高血圧症」 「糖尿病」「ガン」などの原因に 繋がってしまいます。 もっと重症になると「動脈硬化」に なって「心筋梗塞」「脳梗塞」に かかりやすくなってしまいます。 更に悪化すると他の病気との 合併症などが起こる場合もあります。 内臓脂肪レベルが高い男性は病気に ならないうちに食生活を変えて、 空腹時に運動して下さい! 病気になった場合、生活への支障は? 内臓脂肪レベルが高くて生活習慣病に なると恐ろしい事になります。 日頃の習慣が、少しずつ身体へ悪い 影響を及ぼして、気がついたら死に 繫がる病気です。 死まで至らなくても、 身体機能が不自由になり、 普段の生活で困る事があったり、 介護が必要になる場合もあります。 動脈硬化が進行して発症した病気は 命に関わる危ない病気を起こす 場合もあります。 男性も女性も「メタボ」の方は そのまま放置しておくと いつか何らかの病気に進行します。 病院での治療は辛いでしょう。 まとめ 生活習慣病は成人病と呼ばれていたのが 改正されたそうです。 自分の内臓脂肪レベルが 知りたいですね。 不規則な生活を改善して 病気にならないようにしましょう!.

次の