田中節三 バナナジュース。 JR岡山駅ユーザー注目!「さんすて岡山」で新たな岡山グルメをテイクアウト!|おか旅

話題沸騰 皮ごと食べられる「奇跡のバナナ」の正体<前編>|日刊ゲンダイDIGITAL

田中節三 バナナジュース

日本人に最も親しまれている果物といえば第一に名前が挙がるのがバナナだろう。 どこの家庭の食卓にも、たいていバナナが置いてあるものだ。 最近そのバナナに皮ごと食べられるという国産の「奇跡のバナナ」が登場、注目を集めているという。 そこで今回は「奇跡のバナナ」を巡る話題を特集してみた。 「もんげー」は岡山県の方言で「ものすごい」という意味だ。 このバナナが「もんげー」と名付けられた理由はいくつもある。 バナナは年間を通して16~30度の気温がないと育たない熱帯生まれの果物だ。 そのため日本は世界でも有数のバナナ消費国ながら、葉が成長しても果実がならないなど日本の環境はバナナの栽培に適さないのが常識であり、国内消費量の99%、年間約100万トンがフィリピン、エクアドルなどから輸入されている。 つまり、日本国内、それも冬には0度以下の気温になることも珍しくない岡山県でバナナが栽培されていること自体が「もんげー」なのだ。 さらに、味そのものも普通のバナナとは大きく異なっている。 「もんげーバナナ」の場合、糖度が25度以上。 この数値は普通のバナナの約1. 5倍で、ねっとり濃厚な甘さが楽しめるというわけである。 しかも「もんげーバナナ」は無農薬で育てられ、皮が薄くてえぐみがないので、皮をむかずにそのまま食べられるというから、バナナの常識を覆す「もんげー」なバナナだ。 「もんげーバナナ」には栽培する側にとっても見逃せないメリットがある。 それは生育のスピードだ。 普通のバナナは苗を植えてから実が成るまで1年半もかかる。 ところが「もんげーバナナ」はその2倍の速さで成長。 約9カ月で収穫できるから収益の最大化が期待できる。 40年かかって編み出した「凍結解凍覚醒法」 「もんげーバナナ」は、どうしてそんな数々の「奇跡」を引き起こすことができるのか、「もんげーバナナ」の生みの親D&Tファーム代表・田中節三さんに聞いてみた。 田中さんは農業の専門家でもないのに大のバナナ好きが高じて約40年間、私財を投じてバナナを研究。 2度の破産を経験しながらも諦めず、ついに「もんげーバナナ」を開発したという、こちらも「もんげー」な人だ。 「子供の時に食べた甘くておいしいバナナが、伝染病が流行ったことで日本に入ってこなくなったのです。 大好きだったあのバナナがもう食べられないのかと落ち込んでいた時、だったら自分で作ればいいと思ったのがきっかけですね。 40年かかってしまいましたが、その間、辛いと思ったとか苦労したということは一度もありません。 なぜって、バナナの研究は私にとって事業ではなく楽しい趣味でしたから」 さまざまな試行錯誤の結果、田中さんが確立した日本国内でもバナナが栽培できる方法は「凍結解凍覚醒法」と命名され、特許を取得した。 これはバナナの苗を約180日間かけてマイナス60度までゆっくり冷却。 人工的に苗に氷河期を体験させることで植物本来の遺伝子のチカラを覚醒させようというものだ。 そして、覚醒した苗には耐寒性が備わり、零下というあり得ない環境でもバナナが育つことを可能にしたばかりか病害虫耐性も高まり、無農薬栽培もできるようになった。 「凍結解凍覚醒法はパパイヤ、パイナップル、コーヒー、アボカドなどの作物にも応用でき、すでに一部は栽培が始まっています。 今後はそれらの量産化を図り、日本では栽培できないといわれてきた作物が日本でも採れるようになればいいですね」.

次の

話題沸騰 皮ごと食べられる「奇跡のバナナ」の正体<前編>|日刊ゲンダイDIGITAL

田中節三 バナナジュース

Contents• 谷中銀座商店街の皮ごと食べられる【もんげーバナナ】とは? 皮ごと食べられるバナナは、 田中節三さんという方が開発した 「凍結解凍覚醒法」という方法で生産された 国産新品種のバナナです。 この田中節三さんは、大学の教授でもなく、 農家さんでもないのですが、 「凍結解凍覚醒法」が今や世界で 脚光を浴びているとのことでスゴイんです! 田中節三さんとは? 田中節三さんは1949年、岡山県生まれ。 田中さんが何より好きだったのが 台湾から輸入された甘いバナナ。 ところが、 「パナマ病」と呼ばれる病気の大流行で 1960年代半ばに世界中の食卓から姿を消してしまいました。 数年後、再び外国からバナナが入って くるようになりましたが、そのバナナは 以前とは違う種類のバナナになっていました。 すっかり味が変わっていることに 愕然とした田中節三さんは、 リサイクル事業や海運業の会社を 経営していましたが、 私財を投じて、日本では無理だと言われた バナナの栽培に取り組んできました。 といっても、 1年や2年では出来上がりません。 昔の台湾バナナのような濃厚な味が 安定してできるようになったのは なんと 40数年後!! その間に 投じた私財は5億円ともいわれています。 今では、岡山以外の千葉でも 奇跡のバナナが栽培されていて、 こちらは、 「チーバなな」と名付けられています。 「凍結解凍覚醒法」とは? バナナは熱帯植物なので、 日本では栽培は不可能とされてきました。 田中節三さんは、 田中さんの地元・岡山県に生息する カブトガニやオオサンショウオも 氷河期で絶滅することなく現代まで生き続けている。 という事実から、 「バナナも氷河期を乗り越えてきたのではないか?」 という仮説を立てました。 バナナの栽培は今からおよそ 1万3千年前のインドネシアで始まったのですが、 実はその頃はまだ熱帯ではなく、 日中の気温は12~13度。 夜にはマイナスになるくらい寒かったようです。 それでも絶滅しなかったということは 「バナナには本来、寒さに耐える力があるに違いない。 こうすると 遺伝子情報伝達物質 RNA が変化し、 熱帯植物の性質がリセットされ、 温帯でも育つ性質に変わるのだそうです。 また、 普通のバナナは収穫まで1年半ほどですが、 もんげーバナナはなんとわずか4ヵ月。 これも凍結解凍覚醒法によって RNAが変化したことの影響だそうです。 田中節三さんのスゴイ開発については 本も出版されています! これを読むとどれだけすごいことを やってのけたのかわかりますよ^^ リンク 皮まで食べられる秘密は? 普通のバナナ キャベンディッシュ に比べて、 モンゲーバナナ グロスミッチェル は 皮が薄いんです! また、 農薬を一切使っていないので、 皮まで丸ごと食べられるんです! お子さんにも安心して 食べさせられますね^^ さらに、 普通のバナナの糖度が18度であるのに対し、 もんげーバナナの糖度は25度! とっても甘くて美味しいんです。 「凍結解凍覚醒法」は、 コーヒー、パパイヤ、グァバ、 パイナップル、ライチといった熱帯果樹や コメ、トウモロコシ、大豆、小麦といった 穀類でも栽培できます。 日本や世界の耕作放棄地で栽培できれば、 農家の収入アップや食料不足の改善に 近づくのでは? と注目されています! 谷中銀座商店街の国産バナナ研究所の場所は? 日本初の国産バナナジュース専門店 『スイーツ&ジュース国産バナナ研究所』。 代表は浦山さんと言う方です。 日本の果物の中で1番の消費量を誇るバナナの 実に99. 9%を輸入に頼っていることや、 残りの0. 1%、わずかに国内で生産される バナナの7割は傷モノとして出荷されていないという 現状を知った代表の浦山さんは、 バナナジュースなら外見を気にせず 傷モノでも使用できるのではと思い立ちます。 その結果、 もともとの流通量が少ないので、 発売から1時間ほどで売り切れてしまうという事態に! そこで、 千葉県成田市に新たに生産拠点を増やしたという いきさつがあるほど人気があります! 千葉県成田市で作られている 奇跡のバナナは名称が「チーバなな」となっています。 粘り気が強く味が濃いのが特徴です! 皮ごと食べられる「奇跡のバナナ」は、 フルーツブランド『完熟フルーツ王国』で 販売される予定でただいま準備中です。 岡山県産・千葉県産のいづれも 通販は2019年9月の段階では通販されていませんが、 店舗では購入出来ます。

次の

口コミ一覧 : 田中節三のバナナ

田中節三 バナナジュース

キラキラした宝石のように輝きを放っているのは、季節のフルーツタルトをはじめ、目でも楽しめるスイーツたち。 「フルーツタルトファクトリー Gowdy」(ガウディ)は、遊び心を忘れず、お客様に楽しい気持ちになっていただけるスイーツと空間をお届けしたいとの想いから、2018年に岡山市南区に誕生。 岡山駅には2020年の今回初出店です。 未完成で進化し続けるサグラダ・ファミリアをはじめ数々の遊び心あふれる建築を生み出した、スペインの巨匠ガウディにちなみ名付けられました。 岡山名産の果物、旬のフルーツを使った色鮮やかなスイーツは、丁寧な手仕事を感じる芸術品のよう。 一瞬で心奪われます。 岡山で無農薬のバナナを育てる。 しかも、安定した収穫が見込める。 この方法を開発されたのは、岡山の地で研究を続けられ熱帯の植物を栽培、岡山大学や中国農業大学などで教鞭を執られる田中節三(たなかせつぞう)先生。 バナナなど熱帯、亜熱帯地域に生息する植物も、かつて氷河期には現在の温帯と同程度の気温、環境下で生息していたという事実に基づき発想を得たそうです。 「凍結解凍覚醒法」という、対象作物の種子・成長細胞塊を独自の方法で凍結・解凍させ、極めて速い成長速度と耐寒性の発現により眠っていた遺伝子が機能。 これまで230種類以上の熱帯植物などが、温帯地域で栽培可能になりました。 熱帯ではない地域でも強く育つ苗に生まれ変わり、岡山で育ったバナナを、岡山で食べられるようになったというわけです。 田中先生に直接、次々と研究や製品化を進められているお話を伺い、さらに興味を持ちました。 年中あたたかい温室を作って栽培を試みるだけではなく、苗そのものの「体質」を変える。 まわりの環境ではなく、遺伝子組み換えではなく、植物そのものを強くする方法に、さまざまな可能性を感じます。 「田中節三のバナナジュース」いただいてみました! お店では、バナナの皮あり・なしを選べます。 それもびっくりです。 しかし、本来バナナは皮も食べられるんです。 農薬や化学肥料を使っているために食べない習慣が浸透してしまっている。 田中先生によると、そもそも果物は皮も食べられるものが多い。 無農薬・無化学肥料なので、皮もまるごと食べてもいいのです。 さらに皮には、ぶどうなど他の果物でも言われるようにポリフェノールなど栄養が豊富だそう。 せっかくなので、皮入りのバナナジュースを味わってみました。 バナナ本来の甘みと風味がとっても強いです。 皮とともにジュースになると、バナナの濃厚な甘みに爽やかさが加わり、少し甘さ控えめに感じます。 時々繊維質も感じられ、それがまた美味しかったです。 岡山産バナナを岡山で味わう。 バナナジュース専門店は東京など全国でもみられますが、この地産地消の体験を岡山駅でできるとは驚きです。 この貴重な国産・岡山産バナナと岡山の食材をぜいたくに使用し金箔をあしらった「もんげーバナナロールケーキ」は、桐箱に入った特別な逸品。 贈答品としても話題になっています。 中央官庁からも訪問があったり、近年のメディア紹介例を見ても反響がとても大きいことがわかります。 食糧問題、自給自足の可能性のヒントにもなる画期的な研究は、今では農業界だけでなく日本、そして世界からも注目されているのです。 さんすて岡山店は「田中節三のバナナ」の全国初のアンテナショップとして、バナナそのものも1本から販売され、生命力の強いバナナの葉を使ったサプリメント、美容液など研究開発され店頭にも並んでいます。 この製法で強い品種に生まれかわり、岡山でも育つようになった熱帯の作物。 バナナのほかにも岡山産のコーヒーやパイナップルがお店に並ぶこともあります。 すべて、作物本来の味が濃い自信作とのこと。 岡山で、ご当地・岡山産の熱帯植物のめぐみを体験してみてください。 お土産としても人気なのが、色とりどりのワッフルと焼きドーナツ。 フリュティエのワッフルは柔らかくふわふわ、果肉たっぷりのソースやクリームがサンドされ、まるで「片手で食べられるケーキ」。 ショーケースに並ぶ姿は、綺麗なサンドイッチのような三角スタイルです。 「ご当地ワッフル3点セット」、いちごミルク、チョコレートなど王道の味がそろう「3色セット」など、手頃なサイズで前日のうちに翌朝の朝食に買って行く方もいるそうで、忙しい朝の糖分チャージにもおすすめですね。 贅沢な素材を使った「タン・プル・タン・ドーナツ」は、卵・アーモンドプードル・砂糖を「同割」でミックスした生地をオーブンで焼き上げた逸品。 この配合、わかる人にはわかる、上質なのに良心価格。 日持ちもするので、大勢への差し入れ、お土産に好評です。 贈り物にオーダーが多い、動物モチーフのデコレーションケーキ「おいでよ どうぶつの国」。 まあるい形のライオン、くま、しあわせのしるし・てんとう虫をデザインしたケーキは、毎日数量限定で味もそれぞれ。 和栗とアーモンドたっぷりの「モンブラン・ライオン」、チョコレート大好きなくまさん「ショコラくん」、甘酸っぱいおいしさのお花畑のてんとうむし「フランボアーズ」は、箱を開けた瞬間、子どもたちが わあっと喜んでくれるよう想いをこめて作られています。 ホールケーキでもサイズが手頃なので、赤ちゃんの誕生祝いにケーキと記念撮影したり、大勢で集まるのが難しい時期など少人数でのお祝いにもぴったりなサイズ。 駅前のお店では電車移動でも持ちやすい、少人数用のこちらのケーキがとても好評なのだそうです。 幼い頃から慣れ親しまれている洋菓子、シュークリームとプリン。 皆さまは、どんなタイプが好みですか? かため、柔らかめ、味・・・皆それぞれに好みがわかれる、王道であり奥が深いスイーツですよね。 珍しい製法の「3日間寝かせた熟成プリン」は、生地の状態、焼成、その後寝かせる間にそれぞれ1日かけて丁寧に作られています。 とろけるようななめらかさと、しっかり濃厚なコクが共存。 初めての食感と口溶けで、新感覚でいただけるプリンでした。 人気が高く、売り切れることも多い逸品です。 シュー・ア・ラ・クレーム「ウフ・ウフ」は、特製カスタードとサクッとしたクッキー食感が楽しめます。 自信作という特製クリームは生クリームも効いていて、ずっしり入っています。 サクッとしたシュー皮も中はふんわりと柔らかく、甘さ控えめでしっかりかためのクリームとのバランスが絶妙! 大満足で、今日から私、シュークリームは「フリュティエ派!」になりました。 これまでも「さんすて岡山」で全国のお客様に美味しい珈琲と珈琲に合う一品を届けてきたlittle岡山(リトル岡山)。 岡山に来たからこそ味わえる上質な珈琲が珈琲通に愛されています。 今回リニューアルしたお店は広くなって品揃えも豊富。 さらに美味しさを追求したエスプレッソマシンも導入され、淹れたての珈琲の香りが店内を包みます。 店長のおすすめは、テイクアウトでいただける、季節限定の「生ハニーフロート」!オーダーを受けてから淹れる濃厚エスプレッソと、岡山県北・津山の美甘養蜂園の生はちみつの生ハニーラテに、アイスと追いハチミツを効かせた涼やかな珈琲です。 以前、ライター注目の職人技の特集で「珈琲に入れると味が変化する備前珈琲玉」をご紹介しましたが(記事は以下リンク参照)、little岡山にはほかにも、珈琲にまつわる上質で粋な逸品がたくさん。 暮らしと珈琲をさらに豊かに彩ってくれます。

次の