韓国 フッ素。 韓国経済、【国産化成功とは何だったのか】韓国のフッ化水素、日本からの8月の輸入量がゼロに 代わりに台湾の輸入量が6倍に増加

高純度のフッ化水素を韓国がつくれない理由とは?

韓国 フッ素

日本政府、韓国へのフッ素製品 フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素 の輸出制限へ 日本政府が韓国へのフッ素製品 フッ化ポリイミド、レジスト、エッチングガス の輸出を制限するそうです。 この件について、質問箱でも質問を受けたのですが、なにか大きく勘違いしている人がいるようなので、とりあえずちょっと纏めておきます。 何もないと思います。 単に手続きが面倒臭くなっただけです。 高純度のフッ素化合物が主に使われるのは、半導体製造過程においてです。 フッ素は昔からガラスのエッチング剤として使われてきましたが、それは現在の半導体製造過程でも同じことなんです。 現在使われている半導体の多くはシリコンウェハの上に回路を刻んでいますが、シリコンはSiです。 ガラスと同じなんですね。 というわけで、このエッチングにもフッ素が使われます。 また、フッ素は昔から単離が難しい物質として知られていました。 これは逆に言うと、分子間の結合が強い。 もっというと侵されにくい物質 逆に言うと侵しやすい物質ともいえる ということです。 現在、フッ素化合物は半導体製造装置に多用されていまして、他の薬剤に侵されては困るような部分にはだいたいフッ素樹脂が使われています。 また、近年では有機ELなどにもフッ素は利用されています。 有機ELは簡単に言ってしまえば、半導体に金属をドーピングするのと同じように、樹脂に対してフッ素などをドーピングすることで製造します。 ポリアニリン、ポリアセチレン、ポリピロールなどの有機半導体 つまり、フッ素が無いと半導体も有機ELも作れないわけです。 有機ELは別の方法があるかもしれませんが フッ素製品 フッ化水素・フッ化ポリイミド は日本製品が人気 なお、このフッ素製品ですが、人気なのは日本製品です。 産経新聞によると、フッ化ポリイミドとレジストは日本製が世界の9割、エッチングガスでは7割が日本製だそうです。 銘柄としてはステラケミファやダイキンなど。 非上場なところでは森田化学などでしょうか。 どこも大阪に多いのは、戦前の軍需産業がもとになっていることの影響でしょう。 徴用工訴訟のみせしめに日本政府がフッ素製品 フッ化水素・フッ化ポリイミド の韓国への輸出を制限? で、この日本製品が人気なフッ素製品ですが、日本政府は韓国への輸出制限に乗り出すとのことです。 これは、韓国がいつまでも徴用工訴訟を継続していることが背景にあるそうで、 韓国政府に対して圧力をかける意味で、この制限をするそうです。 ただし、多くの人が勘違いしている点があります。 それは、今回の施策が禁輸ではないということです。 実現しないとみています。 選挙前の若者向け人気取りでしょう。 書類手続きが煩雑になる、というだけの話です。 フッ素製品はその性質上、軍需産業にも転用される可能性のあるものです。 ですから、相手国の企業がちゃんと軍用に転用しないことを確認するための手続きが必要です。 また、軍用に転用されても大丈夫な国には手続き自体を省く処置をとってきています。 その手続きの簡易化措置が外される、というのが今回の報道の本当のところです。 禁輸ではありません。 韓国へのフッ素製品 フッ化水素・フッ化ポリイミド 輸出制限は選挙前の若者向け人気取り? 今回、政府がこの時期に韓国へのフッ素製品輸出制限を言い出したのは、選挙対策だと思います。 徴用工訴訟や慰安婦像設置問題以降、日本では韓国人を毛嫌いする動きが拡大しています。 そうした人々にとって、今回の日本政府の対応は心地いい。 内政の問題はたくさん積みあがっていますが、そうしたものから目を逸らさせ、外交に目を向けさせるのが目的だと思われます。 こうした対応は決して日本だけがやることではなく、トランプ大統領も含め、古くから使い古された為政者側の民心掌握手段です。

次の

【日韓経済戦争】日本の半導体専門家が喝!「韓国は死ぬ気で国産化を図る覚悟があるのか!」ソウル講演が大反響: J

韓国 フッ素

森田化学工業とステラケミファ、この二社が独占的なシェアを持ってる。 ホワイト国から除外された結果、輸出が出来無くなって困ってた筈で、どう対策をしたか? 韓国の現地に合弁式で直接進出して工場を立てるという話になったというネタを見た。 これが本当だとしたら、製造技術は確実にぶっこ抜かれる。 ムンジェインの大言壮語がこれを指して言ってるのかは分から無いにしても、放って置けない話なので、この二社のこれからの動き自体は注視する必要があると思う。 去年の12月になってから大量のフッ化水素輸出許可が下りていて、爆発的に輸出量が増えた。 このフッ化水素を指して言ってる可能性もあるのか無いのか、、、。 兎に角日本はアマちゃんな国だからなあ。 うーむ・・・ 仮に韓国が、新たに高純度フッ化水素の生産力を得たとします。 どう考えても・・・ ・急激行った為の相当高額な開発費の回収 ・新規工場を作った為、その費用の回収 ・日本が持っている特許関連のロイヤリティの支払い その他諸々の費用を回収する為に、韓国産高純度フッ化水素はかなり高額になるとしか思えないのですよね・・ 報道で韓国企業ソウルブレインが高純度フッ化水素を開発をしたと出ていましたが、恐らく関連会社のフェクトだと思われます。 このフェクトは、日本と韓国が共同で作った合弁会社で、今も日本の企業が強い発言権を持っている会社です。 なので、フェクトが利益を上げれば様々な形で日本企業にも利益が入ります。 安くて実績のある日本産高純度フッ化水素が目の前にあるのに、高額で実績が少ない韓国産高純度フッ化水素を使わなくてはいけない韓国企業は相当辛いと思います。 しかも、韓国産と言っても作っているのは日本企業の関連会社だから、利益が日本企業にも流れている・・・それが韓国国民に知られたら、会社がバッシングされるリスクがありますから、韓国企業は政府と国民情緒に振り回されて相当大変だと思います。 国産化と生産は違います 生産にいたるには いくつもの段階があります 1. 研究室のようなところで 生産に成功する 2. それを量産化する技術の開発 人間の手で作り出せても それを生産するには いくつもの技術開発が必要 3. 大量生産の実験 小型機械を作ってみて 小量の生産を始めてみる ここで何度も機械の作り直しなどがある 更に生産するために必要な原材料の確保手段や それらを工場まで輸送する方法の確立 生産されたものの運搬手段などを確立 4. 工場を建てて生産化 韓国は現在、2の段階です これから大量生産のための実験に入ります それが成功してから工場建設用地の確保や 工場への道路建設 工業電圧の電気確保など いろいろ課題をクリアーする必要があります 工場を建設するだけで数年かかります 大量生産ができるようになるには 後5年くらい必要でしょう.

次の

/);`ω´)<国家総動員報 : 韓国「工場完成フッ酸には困らない(ニヤリ」日華化学「作ってないぞ(フッ素系撥水剤」韓国「え?フッ素?」日本「テフロン!」→

韓国 フッ素

325 kPa 1. 13 , 5. 172 MPa F 2 0. 98(ポーリングの値) 第1: 1681. 77 min 0. 64 18 1. 名称 [ ] フランスのが「fluorine」と名付けた。 この名前は(Fluorite)にちなんでいる。 アンペールはその後、「phthorine」に名前を改めた。 の「破壊的な」という語に由来している。 しかしながら、のが「fluorine」を使い続けたため、多くの言語では「fluorine」に由来する名称が定着した。 日本語の「弗素」も、が音訳した弗律阿里涅(フリュオリネ)が由来である。 歴史 [ ] 古くからなどにおいて、フッ素のである蛍石(CaF 2)がとして用いられた。 たとえば、の者はに著書『ベルマヌス( Bermannus, sive de re metallica dialogus)』において、蛍石を炎の中で加熱し、融解させると、融剤として適切であると記している。 には、ドイツの加工業者のハインリッヒ・シュヴァンハルト(Heinrich Schwanhard)が蛍石の酸溶解物にガラスをする作用があることに気づいた。 蛍石にを加えると発生するは、が発見していた。 フランスのは、未知の元素が蛍石(Fluorite)に含まれる可能性から、未発見の新元素に「fluorine」と名付けた。 彼は、との組成がフッ素との違いだけであると主張した。 しかし、フッ化水素の研究は進まなかった。 を発見したも、には至らなかった。 、のが発見したが、という元素発見にきわめて有効な武器をもたらした。 デービーはからの研究を始めると、、、、、、、を次々と単離した。 しかしの実験では、電気分解の結果、漏れ出たフッ素で短時間の中毒に陥ってしまう。 デービーの能力を持ってしてもフッ素は単離できなかった。 単体のフッ素のの高さゆえである。 実験器具自体が破壊されるばかりか、人体に有害なフッ素を分離・保管することもできない。 のクノックス兄弟は実験中に中毒になり、1人は3年間寝たきりになってしまう。 のPaulin Louyetとのジェローム・ニクレも相次いで死亡する。 、ジョージ・ゴアはフッ化水素に電流を流して、水素とフッ素を得たが、即座に爆発的な反応が起きた。 しかし、偶然にもけがひとつなかったという。 ようやく、が単離に成功する。 当時は材料にも工夫があり、(KHF 2)の無水(HF)溶液を用いた。 しかしモアッサンも無傷というわけにはいかず、この実験の過程で片目の視力を失っている。 フッ素単離の功績から、のはモアッサンが獲得した。 翌年、モアッサンは急死しているが、フッ素単離と急死との関係は不明である。 以上のような単離への挑戦の歴史や、反応性の高さから単体のフッ素は自然界に存在しないと考えられてきたが、2012年に鉱物にフッ素分子が含まれていることが確認された。 分布 [ ] 反応性が高いため、天然にはやなどとして存在し、基本的にでは存在しない。 性質 [ ] は4. 0で全元素中でもっとも大きく、中では常に-1のを取る。 は通常、二原子分子の F 2として存在する。 常温常圧では淡黄褐色で特有の臭い(のようとも、きな臭いとも称される)を持つ。 非常に強い作用があり、猛毒。 11(沸点時、空気を1とする)。 反応性がきわめて高く、と以外のほとんどの単体元素をして、化合物()を作る。 ガラスやさえも侵すため、その性質上、単体で保存することは実質的に不可能である。 もっぱら単体よりも穏やかな化合物の状態で保存され、容器には化合物であっても侵されにくい製の瓶や、コーティングされた容器が用いられる。 単体はフッ化水素(HF)を電解するか、フッ化水素カリウム(KHF 2)を電解することで得られる。 人体への影響 [ ] 必須のひとつであると主張する学術団体 [ ]がある。 欠乏と過剰になる量の範囲が狭い(を参照)。 フッ素のは、国外では製品化されているが、日本国内での製品化は難しいと主張されることもある。 おもな摂取源は飲料水と動物の骨などである。 フッ素の過剰摂取は骨硬化症、脂質代謝障害、糖質代謝障害と関連がある(を参照)。 フッ素の化学反応 [ ] フッ素の単体は酸化力が強く、ほとんどすべての元素と反応する。 水素とは、光なしでは高温下で反応、光の存在下では室温で反応し、フッ化水素(HF)を生成する。 水素とフッ素、1対1の混合物を燃焼させると、4,300程度に達する。 とは放電により(O 2F 2)を生じ、とは放電により、O 3F 2が得られる。 (、、)とは(、、)を生成する。 と反応させるとフッ化水素(HF)、酸素(O 2)と一部(O 3)を生成する。 水溶液と反応して、OF 2を生じる。 とは反応しないが、と直接反応させると、(NF 3)を生成する。 はフッ素雰囲気下で燃焼し、(CF 4)を生成する。 アモルファス(SiO 2)はフッ素雰囲気下で燃焼し、(SiF 4)と酸素(O 2)になる。 の単体とは爆発的に反応する(モアッサンが単離したフッ素の確認に用いたのはこの反応であった)。 などとは即座に反応する。 ほかの金属も室温から比較的低温で反応する。 、、は、表面に(CuF 2)などのを形成するため、比較的しにくい。 とは加熱あるいは光存在下に反応し、(XeF 2)を生じる。 とは光存在下に反応し(KrF 2)を生成する。 とはハロゲン間化合物を生成し、(ClF、ClF 3)、(BrF、、BrF 5)、(IF 5、IF 7)などが知られている。 89()で、ほかの族元素に比べて非常に高い値である。 21Vより高いため、ほかのハロゲン化物塩水溶液と異なり、フッ化物塩の水溶液をしてもフッ素の単体は得られず、酸素が発生する。 用途 [ ] その性質上、フッ素を単体で使う場面は少なく、(CaF 2)と(H 2SO 4)から生成するフッ化水素(HF)を介して利用されることが多い。 ( 235U)濃縮のため、揮発性の高い(UF 6)を製造する目的で単体フッ素が利用されることは、特筆すべき事柄である。 フッ素を添加したやは、・性の薬品や摩耗などに対して耐久性が高まるため、製造装置や自動車などの・部材に使われる。 フッ素の化合物は、一般にきわめて安定しており、長期間変質しないという特徴を持つ。 この性質は環境中で分解されにくく、いつまでも残存するということを意味しており、その使用には注意が必要である。 も参照 エキシマレーザー [ ] の媒体としてフッ素ガスとの混合ガスが用いられる。 たとえば半導体のに用いられるArFレーザーがその代表である。 配管にはフッ素との反応でを形成することにより、それ以上腐食が進行しにくいなどが用いられる。 さらにガス漏洩時には迅速にが遮断されるような安全装置も組み込まれている。 歯科 [ ] の表面処理に有効であり、や歯科治療に使われるほか、などに混入する国がある。 屈折率の制御 [ ] フッ素にはガラスのを低下させる働きがあるため、などの分野において、その屈折率制御にフッ素が使われている。 ロケット [ ] 単体のフッ素やClF 5などの化合物はのとして、1950 - 1970年ごろにかけ(NASA)を含むいくつかの機関で検討されたことがある。 たとえばでは、の代わりに液体酸素-液体フッ素の混合物(フッ素を70パーセント含むFLOX-70や、同30パーセント含むFLOX-30など)をのエンジンを用いて試験しており 、でも同様の実験が行われていた。 これはフッ素をとして使用した場合のが酸素を用いた場合を上回るためであったが、性能向上がわずかであったのに対し、フッ素のやに伴う危険性ゆえに取り扱い上の困難が非常に大きく、結局ロケット燃料としての利用に関しては断念されることとなった。 クリーニング [ ] やの製造装置の反応管、ボート、石英ノズルなどに発生する副生成物を除去するためのクリーニングガスとしてフッ素ガスが使われている。 フッ素の化合物 [ ] 詳細は「」を参照 フッ素の化合物は フッ化物と呼ばれる。 金属のフッ化物 [ ]• (AlF 3)• (CaF 2)• - フッ化カルシウムの鉱石• (NaF)• - 六フッ化アルミニウムナトリウム(Na 3AlF 6)の鉱石• (UF 6) 非金属のフッ化物 [ ]• (HF)• (CF 4)• (SF 4)• (SF 6)• フッ化キセノン• (XeF 2)• (XeF 4)• (XeF 6)• (XePtF 6)• (HArF) フッ素のオキソ酸 [ ] フッ素のは慣用名をもつ。 次にそれらを挙げる。 オキソ酸塩名称の '-' には種の名称が入る。 存在しにくい できない 化合物 [ ] フッ素はとと結合しない。 また、、がフッ素と反応しにくいことが解っている。 それ以降の元素については、あまり解っていない。 その他 [ ]• Storer, Frank Humphreys 1864. First outlines of a dictionary of solubilities of chemical substances. Cambridge. 278—280• 周期表• [ ] 時事ドットコム 2012年7月6日• 『日本経済新聞』電子版(2018年8月9日)2018年9月19日閲覧。 『日本経済新聞』朝刊2018年9月4日(2018年9月19日閲覧)。 ら編、「フッ素」、『岩波理化学辞典』、第5版CD-ROM版、岩波書店、1999年• Clark, Ignition! : An informal history of liquid rocket propellants, Rutgers University Press, 1972. Krieger, "The Russian Literature on Rocket Propellant", The Rand Corporation, 1960. Sutton and "O. Biblarz, Rocket Propulsion Elements 8th Ed. ", Wiley, 2011. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 外部リンク [ ] に関連の辞書項目があります。

次の