国民 健康 栄養 調査 平成 30 年。 国民健康・栄養調査|厚生労働省

国民健康・栄養調査で日本人の栄養状態がわかる

国民 健康 栄養 調査 平成 30 年

統計データを探す• 50音から探す• 50音から探す• 50音から探す• 統計データの活用• 統計データの高度利用• 統計関連情報• リンク集• ・「政府統計」…政府統計名、政府統計の説明 統計概要• ・「データセット」…個別のファイル、データベースの内容• ・「提供分類、表題を検索」• …提供分類や表題といったメタ情報 付属情報 を検索します。 ・「データベース、ファイル内を検索」• …集計項目や項目解説といったデータリソースを検索します。 ・「空白」または「and」…すべてのキーワードを含むページが検索されます。 ・「or」…いずれかのキーワードを含むページが検索されます。 ・「-」…キーワードを含むページが検索対象から除外されます。 ・半角括弧「 」…括弧内の検索条件を優先します。 (なお「and」,「or」を指定するときは前後に空白が必要です。 「-」を指定するときは前に空白が必要です。 ・例 国勢調査 and 人口.

次の

国民健康・栄養調査 平成30年国民健康・栄養調査

国民 健康 栄養 調査 平成 30 年

厚生労働省は14日、平成30年「国民健康・栄養調査」結果の概要を公表した。 今回の調査では、世帯所得と生活習慣の関連が重点項目として調査された。 その結果、世帯所得が低いカテゴリーでは、摂取エネルギー量が低く、栄養バランスの良い食事をしている割合が低く、平均歩数が少なく、健診受診者率が低いことなどが明らかになった。 また、加熱式タバコの使用状況について初めて調査が行われた。 主な結果を2回に分けて紹介する。 栄養・食生活に関する状況 ~ 20代女性のカルシウム摂取量は384mg 1日あたりの平均摂取量• 1日あたり平均摂取エネルギー量は、ちょうど1,900kcalだった(男性2,120kcal、女性1,704kcal)。 食塩は10. 1g(男性11. 0g、女性9. 3g)で、この10年間いずれも有意に減少している(平成21年は男性11. 9g、女性11. 8g)。 年齢階級別では男女とも60代で最も多く、男性11. 6g、女性9. なお、健康日本21(第二次)の目標は8g。 野菜摂取量は281. 4g(男性290. 9g、女性273. 3g)で、この10年間有意な変化はない。 年齢階級別では男女ともに20~40代で少なく、60歳以上で多い。 なお、健康日本21(第二次)の目標は350g。 カルシウム摂取量は505mg(男性514mg、女性497mg)。 20代の女性は384mgと極めて少ない。 食品の選択基準• 食品を選択する際に重視する点は、男女ともに「おいしさ」が多く、男性の74. 4%、女性では77. 性別による違いが大きい項目は、栄養価、季節感・旬、安全性、鮮度、価格で、いずれも女性のほうが重視している。 主食、主菜、副菜を組み合わせた食事を1日2回以上食べることが、「ほとんど毎日」なのは、男性45. 4%、女性49. いすれも若い世代ほどその割合が低い。 主食、主菜、副菜の3つを組み合わせて食べることができない理由は、男女ともに「手間がかかる」が最も多い。 身体活動・運動、睡眠に関する状況 ~ 運動習慣のある女性の割合が10年で有意に減少 運動習慣のある人の割合 運動習慣のある(1回30分以上の運動を週2回以上実施し、1年以上継続している)者の割合は、男性31. 8%、女性25. この10年間で男性は有意な変化はなく、女性は有意に減少している。 年齢階級別にみると男女ともに20代で最も低く、それぞれ17. 6%、7. なお、健康日本21(第二次)の目標は、20~64歳の男性36%、女性33%、65歳以上の男性58%、女性48%。 (出典:厚生労働省) 1日あたりの平均歩数 男性は6,794歩、女性は5,942歩で、この10年間いずれも有意な変化はない。 なお、健康日本21(第二次)の目標は、20~64歳の男性9,000歩、女性8,500歩、65歳以上の男性7,000歩、女性6,000歩。 1日あたりの平均睡眠時間等 睡眠時間は6時間以上7時間未満の割合が最も高く、男性34. 5%、女性34. 6時間未満の割合は、男性36. 1%、女性39. 6%であり、男性の30~50代と女性の40~60代では4割を超えていた。 直近の1カ月間、睡眠で休養が十分とれていない者の割合は21. 7%であり、この10年間で有意に増加している。 関連情報 関連記事•

次の

平成30年「国民健康・栄養調査」の結果

国民 健康 栄養 調査 平成 30 年

厚生労働省が14日に公表した平成30年「国民健康・栄養調査」の主な結果を2回に分けて紹介している。 2回目は身体状況や生活習慣病、今回の調査の重点項目である所得と生活習慣の関連などを取り上げる。 身体状況と生活習慣病の状況 ~ 血圧高値の割合が10年で有意に減少 肥満またはやせ、低栄養傾向の頻度 肥満者(BMI25以上)の割合は男性32. 2%、女性21. 9%、やせ(BMI18. 5未満)の割合は男性3. 7%、女性11. 2%であり、この10年間いずれも有意な変化はない。 20代女性ではやせの割合が19. 8%と、ほぼ2割を占める。 なお、健康日本21(第二次)における肥満者の割合の目標は、20~60代男性で28%(今回の調査では33. 6%)、40~60代女性で19%(同22. 0%)。 65歳以上の高齢者の低栄養傾向(BMI20以下)の割合は15. 8%(男性10. 3%、女性20. 3%)であり、この10年間有意な変化はない。 糖尿病や高血圧の頻度 糖尿病が強く疑われる者の割合は男性18. 7%、女性9. 3%で、この10年間男女とも有意な変化はない。 年齢階級別にみると、年齢が高い層でその割合が高い。 収縮期血圧の平均値は男性134. 7mmHg、女性127. 9mmHg で、この10年間で男女とも有意に低下している。 収縮期血圧が140mmHg以上で高血圧に該当する者の割合は男性36. 2%、女性26. 0%で、これもこの10年間で男女とも有意に減少している。 所得と生活習慣・食生活の関連 ~ 所得の違いによる健康への影響が明らかに 今回の調査では重点項目として、世帯所得と生活習慣、食生活の関連を調査している。 なお、世帯所得は4つのカテゴリーに分けられており、その分類と割合は以下のとおり。 年間世帯所得200万円未満21. 1%、200~400万円未満31. 5%、400~600万円未満19. 9%、600万円以上27. 所得と生活習慣などの関係• 野菜摂取量は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、400万円未満の男性は有意に少ない。 果物摂取量が100g未満の者の割合は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、200万円未満の女性で有意に高い。 歩数の平均は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、200万円未満の男性、および600万円未満の女性で有意に少ない。 現喫煙者の割合は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、400万円未満の男性、および200万円未満の女性で有意に高い。 睡眠による休養が十分にとれていない者の割合は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、200万円未満の女性で有意に高い。 健診未受診者の割合は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、600万円未満では男女ともに有意に高い。 歯の本数が20本未満の割合は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、600万円未満の男性、および400万円未満の女性で有意に高い。 所得と食生活の関連• 食品を選択する際に「おいしさ」、「栄養価」、「季節感・旬」を重視すると回答した者の割合は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、200万円未満では男女ともに有意に低い。 主食、主菜、副菜を組み合わせた食事を1日2回以上食べる頻度が「ほとんど毎日」と回答した者の割合は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、200万円未満では男女ともに有意に低い。 反対に、「ほとんどない」と回答した者の割合は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、200万円未満では男女ともに有意に高い。 主食、主菜、副菜を組み合わせた食事の頻度が週5日以下と回答した者において、主食、主菜、副菜を組み合わせて食べることがバランスの良い食事であることを知っている者の割合は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、200万円未満の男性で有意に低い。 バランスの良い食事ができない理由として「食費の余裕がない」と回答した者の割合は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、200万円未満では男女ともに有意に高い。 肉類、乳類の摂取量は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、200万円未満では男女ともに有意に少ない。 エネルギー摂取量は、世帯所得が600万円以上の世帯員に比較して、200万円未満では男女ともに有意に少ない。

次の