天ぷら ポルトガル 語。 天ぷらの歴史

ピンキリ/天ぷら/かぼちゃの語源とは?ポルトガル語から日本語へ!

天ぷら ポルトガル 語

テンポラという言葉は、四季の斎日という意味がありますよ。 キリスト今日の行事に季節の始めは肉を食べることが禁じられている行事があるので肉以外のものに小麦粉の衣を付けて揚げていたからという話があります。 テンペロという言葉は、料理や調味料という意味がありますよ。 単純にポルトガルから伝わった料理だからポルトガル語の料理という単語を当てはめてみたということです。 単純に油を使う料理なのであぶらと呼んでいたという話があります。 その油(あぶら)という言葉を漢字に変えて「天麩羅」と書いていたところ読み方が途中で変わってしまい、てんぷらになったという説があります。 天ぷらの語源や由来について紹介をしました。 ほかの言葉の由来や語源についても気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。 日本に天ぷらを伝えたのはポルトガル人ですが、起源はペルシアで食されていた揚げた魚に酢をかけて食べる料理であるという説がありますよ。 そのレシピがポルトガルで食べられるようになったことにより、ポルトガル人では当たり前の料理になったそうです。 今では、色々な食材を揚げて料理しますが起源は魚の揚げ物でした。 種子島に来航して伝わったという話は有名ですよね。 歴史の教科書では、鉄砲やキリスト教などが伝えられたと記されています。 そのときに、一緒に伝えられたと言われていますよ。 室町時代の日本では現代のように油を使って料理をする習慣がありませんでした。 さらに、油が高級品であったので天ぷらは高級料理と言われています。 最初は長崎で伝わったことから「長崎天ぷら」とも呼ばれていました。 長崎天ぷらは、水を使わないで小麦粉、酒、卵、塩、砂糖を混ぜ合わせた衣を使って揚げていました。 今とは違い、フリッターのように衣にもしっかりと味が付いている料理でした。 なので、天つゆを使ったり塩を振ったりもせずにそのまま食べていたようです。 室町時代に日本に初上陸した天ぷらは、江戸時代になって初めて庶民も食べることができる料理になりました。 それまで油は高価だったからです。 江戸時代になると油を製造する産業が盛んになったことにより、油が安く手に入るようになったので庶民にも手が届く料理になりましたよ。 江戸時代のスタイルは今と違い屋台で食べるというスタイルでした。 それは、現代と違い揚げるときに煙が多く発生していたからです。 煙が多いと室内で天ぷらを作ることなんてできませんよね。 屋台で食べることが主流であった江戸時代では食事のときに食べるものでなく、おやつなどの間食として食べるものでしたよ。 立ち食い天ぷらというスタイルで提供されていました。 高級品が急に庶民の食べ物になるなんて面白いですよね。 それまでは、江戸を中心に食べられていた料理でした。 でも、関東大震災が発生したことにより屋台をやっていた料理人が日本各地に移り住んで屋台を始めたので日本中に広まったと言われていますよ。 明治時代になってようやく現代のスタイルにだいぶ近づいてきました。 明治時代になって椿油を揚げ油にするようになり、煙がたくさん出てしまうという欠点を抑えることができるようになったのです。 太平洋戦争が勃発したことにより、食糧難が訪れ油を手に入れることが再び難しくなって今いました。 再び油が高級食材になったのです。 そして、庶民の屋台料理から高級料理に戻ってしまいました。 てんぷら粉が発売する前は、自分で小麦粉をなどを混ぜ合わせて衣を作る必要があり面倒でした。 市販の天ぷら粉を使うことで誰でも簡単に衣を作ることができるようになりましたよ。 料理人だけでなく一般の主婦でも気軽に天ぷらを作ることができるようになったのです。 天ぷら粉が発売されたことは、天ぷらが家庭料理として広まった理由の1つでもあるでしょう。 室町時代から比べると随分一般的になりましたよね。 でも、江戸時代の立ち食い天ぷらと比べると高級な料理であると思いませんか? うどんや蕎麦のトッピングとして天ぷらを手軽に食べることもあれば、少し高級な天ぷら料理専門店に行くこともありますよね。 また、簡単に家庭で手作りすることもできます。 天ぷらは、用途や目的に合わせて変化させることができる料理になったといえるでしょう。 日本人にとっては定番の料理になりましたよ。 大きな違いは作り方の違いです。 天ぷらとかき揚げは油で揚げるという製法は同じです。 天麩羅は素材に衣を付けて油で揚げます。 そして、かき揚げは小さく切って混ぜ合わせたものに衣を付けて揚げますよ。 かき揚げの語源は、かき混ぜて揚げるということが由来になっているようです。 どちらもそれぞれの魅力があって美味しいですよね。 東日本では、蕎麦などにトッピングされているような衣が付いた天ぷらを天ぷらと呼びますよね。 西日本でもその天ぷらも天ぷらと呼びますが、練り天のことも天ぷらと呼びます。 西日本で練り天を天ぷらと呼ぶのは、日本に天ぷらが伝わる前から精進料理として食材を揚げて食べていたからです。 そのときは食材を素材のまま揚げるのでなく、すり身などにして揚げていましたよ。 天ぷらにまつわる違いの話を紹介しました。 天ぷらを美味しく食べる方法についても気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。 天ぷらの語源や由来を理解しよう 天ぷらの語源や由来について紹介をしました。 今では日本料理としての地位を確立していますが、室町時代に伝わってきた食べ物なのです。 ポルトガル発祥であることを知らなかった人もいるのではないでしょうか? 天ぷらが庶民に広まった経緯などの歴史から天ぷらの起源や由来まで調べてみると面白いですよね。 ほかにもかき揚げと天ぷらの違いについても知っておきましょう。

次の

天ぷらの由来・起源・歴史や語源・漢字は?実はポルトガル料理?

天ぷら ポルトガル 語

フライ・天ぷらの意味と違いとは 「フライ」や「天ぷら」といった料理は、食卓ではおなじみのものです。 しかし、この2つの違いを説明しようとすると、意外に困ってしまう人も多いのではないでしょうか。 一体これらの言葉は、具体的にどういう意味を指すのでしょう。 今回は、「フライ」と「天ぷら」の意味と違い、使い分け方などについて解説したいと思います。 「フライ」とは 「フライ」とは料理の一種で、魚介類や野菜などの食材に卵白やパン粉をまぶし、食用油で揚げたものを言います。 もしくは、そうした調理法を指します。 「油で揚げる」を意味する英語の「fry」から来た言葉です。 主な「フライ」には、「白身魚のフライ」「イカフライ」「イカリングフライ」「カキフライ」「エビフライ」などがあります。 「フライ」で使用する調理器具は、家庭や小料理店の場合は中華鍋やフライパンが主で、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは、専用のフライヤーが使われます。 「フライ」の調理においては、高温の油で熱された卵白やパン粉が衣となり、きつね色に変化して香ばしい香りを放ちます。 また、食材の水分が蒸発して旨味が凝縮されるとともに、独特のさっくりした食感が出るのも特徴です。 「天ぷら」との違いや使い分け方については、以下で見てみましょう。 「天ぷら」とは 「天ぷら」も料理の一種で、魚介類や野菜等の食材を小麦粉などで包み、油で揚げて調理したものを言います。 主な「天ぷら」の種類には、「海老の天ぷら」「野菜(なす、れんこん、さつまいもなど)の天ぷら」「鶏肉の天ぷら」「魚(キス、メヒカリなど)の天ぷら」「イカの天ぷら」などがあります。 「天ぷら」の語源は定かではありませんが、ポルトガル語で「調味料を加える」を意味する「temperar」に由来するなどの説があります。 「フライ」との違いは、調理の仕方にあります。 「フライ」が卵とパン粉(小麦粉を加える場合も)をつけて揚げるのに対し、「天ぷら」は卵と小麦粉をつけて揚げるようになっています。 この違いを踏まえると、使い分けに便利でしょう。

次の

日本語になったポルトガル語の単語

天ぷら ポルトガル 語

え~!?どれも普通に日本語として使ってるよね!? 【雑学解説】日本語になったポルトガル語 ピンキリ・天ぷら・かぼちゃ ポルトガル語由来のピンキリ・天ぷら・かぼちゃが日本語になった経緯を紹介しよう。 ピンキリの由来 ピンキリは「ピンからキリまで」の略で、「最上のものから最低のものまでいろいろあるさま」を意味する言葉だが、 どこにポルトガル語要素があるのだろうか? じつは 「ピン」がポルトガル語から来ているといわれている。 ポルトガルから入ってきた 「大正かるた」には、札に点が描かれており、 最初の1枚目の札(1点札)のことをピンと呼んだことから 「最初で一番点数が低いもの=ピン」とされている。 そのピンは ポルトガル語で「点」を意味するpinta(ピンタ)に由来するそうだ。 ちなみに、「かるた」って言葉も、ポルトガル語で「カード」を意味する「CARTA」がそのまま日本語になったらしいよ。 一方「キリ」の方には諸説ある。 「限り」を意味する「切り」から、 「大正かるた」の最後の12枚目をキリと呼んだため「キリ=最後で一番点数が高いもの」と意味が転じた説が有力。 また、 十字架を意味するポルトガル語cruz(クルツ)がなまったとする説もある。 その理由は、 十字架が漢字の「十」に似ていることから「10」を意味するようになり、1~10を1つの区切りとして 「1(ピンタ)~10(クルツ)」からピンキリになったというのである。 天ぷらの由来 天ぷらの語源については諸説あるが、語源は 「調理あるいは調味料」を意味するポルトガル語の tempero(テンペーロ)や 「油を使用して固くする」という意味の temperar(テンプラール)、 「金曜日の祭り」を意味する temporras(テンポーラ)だといわれている。

次の