ホクサイ ギア。 【スプラトゥーン2】ホクサイでS+帯を目指すオススメギアと立ち回り!

【スプラトゥーン2】ホクサイ・ヒューの立ち回りとおすすめのギア|ゲームエイト

ホクサイ ギア

こんにちは! ホクサイはフデ武器の一つで同じカテゴリー内のパブロに比べるとブキが重くなった分、振り速度が下がり攻撃力が大幅にアップしました。 バシャバシャすることで前方広範囲にインクを撒き散らすことができ、エイムがあまり合っていなくても飛沫を当てることが出来ます。 その点では初心者にも扱いやすいといえるでしょう。 さらに高台から振り回すことでその塗り性能を最大限に活かせます。 サブは索敵に優れたロボットボム、スペシャルは敵を制圧するのに特化したジェットパックとなっています。 この記事ではそんなホクサイの 基本的な立ち回りとオススメのギアを紹介していこうと思います [ad ad-1] 目次• ホクサイの立ち回り解説 ではさっそくホクサイにおける立ち回り方をお話しますね! ホクサイを使っている方やこれから使おうとしている方はぜひ参考にしてみてください。 フデで叩いてキルを取り、高台から塗りたくる ホクサイは確かに前方の広い範囲に渡って飛沫を飛ばすことでダメージを与えることができるのですが距離によってダメージが安定しない上に28ダメージ〜30後半ダメージ程度と少々物足りません。 しかも射程もあまり長くアリません(ライン約1. 5本分)。 そのためホクサイは フデで敵を殴ってキルを取ります。 積極的に相手の裏側に回って後ろから距離を詰めたり、横から不意打ちをする立ち回りを意識しましょう。 各ステージには必ず複数箇所に相手の裏をとるための道が容易されていますからステージごとにどこから攻めたら良いのか事前に把握しておくと立ち回りやすいです。 また、センプクキルもホクサイが得意とする戦い方です。 高台のすぐ下、ガチホコが通りそうな道、ヤグラ回りみたいな敵が集まりやすい場所等に息をこらしてセンプクしておくと非常にキルがしやすいのでオススメです。 危なくなったらZR長押しで逃げましょう。 ホクサイが飛ばす飛沫は範囲と一粒の大きさに優れ抜群の塗り性能を持ちます。 ひらけた場所でバシャバシャするのもいいですが、高台となっている場所から振り回すと射程以上の範囲を塗ることができ優れた塗り性能を最大限に活かす事が可能です。 特に敵インクが広がっている場所などに向かって塗るとそれだけでセンプクしていた敵の索敵ができたり、思わぬキルを取ることが出来ます。 また平面で塗る場合はジャンプしながら塗ると若干射程が伸びます。 唯一の欠点としてはZRボタンを連打しなくちゃならないので右指が痛くなることですねw ロボットボムとジェットパックを使いこなす 今作から登場した新しいサブであるロボットボムは投げて接地した点から一定の距離に敵がいる場合、自動追尾を行って十分近づいたところで爆発するという優れものです。 インク消費量こそ多いものの適当に投げておくだけでも強く、 射程の短いホクサイに非常に噛み合ったサブとなっています。 使い道は幅広く、敵インクに投げて索敵したり、見えているけど届かない敵に向かって投げて牽制したり、高台にいるチャージャーに向かって無理やり動かしたりととりあえず投げておいて損することはありません!(その場で爆発した場合は敵が近くに居なくて安全という事がわかりましね!) また特殊な使い方としてはガチホコバトルでの初動のホコ割り時にホコの向こう側に投げる、という使用法です。 ガチホコの初動はお互いホコバリアを割るべくインクのかけあい合戦が始まります。 そうした中ロボットボムが放り込まれると相手はボムでやられるのを避けるためにバリアから遠ざかる終えなくなり、ホコ割りを有利にすすめることができるのです!この使い方は個人的に超オススメです。 そしてスペシャルは今作最強とも言われている ジェットパックです。 一定時間直下の床の高さに対して一定の距離を保って浮きつつ、強力な攻撃を加えることが出来ます。 一発一発の攻撃の範囲が広く、爆風でダメージを与えることも出来ますが、連射が遅く、爆風も50ダメージな上に爆風ダメージ軽減ギアを積まれると簡単に確3発になってしまいます。 これでキルを狙う時はしっかりエイムを合わせてできるだけ直撃で仕留めると良いでしょう。 ジェットパックは打開、制圧どちらでも優秀です。 ただし単独で使用するのはあまり上手な使い方とは言えず、味方の動きに合わせて使っていくと、ジェットパックに霧中になっている相手の隙を突いて味方が倒す、等といった連携も可能になるためより高い効果が得られます。 注意点としては 慣れるまで操作が難しい点です。 床の高さが変われば浮遊する高さも変わるためジェットパックは常に揺れ動きながらの操作になりかねません。 そのためエイムをしっかり合わせるためには練習が必要です。 また、浮くといってもローラーの縦振りがしっかり当たる高さですので、早めに狙った敵を倒さないと逆に撃ち落とされてしまいます。 注意しましょう。 [ad ad-2] ホクサイにおすすめのギア ホクサイにオススメしたいギアは以下の通り。 メインインク効率アップ ホクサイはびっくりするほど燃費が悪く振り回して塗っているだけですぐにインク切れを起こしてしまいます。 インクはホクサイの生命線ですので(ZR長押しで移動するときもインクが必要)、メイン効率ギアは必須です。 相手インク影響軽減 敵に接近するので自然と相手インクを踏む機会が増えます。 今作では少し踏むだけでも全く動けなくなるほど足が取られますので、前線で戦うブキには必須でしょう。 それでも動きにくさは目立つので思い切って切るのもアリです。 積むなら 1. 0 が絶対オススメ。 それ以上は積んでも効果の伸びが薄く、それ以下では全然効果がありません。 イカニンジャ イカダッシュ時の移動速度が約0. 9倍になる代わりに波を消すギアです。 イカダッシュのステルス性能が高くなりそれだけで敵に近づきやすくなるのでオススメ。 相手から逃げるときにも役に立ちます。 イカダッシュ速度アップ 説明不要の万能ギア。 攻守ともに優れます。 イカニンジャで遅くなった分だけ積むのもアリ、これ単独で積むのもアリです。 オススメは 1. 3or2. まとめ ホクサイは攻撃力に優れ、ZR長押しで敵インクの中でも素早く移動できる機動性を兼ね備えた近距離型のブキとなっています。 ある程度の距離まではインクを飛ばすことができるのですが、基本的には相手に密着してフデで直接叩く戦い方を心がけます。 そのために裏とりをルートを全てのステージでしっかり抑え相手の目を盗んで近づく立ち回りが大切です。 優勢時には相手が自然と寄ってきそうな場所でセンプクして近づいてきたらキルを取るのも大変有効です。 スペシャルはジェットパックで相手がどこにいるかしっかり確認した上で発動させると良いです。 発動する場所に注意しましょう。 ではでは!あなたもこれを機会にホクサイを使ってみてはいかがでしょうか?.

次の

スプラトゥーン

ホクサイ ギア

ホクサイはゼロ距離2発でキルできますが、果敢に接近して2発振って帰るというのは容易なことではありません。 主に中距離で振りまくる戦い方になると思います。 その場合、しぶきで相手を倒さなければなりません。 ホクサイの特徴はビーコンが使えるところですね。 復活したらビーコンのところに飛んでまたビーコンを置き、すぐに攻めに行けます。 スーパージャンプ短縮はメイン1、サブ2くらいにしないと大して早くならないので、あまり積む必要はありません。 サブに1つで1秒の半分ないくらい おすすめは、攻撃力up、復活時間短縮、イカ移動速度UPくらいですね。 イカ移動はつけなくてもいいですが、ダイオウイカ時に早く移動できるように、です。 つけなくても構いません。 メインのギアはかなり強力なので、考えて選んだ方がいいですね。 知ってるかもしれませんが、付きやすいギアはブランドによって決まっています。 バトロイカ・・・攻撃力UP ホタックス・・・復活時間短縮 アイロニック・・・スーパージャンプ短縮、付きにくい・・・復活時間短縮 など。 最終的には人の意見より自分の意見です。 自分が良いと思ったギアにすればそれが一番良いものになります あくまでも、参考までに。

次の

【ホクサイ (筆) で勝つ】為の立ち回り+オススメギア|Splatoon

ホクサイ ギア

塗り射程(2. 6)と安定してダメージを与えられるダメージ射程(1. 8)に差があるため射程の把握には慣れが必要です。 ダメージ射程が短いため、射程を見誤ると相手は後ろに下がりながら撃って射程とキルタイムで対応されてしまいます。 高台からのバシャバシャは威圧感がありますがダメージ減衰の影響を受けやすくちょっとした高台でジャンプ振りをしていると「あれ? 倒せてないの!?」といったこともよく起こります。 もともとのキルタイムが早くないので他の敵からカバーが入ってしまうことがあります。 インク効率が悪い• 敵を倒す速度が遅い• ダメージ射程の把握が難しい CHECK! ZR連打で筆を振り回し、広範囲にインクを撒き散らせ、ZR長押し+移動で、細いローラーで塗り進めることができます。 瞬間的な周囲への塗りは強いですが、インク効率が悪いので周囲を確認せずにバシャバシャと使うと的に場所がバレやすく、対面時にインク切れになることがあるので注意。 サブのロボットボムもインク消費が大きいので、インク管理が難しいです。 相手を倒し切るのに時間がかかるため、他の敵からのカバーに入られやすいので倒したら塗り進みで移動して立て直すなどの状況確認が大切です。 自分よりも射程の短いブキ ホクサイよりもキルタイムが遅いブキ 撃ち合いの目安 ポジションを無視した平面で撃ち合いでは射程とキルタイムの差が撃ち合いの有利不利に繋がります。 射程の差に関してはどれも、ぎりぎりダメージ入る射程で、カーボンローラーは横振りで比較しています。 なのでホクサイの3確を維持するための射程となるとカーボンローラーの1確範囲よりわずかに勝っている程度です。 さらに、連打速度やジャンプ振りなどでダメージ量やキルタイムが変化してきます。 スロッシャーよりも基本的には早いですが、シェルターの場合はカサでガードが入るので完全に有利というわけでもないです。 相手の視界を奪えるのでシェルターとわりと五分な感じもありますが状況次第かなと思います。 3確の射程を覚えつつ、視界が奪えるとはいえ、相手の正面から入ると撃ち負けてしまうことがあるので背後や側面から叩くのが無難です。

次の