西 東京 市 ハザード マップ。 西東京市浸水ハザードマップ(浸水予想区域図) 西東京市Web

神戸市:神戸市ハザードマップ(土砂災害・水害に関する危険予想箇所)

西 東京 市 ハザード マップ

洪水ハザードマップとは、大雨等による河川の氾濫等の自然災害が発生した場合に、自主的かつ迅速に避難するための情報(避難方向・避難場所)を記載したものです。 自宅が浸水危険がある区域にあるかどうかを必ず確認して、災害の備えに役立ててください。 ハザードマップは市役所防災課窓口および該当地区の市民センターにありますので御利用ください。 その他の地区については、 <外部リンク>(霞川および多摩川上流圏域浸水予想区域)を参照してください。 なお、の地域別防災マップにも最大浸水深予想(ランク別)が表示されています。 多摩川洪水浸水想定区域 多摩川洪水浸水想定区域等が変更になりました 国土交通省では、近年多発する浸水被害等に対処するため、「水防法等の一部を改正する法律」が平成27年5月20日に公布され、改正後の水防法に基づき、多摩川水系多摩川、浅川、大栗川の洪水浸水想定区域について、これまでの「計画規模降雨」に加え、平成28年9月6日に新たに「想定し得る最大規模の降雨」による浸水想定区域の追加、また浸水継続時間の算出、および家屋倒壊等氾濫想定区域の設定を実施し公表しました。 詳しくは、国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所のホームページを参照してください。 主な変更内容について• 多摩川流域に2日間で最大規模で588mmの降雨を想定しています。 (想定し得る最大規模の降雨による洪水)• 浸水想定の算出精度が上がりました。 浸水深のランク区分が5段階から6段階に変更されました。 家屋倒壊等氾濫想定区域を公表しました。 新しい多摩川水系多摩川・浅川・大栗川の洪水浸水想定区域図等について 新しい多摩川水系多摩川・浅川・大栗川の洪水浸水想定区域図等は、下記のホームページを参照してください。 <外部リンク>• <外部リンク>• <外部リンク> 霞川および多摩川上流圏域浸水予想区域図 東京都では、大雨による洪水・浸水から皆さんの生活を守るため、河川や下水道の整備を進めています。 また、降った雨が短時間に川や下水道に集中することを抑制するために、雨水を貯める施設や地中に浸透させる施設の設置も進めています。 こうした施設の整備を進めていても、それらの整備の水準をはるかに上回る大雨が降った場合には、浸水被害が発生するおそれがあります。 東京都では、そのような特に大きな雨による水害の危険性を皆さんにお知らせし、事前の予防策を進めていただくために、浸水予想区域図の作成・公表を行っています。 詳しくは、東京都建設局のホームページを参照してください。

次の

東京 地震 津波 ハザードマップ

西 東京 市 ハザード マップ

アクセスの集中などにより、神戸市ハザードマップを閲覧しづらい場合は、をご覧ください。 中央区、兵庫区の土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)等については、をご覧ください。 神戸市ハザードマップ(土砂災害・水害に関する危険予想箇所) 神戸市ハザードマップを閲覧しづらい場合• 外国語対応ハザードマップ(WEB版)• 現在準備中(英語版、中国語版、韓国語版) 2. くらしの防災ガイド 「くらしの防災ガイド」は、毎年、梅雨時期前の6月初旬から中旬頃に発行しています。 下記の動画では、「くらしの防災ガイド2020版)」の掲載内容などを紹介しております。 ハザードマップ凡例表 外国語版について 「くらしの防災ガイド」に掲載している「土砂災害・水害に関する危険予想箇所図」(ハザードマップ)について、外国語版(英語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、韓国語)の凡例表を公表しております。 「避難勧告!その時、どうする?」~サンドアートを用いたアニメーション動画を配信) 神戸市では、土砂災害からの避難行動の重要性を広く呼びかけるため、「サンドアート」の手法を用いた動画を製作しました。 市のポータルサイトやYouTubeより閲覧できます。 阪神大水害デジタルアーカイブ.

次の

洪水ハザードマップ|西宮市ホームページ

西 東京 市 ハザード マップ

更新日:2019年12月6日 洪水ハザードマップ 区版 ダウンロード 中央区・南区版• 北区・東区版• 白石区・厚別区版• 豊平区・清田区版• 西区・手稲区版• 情報面には、各種情報等の入手方法、避難の目安や行動のフローなどの情報を掲載しています。 地図面には、河川管理者である北海道開発局と北海道が想定した浸水が想定される区域とその深さを色分けし、避難場所を重ねて表示しています。 いざというときのために、日ごろから、浸水が想定される範囲、防災情報の入手方法、避難の方法などを確認し、浸水の備えに役立ててください。 使用上の注意点• この洪水ハザードマップは、複数の計算パターンから得られた浸水範囲を同時に表示していますが、実際には、堤防が決壊する場所によって予想される浸水区域や浸水深は異なります。 短時間の激しい雨や長期間にわたる大雨などの雨の降り方によって、また、堤防決壊の想定をしていない小さな河川などの氾濫により、表示以上の深さになったり、浸水が予想されていない地域でも浸水が起こる可能性がありますので注意してください。 お問合せ先 浸水想定区域の指定・詳細に関すること 河川名 管理者 石狩川 (電話:011-611-0340) 豊平川 厚別川(下流) 月寒川(下流) 望月寒川(下流) 豊平川(上流) (電話:011-561-0413) 月寒川 精進川 望月寒川 厚別川 野津幌川 新川、中の川、琴似川、琴似発寒川 星置川 (電話:0134-25-2443) 避難に関すること• 札幌市危機管理対策室(電話011-211-3062)• 各区総務企画課 中央区(電話011-231-2400) 北区(011-757-2400) 東区(電話011-741-2400) 白石区(電話011-861-2400) 厚別区(電話011-895-2400) 豊平区(電話011-822-2400) 清田区 電話011-889-2400) 南区(電話011-582-2400) 西区(電話011-641-2400) 手稲区(電話011-681-2400) 気象に関すること 札幌管区気象台(電話011-611-0170) 札幌市管理の河川に関すること 札幌市下水道河川局事業推進部河川管理課(電話011-818-3415) 下水道に関すること 札幌市下水道河川局事業推進部施設管理課(電話011-818-3421).

次の