広い世界の中であなたと出会えたこの季節を 歌詞。 星空へのモノローグ Kicco 歌詞情報

All my lovingの歌詞

広い世界の中であなたと出会えたこの季節を 歌詞

いまや、J-POPシーンを象徴するシンガーソングライターとして活躍をされているあいみょん。 今回は彼女を一躍スターに押し上げた名曲「マリーゴールド」がヒットした経緯、そして、あいみょん感が敷き詰められた歌詞の世界を、筆者なりに解釈し紹介していきます! シングル「マリーゴールド」について 2018年の8月8日にリリースされた、5枚目のシングル「マリーゴールド」。 この「マリーゴールド」は、Apple MusicやSpotifyのような音楽サブスクリプションサービスで徐々に広まり人気に火がついたあいみょんの代表曲です。 第69回NHK紅白歌合戦でも披露されたほど幅広い人に聴かれ、出演後もまた色々な世代の人に聴かれるようになりました。 また、「君はロックを聴かない」を超えるために、「マリーゴールド」は特にアレンジに時間をかけたそうで、壮大で美しいサウンドはポップスの良さを存分に堪能出来ます。 さて、みなさんは『マリーゴールド』を初めて耳にしたときってどんな印象を受けましたか? 誰にもある思い出。 うっすらした記憶も含めて、その時の光景が一瞬で蘇ってくるようなイントロ。 懐かしく感じるサビのメロディーも、聴いていてそんな大切なあの日を思い出します。 どこか懐かしく美しいメロディラインが思い出や記憶の片隅をくすぐってきたりして。 ふわりとした雰囲気も何だかいいなって思うんですよね。 ヒットの経緯 あいみょんっていつの間に売れたの?って思っている人もいるのではないでしょうか。 もう少し、『マリーゴールド』がヒットした背景を掘り下げてみたいと思います。 以前から、あいみょんの楽曲はラジオなどを通してじわじわと音楽ファンに浸透していく流れがありました。 そんな中でリリースされた『マリーゴールド』。 この曲はタイアップ無しでのリリースでした。 きっと、歌手・あいみょんとしての勝負曲でもあったのでしょう。 当初は、オリコンで25位。 決して上位とは言えない順位でした。 しかし、、Apple MusicやSpotifyなどの配信チャートでTOP10以内に入ります。 現在では、CDよりも配信作品が人気になることは珍しいことではありません。 ただ、あいみょんはそこからの勢いが違いました。 2018年秋に『今夜このまま』が発売になります。 新曲が一気に売れていくだけなら普通なのですが…。 あいみょんの場合は、過去曲が上位にランクインし始めたのです。 手軽に、その場で過去の楽曲に触れられる現代だからこそ、現れた現象なのかもしれませんね。 また、色々な付加価値が付くCDはどうしても売上数に本質が見えません。 あいみょんの「曲の良さ」とは一体、どういった点なのでしょうか。 「マリーゴールド」の楽曲の特徴は、2010年代流行りの速いテンポではなく、ミディアムテンポでゆったりと聴ける心地よさにあります。 そして、男性・女性問わずに幅広い年代から愛されるメロディーライン。 これらがあわさって、どこか昔懐かしいJ-POPらしさを感じられる。 これが彼女が持つ曲の良さなのだと思います。 浜田省吾や吉田拓郎といった、男性シンガーソングライターに影響を受けたルーツは若い世代に逆に新鮮に感じるところもあるでしょう。 テレビに出演して、音楽ファンだけでない多くの人が目にしたことも人気上昇へ拍車をかけました。 そして瞬く間に、あいみょん旋風が巻き起こったのです。 2019年7月14日にはYouTubeのMV再生回数が1億回超え、2019年9月7日にはとうとうストリーミング再生回数の1億回を突破しました。 これは日本国内アーティストで史上初めての快挙です。 パーソナルでいて誰もが自分に当てはまると思えるシーン。 一貫しない。 というより、1つのことを続けることが出来ないタチなのかもしれない。 そんな中でも出会えた最愛の人は奇跡。 大切にしていきたいですね。 吐き出せるほど強くないのに告白していること、絶望が見えなくなるほど(悪い部分も含めて愛している?)の境地に入っている。 愛する人はそれほどまでに大きな存在です。 2人だけの世界観をここまで美しく儚く描写するアーティストは数少ないのはないでしょうか。 歌詞に出てくるように歩きながらかみしめて聴きたい。 聴けば聴くほど好きになります! 淡く切ない可憐な愛情 マリーゴールドは4月~10月に咲くお花。 リリースのタイミングや風景描写からも「夏」の曲ですが、歌っている内容は季節問わず一年中共感します。 恋人と過ごした帰り道に聴いた方もいるのではないでしょうか。 歌詞に強烈なフレーズの多いあいみょん。 『マリーゴールド』に関しては情景描写しやすくも、全体的に雰囲気を大切にしているように感じます。 色によって花言葉が変わるように、様々な捉え方が出来そうですね。 個人的に秋に散歩しながら聴くとどうしようもなくしみます。 淡く切ない恋の唄ながら、広い世界。 この幅広さも魅力の1つなんでしょうね。 『AIMYON BUDOKAN -1995-』での弾き語りver. も最高なのでぜひ聴いてみてください。 シンプルに言葉が響きます。

次の

中島美嘉 夜が明ける前に 歌詞

広い世界の中であなたと出会えたこの季節を 歌詞

いまや、J-POPシーンを象徴するシンガーソングライターとして活躍をされているあいみょん。 今回は彼女を一躍スターに押し上げた名曲「マリーゴールド」がヒットした経緯、そして、あいみょん感が敷き詰められた歌詞の世界を、筆者なりに解釈し紹介していきます! シングル「マリーゴールド」について 2018年の8月8日にリリースされた、5枚目のシングル「マリーゴールド」。 この「マリーゴールド」は、Apple MusicやSpotifyのような音楽サブスクリプションサービスで徐々に広まり人気に火がついたあいみょんの代表曲です。 第69回NHK紅白歌合戦でも披露されたほど幅広い人に聴かれ、出演後もまた色々な世代の人に聴かれるようになりました。 また、「君はロックを聴かない」を超えるために、「マリーゴールド」は特にアレンジに時間をかけたそうで、壮大で美しいサウンドはポップスの良さを存分に堪能出来ます。 さて、みなさんは『マリーゴールド』を初めて耳にしたときってどんな印象を受けましたか? 誰にもある思い出。 うっすらした記憶も含めて、その時の光景が一瞬で蘇ってくるようなイントロ。 懐かしく感じるサビのメロディーも、聴いていてそんな大切なあの日を思い出します。 どこか懐かしく美しいメロディラインが思い出や記憶の片隅をくすぐってきたりして。 ふわりとした雰囲気も何だかいいなって思うんですよね。 ヒットの経緯 あいみょんっていつの間に売れたの?って思っている人もいるのではないでしょうか。 もう少し、『マリーゴールド』がヒットした背景を掘り下げてみたいと思います。 以前から、あいみょんの楽曲はラジオなどを通してじわじわと音楽ファンに浸透していく流れがありました。 そんな中でリリースされた『マリーゴールド』。 この曲はタイアップ無しでのリリースでした。 きっと、歌手・あいみょんとしての勝負曲でもあったのでしょう。 当初は、オリコンで25位。 決して上位とは言えない順位でした。 しかし、、Apple MusicやSpotifyなどの配信チャートでTOP10以内に入ります。 現在では、CDよりも配信作品が人気になることは珍しいことではありません。 ただ、あいみょんはそこからの勢いが違いました。 2018年秋に『今夜このまま』が発売になります。 新曲が一気に売れていくだけなら普通なのですが…。 あいみょんの場合は、過去曲が上位にランクインし始めたのです。 手軽に、その場で過去の楽曲に触れられる現代だからこそ、現れた現象なのかもしれませんね。 また、色々な付加価値が付くCDはどうしても売上数に本質が見えません。 あいみょんの「曲の良さ」とは一体、どういった点なのでしょうか。 「マリーゴールド」の楽曲の特徴は、2010年代流行りの速いテンポではなく、ミディアムテンポでゆったりと聴ける心地よさにあります。 そして、男性・女性問わずに幅広い年代から愛されるメロディーライン。 これらがあわさって、どこか昔懐かしいJ-POPらしさを感じられる。 これが彼女が持つ曲の良さなのだと思います。 浜田省吾や吉田拓郎といった、男性シンガーソングライターに影響を受けたルーツは若い世代に逆に新鮮に感じるところもあるでしょう。 テレビに出演して、音楽ファンだけでない多くの人が目にしたことも人気上昇へ拍車をかけました。 そして瞬く間に、あいみょん旋風が巻き起こったのです。 2019年7月14日にはYouTubeのMV再生回数が1億回超え、2019年9月7日にはとうとうストリーミング再生回数の1億回を突破しました。 これは日本国内アーティストで史上初めての快挙です。 パーソナルでいて誰もが自分に当てはまると思えるシーン。 一貫しない。 というより、1つのことを続けることが出来ないタチなのかもしれない。 そんな中でも出会えた最愛の人は奇跡。 大切にしていきたいですね。 吐き出せるほど強くないのに告白していること、絶望が見えなくなるほど(悪い部分も含めて愛している?)の境地に入っている。 愛する人はそれほどまでに大きな存在です。 2人だけの世界観をここまで美しく儚く描写するアーティストは数少ないのはないでしょうか。 歌詞に出てくるように歩きながらかみしめて聴きたい。 聴けば聴くほど好きになります! 淡く切ない可憐な愛情 マリーゴールドは4月~10月に咲くお花。 リリースのタイミングや風景描写からも「夏」の曲ですが、歌っている内容は季節問わず一年中共感します。 恋人と過ごした帰り道に聴いた方もいるのではないでしょうか。 歌詞に強烈なフレーズの多いあいみょん。 『マリーゴールド』に関しては情景描写しやすくも、全体的に雰囲気を大切にしているように感じます。 色によって花言葉が変わるように、様々な捉え方が出来そうですね。 個人的に秋に散歩しながら聴くとどうしようもなくしみます。 淡く切ない恋の唄ながら、広い世界。 この幅広さも魅力の1つなんでしょうね。 『AIMYON BUDOKAN -1995-』での弾き語りver. も最高なのでぜひ聴いてみてください。 シンプルに言葉が響きます。

次の

中島美嘉 夜が明ける前に 歌詞

広い世界の中であなたと出会えたこの季節を 歌詞

いまや、J-POPシーンを象徴するシンガーソングライターとして活躍をされているあいみょん。 今回は彼女を一躍スターに押し上げた名曲「マリーゴールド」がヒットした経緯、そして、あいみょん感が敷き詰められた歌詞の世界を、筆者なりに解釈し紹介していきます! シングル「マリーゴールド」について 2018年の8月8日にリリースされた、5枚目のシングル「マリーゴールド」。 この「マリーゴールド」は、Apple MusicやSpotifyのような音楽サブスクリプションサービスで徐々に広まり人気に火がついたあいみょんの代表曲です。 第69回NHK紅白歌合戦でも披露されたほど幅広い人に聴かれ、出演後もまた色々な世代の人に聴かれるようになりました。 また、「君はロックを聴かない」を超えるために、「マリーゴールド」は特にアレンジに時間をかけたそうで、壮大で美しいサウンドはポップスの良さを存分に堪能出来ます。 さて、みなさんは『マリーゴールド』を初めて耳にしたときってどんな印象を受けましたか? 誰にもある思い出。 うっすらした記憶も含めて、その時の光景が一瞬で蘇ってくるようなイントロ。 懐かしく感じるサビのメロディーも、聴いていてそんな大切なあの日を思い出します。 どこか懐かしく美しいメロディラインが思い出や記憶の片隅をくすぐってきたりして。 ふわりとした雰囲気も何だかいいなって思うんですよね。 ヒットの経緯 あいみょんっていつの間に売れたの?って思っている人もいるのではないでしょうか。 もう少し、『マリーゴールド』がヒットした背景を掘り下げてみたいと思います。 以前から、あいみょんの楽曲はラジオなどを通してじわじわと音楽ファンに浸透していく流れがありました。 そんな中でリリースされた『マリーゴールド』。 この曲はタイアップ無しでのリリースでした。 きっと、歌手・あいみょんとしての勝負曲でもあったのでしょう。 当初は、オリコンで25位。 決して上位とは言えない順位でした。 しかし、、Apple MusicやSpotifyなどの配信チャートでTOP10以内に入ります。 現在では、CDよりも配信作品が人気になることは珍しいことではありません。 ただ、あいみょんはそこからの勢いが違いました。 2018年秋に『今夜このまま』が発売になります。 新曲が一気に売れていくだけなら普通なのですが…。 あいみょんの場合は、過去曲が上位にランクインし始めたのです。 手軽に、その場で過去の楽曲に触れられる現代だからこそ、現れた現象なのかもしれませんね。 また、色々な付加価値が付くCDはどうしても売上数に本質が見えません。 あいみょんの「曲の良さ」とは一体、どういった点なのでしょうか。 「マリーゴールド」の楽曲の特徴は、2010年代流行りの速いテンポではなく、ミディアムテンポでゆったりと聴ける心地よさにあります。 そして、男性・女性問わずに幅広い年代から愛されるメロディーライン。 これらがあわさって、どこか昔懐かしいJ-POPらしさを感じられる。 これが彼女が持つ曲の良さなのだと思います。 浜田省吾や吉田拓郎といった、男性シンガーソングライターに影響を受けたルーツは若い世代に逆に新鮮に感じるところもあるでしょう。 テレビに出演して、音楽ファンだけでない多くの人が目にしたことも人気上昇へ拍車をかけました。 そして瞬く間に、あいみょん旋風が巻き起こったのです。 2019年7月14日にはYouTubeのMV再生回数が1億回超え、2019年9月7日にはとうとうストリーミング再生回数の1億回を突破しました。 これは日本国内アーティストで史上初めての快挙です。 パーソナルでいて誰もが自分に当てはまると思えるシーン。 一貫しない。 というより、1つのことを続けることが出来ないタチなのかもしれない。 そんな中でも出会えた最愛の人は奇跡。 大切にしていきたいですね。 吐き出せるほど強くないのに告白していること、絶望が見えなくなるほど(悪い部分も含めて愛している?)の境地に入っている。 愛する人はそれほどまでに大きな存在です。 2人だけの世界観をここまで美しく儚く描写するアーティストは数少ないのはないでしょうか。 歌詞に出てくるように歩きながらかみしめて聴きたい。 聴けば聴くほど好きになります! 淡く切ない可憐な愛情 マリーゴールドは4月~10月に咲くお花。 リリースのタイミングや風景描写からも「夏」の曲ですが、歌っている内容は季節問わず一年中共感します。 恋人と過ごした帰り道に聴いた方もいるのではないでしょうか。 歌詞に強烈なフレーズの多いあいみょん。 『マリーゴールド』に関しては情景描写しやすくも、全体的に雰囲気を大切にしているように感じます。 色によって花言葉が変わるように、様々な捉え方が出来そうですね。 個人的に秋に散歩しながら聴くとどうしようもなくしみます。 淡く切ない恋の唄ながら、広い世界。 この幅広さも魅力の1つなんでしょうね。 『AIMYON BUDOKAN -1995-』での弾き語りver. も最高なのでぜひ聴いてみてください。 シンプルに言葉が響きます。

次の