プラグインをブロックしました chrome。 Macでプラグインのブロックを解除する2つの主な方法

Google Chromeの新バージョンでKaspersky Protectionを使う方法

プラグインをブロックしました chrome

プロジェクトの実行後にホワイトページが表示されますが、. 626apps. php? クラス名またはIDと次の単語:• 宣伝する• 宣伝する 彼らの名前で! 私はいくつかのテストを実行し、広告ブロッカーはCSSファイル、DivまたはSpan Layers内のこれらの名前を持つ直接コンテンツを定期的にブロックしました。 したがって、 advertise-with-us. pngなどのCSS経由でロードされた画像名 このようなソフトウェアを実行しているマシンではブロックされます。 編集: AdBlock PlusがCSS値を "display:none"に設定するChromeのWebページ要素のリストを追跡しました。 syndicatedItem , :: content. PremiumObitAdBar , :: content. ad - active 広告またはスクリプトのブロックを実行する複数の拡張機能を実行している場合は、 それぞれを個別に ホワイトリストに更新します から、ケースを引き起こす可能性のある拡張機能のいくつかと、それらの対処方法を次に示します。 Adblock Plus• Adblock Plusアイコンをクリックします。 「このサイトで有効」をクリックして、現在のサイトの広告のブロックを無効にします。 Firefoxでは、「wired. comで無効にする」をクリックして広告のブロックを無効にします。 表示していたページをリロードします。 それでも問題が解決しない場合は、文字列 "-300x600"がファイル名に含まれていると、その特定のテキストパターンます。 Firefoxトラッキング保護• Firefoxでは、「Tracking Protection」によって広告ブロックの通知がアクティブになる場合があります。 表示されている場合は、URLバーの「シールド」アイコンをクリックして指示に従うことで、ブラウジングセッションで一時的に無効にすることができます。 Tracking Protectionの詳細については、Mozillaのサポートを確認してください。 Adblock• 広告ブロックアイコンをクリックします。 「このドメインのページでは実行しない」をクリックします。 表示していたページをリロードします。 Ghosteryアイコンをクリックします。 0では、「ホワイトリストサイト」をクリックします。 Ghosteryバージョン7. 0で「信頼サイト」をクリックします• 0の場合「サイトはホワイトリストに登録されています」というメッセージが表示されます。 「ページを再読み込みして変更を確認してください。 」をクリックします。 表示していたページをリロードします。 表示されるメニューの[電源]ボタンをクリックして、現在のWebサイトをホワイトリストに登録します。 再読み込みアイコンをクリックして、表示していたページを再読み込みします。 切断する• [切断]アイコンをクリックします。 「ホワイトリストサイト」をクリックします。 Kaspersky Ant-Banner Kaspersky Total Securityでホワイトリストに登録する方法については、Kaspersky Total Securityでアンチバナーを設定する方法を確認してください。

次の

プラグインをブロックしましたと表示されカード決済できません。どうすれば...

プラグインをブロックしました chrome

インターネット企業は、ユーザーを保護するため、そしてセキュリティ対策を強化するために全力を尽くしています。 それはGoogleも同じです。 同社は先ごろ、Chromeブラウザーは公式のChrome Web Storeで提供される拡張機能だけに対応するようになる、と発表しました。 Googleは昨年公開したブログで、この対策の目的はぜい弱で悪質で迷惑な拡張機能(プラグイン、その他追加プログラム)からユーザーを保護することだと説明しています。 こうしたプログラムによって設定が上書きされてしまう場合や、使い勝手を損ねる場合があるためです。 しかし、今回のGoogleの取り組みは、ユーザーにとっては良いことである一方、ブラウザーと連携するソフトウェアを開発している企業にとっては苦労の種でもあります。 そんなわけで、であるKaspersky Labは問題に向き合うこととなったのです。 、悪質Webサイト、といったインターネットに蔓延する脅威から、どうやってお客様を保護すればよいのか?これまでは特別なプラグインが保護を担当していました(これについては皆さんもよくご存知でしょうから、ここでは取り上げません)。 しかし、こうした拡張機能はすべて、Chromeの新しいポリシーでは対象外になってしまいました。 Chromeのバージョン33からは、これまでの当社の拡張機能が動作しなくなるのです。 もちろん、Kaspersky Labとしてはこのままにはできません。 そこで、Google Chrome向けの新しいプラグイン、を提供することになりました。 Google Chrome向けの新しいプラグイン、Kaspersky Protectionを提供することになりました この拡張機能は最近リリースされたに組み込まれており、セキュリティキーボード、ネット決済保護、コンテンツブロックの3つから成っています。 特別な作業は必要ありません。 修正プログラムをインストールしてWindowsを再起動すると、Chromeが新しいプラグインについて以下のように質問してきます。 [拡張機能を有効にする]ボタンをクリックして、Chromeを再起動しましょう。 その後、古いプラグインがすべて無効になります。 これで古いプラグインを手動で削除できるようになり、インターネット利用も保護された状態になります! スクリーンショットからわかるように、アンチバナーと危険サイト診断のプラグインはまだ有効になっています。 Google Chromeの開発者が設定した移行期間の終わりまでは有効ですが、その後はChromeで使用できなくなります。 Google Chromeやアンチウイルスソフトウェアを再インストールする場合も心配はいりません。 Kaspersky Protectionは何度でも再インストールできます。 詳しくはKaspersky Labのをご覧ください。 皆さんがこれまで以上にインターネットを安全に楽しめるようになることを願っています。

次の

ブラウザー拡張機能「カスペルスキー プラグイン」が必要な理由

プラグインをブロックしました chrome

みなさん、こんにちは! 前回、Chrome拡張機能の作り方を勉強したよーという記事を書きました。 そこでプラグインのサンプル的なのをアップしましたが、折角なのでもう少し改修して使えそうな拡張機能として残すことにしました。 作ったものはこんな感じのものです。 現在表示されているwebページから、ボタンをポチっと押すと、指定した情報を抽出できるよ、というプラグインです。 前回のプラグインは、Googleの検索結果ページから見出しのみを抽出するという超限定的にして使い道のないものでしたが、 今回はそれを汎用化して、 CSSセレクタを入力して抽出ボタンを押下すると、取得した要素のinnerHTMLを取得してくれる、という機能にしました。 保存したセレクタは、リスト表示された文字列をポチっと押せばテキスト枠にコピーされますので、すぐに抽出できます。 例えば、前回と同じになってしまいますが、Googleの検索結果ページから見出しを抽出したいのであれば、一番左上のテキストボックスに [text] ires. ですので、img要素のsrc属性 つまり表示画像のURL部分 を取得したいなら、xxx img:srcとかって入力すればokです。 そもそもCSSセレクタって何!? という方は… Google先生にお願いします… 今回は以上です! 【文字数:1029文字】• 関連する記事• 2016. 20 はじめに みなさん、こんにちは! 前回までで、苦労はしましたが、やっとTalendの環境構築が完了しました。 2016. 12 みなさん、こんにちは! 今回は、アプリを1件公開しました、という話題です。 私がPhonegapに出会ったのは、去年 2015年 の10月でした。 で[…]• 2016. 16 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! h[…]• 2016. 09 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…]• 2016. 29 みなさん、こんにちは! 前回Onsen UI使用の準備まで行いました。 2017. 22 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…].

次の