ちんちん いらいら。 巷で話題のおちんちん侍ってなんぞ?!

若者にも多い残尿感 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

ちんちん いらいら

いきなりですが、あなたの周りでこんな会話を聞いたことはないでしょうか。 「おちんちん!」 「侍!」 「シャキーン」 「おちんちん侍!」 「おちんちん侍!」 これは子供たちがノリで「おちんちーん、おちんちーん」と言ってる訳ではないです。 大の大人達が集まって、夜な夜な繰り広げられるがあるんです。 その戦いの名は 「おちんちん侍」。 どうやら本来は「ちんちん侍」と呼ぶみたいですが、尊敬の念を込めて「おちんちん侍」と呼ばせていただきます。 このおちんちん侍、ルールはとても簡単です。 一番最初の人が、• 「侍」• 「おちんちん」• 「おちんちん侍」 のどれかを言いながら、相手を指さします。 「侍」で指された人は、「シャキーン」と言いながら、片手で宙を切る。 「おちんちん」で指された人は、また3つのどれかを言いながら相手を指さす。 「おちんちん侍」で指された人は、参加者全員で「おちんちん侍」と言いながら、空手のポーズを決める。 動作が終わると指された人が3つのどれかを言いながら、相手を指さす。 それを誰かが間違うまでひたすら繰り返すゲームです。 とても簡単ですよね。 まとめるとこんな感じ。 単語 侍 おちんちん おちんちん侍 動作 「シャキーン」と言いながら、片手で宙を切る 動作が無いので、誰かを指して次に回す 参加者全員で「おちんちん侍」と言いながら、空手のポーズを決める 指された人の動作が終わると、再度誰かを指差して単語を言う。 動画を掲載しておきます。 ルールが少し違う場合もあります。 この戦い、本来は男同士でやっても全然楽しく無い訳です。 髭の濃いおっさん同士で「おちんちん」を本気で言いあってる光景を想像してみてください。 絶句というか、そっち系の人かと思われちゃいます。 という事で、女性と一緒にみんなでワイワイやっちゃってください! タイプの女性を指さしながら「おちんちん」と言ってやりたい… タイプの女性に「おちんちん」と言わせたい… そして「おちんちん」という時、恥ずかしがりながら言って欲しい。 妄想が膨らみますね。 恥ずかしそうに言ってもらうというところがポイントで、堂々と「おちんちん!」と言われても、楽しくない訳です。 恥ずかしそうに「おちん…ちん…」と言って欲しいんです。 というか言わせたい。 子供の頃は所構わず大声で言えた「おちんちん」。 その言葉を言って何度親から怒られただろう。 そして怒られる度にまた言いたくなってしまう毎日だったのに、僕たちはいつの頃から「おちんちん」を人前で言えなくなったのだろう… そんな昔を懐かしみつつ楽しみたい。 私たち、「おちんちん侍」で結ばれました。 いつかこのような幸せな声が聞こえる事を願って。

次の

若者にも多い残尿感 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

ちんちん いらいら

スポンサードリンク 恐るべし5歳児反抗期 もんもんとする私も、そのママさんの一人でした。 育児本を、見てみると、反抗期が来たことを、 喜びましょうと書いてあります。 が、そんな悠長なことは言っていられない!毎日でした。 母だって人間だもの。 腹の立つことや イライラすることはあります。 すてきな反抗期なんて、笑顔で笑っていられるママさんは、ほとんどいないのではないでしょうか。 悟りを開く5歳の男の子母 一つ目の対処法は 諦めるです。 わかっていても、なかなか難しいですよね。 私も、息子にばか、と言われ私がバカなら、あなたはもっとバカだ。 とムキになって言い返したことも1回や2回では、ありません。 でも ムキになって言い返すと、ものすごく疲れるんですよ。 半泣きになっている子供を見るのもとっても、嫌な気分になりますし。 そんな私を見るに、見かねた先輩ママがこう言ったんです。 しないことで誰かに迷惑かける?と。 先輩ママが言うには、朝ごはんを食べなくても、上着を着なくてもママは困らないでしょ?と。 確かに、そうなんです。 まさに、目からウロコ! 困るのは息子だけ、だったのです。 その日から、私は体力温存のために諦めることにしました。 何を言われようが取り合わないのです。 スポンサードリンク 落ち着いて私 携帯の動画で暴言を吐く息子をとったことも、あります。 本当は、私だって腹はたっている! でも一緒に怒ると疲れてしまう。 落ち着け私落ち着け自分と言いながら動画をとったのは、一度や二度ではありません。 冷静になった後、息子に見せて 恥ずかしいよね。 言われたら悲しいよね。 ということにしました。 悟り作戦大成功 さすがに、その人そのものを 否定する言葉、例えば、大嫌いとか消えろと言う言葉は、容赦なくその場できつく叱りました。 その他のバカ、アホなどという類の言葉は、 いちいち反応しない!この方法で、息子の暴言は減りました。 母も負けじとアマノジャク作戦 二つ目の対処法は 反対のことをするです。 何でもイヤしか言わない5歳児の息子。 時間のない朝はイライラしますよね。 そんな時は、わざと反対のことを言っていました。 例えば、着替えないよね?朝ごはん いらないよね?と。 まだまだかわいい反抗期 反抗期、真っ只中の男の子は、必ず イヤ、着替える。 イヤ、食べる。 と言います。 そうなったら、しめたもの!お子さんのお願い通り、着替えをさせ、朝ごはんを食べさせましょう。 最後は愛情で対抗 三つ目の対処法は 抱きしめるです。 反抗期の頃は、どうしても叱ったり、時には声を荒げたりすることもあると思います。 その後は、私も嫌な気分でしたし息子も、ブルーな気分だったと思います。 毎日毎日、叱っていた時息子がポツリと、つぶやいたんです。 最近、大好きって、 言ってくれないよね。 息子だって辛いんだ ハッとしました。 息子は叱られ続けることで、小さいながら自分の 存在価値に、疑問をもち始めていたんだと思います。 大げさに言えば、ママが自分を好きなのは、僕を好きなんではなくて、 言うことをきく僕が好きなんだって。 これは非常にまずい事態です。 私は息子の、行為をそのものを叱っていたつもりだったんですが、息子には違ったようです。 息子は、 自分そのものを叱られている気がしたんだと思います。 大好きって伝えよう この後から、どれだけ叱っても寝る前には、ママはあなたのことが大好きだよ。 全部好き!かわいくて、愛しくて、大好き。 と言って、膝に乗せムギュッ抱きしめることにしました。 数分前まで、言うことを聞かない息子に、苛立っていたとしても、 毎日毎日抱きしめ続けました。 やっぱり愛が大事 大事にされている、 愛されているという実感は、人を優しくします。 愛されているという実感を、持つ人は人に優しくなれます。 私自身も抱きしめることで優しい気持ちになれました。 私は息子を愛しているそして、息子も私を愛していると。 もちろん、だからと言って全くイライラしないわけではないですが。 イライラした時は、 一呼吸。 抱きしめた時の気持ち、息子の温もりを思い出しましょう! それでも大変な反抗期 以上が、5歳児の男の子が 反抗期の時にとった、私の対応です。 反抗期の時には、あれだけかわいがって、育ててきたのにと思うことも多かったです。 そんな時には、生まれたばかり時の写真を見てみましょう。 私は、常に冷蔵庫に貼っていました。 生まれた時に何を思ったか。 とにかく、 無事に健康に育ってくれさえすればいい。 と思ったのではないでしょうか。 イライラした時には、その写真を見て、当時の気持ちを思い出していました。 大丈夫!大丈夫! 今、悩んでいるママさん達!息子さんたちは、 すくすく成長していますよ! 嫌いと言われてもママさんを大好きなことに、変わりはないのです。 そして、どれだけ叱ってもママさんも息子さんを、大好きなことに変わりはないのです。

次の

若者にも多い残尿感 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

ちんちん いらいら

朝起きたり、学校の授業中におきたり、どのような状況でもなることがあるんですが 下半身のだるさ?足がとんでもなくだるいといいますか、違和感があるときが・・・ ただだるいだけなら良いのですが、動いていないともの凄くイライラするんです。 というか、むずむずして動かないと耐えられません。 その症状の際はペニスが半勃起します。 ためしにオナニーしてみてペニスの勃起状態が治ってもそのむずむずは解消されません。 それと時オナニーしてもまったく気持ちよくもないんです。 気持ちいよりもペニスに違和感まででてきます。 この症状は小学校高学年からずーっと1ヶ月に1回程度、最近はなっていなくて半年に1回程度この症状がでてきます。 時間は10分~30分程度です 寄生虫でも湧いているんでしょうか・・・・ぎょう虫がいるとそのようなむずむず感があると聞いたことがあります でもぎょう虫検査をしてもなにもでてきませんし、頻度も低いのですが それが起こるのが本当に嫌なんです。 これってどうすればいいのでしょうか? 症状の特徴からすると「ムズムズ脚症候群」といわれるトラブルかもしれません。 なぜそうなるのか原因が分からないままにドーパミン補充剤や抗てんかん薬、またまた抗うつ剤、睡眠導入剤と色々使われます。 しかし考えてみると直前の酷い血流障害が原因ではないかと思われます。 寝てる時やじっとしてる時におこるトラブルです。 体のだるさ、下半身のだるさは明らかに血流が悪いことが原因です。 温めたりマッサージして血流が良くなればだるさがなくなります。 ムズムズするというのは震えと同じで血管を拡張させて血流障害を回復させようとする体の反応でしょう。 ペニスが半勃起することからも下半身に血流を起そうとしてることが分かるのではないでしょうか。 ムズムズしてじっとしてることに耐えられなくなって動かすことになるのですが動かすと症状が軽減するのは動くことが交感神経を緊張、血管を収縮させ血流を抑制するからにほかなりません。 しかし体は血流が滞れば解消しようととしますのでしばらくすれば血流が正常に回復してなにもなかったように不快な症状は霧散します。 自律神経は常に交感神経と副交感神経の間を揺れ動いて生体を維持しようとしています。 例えば交感神経の緊張の後には副交感神経を優位にしてバランスをとります。 なんらかのストレスで交感神経が緊張して血管が収縮、血流が悪くなると今度は副交感神経を優位にして血管を拡張、血流を回復させようとします。 この反応が急激だと体には不快な反応となって現れることがあります。 恐らく質問者さんはそれほど運動をされてないのではないかと思います。 ムズムズ感をなくすには日頃から足の筋肉を鍛えておくことが必要ではないでしょうか。 また日常的にぬるめのお風呂などで下半身をじっくり温めることも良いでしょう。 温める時、週に2、3回はぬるめではなく熱めにするとより効果的です。 ヒートショックプロテインがつくられて体の保全や修復を助けてくれます。 体をやたら使い過ぎたり、余りにも使わないでいるとどちらもそれがストレスとなって血流障害の原因になります。 直前に強い血流障害がおきていますので体に注意してください。

次の