スター ジョン の 法則。 リンゴ・スター、ジョン・レノンのカヴァー「Grow Old With Me」のリリックビデオ公開、ポールも参加

ジェイソン ディーン スタージョン

スター ジョン の 法則

ランチェスターの法則(ランチェスターのほうそく、:Lanchester's laws)はにおける戦闘員の減少度合いをにもとづいて記述した法則。 一次法則と 二次法則があり、前者は剣や弓矢で戦う古典的な戦闘に関する法則、後者はやといった兵器を利用した近代戦を記述する法則である p72-74。 これらの法則は1914年にが自身の著作で発表したもので、原著ではこれらの法則を元に近代戦におけるの重要性を説いている。 この論文は今日でいうの嚆矢となった p72-74。 ランチェスターの法則は実際の戦争においても確認されており、例えばJ. エンゲルは二次法則に従ってを解析することにより、わずかな誤差でこの法則が成り立つことを確認している p184-185。 古典的な戦闘と近代的な戦闘で従う法則に違いが生じるのは、剣や弓矢による古典的な戦闘では個々の味方が個々の敵を相手とする を基本とした 局地戦になるのに対し、小銃やマシンガンを利用した近代的な戦闘では 集団的な行動をとる味方が、乱射により不特定の敵を 確率的に殺していくものだからである p72-74。 古典的な戦闘の場合には、個々人による一騎討ちの寄せ集めであるので、戦争による戦闘員の消耗は単純に味方の人数と敵の人数の 一次式になる(一次法則)。 それに対し近代的な戦闘の場合、戦闘員の消耗は味方の人数と敵の人数の 2次式()になることが示せる(二次法則)。 よって古典的な戦闘とは消耗する人数が大きく異なり、近代的な戦闘では古典的な戦闘と比べ、人数が多い方の軍隊が 大幅に有利になる 後述。 なお、になってからランチェスターの法則を導出したは経営学にも一部応用されており、のセールス戦略をこれにより説明するなどがされている(後述) p188-200。 経営コンサルタントのは自身の研究を踏まえてこれを易しく解説した本を書いており p200 、日本では「 ランチェスター経営戦略」と呼ばれている。 (なお自軍、敵軍とも戦闘の途中で戦闘員を追加することはないものとする)。 ここで記号の意味は一次法則の場合と同様である。 Eを自軍に対する敵軍の 交換比という p76, 83。 二次法則では戦闘開始時の人数が自乗で効いてくるため、一次法則に比べ、人数の多いほうが大幅に有利になる。 法則の導出 [ ] 仮定 [ ] 一次法則、二次法則を導出するに際し、話を単純化するため、以下を仮定する:• 同じ軍に属する戦闘員の各人の資質・戦闘力はすべて等しい p74,79• 戦闘には軍の全員が関わる• 戦闘は時間的に一様である。 すなわち戦闘の激しさは戦闘終了までのどの時刻でも一定である p74,79• この微分方程式を解くことで一次法則を導くことができる。 これを解くことで二次法則を導くことができる。 実例ー硫黄島の戦い [ ] J. エンゲルは二次法則に従って米軍と日本軍によるを解析した。 エンゲルは解析にあたり、補給 p t としてこの戦いにおける実際の米軍のデータを用いた p183。 この結果、実際の死傷者の時間変化を表すグラフと理論から導かれる死傷者数のグラフがわずかな誤差で一致することを確認できる p184-185。 クープマン分析 [ ] ランチェスターの二次法則によれば、交換比 Eが1である場合、人数の少ない軍が人数の多い軍に勝つことはできない。 しかしクープマンはランチェスターの二次法則における仮定「戦闘には全員が参加する」を弱めることにより、もし 人数の少ない軍が人数の多い軍を2つに分割することに成功すれば、人数が少ない軍が勝つことができる場合もあることをランチェスターの二次法則から導いた p84-87。 なお、人数の少ない軍がこのような「分割戦略」を取ることができるのは二次法則の場合だけで、戦闘が一次法則に従っている場合はこの戦略を取ることはできない。 実例ートラファルガーの海戦 [ ] において率いる40隻はフランス・スペインの連合海軍46隻が戦い、船が少ないはずのイギリス側が勝利を収めた。 この勝利の肝になったのは、ネルソン提督による戦術で、それは敵の中央と後衛に攻撃を加えることで 敵艦隊を2つに分断し、個々に撃破するというものであった p88。 よってトラファルガルの海戦をクープマン分析に沿って解析することができる。 より詳しく言うと、ネルソン提督は自軍の40隻を32隻の主要戦列と8隻の補助戦列に分割し、この主要戦列が敵艦隊を23隻ずつの2グループに分割した。 ただし実際にはイギリスの方が海軍技術は優れていたと言われている p89 )。 実際の海戦では事前に立てた戦術とは異なり、主要戦列は27隻であったなどの差異があるため p90 、上記の解析結果をそのまま信用することはできないが、ネルソン提督側の勝利を説明する一助にはなるであろう。 ランチェスターの式の応用 [ ] ランチェスターの研究成果を踏まえた数学的な研究が何人かの研究者によって行なわれている。 そのうちの一人は理論の研究者であるブラッドレー・フィスクである。 彼は艦隊のを集中することの定量的な有効性を分析することに功績がある。 劣勢にあるのの減少率は的ではなく的であることを示し、二つの艦隊の戦力の格差が広がる過程を方程式として描き出した。 フィスクの研究成果である方程式はランチェスターの第2法則の要素を含みながらも、より操作しやすい異なる方程式を提唱した。 またオシポフはランチェスターと同じ結論にほぼ同時期に到達しており、1915年に一連の論文でを提唱した。 オシポフはフィスクやランチェスターの理論を参照することができなかったために、各時点において対抗している両軍の戦力の損耗を表現するための累乗の指数を用いた関数を使用することを独自に考案した。 さらに、歴史的な事実を統計学の手法を応用して分析することを始めている。 または第二次世界大戦中にランチェスター方程式の軍事的な価値に気づき、その研究を踏まえながら自身の数学的モデルを構築した。 リチャードソンの研究業績は主にの現象を説明するためのを使用し、二国間関係の安定性を数学的に分析することが可能であることを示したことである。 第二次世界大戦でランチェスターの理論に対する関心が高まると、軍事問題に携わる数学者が本格的にランチェスター方程式を発展させようと努めた。 1943年から1951年にかけてクープマン、モース、キムボールはアメリカ海軍の作戦評価集団 Operations Evaluation Group, OEG に勤務して研究業績 を発表する。 この「40%」という数字の根拠をランチェスターの二次法則を応用した数理モデルで説明することができる p196。 ここで x、 yは兵士の数(フォルクスワーゲンの文脈では、セールスマンや店舗数等の「販売戦力」 p197 )、 A、 Bはそれぞれ単位時間あたりの自軍、敵軍(フォルクスワーゲンの文脈では自社、敵対会社。 以下同様)の補給である p189。 ここで x S、y Sは自軍、敵軍の戦略用兵力、 x T、y Tは自軍、敵軍の戦術用兵力を表す p193-194。 戦略用兵力は敵の補給力に対してのみを攻撃を加えるが、戦術用兵力が攻撃を加えるのは補給力のみに限定されない p193-194。 なお、フォルクスワーゲンの文脈では、戦略的兵力とは他社の販売戦力を削ぐための間接的な販売戦力であり、戦術用兵力とは直接的な販売戦略である p197。 ここで k、lは何らかの定数である。 先述したように x Sは敵対会社の販売戦力を削ぐための間接的な販売戦力、 x Tは直接的な販売戦略であったから、間接的な販売戦力である x Sに投資できる余力があることが敵対会社に優位に勝てるための条件となる p197。 これはフォルクスワーゲンの「40パーセント・コントロール主義」とほぼ一致する数字である。 強者戦略および弱者戦略 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 しかし、それ以上に大切なのが、の段階によって、第1法則と第2法則のどちらを使って戦闘を行う グー・パー・チョキ理論 か、ということである。 強者戦略 [ ] 軍事における強者とは、兵員数が多い方の軍のことである。 ビジネスにおける強者とは、市場シェアが1位であることである。 第1法則と第2法則を比較すると、A軍の損害は、第2法則を適用したときのほうが少ない。 よって、強者であるA軍は、できるだけ軍力を残すように第2法則を適用できる戦場で戦うべきである。 マーケティング強者戦略 [ ] マーケティング戦略においては、様々な分野に手を伸ばすことで、間隙を突いてのし上がろうとする他社の行動を防ぐことができる。 一般化して述べれば、強者のとるべき戦略は追随戦略で、敵と同じ性能の武器を持ち、広い戦場で、多対一で戦い、を行い、力を総動員して圧倒することである。 弱者戦略 [ ] 軍事における弱者とは、兵員数が少ない方の軍のことである。 ビジネスにおける弱者とは、市場シェアが2位以下のことである。 第1法則と第2法則を比較すると、A軍の損害は、第1法則を適用したときのほうが多い。 よって、弱者であるB軍は、できるだけA軍を倒せるように第1法則を適用できる戦場で戦うべきである。 すなわち、実際の戦闘で言うならば、狭い谷間のような場所に軍を進め、たとえ銃や大砲を使用しても一人で多数を攻撃不可能な状況にして、接近戦・一対一の戦闘にもっていけば、A軍の損害を増やすことができる。 もちろん第1法則においても、多数であるほうが優勢であるのは間違いないので、敵を分散させて各個撃破していくことも大切である。 マーケティング弱者戦略 [ ] マーケティング戦略においては、一つの特殊な分野に特化することで、そこまで手を回す余裕のない大企業の隙()を突いてのし上がれる。 一般化して述べれば、弱者のとるべき戦略は差別化戦略で、敵より性能のよい武器を持ち、狭い戦場で、一対一で戦い、接近戦を行い、力を一点に集中させることである。 ただし、「武器性能の向上」「各個撃破」は、マーケティング戦略では「ひとつの分野に集中する」ことに相当するが、「第1法則を適用できる戦場で戦う」ということがマーケティング戦略において具体的に何を指すのかは、難しい所であろう。 関連項目 [ ]• - -• - - -• 文献 [ ] 原著・原論文 [ ]• ランチェスターの原著• Lanchester 1916. Aircraft in Warfare; The dawn of the fourth arm. Constable and Company Limited• クープマン分析の原論文• Koopman 1943. Quantitative aspect of combat. Office of Scientific Research and Development. Applied Mathematical Panel, Note 6, AMG Columbia University• エンゲルによる、でのランチェスターの法則の検証論文• Engel 1954. A verification of Lanchester's law. Operations Research 2:163-71 参考文献 [ ]• 自然の数理と社会の数理1 微分方程式で解析する. 日本評論社. その他関連文献 [ ]• Blackett, P. 1948. Operational research. Quarterly Journal of the British Association for the Advancement o Science 5:26-38. Dupuy, T. 1979. Numbers, predictions and war. Indianapolis and New York: Bobbs-Merrill. Huber, R. , L. Jones, and E. Reine, eds. 1975. Military strategy and tactics. Computer modeling of land war problems. New York: Plenum Press. Lanchester, F. 1916. Aircraft in warfare: The dawn of the fourth arm. London: Constable. Excerpted in vol. 4 of The world of mathematics, ed. Newman, pp. 2138-57. New York: Simon and Schuster. Morse, P. , and G. Kimball. 1951. Methods of operations research. Cambridge: Massachusetts Institute of Technology Press. Richardson, L. 1947. Arms and insecurity. Pittsburgh: Boxwood. Richardson, L. 1950. Statistics of deadly quarrels. Chicago: Quadrangle Books. Taylor, J. 1983. Lanchester models of warfare. Vols. 1 and 2. Alexandria, Va. :Military Applications Section of ORSA. Taylor, J. 1980. Force-on-force attrition modeling. Alexandria, Va. : Military Applications Section of ORSA. Weiss, H. 1957. Lanchester-type models of warfare. Proceedings of first International Conference on Operational Research, Oxford, September, pp. 82-98. Baltimore, md. : Operations Research Society of America.

次の

リンゴ・スターという生き方と存在感

スター ジョン の 法則

Photo: GETTY リンゴ・スターは、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンからザ・ビートルズに誘われてから56年を迎えたことを祝福している。 1957年に結成されたザ・ビートルズだが、リンゴ・スターはオリジナル・ドラマーのピート・ベストに代わって1962年に加入している。 リンゴ・スターは現地時間8月15日にザ・ビートルズに誘われてから56年を迎えたことを祝して次のようにツイートしている。 「56年前、8月15日の水曜日にジョンとポール、ジョージからザ・ビートルズに誘われたんだ。 僕にとって素晴らしい一日となったよ。 ピース&ラヴ」 リンゴ・スターのツイートはこちらから。 56 years ago Wednesday, 15 August John Paul and George invited me to become part of the Beatles it was a great day for me peace and love. — RingoStarr ringostarrmusic ザ・ビートルズのドラマーであるリンゴ・スターは先日、音楽の功績でナイトの称号を授与されている。 ポール・マッカートニーは20年前の1997年にナイトの称号が贈られている。 ザ・ビートルズの研究家であるマーク・ルイソンはリンゴ・スターにナイトの称号が授与されることについてEメールで声明を発表している。 「リンゴがこの栄誉を受けるのを嬉しく思います。 半世紀以上にわたってザ・ビートルズがどれだけ偉大だったことか。 なので、リンゴがポールに続いて母国で重要な勲章を受けることはふさわしいことだと思います」 ポール・マッカートニーもリンゴ・スターを祝福しており、ソーシャル・メディアに次のように綴っている。 「大きなお祝いの気持ちを、リンゴに! サー・リチャード・スターキーとは素晴らしい響きだね。 最高のドラマーで最高の仲間だよ」 また、オノ・ヨーコもツイッターでリンゴ・スターを次のように祝福している。 「親愛なるリンゴへ。 あなたが女王から栄誉を受けるとあって本当に喜んでいます。 いよいよですね。 大きなお祝いの気持ちを送ります! あなたとあなたの家族を嬉しく思います。 これはザ・ビートルズの家族全員にとって光栄なことですし、あなたのことが本当に大好きです」 一方、ポール・マッカートニーは先日、リバプール総合芸術大学で行われたQ&Aセッションの中でポール・マッカートニーは最も敬服しているミュージシャンとその理由について尋ねられている。 「ビートルズの仲間たちだね」と彼は答えている。 「ジョン(・レノン)はとてもクールだったし、ジョージ(・ハリスン)もリンゴ(・スター)もそうさ。 僕はジョンと1対1で仕事をできたから、世の中に知られる前に彼の曲を聴けたんだ。 僕はジョンの大ファンなんだよ」.

次の

リンゴ・スターという生き方と存在感

スター ジョン の 法則

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年12月) スタージョンの法則 (スタージョンのほうそく、:Sturgeon's law)は、の言葉から導きだされたである。 「常に絶対的にそうであるものは、存在しない」("Nothing is always absolutely so. ") スタージョンはまた、これより有名な格言も残している。 それは正確な名称としては「スタージョンの黙示(すっぱ抜き)」として知られているものであるが、現在では「スタージョンの法則」といった場合、実際にはこちらを指すことがほとんどである。 例えば、でもそのようになっている。 起源 [ ] スタージョンの法則はの編集者 ()との対談で初めて言及された(この対談は The New York Review of Science Fiction 7 and 8, March and April 1989として出版されている)。 それには「スタージョンの法則は元来、"Nothing is always absolutely so. " のことであった。 もう一つの方は「スタージョンの黙示」として知られている」とある。 「スタージョンの黙示」の初出は『Venture Science Fiction』誌(1958年3月号)である。 そこでスタージョンは、以下のように述べた。 そこではスタージョンは、現代文学に関するパネルディスカッションに参加した。 そこに参加していたの教授は、通俗SFから選んだどぎつい文をいくつか読んだ後、次のように言った。 「SFの9割はガラクタ(crap)だ。 」 スタージョンはこう切り返した。 「どんなものでも9割はガラクタ(crap)だ。 」 系 [ ] 「スタージョンの黙示」は時として以下のように拡張される。 系1: 遺憾ながらSFの中に膨大な量のゴミがあることは事実といえる。 だが、そこら中にゴミがあることは自然であるという他ない。 系2: 最良のSFはあらゆる領域における最良の小説に比肩する(これはわざわざ黙示から導出するまでもないので、系であるとする必要はない)。 異なる表現 [ ] 「スタージョンの黙示」を表現する場合、しばしばカス(crud)の代わりにガラクタ(crap)やクソ(shit)という用語が用いられる。 またごく稀にではあるが、もっと楽観的な第2の文節が加えられることもある。 解釈 [ ] 「スタージョンの黙示」の意味は、本人によって詳細に明示されている。 「最低の作例を引っ張り出しては叩く」という悪意の攻撃に対して、自分から直接反撃しているのだ。 なぜならば、SFは他の芸術/技術の産物と同様の質的傾向を示しているに過ぎないからである。 また、「スタージョンの法則(黙示)」はの一例と見られる場合もある。 創作一般に関して [ ] 他方で、「一定の名作を生むジャンルには、常に多量の駄作がある」という風に言い換えることもできる。 例えばゲーム業界であれば、名作ゲームの影には常に大量のがあるということになる。 多量の駄作の存在は、それらを受け入れる市場の存在を前提にするが、それが存在しないジャンルは名作を生み出せない。 そのような駄作は、駆け出しの制作者の修練の場でもあるからである。 それを失ったジャンルは、後継者を失って先細りになりがちである。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - James Gunnによる法則の起こり。 「推理小説やウェスタン映画は最良の部分で評価されるのに、SFはクズの部分で評価される」といっている。 The New York Review of Science Fiction 85, September 1995に出版された The Ultimate Egoist : Volume 1 The Complete Stories of Theododore Sturgeon への補足(英語).

次の