古墳 発掘。 侍塚古墳(さむらいづかこふん) 国指定史跡

雪野山古墳の発掘調査|東近江市埋蔵文化財センター

古墳 発掘

は、日本最大の古墳にしての代表例。 は 百舌鳥耳原中陵 ( もずのみみはらのなかのみささぎ )と呼び、の(別名:仁徳天皇陵)と 治定 ( じじょう )している。 画像は を基に作成。 古墳(こふん)とは 、原義・第1義としては「古い」「古人の墓」を意味する。 少なくとも中期以来の()であるが 、第2義・的語義・以降の語義としては「(封土)をしたの」「」を意味する。 そしてまた、最狭義には、の古代に属する一(という)に築造された特定の形態の墳丘墓を指す用語である。 高塚(たかつか)ともいう。 において位の高い者や権力者の墓として盛んに築造された。 「古墳」という日本語は、古代 から にかけては「古人の墓」全般を指す語であったが 、墳丘をもつ墓が知られていたより古い時代()にも存在することが考古学の発展によって判明して以来 、「出現以降の、墳丘をもつ古い墓」を指す語に変わり 、弥生時代に続く古墳築造の隆盛期を「 」と呼ぶようになった。 なお、 本項はこれ以降、特筆しない限りは日本の古墳について解説する。 現代日本語「古墳」に相当する現代は が通例であるが、"ancient burial mound" など ( 意:、墳丘墓、ほか)に説明を付け加える形でのかなり曖昧な言い回し も多く、特に日本に限定する場合は "in Japan" を付け加える などする。 概要 [ ] 考古学者・は「造成や経営を積極的に進めたたちが、自らが開発した地域を見渡せる場所に古墳を造営していった」と説明している。 古墳は、規模や化粧方法の違いによって類別されるほか、その平面形状、さらに埋葬の中心施設である主体部のやによって細かくされている。 墳丘の築造にあたっては、盛り土部分を堅固にするため砂質土や粘性土を交互につき固める工法で築成されるものも多いこと、こうした工法はやに大規模な建物の基礎を固める工法として広く使用されていることが、修繕時の調査などで判明している。 北海道式古墳としてがある。 7世紀から10世紀に北部やで造られた墳墓で、「蝦夷塚」とも呼ばれる。 発生 [ ] 古墳は、規模・形状、およびその他の要素において、の墓制にとって変わったものでなく、非常に変化した墓制としてあらわれた。 それは、特定少数の埋葬法であり、同時代の集団構成員の墓と大きく隔たっている。 さらに、地域的にも不均等に出現する。 古墳の発生は、墓制の単なる変化や葬送観念の変化にとどまらず、社会・政治の全般に関わる問題として現れた。 古墳発生の問題は、戦前から議論されていた。 その中で、この問題を日本古代国家の形成途上におけるの課題として位置づけたのはであった。 具体的には、伝世鏡論 と同笵鏡 論を展開した。 この両論に疑問を表明したのは、、、伝世鏡論に疑問や同笵鏡の分有関係の解釈について斎藤忠、系統的・理論的に批判した内藤晃、鏡の賜与だけをもって大和政権と地方首長との政治関係の成立を考察するのは困難とするなどがいた。 所在地・数 [ ] ここでは、日本における周知の古墳の数について解説する。 周知の古墳は「」の代表的な一つであり、未調査・未認定のものが加わったり破壊されて消滅することによって数が変動する。 周知の古墳の数(別) - (平成13年度)末付け、発表。 第1位 (16,577基)、第2位 (13,112基)、第3位 (13,094基)、第4位 (11,311基)、第5位 (11,310基)。 全国総計 161,560基。 周知の古墳の数(都道府県別) - 度(平成29年度)末付け、文化庁、2018年(平成30年)5月21日発表。 第1位 兵庫県(17,647基)、第2位 鳥取県(12,546基)、第3位 京都府(11,556基)、第4位 (11,038基)、第5位 千葉県(10,494基)。 都道府県別で最も数が多いのは兵庫県であり、この順位が変動する可能性は目下のところ低い。 しかし2位以下は大きな変動を見せている。 形状 [ ] も含めて往時の姿を復元された(4世紀末-5世紀初頭。 五色山に所在)は、日本で最初に復元整備が行われた古墳である。 日本の古墳には、基本的な形の・を始め、、、()・(・)・・()・()などの種類がある。 また、・・()・などの山が2つある古墳もある。 主要な古墳は、山が2つあるタイプの古墳であることが多い。 その他、墳丘を石で構築した、石室に線刻、絵画などを施した、石室の壁に絵画を細越した壁画古墳(・)、埋葬施設の一種であるなどがある。 が葬られる埋葬施設には、様々な形状が見られる。 古墳は、「不樹( きうゑず)」すなわち木を植えず、大規模に封じて()造成された。 完成後は手を加えがたいあるいは足すら踏み入れがたいのような区域になり、何らかの思想を背景にあえてそうしたのか、単に放置するしかなかったがゆえかは分からないが、盛られたを苗床にして自然のが施設全体を覆ってゆくに任せる状態になるのがほとんどで、長い時間が経過することにより、あたかも自然のようになる。 つまり、往時の古墳は自然豊かな環境の中に忽然と現れた草1本生えない巨大な的人工構造物であったが、時が流れて、今ではほとんどの古墳が植生豊かな自然の領域に変容している。 周辺が民家やビルの建ち並ぶになった古墳も多く、往時とは正反対に、人工構造物の区域に囲まれた緑地になっている。 なお、やのように造成当時の状態に復元されたものもある。 埋葬施設 [ ] 古墳に用いられる埋葬施設には、竪穴系のものと横穴系のものとがある。 高塚山1号墳の石室/元は兵庫県多聞町に分布する高塚山古墳群に属していた古墳の石室で、西神中央公園(神戸市糀台6丁目所在)に移されたもの。 基本的にその構造から追葬はできず、埋葬施設内に人が活動するような空間は無い。 ・・・などがある。 このうち、は、墓坑の底に棺を設置した後、周囲に石材を積み上げて壁とし、その上から天井石を載せたものである。 前期から中期に盛行する。 は、墓坑底の木棺を粘土で何重にもくるんだもので、竪穴式石槨の簡略版とされる。 古墳時代前期中頃から中期にかけて盛行した。 は、板状の石材で遺骸のまわりを箱状に囲いこむもので、以来の埋葬法である。 木棺直葬は、墓坑内に顕著な施設を造らずに木棺を置いただけのもので、以来の埋葬法である。 横穴系のものは、地上面もしくは墳丘築造途上の面に構築され、その上に墳丘が造られる。 ・などがある。 横穴式石室は、通路である部と埋葬用の空間である部をもつ。 石室を上から見たとき、羨道が玄室の中央につけられているものを「両袖式」、羨道が玄室の左右のどちらかに寄せて付けられているものを「片袖式」と呼ぶ。 玄室内に安置される棺は石棺・木棺・乾漆棺など様々である。 玄室への埋葬終了後に羨道は閉塞石(積み石)や扉石でふさがれるが、それを空ければ追葬が可能であった。 古墳時代後期以降に盛行する。 横口式石槨は、本来石室内に置かれていた石棺が単体で埋葬施設となったもので、古墳時代終末期に多く見られる。 棺 [ ] 古墳時代には死者を棺に入れて埋葬した。 棺の材料によって、 、、、などがある。 木棺のうち、刳り抜き式のものは、巨木を縦に2つに割って、それぞれの内部を刳り抜き、蓋と身とが作られたものと考えられ、「」と呼び習わされている。 ただ、巨木を2つに割るとはいうものの、竹を2つに割るように簡単にはいかないので、用語として適切かどうかを指摘する者もいる。 次に、「組合式」といわれる木棺は、蓋、底、左右の側板、計四枚の長方形の板と、前後の方形の小口板、時には別に仕切り板が付くこともあるが、2枚とを組み合わせて作った。 木棺は、土に埋め土を被せていた。 日本の古墳の体積と築造に要した労働力 [ ] 必要労働力の推定 [ ] 古墳には大小様々あり、その体積を計算すると、前方後円墳に限定しても約210万立方メートルの大仙陵古墳(2018年4月13日から墳丘が一回り大きくなったため、現在労働力の見直しを検討中)といった巨大なものから、約400立方メートルの小型のものまで差が大きい。 古墳の体積から必要労働力を推定した研究 はいくつかあるが、その中でも仁徳天皇陵とされる大仙陵古墳についてが算出したもの が精緻である。 大林組による算定にあたり、いくつかの前提・推定が与えられている。 計画の前提条件• 建設時期は現在(1985年)とし、仁徳天皇陵と全く同規模の墳墓を古代工法により再現する。 建設の範囲は墳丘・2重濠までとし、3重目の濠や陪塚は含まない。 工事は現代人が古代工法で行い、古代工法は古墳時代当時の土木工事に従う。 建設場所は現在の陵の敷地とし、地表は雑草・灌木に覆われた洪積台地とする。 客土材は陵の西側の土取り場より採取する。 葺石は石津川から採取する。 工事関係者の労働条件・労働賃金などは現在の社会に従う。 施工条件• 建設用工具は鉄製または木製のスキ、モッコ、コロを使用する。 労働者はピーク時で1日2000人とし、牛馬は使用しない。 作業時間は、1日8時間、ひと月25日間とする。 建設事務所は陵の敷地内、労務宿舎を客土採取場の中に置く。 その他前提条件• 作業員数をピーク時で日当たり2000人と設定。 伐開除根面積は36. 86万平方メートル。 墳丘土量140. 5866万立方メートル、外濠掘削・盛土13. 9万立方メートル、内濠掘削・盛土59. 9万立方メートル、客土掘削・盛土74. 2万立方メートル。 葺石536. 5万個(1. 4万トン)。 埴輪1. 5万個。 葺石運搬のための水路を掘削。 埴輪の製造は工事見積もりに含まない。 見積もりした工程別の施工期間• 伐開除根・地山均し:3. 3ヶ月。 測量・地割・丁張りほか:2. 3ヶ月。 外濠掘削・盛土:11. 4ヶ月。 内濠掘削・盛土:46. 1ヶ月。 客土掘削・盛土:103ヶ月。 葺石運搬用水路掘削:5. 2ヶ月。 葺石採取・設置:142ヶ月。 埴輪設置:48ヶ月。 石室工事:6ヶ月。 運搬路撤去:6. 1ヶ月。 後片付け:3. 2ヶ月。 総工期:15年8ヶ月(並行工程があるため上記合計より短い)。 見積もりした工程別の作業員数• 土掘削:67万人。 土運搬:446万人。 盛土:24. 3万人。 伐開除根、測量、排水工事その他:43. 4万人。 葺石採取と選別:8万人。 葺石運搬:9万人。 葺石設置:2. 5万人。 埴輪工程:埴輪製造の作業員については不確定要素が多く除外。 施工管理:作業員10人に1人の世話役を配する労務編成を単位とし、ピラミッド型の階層構造になっていたと想定。 総作業員数:680. 7万人。 総工費:796億円(1985年当時の貨幣価値) 設計値としての古墳の体積 [ ] 上記の労働力推定の研究にとって、体積の把握が大前提となっている。 263年と言えば日本では古墳時代の最初期に相当する。 は現代の補足。 今有冥谷、上廣二丈、袤七丈、下廣八尺、袤四丈、深六丈五尺。 問、積幾何。 荅曰、五萬二千尺。 載土往來二百步、載輸之間一里、程行五十八里。 六人共車。 車載三十四尺七寸。 問、人到積尺及用徒各幾何。 荅曰、人到二百一尺五十分尺之十三、用徒二百五十八人一萬六十三分人之三千七百四十六。 術曰、以一車積尺乘程行步數爲實。 置今往來步數、加載輸之間一里、以車六人乘之爲法。 除之、所得卽一人所到尺。 以所到約積尺、卽用徒人數。 今、冥谷有り、上広二丈、袤七丈、下広八尺、袤四丈、深六丈五尺。 問う、積は幾何ぞ。 答えに曰う、五万二千尺。 土を載して往来すること二百歩、載輸の間一里、程行五十八里。 六人、車を共にす。 車に載すること三十四尺七寸。 問う、人の到す積尺及び用徒、各々幾何ぞ。 答えに曰う、人の到すこと二百一尺五十分尺の十三、用徒二百五十八人一万六十三分人の三千七百四十六。 術に曰う、一車の積尺を以て程行歩数に乗じて実と為す。 今の往来歩数を置き、載輸の間一里を加え、車六人を以て之に乗じて法と為す。 之を除すれば、得る所は即ち一人の到す所の尺なり。 到す所を以て積尺を約せば、即ち用徒の人数なり。 角括弧[ ]内は補足文。 丸括弧( )内は解説文。 今、冥谷がある。 問う、体積は如何ほどであるか。 答えにいう、52000立方尺。 [荷車に]土を積載して往復すること200歩、積み卸し分は1里、規程の仕事量は歩行距離58里である。 6人で1台の荷車を共に使う。 [1台の荷車の]積載量は34. 7立方尺。 問う、1人が運び出す体積及び必要な人夫の延べ人数は、それぞれ如何ほどであるか。 術にいう、荷車の積載量を規程の仕事量の歩数に掛けて、実とする。 今の往来の歩数を置き、積み卸し作業分1里を加え、車6人をこれに掛けて、法とする。 実を法で割ると、得られた値は、すなわち1人の運び出す体積である。 その体積で冥谷の容積を割ると、すなわち必要人夫数になる。 この内容から、古代中国では墳墓を築く際、その土木工事の施工計画に体積を用い、労働力の計算を実際に行っていたことを窺い知れる。 日本でも古墳築造時において、設計値としての土量あるいは体積が、古墳の計画的築造を決定・把握する上で非常に重要な数値であったとする考え方がある。 古墳時代の終焉 [ ] 薄葬と厚葬 [ ] には、に関して「厚葬」と「薄葬」という2つの対立する考え方があった。 両者には葬儀が手厚いか簡略かの違いがあり。 その考え方の違いの根底には異なったが存在していた。 墳丘を造っているかどうかで、厚葬( こうそう)か薄葬( はくそう)かの違いを区別することができる。 つまり、死後、墓とした土地を永久にできるかどうかで区別する。 日本のは、厚葬から薄葬へと形式が移行したことで終わりを遂げ、が到来した。 薄葬令 [ ] [大化二年]三月癸亥朔(... ) 甲申、詔日、朕聞、西土之君、戒其民日、古之葬者、因高爲墓。 不封不樹。 棺槨足以朽骨、衣衿足以朽宍而己。 故吾營此丘墟、不食之地 欲使屠代之後、不知其所。 無藏金銀銅鐵。 一以瓦器、合古塗車・蒭靈之義。 棺漆際會三過。 飯含無以珠玉。 無施珠襦玉柙。 諸愚俗所爲也。 叉日、夫葬者藏也。 欲人之不得見也。 廼者、我民貧絶、專由營墓。 爰陳其制、尊卑使別。 夫王以上之墓者、其内長九尺、濶五尺。 其外域、方九尋、高五尋。 役一千人、七日使訖。 其葬時帷帳等、用白布。 有轜車。 上臣之墓者、其内長濶及高、皆准於上。 其外域、方七尋、高三尋。 役五百人、五日使訖。 其葬時帷帳等、用白布。 擔而行之。 (蓋此以肩擔輿而送之乎)。 下臣之墓者、其内長濶及高、皆准於上。 其外域、方五尋、高二尋半。 役二百五十人、三日使訖。 其葬時帷帳等、用白布、亦准於上。 大仁・小仁之墓者、其内長九尺、高濶各四尺。 不封使平。 役一百人、一日使訖。 大禮以下、小智以上之墓者、皆准大仁。 役五十人、一日使訖。 凡王以下、小智以上之墓者、宜用小石。 其帷帳等、宜用白布。 庶民亡時、牧埋於地。 其帷帳等、可用麁布。 一日莫停。 凡王以下、及至庶民、不得營殯。 凡自畿内、及諸國等、宜定一所、而使収埋、不得汚穢散埋慮々。 凡人死亡之時、若經自殉、或絞人殉、及強殉亡人之馬、或爲亡人。 藏賓於墓、或爲亡人、断髪刺股而誅。 如此奮俗。 一皆悉斷。 或本云、無藏金銀錦綾五綵。 又曰、凡自諸臣及至于民、不得用金銀。 縦有違詔、犯所禁者、必罪其族。 引用元は明らかに『』の巻1「武帝紀」と巻2「文帝紀」であり、よって、ここでの「西土の君」とは(魏の武帝)と(魏の文帝)のことと分かる。 内容を見るに、従来の墓の規模に比して遙かに縮小しており、簡素化している。 つまり、厚葬の時代は過去となり、世は薄葬の時代へと移行していた。 これらの知見から判断して、現代の研究者は大化2年に敷かれた係る葬制を「薄葬制」と呼ぶようになった。 この詔が発せられた社会的背景としてとの関わりを指摘する 研究者 [ ]もいる。 未盗掘古墳の重要性は、との位置関係(どの遺物が、どの遺構のどの場所に、どのような形で副葬されていたか)を当時のまま伝えてくれるところにあり、その情報が記録されていなければ価値を大きく損ねてしまう。 また、複数の埋葬施設を有する古墳では、そのいくつかが未盗掘状態で残されていることがあり、そのような場合は「準未盗掘古墳」などと呼ばれる。 古墳が盗掘されることなく残されたパターンは、次の二つがある。 一つはそこが古墳であると認知されていなかったというパターンで、にとして利用された滋賀県などが当てはまる。 また、最近の調査では、未盗掘またはほぼ未盗掘であることが判明した場合、あえて発掘せずに埋め戻すこともあり、2010年(平成22年)に調査された兵庫県などはその一例である。 宮内庁管理下陵墓 [ ] ・・がされているとの埋葬されているを合わせたと、陵墓の参考地は、以降現在では(以前はその前身機関)が管理下に置いている。 および後身の現・宮内庁は管理下になる陵墓について、学術調査を含む一切の立ち入りを厳しく制限しており、や等の学術団体の調査要求であっても基本的に拒否の方針を執ってきた。 許可がほとんど下りることなく、下りたとしても極めて限定された範囲に抑えられているため、係る分野の研究は重要な部分の知見を欠いたままでの発展を余儀なくされてきた。 なお、陵墓の埋葬者の比定はの・などの手による文献研究を踏襲し、時代にが決定したもので、その後の考古学研究の進展により、緻密な編年作業が進展し、考古学者の比定と齟齬が生じているものも見られるようになった。 宮内庁が管理する陵墓は、を中心に、北はから南はまでの1都2府30県に亘って分布している。 箇所数としては、同域のものを一つと捉えることから、460箇所を数える(2020年時)。 宮内庁が管理する陵墓を墳丘長の長いほうから順に挙げれば、以下のとおり。 内容は、左から順に、1. 宮内庁管理下の墳墓のランキング 、2. ( )内に宮内庁管理外の古墳も含めた全国ランキング 、3. 宮内庁治定の埋葬者名に準じた名称の一つ、4. ( )丸括弧内に的名称、5. 墳丘の全長。 第1位(第1位) 陵() 525m• 第2位(第2位) 陵() 425m• 第3位(第3位) 陵() 360m• 第4位(第6位) 畝傍陵墓参考地() 310m• 第5位(第8位) 陵() 300m• 第6位(第11位) 大市墓() 280m• 第7位(第12位) 陵() 275m 宮内庁は等の祭祀を現在も行っており「陵墓の静安と尊厳の保持」等の理由で 補修時の限定的な見学を除いて陵墓の学術調査を規制していた。 しかし、2005年(平成17年)に日本考古学協会などの15の学会が調査を認めるよう要請したことを受け 、2007年(平成19年)1月に陵墓管理の内規を改め、墳丘部への立ち入りや写真撮影を認めるようになった。 最初に許可が下りて調査されたのは、2008年(平成20年)2月に実施された陵() であった。 その後、3基を経て、2011年(平成23年)2月18日には陵()に天皇陵で初めての許可が下され 、に調査された。 2013年(平成25年)2月20日午前実施の大市墓() 、同日午後実施の衾田陵() など、この日までに9つの陵墓で立ち入り調査が行われている。 2015年(平成27年)2月20日には陵()の調査が 、同年12月4日には陵()の調査が行われた。 2018年(平成30年)10月15日には( cf. )に登録されて間もない陵()に許可が下され 、11月22日に宮内庁とが共同で発掘調査を実施したが、これは(前身機関も含めて)宮内庁が外部機関と共同で行う初めての発掘調査となった。 研究者は陵墓の文化財としての側面を認めるものとして歓迎しており、発掘を含めさらに調査を拡大するように求めている。 研究者 [ ]• (1768年 - 1813年)• 江戸時代後期の。 山陵(天皇陵)を踏査して『』を著した。 「」という用語を初めて使った。 (1842年 - 1922年)• 明治政府がより大阪造幣寮(現・)に招聘した兼技師で、( 西暦換算:)から(明治21年)にかけての16年に亘る滞日中に、本務の余暇をみてはこつこつと古墳研究を進めていった。 当時の日本人のほとんどは彼の研究の内容と意義を知らなかったが、のちに「日本考古学の父」と讃えられることとなる。 ゴーランドは帰国して9年後のに " The dolmens and burial mounds in Japan( :日本のドルメンと古墳)"を、次いで翌に " The Dolmens of Japan and their Builders( 和題:日本のドルメンとその築造者)" を発表した。 日本の古墳のなかでもとりわけゴーランドを惹きつけたのは、巨石を使って構築されたであった。 彼が調査した横穴式石室は460基で、そのうち実測図を作成してデータを計測したのは130基であった。 調査地域はからの15府県に亘っている。 課題 [ ] 環境の影響という面でも、が劣化した例に顕著なように、外部から持ち込まれたもの( かび、など)が汚染を招くという事態が多くなっている。 観光化に伴うこうした例はと密着しているために根絶を求めるのは難しく、古墳やの保護のためにできるだけを最小限に留めるのが今後の課題となっている。 古墳の破壊も後を絶たない。 古墳時代にすでに古墳が破壊されていたことが発掘などにより明らかになっているが、これらは政治的意図と思われる。 しかし年月が経過すると、土地使用に供するために古墳を破壊するようになった。 古くは、建設のために(平城天皇陵)の一部などが破壊された。 のための破壊は歴史を通じて見られた。 中世には高台や水濠を備えていたことからへの改修に最適地形とされ、特にやによって多くが破壊された。 には、なかでもには、造成を事由に数多くの古墳が破壊されてきた。 大戦後に破壊された最大の古墳は全長168メートルを誇っていた(大阪府に所在した)で、1949年(昭和24年)の宅地造成工事で全てを削り取られて消滅した。 しかしその後、破壊の危機に瀕した同じく堺市のの保存運動などをきっかけに、古墳は保存すべき文化財であるとの認識が広まり、大規模な破壊は無くなっていった。 とは言え、2005年(平成17年)にはが破壊されるなど、小規模な古墳の破壊は後を絶たない。 また、工事の最中に発見された小さな古墳が、公にされないまま、文化に対するの低い者によって破壊されている可能性は常にある。 古墳の名前 [ ] 日本にある近現代のの名称は、その遺跡の古来の所在地名に倣って、その地の( おおあざ)や( こあざ)を付けることを原則にしている。 しかしそれが、例えば「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」などといった地名は、日本各地にいくらでもある。 また、なかには同じ内や同じ内に複数存在する場合まであり 、そういったものはが進行に連れてますます増化傾向にある。 長崎県にある「」や「」のように、元の土地所有者のを固有名詞的構成要素とする珍しい古墳名もある。 後世の城砦化 [ ] で描画した のの形態の一つである「」は、のがとを備えていることから、この地形を利用して構築されている。 同じように、古墳も堀と高台を備えているため、この地形を利用して後の世に城砦が築かれることもあった。 城砦に利用された古墳の一覧 [ ] 都道府県の記載順は に準じる。 この一覧はです。 して下さる。 関東地方• - 埼玉に所在。 の際にが陣を構えた。 - 埼玉県に所在。。 中部地方• - 市場に所在。 岩崎城。 - 愛知県に存在した。 の際に陣営の砦として利用され、田中砦と呼ばれた。 - 愛知県青塚新町に所在。 小牧・長久手の戦いの際に豊臣秀吉陣営の砦として利用され、青塚砦と呼ばれた。 近畿地方• - 東上坂町に所在。 織田信長・徳川家康が陣として利用し龍ヶ鼻砦と呼んだ。 - 滋賀県新巻町・上羽田町・川守に所在。 室町時代に雪野山城が建てられた。 - 郡家新町に所在。 年間(1716-1736年間)にまとめられた『摂津志』に「今城陵在郡家村永禄中城営」とあり、城として利用されていた記述がある。 - 大阪府津堂に所在。 河内小山城。 - 大阪府藤井寺市藤井寺に所在。 - 大阪府に所在。 が建てられ、戦国大名・の本拠地として利用された。 - 大阪府西大塚・羽曳野市南恵我之荘に所在。 丹下城。 - 大阪府松原市一津屋町に所在。 戦国時代に一津屋城となった。 - 大阪府池尻町に所在。 の際にが砦として使用した。 - 大阪府大仙町に所在。 国見城。 - 大阪府堺市黒山に所在。 - に所在。 柳本城。 - 奈良県狐井・良福寺に所在。 中世から近世にかけて城砦として利用された。 狐井塁と呼ばれていた。 中国地方• - 新庄下に所在。 で砦として二次利用された。 確認中• - に存在した。 歴史に名があるが、もととなった古墳とともに現存しない。 また高屋城との混同も見れれる。 - 大阪府に存在した。 古墳だと言われているが古墳とも中世の城郭跡とも明確な結論がつけにくい構造となっている。 - 大阪府百舌鳥西之町に存在した。 の比定地説が有力。 - 大阪府堺市北区百舌鳥梅町に存在した。 の比定地説が有力。 - 大阪府堺市深井中町に存在した。 歴史に名があるが、もととなった古墳とともに現存しない。 高木大塚城 - に存在した。 を攻める際に織田信忠が陣を構えた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] 粵左相府、曩志内催、木幡 古墳、草創新寺。 当時の(漢語)との関係・由来についての資料は未確認。 その問題とは別に、現代中国語では「 古墳( : 古坟)」といい、現代日本語の「古墳」とはあるいは部分同義語の関係で、「古墳」や「古代の墓」を意味する。 ancient tomb mounds in Japan など。 小林の伝世鏡論の筋道は、大体において以下のようなものである。 中期やの中国鏡が永く伝世されたものであることを最初に指摘したの見解を継承した小林は、鏡の永年伝世行為は単なる秘蔵ではなく、鏡(宝器)の伝世こそは首長が宗教的信望を獲得し、その権威を保証されるという目的に使用されたと推測した。 また、それは古墳が出現する前の時代の状況を表していると推定した。 そしてこのように大事な鏡(宝器)を古墳に埋納するようになったのは、もはや鏡のもつ神威によって首長の権威が保証される必要がなくなったからであり、古墳の発生は新しい権威の象徴・表徴であると捉えた。 同じ原形または同一の鋳型から鋳造された鏡。 によって棺材料に使われたの実年代が確定すれば、被葬者の没年に近い年代を求めることができる。 現在、コウヤマキの暦年標準パターンは西暦22年から741年まで完成している。 このセクションでは、許可を下ろす側が主体ということで、「仁徳天皇陵(大仙陵古墳)」などといった、考古学的視点とは異なる皇族視点の記載方法を執った。 例えば、かつての・現在のの地理的にも近い牧野と禁野にあると。 例えば、かつての・現在のの地理的には遠いと木の岡にあると。 ほかにも、枚挙にいとまがない。 もっとも、倉賀野町の前身であるも、中大類村と柴崎村も、江戸時代にはの、領内の集落で、その意味では最初からこの地域に重複して存在していた。 出典 [ ]• 2020年2月18日閲覧。 コトバンク. 2020年2月18日閲覧。 コトバンク. 2020年2月18日閲覧。 コトバンク. 2020年2月18日閲覧。 コトバンク. 2020年2月18日閲覧。 コトバンク. 2020年2月18日閲覧。 コトバンク. 2020年2月18日閲覧。 『旺文社日本史事典』3訂版. コトバンク. 2020年2月18日閲覧。 日国友の会. 2020年2月18日閲覧。 日中対訳辞書. 株式会社. 2020年2月18日閲覧。 on the WEB. 2020年2月18日閲覧。 Weblio辞書. 株式会社. 2020年2月18日閲覧。 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年2月18日閲覧。 [ ]• 公式ウェブサイト. 兵庫県教育委員会. 2020年2月17日閲覧。 『』2018年5月21日夕刊1総合. コトバンク. 2020年2月18日閲覧。 古墳にコーフン協会 2016年3月3日. 2020年2月17日閲覧。 [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]、ほか多数。 [ ]• [ ]• 日本書紀について. 2020年2月20日閲覧。 , p. , p. NIKKEI STYLE. 、 2010年11月27日. 2020年2月18日閲覧。 [ ]• [ ]• 「」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2008年1月18日。 [ ]• 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 「」『』、2013年2月20日。 [ ]• 今井邦彦(編集委員)「」『』、2015年2月20日。 2020年2月17日閲覧。 今井邦彦・栗田優美(編集委員)「」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2015年12月4日。 2020年2月18日閲覧。 「」『』、2018年10月15日。 2020年2月17日閲覧。 安藤健二「」『ハフポスト日本版』、2018年10月16日更新。 2020年2月17日閲覧。 「」『』、2018年11月22日。 2020年2月17日閲覧。 「」『毎日新聞』毎日新聞社、2018年11月23日更新。 2020年2月17日閲覧。 [ ]• , pp. 9-10. 犬山市 教育部 歴史まちづくり課 2016年12月21日更新. 公式ウェブサイト. 2020年2月17日閲覧。 東近江市教育委員会 埋蔵文化財センター 2011年3月. 公式ウェブサイト. 2020年2月17日閲覧。 , pp. 139-148. , p. 松原市 市長公室 秘書広報課 2018年12月13日更新. 公式ウェブサイト. 2020年2月17日閲覧。 岸和田市 生涯学習部 郷土文化課 2018年7月2日. 公式ウェブサイト. 2019年5月22日閲覧。 [ ] 参考文献 [ ] この節で示されている出典について、該当する記述が 具体的にその文献の何ページあるいはどの章節にあるのか、。 ご存知の方はをお願いします。 ( 2020年2月)• 「弥生時代の年輪年代」• 葛原克人・古瀬清秀, 編纂. 「」『吉備の古墳』第3巻、。 「古墳発生を巡る諸問題」『日本考古学研究序説』、2001年3月23日、増補版。 近藤義郎「古墳発生を巡る諸問題」• ヴィクター・ハリス、後藤和雄、ほか(執筆)『ガウランド日本考古学の父』ヴィクター・ハリス、後藤和雄(責任編集)、訳、、2003年8月1日。 『未盗掘古墳と天皇陵古墳』、2013年5月27日。 1897 英語. The dolmens and burial mounds in Japan. Nichols and Sons. Gowland, William 1898 英語. The dolmens of Japan and their builders. London: Transactions and proceedings of the Japan Society,. Kenyon, John R. 2005 英語. Medieval Fortifications. ; :. 宮内庁書陵部, 編纂. 「」『書陵部紀要』第5号、、1955年3月。 「応神、仁徳、履中三天皇陵の規模と造営」• 福島大学史学会, 編纂. 「福大史学 31号」『福大史学』第31号、福島大学史学会、1981年2月。 鈴木啓「史跡亀ヶ森古墳の土量と労働量」• 「大阪文化誌」編輯部, 編纂. 「」『大阪文化誌』通巻16号、大阪文化財センター、1983年7月。 石川昇「大阪府の前方後円墳地名表」• 「」『考古学研究』第31巻第1号、、1984年6月。 石川昇「大和の前方後円墳と体積」• 「」、京都考古刊行会、1985年7月1日。 石川昇「丹波・山背の前方後円墳と堆積」• 「」『季刊大林』第20号、、1985年。 大林組プロジェクトチーム「現代技術と古代技術の比較による仁徳天皇陵の建設」• 「」『石川考古学研究会々誌』第31号、石川考古学研究会、1988年。 藤井明夫「平面プラン・体積にみる雨の宮1・2号墳」• 「」『日本考古学』第10巻第15号、2003年、 :。 「今城塚古墳の調査成果」 pp. 139-148。 2010年6月3日. 公式ウェブサイト. 2020年2月18日閲覧。 関連文献 [ ]• 『』・・熊野正也 編、、1989年9月19日。 『』大塚初重・小林三郎 編、東京堂出版、2002年9月24日。 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

「特別史跡高松塚古墳」発掘調査計画(案)

古墳 発掘

こんにちは。 ブログ係のYです。 昨日は雨で休みとなったため、二日ぶりの作業です。 本日も引き続き、古墳の地形を確認するための 平板測量を行いました。 スタッフを立てる期待のW氏(3回) 平板測量はただ平板に図をかいていくだけでなく スタッフと呼ばれる高さを測る棒を持つ人 レベルという器械で高さを読み取る人 平板とスタッフまでの距離を測る人 などの協力が不可欠で チームワークが問われる作業です。 さて、測量が終わると 設定した調査区で 本格的な発掘調査に入ります。 調査区では熱い議論が展開されています 本格的に掘っていくのはこれからですが 調査区の展望について学生たちの間で熱い議論が交わされました。 団員のやる気もみなぎってきています。 今後の展開にご期待ください。 今日は今年度の調査で発掘する調査区(実際にスコップを入れる場所のこと) の範囲を設定しました。 ビニールテープで範囲を区画します この設定にもとづいて、これから実際に掘削を始めていきます。 考古学の調査では、むやみやたらと掘っていくのではなく、 事前にしっかりと狙いを定めておくことが大切なのです。 また並行して、古墳が築かれた場所の地形を確認するために、 平板測量を行いました。 昨年とれていなかった場所の続きをとっていきます。 チームワークが、試されます。 1年ぶりの山登り&調査に対し、団員もしだいにエンジンがかかってきました。 今後も体調に気を付けて頑張っていきたいです! 投稿者 投稿日: こんばんは、ブログ担当のI. Mです。 本日から八州嶺古墳の現地作業が本格的に始まりました。 本日は発掘調査の前段階として、杭の打ち込みや伐採作業などを行いました。 まず測量調査を行う際の基準となる杭を設置しました。 杭を打ち込む大学院生達 地道で大変ですが明日のための大事な作業です。 測量の邪魔になる草木も片づけたりして、なかなか体力を使いました… また初参加の団員に対して説明を行いました。 みなさん熱心にきいています 皆興味深く聞いていたように思います。 彼らのこれからの活躍に期待です。 杉井先生と高橋先生 また本日は、熊本大学の杉井先生も見学にお越しになり、調査について色々とアドバイスをいただきました。 調査団への差し入れもいただき、明日の活力になりました。 本当にありがとうございました! 明日以降更に調査が進んでいくかと思いますので、ぜひ今後ともブログをチェックしてみてくださいね…! 投稿者 投稿日: こんにちは。 まもなく、今年度の八州嶺古墳調査がスタートします。 今日は現地での調査開始に先立って、事前勉強会と結団式が行われました。 初めて発掘調査に参加する人も多く、皆集中して発表を聞いていました。 大学院生が調査の流れをレクチャーします 今年度の調査の目的は次の通りです。 しかし、2015年に大阪大学考古学研究室が行った踏査によって、この地点がたしかに古墳であること、更には、近在する万籟山古墳に匹敵する規模の前方後円墳である可能性が高まりました。 そこで、今回の調査では、古墳の前方部と後円部に調査区を設け、墳長を確定させることを目指します。 ですので、今回の調査でも、出土した埴輪を分析すれば、古墳が築造された時期に迫ることができるのです。 今後も、こまめにブログを更新していきますので、皆さんご覧いただければ幸いです。 コメントも待ってます! 投稿者 投稿日: 先週で万籟山古墳の調査も終了いたしましたが、最後に改めて御礼およびご連絡をさせていただきます。 今年度の発掘調査はこれで終了となります。 現地のご指導いただいた方はじめ調査に携わってくださった全ての皆様に厚く御礼申し上げます。 なお、古墳はアクセス路のない山中に加えて私有地でもあり、立ち入りはできませんので、ご理解のほどよろしくお願い致します。 また、調査や遺跡についてのお問い合わせに関しては、大阪大学考古学研究室にお願いいたします。 ゴルフ場へのお問い合わせはご遠慮ください。 大阪大学考古学研究室では今回の調査成果を踏まえ、今後も整理作業を続けていく所存でございますので、何卒宜しくお願い申し上げます。 投稿者 投稿日: こんにちわ。 ブログ係のNです。 万籟山古墳の2017年度発掘調査もこのまえの金曜日の激戦で 終了。 今年度も新たな発見と参加者の成長が認められた調査でした。 発掘調査も一息ついたところで、この場をお借りして発掘調査成果をお知らせしたいと思います。 今回の調査では、現地説明会などで成果を現地でみていただく機会を設けることができませんでした。 楽しみにされていた方には大変申し訳ございませんが、ここでご紹介することで、 すこしでも調査成果を共有できればと思います。 また宝塚市教育委員会とご相談しながら後日、成果報告会などを開催したいと考えています。 万籟山古墳において埴輪列の存在が確かめられたのは初めてとなります。 しかし、この発掘調査によって豊富かつ遺存状態の良好な資料を得ることができ、その結果、万籟山古墳の時期的な位置づけや、初期ヤマト政権中枢との技術交流の様相を復元することが可能になりました。 今回、万籟山古墳で出土した埴輪は普通円筒埴輪(ふつうえんとうはにわ)、朝顔形埴輪(あさがおがたはにわ)です。 埴輪の製作時期は、古墳時代前期半ば(4世紀前半)に位置づけることができます。 まだ、全土的に埴輪の樹立が認められないこの時期に、万籟山古墳は中央の埴輪生産技術を取り入れた典型的な埴輪を樹立していたことが判明し、 あらためてヤマト政権と万籟山古墳被葬者との政治的関係が明確となりました。 後円部調査区の中ほどから北側(斜面下方)では、もともと山に存在した岩盤をむき出しにすることで墳丘の一部としているということが判明し、この箇所では岩脈の凹凸をうまく利用することで葺石のかわりとし、墳丘構築の省力化を図っていると考えられます。 また、後円部調査区上方では、墳丘段築成のテラス面から積み上げられた葺石が、きわめて良好に遺存していることが確認できました。 後円部は三段に築成された可能性があります。 くびれ部調査区では、原位置を保つ斜面およびテラス面を検出することができ、前方部は2段築成であった可能性が想定できるようになりました。 後円部調査区 後円部の葺石 以上の発掘調査成果によって、猪名川流域の古墳築造動態についてさらなる詳細情報を得ることができたことは、 万籟山古墳の築造背景を考える上で有力な手がかりとなりました。 山頂に築造された万籟山古墳は、初期ヤマト政権中枢の有力古墳で採用された古墳の特徴(埴輪樹立、葺石、竪穴式石室)を兼ね備えた前期古墳の教科書のような存在です。 このことは長尾山丘陵の地域勢力と初期ヤマト政権との強い政治的連携をさらに裏付けるものです。 このブログを通じて、猪名川を介した南北ルートの地政学的重要性を長尾山丘陵の古墳築造背景として想定できそうだということをお伝えしてきましたが、こうした仮説が今回の調査によってますます確実になってきました。 (N) 投稿者 投稿日: こんばんは。 ブログ係のIです。 本日行った作業は「埋め戻し」。 一度でも発掘調査に参加した人は、この作業についてこう語るでしょう。 「埋め戻しは発掘調査の中で一番大切で、いちばん過酷だ」と。 遺跡の調査というのは、もちろん掘削を伴います。 それはすなわち、ある意味で遺跡の破壊ともいえるのです。 ですから、調査が終わった後は、トレンチを再び埋めて、 調査前の景観に戻さなくてはなりません。 これは考古学の発掘を行う者にとっての、責任であり、義務なのです。 発掘調査終盤にきて一番の力仕事 しかし、約4週間の調査でたまりにたまった土のうをさばくのは至難の業。 埋め戻しが終わった時には、調査団員のライフはもう尽きかけていました。 意識が朦朧としている二人の団員 しかし、宿舎に戻った我々に考古学の女神はほほえんだのです… 歓喜にわく一同 苦難を乗り越えた後、共に祝杯をあげる。 今、団員の仲はこれ以上ないほど深まっています。 投稿者 投稿日: こんばんはブログ担当のNです。 本日の万籟山古墳の調査では、発掘調査状況の写真撮影が行われました。 発掘調査での写真撮影前には、まず調査区の掃除が行われます。 くびれ部の写真清掃 ここで撮影された写真は、後に発掘調査報告書に掲載される可能性のある重要なものなので、遺構の状況をしっかりと記録すべく、準備が慎重に行われます。 落ち葉なども入念に拾う 発掘調査での写真へのこだわりは、例えば携帯電話で、気軽に撮る写真とは全く異なるものなのです。 トレンチの外の草木もきれいに刈る 土の乾きを防ぐために散水する 今回の調査では、大学院生による撮影に加えて、 文化財写真を専門に撮影されている寿福滋さんに撮影を依頼しています。 寿福氏による撮影 今日は時に小雨が降るあまりよくない天候でしたが、なんとか、後円部トレンチと前方部トレンチでの写真撮影をほとんど行うことができました。 明日、明後日の調査は卒業式等のためお休みですが、次回以降は残りの写真撮影と埋め戻し作業を行っていこうと思います(N)。 投稿者 投稿日: 投稿ナビゲーション.

次の

今城塚古墳第十次発掘調査

古墳 発掘

発掘調査が行われた場所など: 左及び直下のコピー(原形地図は1998年高槻市教育委員会発行「史跡・今城塚古墳」より)は 今城塚古墳の第十次発掘調査地の図であり、左の図は古墳全体の中で今回該当の発掘調査個所を表したものである。 なお、第7次以前の発掘調査場所についてはを、第八次の発掘調査場所はを、第九次の発掘調査場所はを、また、第九次 その2 の発掘調査場所はを、それぞれ参照して下さい。 左のコピーは古墳後円部を拡大したもので、 第十次発掘調査個所を赤色で示している。 第十次の発掘調査は左のコピーに示す通り、古墳後円部の墳頂から北側にかけての個所である。 第十次発掘調査期間と現地説明会: 第十次発掘調査は2006年12月1日から開始され、現地説明会は2007年3月4日午前9時半より行わた。 左の写真は 現地説明会に訪れた見学者の列である。 当日は全国から約5200人の見学者が訪れたという。 左の写真に見られるように、見学者は内濠跡に列を作っており、列の右奥側が発掘現場の墳丘である。 左の写真は 説明会の一情景である。 前回までは発掘現場は2個所以上にわたっていたが、今回の発掘現場は事実上一個所であったので、見学参加者の数が多かったにも拘わらず、説明会が円滑に、かつ能率的に行われたようである。 発掘調査の結果: 直下の図 現地説明会の会場に展示されていた図を基に作成 は今回の調査から発見されたこと、また、以前の発掘調査も入れて推定されることなどを含め、古墳後円部を南北を軸としての断面を表したものである。 今回 第十次 の発掘調査で特に話題になったことは石室の基礎の大規模な石組み 石室基盤工 が発見されたことである。 直上の図で『今回発見された石組み』で表されているV字型の個所である。 左の写真は石室の基礎として築かれた石組 石室基盤工 の発掘状況を東側から見たものである。 この遺構の大きさは東西約18m、南北約11mあり、石が敷き詰められている。 写真で左側が後円部墳頂側である。 写真に見られる石組みがV字型になっているのがわかり、写真中央付近に見られる石組みがV字型の底になっている。 左の写真は石室基盤工をやや北寄りの東側から見たものである。 写真左側の部分が遺構のV字型の底にあたる。 写真手前の部分の石組みが遺構の外縁部になるが、この部分が石垣のように直線的に石が積まれているのがわかる。 内側には一辺20〜40cmの川原石や板石が敷き詰められている。 敷き詰められた石の大部分は花崗岩類や砂岩・頁岩などが堆積してできた堆積岩で今城塚古墳の数キロ北にある摂津峡やその付近から運ばれてきたものと推測されている。 この発掘された石組みは文禄5年 1596年 の伏見地震により、墳丘が崩れ落ちたのに伴い、石室の下に水平な状態に作られていた石組みの基礎 石室基盤工 も地滑りにより滑落して、現在見られるような遺構になったものと考えられている。 左の写真は石室基盤工を北東側から見たものである。 写真で石組み遺構の外縁部は石垣のように直線的に石が積まれているのがわかるが、写真で右寄り手前の部分 遺構の北東隅部分 の石組みが崩れているのを見ることができる。 左の写真は崩落崖とされている場所である。 写真上部は墳頂部になるので、この場所が崩落崖であるというのは我々素人目にも何となく理解できるが・・・。 左の写真で中央部横に石垣状に積まれた石が見えるが、これは石組み遺構の外縁部である。 写真で外縁部の手前 遺構の北側になる にこぶし大の石 円礫 が纏まって発掘されている。 この円礫は淡路島の洲本付近の海岸で産出されたものという。 左の写真は石室基盤工を北西側から見たものである。 石組み遺構がV字型になっているのがよくわかる。 写真で右側が墳頂部のある崖側である。 V字型の落ち込みは滑落部の崖側の方が大きい。 これは典型的な地震による地滑りの状況を表しているという。 左の写真で左側に石垣状に積まれた遺構外縁部の石組みを見ることができる。 石組み遺構の北西隅部を見たのが左の写真である。 写真でもわかるように北西の隅は一辺約50cmの座布団状の石が使用されており、これが大きく落ち込んでいるのが見られる。 石室基礎工の西南隅に近い場所に左の写真にみられるように割れた板石が発掘されている。 この板石はその割れ方からみて、かなりの重量物が乗っていたために割れたのであろうと考えられている。 この重量物とは石室を意味しているのであろうか・・・。 今回発掘された石組み(石室基盤工)を墳頂部から見たのが左の写真であり、ほぼ全景が見渡せる。 上述したように現在の墳頂部北側付近にあった石室基盤工が地震による地滑りで崩落し、今回発掘されたような遺構になったものと考えられている。 この石室基盤工は、かなりの重量のある横穴式石室を支え、重さを分散させるように考案された石組みであったと見られている。 墳丘は2段が残存しているが、現在の墳頂部付近が石室基盤工の底面に相当する高さであると考えられることから、横穴式石室は最上部の3段目の盛り土内に置かれていたものと推定されている。 遺構の石組みや崩落した土中から金銅製品、鉄製品やガラスの小玉などの副葬品が発見されている。 左の写真は発掘された副葬品の一部である。 また、崩落土中で三種の凝灰岩、即ち、阿蘇ピンク石、竜山石及び二上山白石 直下の写真 が発掘された。 これらは石棺に使われていた石の一部と考えられている。 これらの副葬品や石棺の一部と見られる石の欠片はバラバラの地点から発掘されていることから、文禄5年 1596年 の地震による崩落以前に盗掘に遭い、石室が破壊されていたものと考えられている。 発掘調査でわかったことは: 1 かつて古墳が造成された時は盛り土で三段築成になっており、三段目の後円部盛り土の中、後円部中央付近に横穴式石室が造られていたと考えられる。 2 重量のある横穴式石室を支え、その重みを分散させるため、盛り土の中に強固な石組みを埋めた基盤が造られていた。 3 古墳が崩壊する伏見地震より以前に盗掘され、石室が破壊されていたようである。 2007年3月26日新規収載.

次の