年末 調整 国民 健康 保険 書き方。 生命 保険 料 親 が 負担 年末 調整

年末調整・確定申告で国民健康保険料は控除できる?世帯主以外の申告&対象etc.をFPが解説!

年末 調整 国民 健康 保険 書き方

転職者向けの年末調整の書き方 12月になると、どの企業でも行われる年末調整。 それは転職者でも変わりません。 ここで転職者向けの年末調整の書き方について学んでいきましょう。 転職者向けでも基本的な書き方は同じ 転職者であっても 年末調整の書き方に大きな違いはありません。 「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」の2通に、 今まで通り必要事項を記入すれば大丈夫です。 具体的な記載部分は、以下の「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」オレンジ枠内の「社会保険料控除欄」です。 では、具体的な書き方について、記入項目ごとに見ていきましょう。 国民年金の支払い先の名称には「日本年金機構」と記入し、国民健康保険の支払い先の名称には「住んでいる市区町村名」を書きます。 2保険料を負担することになっている人 氏名のところに自分自身もしくはあなたが保険料の支払いをしている扶養配偶者や親族の名前を記載します。 「あなたとの続柄」は、保険料を負担した自分自身が申請する場合、 「本人」とします。 3あなたが本年中に支払った保険料の金額 今年の1月から12月に支払った金額と支払う予定のすべての金額(扶養配偶者や親族も含む)を合計して記入します。 国民健康保険では添付書類はいりませんが、 国民年金の場合は控除証明書の控えが必要です。 控除証明書の控えが届く時期は年金を納めていた時期によって変わるので、のサイトで確認してください。 なお、退職の翌日にすぐに転職先に入社したなど、国民年金や国民健康保険に加入しなかった場合は、通常のパターンと変わらず記載してかまいません。 転職者は前職の給与も申告する必要がある 転職者の場合、 年末調整時期に在籍している会社で年末調整を受ける必要がありますが、手続き自体は会社が行ってくれます。 年末調整では、1月1日~12月31日までの期間内の所得と源泉徴収された金額を確認し、所得税を清算する手続きが行われます。 過剰な支払いがあった場合は返還されることもありますが、不足分がある場合は追加徴収されます。 「前職の収入だから新しい会社で年末調整を受ける必要はないだろう」と考えていると、後で追加徴収されることになるので、必ず今年1年分の給与に関する必要書類を準備して、スムーズに年末調整を行えるようにしましょう。 転職者向けの必要書類は前職の源泉徴収票 転職者の年末調整に必要な書類は、 前職の源泉徴収票です。 これを提出しないと前職の所得と所得税額を新しい職場で正しく把握できないため、忘れずに提出してください。 その理由は、二重控除を防ぐため。 手元に残しておきたい方はあらかじめ保管用にコピーを取っておくことをおすすめします。 コラム:アルバイトでも年末調整は必要? アルバイトでも年末調整は必要です。 それぞれのパターン別に、必要な手続きや中止すべきポイントを見てみましょう。 年間所得が103万円以上の場合 年間所得が103万円以上であれば所得税が発生するため、年末調整は必要です。 勤務先からの年末調整の書類に必要事項を記入の上、提出しましょう。 年間所得が103万円以下の場合 年間所得が 103万以下の場合も、年末調整は必要です。 103万以下の場合、所得税はかかりませんが、給料が発生している以上、 年間の所得と納税額を確定しなければなりません。 なお、年間所得が103万以下で源泉徴収されている場合、所得税が発生しないため、年末調整をすれば返還金が生じます。 1 年の所得は源泉徴収票の「支払金額」欄で、 源泉徴収の金額は「源泉徴収税額」欄で確認できますので、源泉徴収票を入手し返還金の有無を確認してみましょう。 アルバイトを掛け持ちしている場合 アルバイトを掛け持ちしている方の場合、 年末調整は収入が多いメインの方でしか行えません。 ただし、 もう一つのアルバイト先での所得が20万円以上の場合、メインの職場で年末調整していても、 確定申告を自分で行う必要があります。 確定申告を行う際はメインとサブ、2つの勤務先の源泉徴収票を準備して1年間の合計所得を申告しましょう。 返還される金額は大きくないかもしれませんが、必要以上に税金を支払うのは避けたいもの。 損をしないためにも自分でアンテナをしっかり張り、手続きを行いましょう。 ここでは転職者によくある疑問や不安についてお答えしていきます。 源泉徴収票が間に合わない場合は会社への確認が最優先 年末調整の時期になっても前職から源泉徴収票が届かない場合、 まずは転職先に確認 するようにしましょう。 会社によっては提出期限を延ばしてくれることもあるため、自己判断せず会社の指示を仰ぐことが重要です。 普通は退職後1ヶ月以内に手元に届く 源泉徴収票は雇用主に発行が義務づけられているため、 通常であれば退職後1ヶ月以内に手元に届くようになっています。 ただし、前職の繁忙期に重なるとなかなか発行してくれなかったり、会社自体が倒産したりして発行が難しいケースもあります。 最悪、自分で確定申告 源泉徴収票がないと会社側も年末調整できないため、 自身で確定申告する必要があります。 確定申告の時期は 2月16日から3月15日ですので、期限内に行うようにしましょう。 確定申告の時期になっても源泉徴収票が手元にない場合、 まずは最寄りの税務署に相談してください。 税務署職員に相談すれば適切なアドバイスをしてくれるはずです。 から最寄りの税務署を検索し、まずは電話相談してみることをおすすめします。 失業保険は非課税ですし、退職金は「退職所得の受給に関する申告書」を提出することで、源泉徴収として課税されているからです。 申告書は基本的には会社から渡されるので、退職前に必ず提出してください。 もし手渡されなかった場合は、上司や人事への早めの問い合わせが必要です。 しかし、外資系企業に勤めていた場合や、申告書が提出されていない場合、退職金が源泉徴収されていないこともあるので要注意。 退職時に退職金の取り扱いがどうなっているのかをきちんと確認し、確定申告のし忘れを防ぎましょう。 コラム:自営業者から会社員になった場合は? 自営業から会社員になった方の場合、事業所得は年末調整できないため、 自分で確定申告をする必要があります。 入社してからの給与所得分に関しては、現在在籍中の会社で行ってくれるため、 自営業として働いた分だけ申告しましょう。 給与を2ヶ所以上から受け取っている場合、年末調整を行っていない所得が20万円以上の場合は確定申告が不可欠です。 また、20万円以下でも医療費控除や寄附金控除などに該当する場合、所得税が還付されることもあります。 「所得が少ないから確定申告しなくてもいいかな」と思わず、自営業だった方は手続きをしておくことをおすすめします。 【転職ケース別】確定申告は必要? 転職した時期によって、確定申告の必要があるのか、年末調整だけをしておけば良いのかは変わってきます。 ここでは転職した時期別に、確定申告の必要性の有無や注意すべきポイントについてお話ししていきます。 年内に転職した場合は【不必要】 年内に転職し、給与を受け取っている方の場合、現職の会社が年末調整をしてくれるので、 自分で確定申告する必要はありません。 前の職場でもらった 源泉徴収票と年末調整に関する書類を提出すれば、それで手続き完了です。 ただし、 12月に転職する場合は要注意。 なぜなら、新しい会社での給与支払いが翌年1月以降になる場合や、転職した時期にはもう年末調整が終わってしまっている場合があるからです。 その場合、 転職先の上司や総務担当者に対応方法を確認してください。 ちなみに、源泉徴収票は 退職後1ヶ月以内に発行されることがほとんど。 もしも1ヶ月を過ぎても手元に届かない場合、前職に問い合わせてください。 万が一連絡が付かない場合、 最寄りの税務署に相談すると良いでしょう。 年内に転職しなかった場合は【必要】 年の途中で退職し、転職が翌年になった場合、 退職した翌年(2月16日~3月15日)に自分で確定申告を行う必要があります。 確定申告の際には、前職から受け取った源泉徴収票をもとに書類の作成をしましょう。 源泉徴収されている場合や生命保険をかけている場合はお金が戻ってきますし、所得によっては翌年の国民健康保険料や住民税の金額が下がるというメリットもあります。 もし確定申告をせず必要な所得税を納めないでいると、 無申告課税や延滞税などのペナルティを受けることも。 「うっかりしていて確定申告し忘れた!」ということにならないように注意しましょう。 年内に2回以上転職した場合は【不必要】 年内に2回以上転職した場合、 確定申告は必要ありません。 ただし、 今年給与を受け取った企業すべての源泉徴収票が必要になります。 必要な源泉徴収票を準備し、現在の勤務先に提出しましょう。 年末調整は今年の収入から所得税を計算するものであり、すべての収入を把握できないと正しい所得税を計算できません。 収入がわずかであっても、所得であることには変わりないので「これくらい申告しなくても良いだろう」と考えず、必要な源泉徴収票はしっかり準備しておきましょう。 まとめ 転職者の場合、前の会社からお給料を受け取っていた時期もあるため、通常の社員よりも年末調整がややこしいケースがあります。 仕組みをきちんと理解できれば、転職者の年末調整はそこまで難しいものではありません。 正しい知識を身につけ、年末調整に適切に対処していきましょう。

次の

国民健康保険控除の書き方で延滞金がある場合の記入例は?

年末 調整 国民 健康 保険 書き方

・前職の会社を退職し、年末調整する会社に就職する以前に無職の期間がある場合 ・年の初めから就職してなく、年末調整する会社に就職した場合 いずれも、前職を退職して再就職の間がある場合にいったん国民健康保険に切り替えている場合が該当してきます。 年末調整で国民健康保険料控除の書き方 国民健康保険料の支払いがある場合には、 「給与所得者の保険料控除申告書」という用紙に記入します。 これは、会社から年末調整の書類として配布されるもので、 おもに生命保険料、地震保険料を支払ったさいに記入する書類として目にしたことがあるかもしれません。 なお国税庁ホームページからもダウンロードできます。 記入する箇所は、下の青枠で囲んだ部分「社会保険料控除」というところです。 記入例を下に示しました。 社会保険の種類 ここに「国民健康保険」と記載します。 保険料支払先の名称 国民健康保険料の支払先はお住まいの市区町村になるので、「市区町村名」を記入します。 保険料を負担することとなっている人 保険料を支払っている人の氏名、あなたとの続柄を記載します。 国民健康保険料は、住民票上の世帯主が世帯全員の支払い義務者になるので、通常は世帯主の名前になります。 支払い義務者でない人が支払った場合控除できるのか?と疑問に思うかもですが、実際に支払っていれば、支払った人の所得から控除されます。 それについては、国税庁発行の「年末調整のしかた」の32ページに記載されています。 あなたが本年中に支払った保険料の金額 例として50,000円と記入していますが、ここで注意が必要なのは、 「支払った金額」がベースになるということです。 国民健康保険料の通知書などが送付されてきますが、そこに記載された金額ではなく、 「支払った金額」です。 なので、昨年分を今年支払ったのであれば、その金額も含めて記入します。 国民健康保険料の控除証明書は必要か? 国民年金を社会保険料で控除する場合、国民年金控除証明書が必要なので、国民健康保険料控除も証明書の添付が必要のように思われがちですが、国民健康保険料には必要ありません。 根拠は、これも国税庁発行の「年末調整のしかた」に明記されていて、 「国民年金」のみ限定的に抜粋して証明書の添付を義務化しています。 青枠で囲んだ「証明書類」の箇所には、こう記されています。 国民健康保険料の金額がわからない場合 多くの自治体では、国民健康保険課の窓口で、本人確認書類を持参すれば、納付済額が記載された通知書を交付してくれるようです。 ただし、国民健康保険料は住民票上の世帯主が世帯員分の支払い義務者となるため、世帯全員の保険料の合計金額を世帯主に請求する仕組みになっています。 (国民健康保険法第76条による)。 なので、同一世帯に複数の加入者がいる場合、お知らせできる納付済額は、世帯全員の合計金額で、世帯員ごとの内訳の計算には対応していないようなので注意が必要です。

次の

年末調整で国民健康保険料を控除したい!3つの注意点をおさえよう|WorKing![ワーキング]

年末 調整 国民 健康 保険 書き方

国民年金保険料や国民健康保険料(税)は、全額控除の対象ですが、年末調整の際に、国民年金保険料や国民健康保険料(税)を支払った証明書の提出を忘れたという方もいると思います。 まだ、諦めないでくださいね!この場合、確定申告をすることで 払い過ぎた税金を取り戻すことができます。 そこで、今回は年末調整時に国民年金保険料の控除証明書を提出し忘れた方を対象に、確定申告書の書き方から税金の計算方法までを記入例付きで解説しています。 それぞれ転記する内容を確認していきましょう。 所得の内訳 こちらには、源泉徴収票の 「支払金額」、 「源泉徴収税額」、 「勤務先の名称」を下の図のように転記していきます。 最後に「源泉徴収税額」の合計額を忘れないように記入してください。 所得から差し引かれる金額に関する事項 こちらも、まずは源泉徴収票の 「社会保険料等の金額」の金額を「支払保険料」欄へ転記し、「社会保険の種類」には、 「源泉徴収票の通り」と記入します。 また、国民健康保険料(税)もある場合は、空いてる欄に記入してください。 記入が終わったら、その合計額を下に記入するのを忘れないでくださいね。 確定申告書A(第一表)を記入する 続いて、「確定申告書A(第一表)」の記入方法について、解説していきます。 (画像参照) その他、控除がある場合は記入してください。 ここでは、 「生命保険料控除50,000円」と、誰もが一律で受けることができる 「基礎控除380,000円」記入しています。 最後にこの112,003円から源泉徴収票の税額116,800円を引いて出た差額が還付される(または納付する)金額です。 計算の結果がプラスになる場合は、「納める税額」欄に記入してください。

次の