洋服の青山。 【キャッシュレス】洋服の青山で使えるスマホ決済・電子マネーは?

洋服の青山、保冷剤が入る盛夏向け新マスク「抗ウイルス加工マスク」を7月11日発売

洋服の青山

洋服の青山の店舗(「Wikipedia」より) 紳士服最大手の 青山商事は3月11日、2020年3月期通期の連結業績予想の大幅な下方修正を発表した。 最終損益は203億円の赤字(前期は57億円の黒字)を見込む。 従来予想は20億円の赤字だった。 新型コロナウイルスの影響で入学式や卒業式の見送りが相次ぎ、スーツの売り上げ減少が見込まれるほか、傘下の靴修理店の減損損失を計上することが響いた。 売上高は従来予想から7. 0%引き下げ、2190億円(前期比13%減)とした。 入学式の中止などでスーツが売れず、今後も厳しい状況が続くことが見込まれている。 そうしたことから、スーツなど主力のビジネスウェア事業の下期(19年10月~20年3月)の既存店売上高は、従来予想よりも落ち込むとみている。 前年同期比8%減を予想していたが、25%減に修正。 販売不振を受け、店舗に関わる減損損失50億円を計上する。 傘下の靴修理店「 ミスターミニット」も振るわない。 運営会社の日本事業に関わるのれんの減損損失40億円を計上。 また、昨年末にフランチャイズ(FC)契約が終了し、国内全店を閉めたカジュアル衣料品店「アメリカンイーグル」に関わる事業整理損84億円も計上する。 今回の下方修正は、新型コロナによる影響が大きいが、仮に新型コロナの影響がなかった としても、青山商事の状況は厳しいものがある。 19年10月~20年2月のビジネスウェア事業の既存店売上高は前年同期比18. 7%減と大幅減で、いずれの月も14%以上の大幅な減少率だった。 10月にいたっては27. 9%減と大きく落ち込んだ。 2月は新型コロナが大きく影響したが、それ以前は新型コロナによる大きな影響はなかった。 そうしたことから、もともと深刻な状況にあったといえる。 もっとも、消費増税や暖冬という特殊的な要因もあるので、それらの影響を差し引く必要はある。 そこで、新型コロナや消費増税の影響がない上期(19年4~9月)の状況を見てみると、同期の既存店売上高は前年同期比5. 3%減だった。 仕事着のカジュアル化などによるスーツの販売不振が響いたという。 販売不振は長らく続いており、通期ベースの既存店売上高は19年3月期まで3期連続でマイナスとなっている。 やはり、もともと深刻な状況にあったといえるだろう。 オーダースーツ市場への参入や価格体系の見直し もちろん、こうした状況に手をこまねいていたわけではない。 たとえば、厳しい状況にあるスーツ市場のなかで例外的にオーダースーツ市場が伸びるなか、16年にオーダースーツブランド「ユニバーサルランゲージ・メジャーズ」を始めたほか、昨年10月には、より手ごろな価格のオーダースーツブランド「クオリティオーダー・SHITATE(シタテ)」をスタートしたりしている。 昨年10月には、価格体系の大幅な見直しも行っている。 クーポンの発行を控えたほか、店頭での価格交渉を原則廃止する一方、表示価格を大幅に引き下げた。 複雑で不透明だった価格表示が顧客を遠ざけていると考え、価格を明確にすることで安心して買える環境を整え、集客を図っている。

次の

洋服の青山マスク夏用の店頭販売いつからで店舗は?抽選申し込み方法や評判などもまとめてみました。

洋服の青山

洋服の青山の店舗(「Wikipedia」より) 紳士服最大手の 青山商事は3月11日、2020年3月期通期の連結業績予想の大幅な下方修正を発表した。 最終損益は203億円の赤字(前期は57億円の黒字)を見込む。 従来予想は20億円の赤字だった。 新型コロナウイルスの影響で入学式や卒業式の見送りが相次ぎ、スーツの売り上げ減少が見込まれるほか、傘下の靴修理店の減損損失を計上することが響いた。 売上高は従来予想から7. 0%引き下げ、2190億円(前期比13%減)とした。 入学式の中止などでスーツが売れず、今後も厳しい状況が続くことが見込まれている。 そうしたことから、スーツなど主力のビジネスウェア事業の下期(19年10月~20年3月)の既存店売上高は、従来予想よりも落ち込むとみている。 前年同期比8%減を予想していたが、25%減に修正。 販売不振を受け、店舗に関わる減損損失50億円を計上する。 傘下の靴修理店「 ミスターミニット」も振るわない。 運営会社の日本事業に関わるのれんの減損損失40億円を計上。 また、昨年末にフランチャイズ(FC)契約が終了し、国内全店を閉めたカジュアル衣料品店「アメリカンイーグル」に関わる事業整理損84億円も計上する。 今回の下方修正は、新型コロナによる影響が大きいが、仮に新型コロナの影響がなかった としても、青山商事の状況は厳しいものがある。 19年10月~20年2月のビジネスウェア事業の既存店売上高は前年同期比18. 7%減と大幅減で、いずれの月も14%以上の大幅な減少率だった。 10月にいたっては27. 9%減と大きく落ち込んだ。 2月は新型コロナが大きく影響したが、それ以前は新型コロナによる大きな影響はなかった。 そうしたことから、もともと深刻な状況にあったといえる。 もっとも、消費増税や暖冬という特殊的な要因もあるので、それらの影響を差し引く必要はある。 そこで、新型コロナや消費増税の影響がない上期(19年4~9月)の状況を見てみると、同期の既存店売上高は前年同期比5. 3%減だった。 仕事着のカジュアル化などによるスーツの販売不振が響いたという。 販売不振は長らく続いており、通期ベースの既存店売上高は19年3月期まで3期連続でマイナスとなっている。 やはり、もともと深刻な状況にあったといえるだろう。 オーダースーツ市場への参入や価格体系の見直し もちろん、こうした状況に手をこまねいていたわけではない。 たとえば、厳しい状況にあるスーツ市場のなかで例外的にオーダースーツ市場が伸びるなか、16年にオーダースーツブランド「ユニバーサルランゲージ・メジャーズ」を始めたほか、昨年10月には、より手ごろな価格のオーダースーツブランド「クオリティオーダー・SHITATE(シタテ)」をスタートしたりしている。 昨年10月には、価格体系の大幅な見直しも行っている。 クーポンの発行を控えたほか、店頭での価格交渉を原則廃止する一方、表示価格を大幅に引き下げた。 複雑で不透明だった価格表示が顧客を遠ざけていると考え、価格を明確にすることで安心して買える環境を整え、集客を図っている。

次の

洋服の青山のスーツ口コミ評判!特徴からメリット・デメリットまで紹介!

洋服の青山

2つある。 1.品質について。 スーツを買ったが、5日くらいで上着の袖の部分に穴が空いていることに気づいた。 2ヵ月したら、ズボンにも同様、5mmくらいの穴が空いていた。 例えば、くぎのような何かに引っ掛けたようなものではないし、虫食いの症状とは違う。 やはり、品質が悪いから、自然に劣化したものと考えるのが妥当。 実際、他の洋服店に行って、実物を見せたら、「これは質の悪い素材で作っている。 」と言っていた。 価格と品質がマッチしていない。 もっと言えば、悪い品質のものを高値で売っていたということだ。 2.店員の態度もいかがなものか。 店内には、客は当方のみ。 女性の店員が2人いたが、1人は当方にいて、いろいろサイズなどの説明をしていたが、もう一人の女性店員は、配送業者の人と大きな声で笑っていた。 どんな話をしていたのか、挨拶程度なのかどうかは分からないが、客がいるにもかかわらず、ゲラゲラ大きな声で笑うのは、非常識極まりない。 もう少し、接客態度のイロハ、商売の基本を勉強してから、仕事をしたほうが良い。 他にも、青山カード入会時の説明不足、ある意味、強制的にカードを作らされた、Tポイントの説明不足など、いくつか問題はあるが、とりわけ、以上の2点により、あまり良い印象はない。 それ以降、洋服の青山ではなく、他の洋服店に行っているが、こちらは接客態度、サービス面で非常に満足している。 急な葬儀で前に買ったのが着れなくなってたので慌ててかけこんだが最初3万5千円程度と聞いたのでじゃあこの際買っておくかと購入希望したら、最終価格が6万8千円、びっくりして内訳見たらネクタイ5千円、ベルト5千円、ふくさ5千円、白カッター5千円、どれも恐らく店舗に置いてあるので同カテゴリ内で高めのを値段を言わずに揃えられていた。 それに手直し料や補強料など色々・・・。 靴やベストも勧められたがさすがに断った。 年1使うかどうかのものに10万遣わせる気かと・・・。 スーツ以外はどれも他で購入すれば千円~3千円未満で購入できるようなものばかり。 急いでいたので購入してしまったが二度と行かないと思った。 特に薦められたりいつの間にか選択されていたものを断れない気弱な人は接客で嵌められるので注意が必要。 更に年会費千円以上とるようなカードを7千円の値引きで断っても二度三度推してくる。 葬儀などは突然やってくるので皆さんは余裕をもって準備して量販店に慌てて駆け込むことのないようお勧めします。 世間知らずなもんで駆け込む場所を間違えた。 販売員さんもノルマとかあるんだろうが服の素人の助けにはなってくれないお店です。 最初から最後まで予算も訊かず、希望などヒアリングもせず各備品も選択肢がそれしか無いかのような提示の仕方でした。 帰ってネットで見たら青山でも3千円の普通のふくさとか取り扱ってますやん。 かっこつけずに最初に予算言って、それ以上出さないと意思表示しとくべきでしたね。 自分も悪いので勉強料と諦めます。 次に予定のある結婚式用の装いは賢く準備したいと思います。 主人が体型が変わり夏用スーツが入らないということで青山さんへ。 主人はいつも青山さんを利用しているのでついて行きました。 若い店員さんに夏用スーツありますかというふうに尋ね、相談しながら無事購入することができました。 試着の時に、滑り止めやらなんやらを付けますかと言われたので、いらないなーと思いながらも主人は付けたそうだったのでつけました。 その際、ウエストが少しきついかもと言うことで、ではウエスト2センチほど出しましょうかと若い店員さんは言い、お願いしました。 後日スーツを取りに行き、主人がスーツを着ると…きついとのこと。 次の日に連絡するとウエスト出し出来ていませんとのこと。 その時の電話対応は良かったのですが…店舗にスーツを持っていくと、電話対応の人は外出していてベテランの店員さんが出てきました。 悪びれもしない店員さんに呆れました。 あれ?そっちのミスで店舗まで来てるのに何でこんなに悪びれもないんだろうと謎でした。 若い店員さんは仕方ないかもしれないけど、行かなくていい店舗に来させてなんで涼しい顔しているベテラン店員さん。 意味がわからない。 今後ないようにしていただきたいです。

次の